【J1補強分析|ジュビロ磐田】新指揮官に率いられる3年ぶりのJ1、得点源失うも実力者の的確補強で戦力アップ【評価:A】

2022.02.19 10:28 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
18日、2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎えた。

コロナ禍で変則的だったシーズンが、2年間続いた中、今シーズンも引き続き新型コロナウイルスと戦うシーズンに。さらに、4年に1度のワールドカップが初めて冬に開催。その影響もあり、シーズン全てが前倒しで行われるなど、違った形で変則的なシーズンとなる。

リーグ戦の注目は川崎フロンターレの3連覇が達成されるかどうかに注目が集まる。取り巻く包囲網は年々厳しいものになり、今シーズンは一層警戒される状況。虎視眈々と首を狙うクラブもあり、優勝戦線がどうなるかは予想が難しい。

そんなシーズン開幕を前に、超ワールドサッカー編集部が各クラブの補強動向を整理。各クラブのポイントを分析する。

《補強診断:A》(評価:S〜E)

【IN】
GK梶川裕嗣(30)←横浜F・マリノス/完全移籍
DF袴田裕太郎(25)←横浜FC/完全移籍
DFリカルド・グラッサ(25)←ヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)/完全移籍
DF伊藤槙人(29)←横浜F・マリノス/期限付き移籍→完全移籍
MF黒川淳史(24)←大宮アルディージャ/完全移籍
MFドゥドゥ(25)←ヴィラ・ノヴァ(ブラジル)/完全移籍
MF上原力也(25)←ベガルタ仙台/期限付き移籍終了
MF藤原健介(18)←ジュビロ磐田U-18/昇格
MF古川陽介(18)←静岡学園高校/新加入
MF金子翔太(26)←清水エスパルス/期限付き移籍→完全移籍
MF遠藤保仁(42)←ガンバ大阪/期限付き移籍→完全移籍
FWジャーメイン良(26)←横浜FC/完全移籍
FW杉本健勇(29)←浦和レッズ/期限付き移籍

【OUT】
GK杉本大地(28)→ベガルタ仙台/完全移籍
DF加藤智陽(25)→未定
DF鈴木海音(19)→栃木SC/期限付き移籍
DF中川創(22)→FC琉球/期限付き移籍
DF大武峻(29)→福島ユナイテッドFC/完全移籍
MF今野泰幸(39)→南葛SC/完全移籍
MF藤川虎太朗(23)→ギラヴァンツ北九州/期限付き移籍
MF針谷岳晃(23)→ギラヴァンツ北九州/期限付き移籍延長
FWルキアン(30)→アビスパ福岡/完全移籍
FW小川航基(24)→横浜FC/完全移籍
FW三木直土(20)→藤枝MYFC/期限付き移籍

3年ぶりにJ1の舞台に戻ってきた磐田。明治安田生命J2リーグを優勝したクラブは、新たに伊藤彰監督が就任し、新チームとしてJ1の舞台に挑むこととなる。

退団した選手の大半は若手の期限付き移籍。ただ、チーム内得点王のFWルキアンが同じJ1のライバルであるアビスパ福岡に移籍するという誤算が。さらに若くしてチームのエース候補に挙げられていたFW小川航基も結局結果を残せずに退団することになった。

得点源を失った磐田だったが、その点はFW杉本健勇とFWジャーメイン良を補強。J1を知る選手の加入は大きな支えとなるだろう。さらに、MF遠藤保仁をガンバ大阪から完全移籍で獲得。チームのコンダクターが久々にJ1の舞台でパフォーマンスを見せる。

その他、東京オリンピックの金メダリストであるリカルド・グラッサを完全移籍で獲得。また、伊藤監督の愛弟子であるMF黒川淳史を大宮アルディージャから完全移籍で獲得し、チームに戦術を落とし込む大きな助けとなるだろう。

