【J1補強分析|名古屋グランパス】電撃的な体制変更も、実力者をしっかりと補強【評価:A】

2022.02.19 11:19 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
18日、2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎えた。

コロナ禍で変則的だったシーズンが、2年間続いた中、今シーズンも引き続き新型コロナウイルスと戦うシーズンに。さらに、4年に1度のワールドカップが初めて冬に開催。その影響もあり、シーズン全てが前倒しで行われるなど、違った形で変則的なシーズンとなる。

リーグ戦の注目は川崎フロンターレの3連覇が達成されるかどうかに注目が集まる。取り巻く包囲網は年々厳しいものになり、今シーズンは一層警戒される状況。虎視眈々と首を狙うクラブもあり、優勝戦線がどうなるかは予想が難しい。

そんなシーズン開幕を前に、超ワールドサッカー編集部が各クラブの補強動向を整理。各クラブのポイントを分析する。

《補強診断:A》(評価:S〜E)

【IN】
GK東ジョン(19)←栃木SC/期限付き移籍終了
DF河面旺成(27)←大宮アルディージャ/完全移籍
DFチアゴ(31)←セレッソ大阪/期限付き移籍
MFレオ・シルバ(36)←鹿島アントラーズ/完全移籍
MF酒井宣福(29)←サガン鳥栖/完全移籍
MF仙頭啓矢(27)←サガン鳥栖/完全移籍
MFターレス(20)←ロアッソ熊本/完全移籍
MF甲田英將(18)←名古屋グランパスユース/昇格
MF吉田温紀(18)←名古屋グランパスユース/昇格
MF豊田晃大(18)←名古屋グランパスユース/昇格

【OUT】
GK三井大輝(20)→アスルクラロ沼津/期限付き移籍
DF木本恭生(28)→FC東京/完全移籍
DF石田凌太郎(20)→徳島ヴォルティス/期限付き移籍
DFキム・ミンテ(28)→北海道コンサドーレ札幌/期限付き移籍終了
MF米本拓司(31)→湘南ベルマーレ/期限付き移籍
MFターレス(20)→ロアッソ熊本/期限付き移籍
MF渡邉柊斗(25)→ヴェルスパ大分/完全移籍
MF児玉駿斗(23)→徳島ヴォルティス/完全移籍
FWガブリエル・シャビエル(28)→北海道コンサドーレ札幌/完全移籍
FW山﨑凌吾(29)→京都サンガF.C./完全移籍
FW前田直輝(27)→ユトレヒト(オランダ)/期限付き移籍
FW榎本大輝(25)→未定
FW松岡ジョナタン(21)→福山シティFC/期限付き移籍→完全移籍

2021シーズンはYBCルヴァンカップを制し、クラブに唯一なかったタイトルを獲得。マッシモ・フィッカデンティ監督も続投の意欲を示していたが、電撃的に退任という衝撃が走った。その名古屋は、FC東京の監督を退任していた長谷川健太監督を招へい。新たな体制で新シーズンに挑む。

体制変更もある中で、昨シーズンの主軸が多く流出。FWガブリエル・シャビエル、FW山﨑凌吾、FW前田直輝と前線の3名に加え、中盤を支えたMF米本拓司、昨季加入のDF木本恭生、期限付き移籍で途中加入しチームを支えたDFキム・ミンテが去っていった。

選手をある程度固定しながらも、うまくローテーションして戦っていたフィッカデンティ監督のサッカーにおいて、欠かせなかった選手たちがチームをさった中、補強はピンポイントで質の高い選手を呼び込むことに成功している。

最終ラインにはサイドバックとセンターバックでプレーできるDF河面旺成(←大宮アルディージャ)を獲得。また空中戦の強さと対人能力の高さを持つDFチアゴ(←セレッソ大阪)から獲得した。

ボランチにはゲームメーカータイプのMFレオ・シルバ(←鹿島アントラーズ)を補強。アタッカーとしてMF仙頭啓矢、トップやサイドでプレーできるMF酒井宣福をサガン鳥栖から補強。実績ある即戦力を確保している。

新体制になり、これまでとはまた違うサッカーを見せていくことになる名古屋。かつてのFC東京はフィッカデンティ監督から篠田善之氏を挟み、長谷川監督にバトンを渡している。その後、リーグ優勝に迫り、ルヴァンカップを制したが、名古屋も再びタイトルに手が届くか。昨季最後に逃したトップ3入りを果たしたい。

関連ニュース
thumb

名古屋、重廣卓也が負傷…夏加入で主力張るも

名古屋グランパスは24日、MF重廣卓也の診断結果を報告した。 重廣は14日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節の川崎フロンターレ戦で負傷。全治こそ未公表ながら、MRI検査で右踵部脂肪体損傷と診断されたという。その川崎F戦では前半のみのプレーでピッチを退き、17日に行われた第30節のサンフレッチェ広島戦ではメンバー外だった。 今年7月にアビスパ福岡から名古屋に完全移籍加入した重廣。名古屋では2シャドーの一角で重用され、移籍後はJ1リーグ7試合、JリーグYBCルヴァンカップの2試合で2試合に出場している。 2022.09.24 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

30周年セレモニー中のブーイング…広島が名古屋戦の行為を謝罪「相手チームへのリスペクトを改めて強くお願いいたします」

サンフレッチェ広島は20日、サポーターの振る舞いについての謝罪声明を発表した。 広島は「お客様へのお願い」として声明を発表。17日に行われた明治安田生命J1リーグ第30節の名古屋グランパスとのアウェイゲームでの応援席の行動を謝罪した。 クラブの発表によると、この試合は名古屋の30周年記念試合に位置付けられており、試合前には30周年セレモニーが行われていた。 しかし、広島の応援席からセレモニー中にブーイングが。「オリジナル10」としてJリーグ発足時からの仲間への侮辱行為が起きてしまった。 代表取締役社長の仙田信吾氏はクラブ公式サイトを通じて謝罪した。 「台風の影響が今朝も残っていますが、皆様の周りで被害はなかったでしょうか」 「さて、9月17日(土)の名古屋グランパス戦は、勝利をお届けすることができませんでした。アウェイの豊田スタジアムに駆け付けていただいた皆様をはじめ応援いただく皆様、申し訳ありませんでした」 「一つ残念だったのは、名古屋さんの試合前に行われた30周年セレモニーの最中、サンフレッチェ応援席からブーイングが起こったことでした。私たち同様にオリジナル10の名古屋さんにとって、大切な時間だっただけに残念でなりません」 「サンフレッチェ広島のプレイスタイルは、「フェアですがすがしく」「ひたむきで」「常にゴールに向かう姿勢」です。同時に、チームの「行動規範」には、最善の努力やルールの尊重と共に、「相手の尊重」を謳っています。初代総監督だった今西和男さんは、一人前の社会人たれと強く指導し、それがあって、他チームでも日本サッカー界全般でも、広島出身の指導者が数多く活躍し続けています」 「私たちはサンフレッチェ広島を応援していただく皆様に、相手チームへのリスペクトを改めて強くお願いいたします」 「被爆の2年後、今の高校サッカー選手権にあたる全国大会で広島高等師範付属中学校が優勝したという奇跡の記録があります。それ以来、広島の高校生たちは「広島が死んじゃあおらんいうのを、見せるんじゃ」と強い気持ちで臨み、全国制覇を続けました。その負けん気がサッカーを強くしました」 「いっぽう、当時は、どの町も敗戦から立ち直るのに精いっぱいでしたが、広島には海外を含め全国から支援が寄せられました。そのシンボルが平和大通りの整備に全国から贈られた「供木」です。今の100m通りに約150種類ともいう2千本もの樹木が育ち、珍しい樹木も交じって今夏も熱い日差しから守ってくれたのは、広島に寄せられた全国からの励ましだったのです」 「今日は19:00からレジーナのカップ戦、明日は19:00キックオフでルヴァン・アウェイ福岡戦、そして25日はエディオンスタジアムで福岡戦です。広島らしい応援スタイルを宜しくお願い申し上げます」 ミヒャエル・スキッベ監督を迎えた広島は、現在3位。