実力がある中でJ2を制した磐田。久々のJ1の舞台で結果を残せるだけの的確な補強はしているため、評価を【A】とした。

関連ニュース
thumb

「これは間違いなし」J1第30節のTOPゴールは『半端ない劇的逆転弾!!』「まだまだ鳥肌立つ」

Jリーグは21日、明治安田生命J1第30節のTOP5ゴールを発表した。 10試合のうち3試合がゴールレスドローで終わった中、全18ゴールが生まれた第30節。5位には川崎フロンターレのFW小林悠の12試合ぶりの一発が選ばれると、4位からジュビロ磐田MF金子翔太の技ありシュート、3位にはアビスパ福岡のMFジョルディ・クルークスのヒールパスから生まれたFW山岸祐也の2点目がランクインしている。 そして2位にはFC東京のFWレアンドロが京都サンガF.C.戦の28分に左45度の位置から突き刺した芸術的なミドルシュートが選出されている。 栄えある1位にはヴィッセル神戸のFW大迫勇也の2点目が選ばれている。Jリーグの公式ツイッターで「半端ない劇的逆転弾!!」と称された一発は、残留を争うガンバ大阪戦で生まれたものだ。 神戸は先制を許したものの、後半から途中出場した故障明けの大迫が83分にPKで同点ゴール。そして後半アディショナルタイムの93分に、カウンターからFW武藤嘉紀が送ったラストパスを大迫が受けると、浮いたボールをそのまま右足のシュートでゴールネットを揺らした。 およそ1カ月ぶりにピッチに立ち、すぐさま結果を残した大迫のゴールには、ファンも「半端ないって!」、「これは間違いなしですね」、「何十回って観てるけど全然飽きへんどころかまだまだ鳥肌立つよね」と喜んでいる。 神戸はG大阪戦の勝利で1試合未消化分を残して17位から13位にジャンプアップ。降格圏を脱出しており、まさにチームを救う一撃だった。 <span class="paragraph-title">【動画】大迫勇也の半端ない劇的逆転弾!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="1IdjWTNveTY";var video_start = 368;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.21 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

18位磐田vs4位C大阪は痛み分け… 磐田が2点差追いつきドローに持ち込む【明治安田J1第30節】

17日、明治安田生命J1リーグ第30節のジュビロ磐田vsセレッソ大阪がヤマハスタジアムで行われ、2-2のドロー決着となった。 最下位に沈む磐田は前節、北海道コンサドーレ札幌に0-4で完敗。対する4位のC大阪は浦和レッズに勝利し、ACL出場権確保となる3位以内の確保に前進。対照的な両チームが激突した。 最初の大きなチャンスはC大阪。15分、為田が左サイドをドリブルで持ち運び、自身の外側へと開いた清武に展開。清武はボックス左からクロスを送り、ファーサイドのアダム・タガートが頭で中央に折り返すも、惜しくも味方に合わなかった。 さらに21分、進藤が自陣から左サイドのタッチライン沿いに開く船木へ大きくサイドチェンジ。船木は前線を駆け上がるタガートにロングボールを送り、ワンタッチで為田へ。最後は為田がボックス左から右足を振り抜いたが、磐田GK三浦に正面でキャッチされた。 攻勢を続けるC大阪の先制点は25分。敵陣深い位置で鋭いチェックからボールを奪い、ボックス内で縦パスを受けた清武がペナルティアーク付近のタガートに預ける。タガートはボックス中央で切り返してから冷静に左足を振り抜き、ネット左へと突き刺した。 先手を取られた磐田は45分、スローインを受けた山田がボックス手前右から強烈な左足シュートを放つも、惜しくもクロスバーの上に。だが、まずは同点にしたい磐田だったが、与えてはならない追加点を許してしまう。 C大阪は1点リードで折り返した後半立ち上がりの52分、直前に舞い込んだ決定機こそタガートが決めきれなかったものの、その流れで右CKを獲得。キッカー清武のクロスに進藤がヘディングを叩き込んだ。 2点差をつけられ意気消沈かと思われた磐田だが、すぐさま反撃を開始。57分、右サイドの吉長からのアーリークロスがボックス左の金子に繋がると、DFを目の前にしながら巧みに右足で放ったシュートが、懸命に身体を伸ばしたGKも届かないところに吸い込まれた。 これで勢いを取り戻した磐田は69分に追いついて見せる。右サイドの深い位置を駆け上がった吉長がボックス右隅でスルーパスを受け、グラウンダーのクロスをゴール前に供給。これがスライディングでクリアを試みたC大阪の進藤のオウンゴールを誘い、試合は振り出しに戻った。 同点とされたC大阪は80分に決定機。敵陣ハーフウェイライン付近でボールを奪取して前線へ展開。最後はボックス左でタガートがGKと1対1という絶好の勝ち越しチャンスを迎えたが、渾身の右足シュートはGK三浦のスーパーセーブに阻まれてしまう。 降格圏脱出のため勝ち点3が欲しい磐田も87分、左サイドのハーフウェイライン付近からボックス近くまで単独で持ち運んだ古川が決定機を演出。中央へマイナスのクロスを送り、金子の落としに松原が右足シュートを放つも、惜しくもクロスバーに直撃した。 両チームとも勝ち越しを目指して攻め込むも、結局どちらにも3点目は訪れず2-2のドロー決着となった。磐田は終盤にきて幾度となくゴールに迫るも逆転には至らず。一方のC大阪は勝利すれば3位浮上も可能だったが、最下位相手に勝ち点を取りこぼした格好となった。 ジュビロ磐田 2-2 セレッソ大阪 【磐田】 金子翔太(後12) オウンゴール(後25) 【C大阪】 アダム・タガート(前25) 進藤亮佑(後7) 2022.09.17 20:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:磐田vsC大阪】最下位・磐田は正念場、C大阪は3位入りに負けられない戦い

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2022年9月17日(土) 18:00キックオフ ジュビロ磐田(18位/23pt) vs セレッソ大阪(4位/47pt) [ヤマハスタジアム(磐田)] ◆最下位にのしかかる重圧【ジュビロ磐田】 前節はアウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦し、4-0で