上位争いの真っ只中なだけに、水を差す行為は避けてもらいたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】30周年記念マッチで盛り上がる名古屋ゴール裏サポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">素晴らしい雰囲気の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B1%8A%E7%94%B0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#豊田スタジアム</a> で勝利を共に目指しましょう<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/grampus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#grampus</a> <a href="https://t.co/4TJtAwaGCz">pic.twitter.com/4TJtAwaGCz</a></p>&mdash; 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) <a href="https://twitter.com/nge_official/status/1571072984013754368?ref_src=twsrc%5Etfw">September 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.20 13:55 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋、広島守護神の牙城を崩せずホームでドロー…創立30周年を白星で飾れず【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1第30節、名古屋グランパスvsサンフレッチェ広島が17日に豊田スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 この一戦が創設30周年の記念試合となる名古屋。ゴールレスドローに終わった先週松の神戸戦から14日に延期されていた川崎F戦も1-1で、現在は2戦連続で引き分けとなっている。 一方、8月以降公式戦8連勝中だった広島は前節、川崎相手に4-0の大敗を喫した。リーグ戦でも十数年ぶりの6連勝を阻まれ、逆転優勝はさらに厳しくなった。 それでもACL出場圏内となる3位より上の順位を目指す広島は、ルヴァンカップを含めて今季3連勝している名古屋に対し、立ち上がりから攻勢で試合を進めていく。ただ、パスの回転率は普段通り相手を上回るものの、肝心のシュートシーンがなかなか作れず。森島がミドルシュートを放つ場面があったが、相手に当たって決定機にはならなかった。 対する名古屋はボールを奪っては少ない手数で広島のゴールを脅かす。35分には永井、41分には森下、さらに43分には相馬と、立て続けにチャンスを迎えるが、ゴールには結びつかなかった。また、初スタメンの永木もシュートシーンを迎えたが、ボックス手前から放ったシュートは枠を捉えられなかった。 後半から広島は松本を下げて川村を投入。前半のシュート数が相手を下回っていた広島は、立ち上がりに佐々木のミドルシュートでリズムを作っていく。 しかし、後半は名古屋の流れに。まずは51分、敵陣左サイドでボールを奪い、相馬がドリブル突破からグラウンダーのクロスを供給。逆サイドから永木が飛び込んだが、ここは絶妙なタイミングで距離を詰めたGK大迫に軍配が上がる。 続く52分には、カウンターからロングボールを落ち着かせ、左サイドの仙頭がカットインから右足でミドルシュート。だが、これは枠に飛ばせなかった。 まだまだ攻勢が続く名古屋は64分に最大の決定機を迎える。永井が塩谷からボールを奪ってシュートへ。ここはGKに阻まれたが、こぼれ球を拾った森下にビッグチャンス。ボックス中央から冷静に流し込みにかかったが、驚異のリアクションを見せたGK大迫が再びのファインセーブ。広島守護神がこれでもかと立ちはだかる。 その後は互いに選手交代を行う中で、名古屋はレオ・シルバが65分の登場から11分後に宮原と交代。ケガをした様子もなく、戦術的な理由のようだ。 広島はドウグラス・ヴィエイラを下げてピエロスを投入。89分のカウンターで森島のクロスに飛び込み決定機を迎えたが、シュートは上手く合わせられず枠の外へ。 終盤にかけては広島に流れが傾きかけたが、両者共に最後までネットを揺らせず、0-0の痛み分けとなった。 名古屋 0-0 広島 2022.09.17 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:名古屋vs広島】名古屋30周年記念試合、上位争う広島は大敗から立ち直れるか

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2022年9月17日(土) 19:00キックオフ 名古屋グランパス(10位/38pt) vs サンフレッチェ広島(3位/50pt) [豊田スタジアム] ◆30周年記念試合【名古屋グランパス】 ミッドウィークに行われた前節。物議を醸す虚偽の報告で延期となった試合だったが、川崎フロンターレとの戦いは1-1のドローに終わった。 チームは中位。上にも下にも行く可能性を残しているが、モチベーションとしては難しいところもある状況。また中2日での戦いとなり、コンディション面も問題を抱えていると言える。 ただ、選手の気持ちとしてあるとすれば、クラブ創設30周年を記念した試合であるということ。ホームに集まるサポーターの前で、無様な試合はできない。 相手は上位を争う広島。しっかりと叩いて、勝利を届けることができるのか注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ランゲラック DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:森下龍矢、稲垣祥、レオ・シルバ、相馬勇紀 MF:重廣卓也、仙頭啓矢 FW:永井謙佑 監督:長谷川健太 ◆どこまでくらいついていけるか【サンフレッチェ広島】 前節は川崎Fとの上位決戦だったが、結果は4-0で惨敗。優勝から遠ざかり、ライバルに勝ち点を与えることとなってしまった。 首位の横浜F・マリノスとの勝ち点差は「8」。残り5試合で追いつくことは非常に困難だが、勝ち続けていれば可能性は残っていると信じて良いだろう。 5連勝と波に乗っていたが、その流れもストップ。あとは、もう一度立ち上がり、逆転での優勝、そして3位以内の死守を果たせるかだ。 川崎F戦でハマらなかったプレスをどう改善するのか。ピッチ上での修正も重要になる。あとは、プレスを引っ張る前線に満田誠が復帰したことも大きい。再び広島が勢いに乗れるか注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:塩谷司、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、野津田岳人、松本泰志、柏好文 MF:森島司、満田誠 FW:ナッシム・ベン・カリファ 監督:ミヒャエル・スキッベ 2022.09.17 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「しっかり機能できる」E-1から生き残った相馬勇紀と町野修斗に森保一監督「できることを最大限思い切って見せて欲しい」

15日、9月の欧州遠征に臨む日本代表メンバー30人が発表された。 カタール・ワールドカップ(W杯)前の最後のトレーニングキャンプとなる今回の活動。アメリカ代表、そしてエクアドル代表と、ドイツのデュッセルドルフで対戦する。 今回は国内組から8名が招集。その中で、7月のEAFF E-1サッカー選手権からはFW相馬勇紀(名古屋グランパス)、FW町野修斗(湘南ベルマーレ)が生き残る形となった。 森保一監督は、2人について言及。E-1中の活躍はもちろんのこと、その後のクラブでのパフォーマンスを見ていたとした。 「まずはE-1で良いプレーしていた選手はまだまだいますし、チーム全体で良い戦いができたと思っています」 「E-1選手権の前から、E-1、E-1後の自チームでのパフォーマンスを見ていて、彼らがこのチームに入っていてもしっかり機能できるというパフォーマンスを確認させてもらいながら、今回のメンバーに選ばせてもらいました」 「彼らがこのグループに入った時にトレーニングの中から、試合でプレーするチャンスがあれば、自分ができること、自分がチームのためにできることを最大限思い切って見せて欲しいと思っています」 他にもいるとした中で、招集された国内組の2人に加え、今回はDF瀬古歩夢(グラスホッパー/スイス)が久々に招集を受けている。 瀬古については「瀬古歩夢については、グラスホッパーに移籍して、新しいシーズンではレギュラーとして試合に出ていますし、去年移籍してきた時から色々な部分で強く激しく、インテンシティ高く戦う中で、強さを身につけています」と海外移籍での成長を評価。また、「本来彼が持っているディフェンスではありますが、攻撃の組み立て等々、対人の強さを発揮できていることを、現地の視察や映像で確認し、今回のグループに入っても活躍できるだろうということで招集させていただきました」とし、期待できる部分が伸びている点が招集理由だとした。 2022.09.15 16:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly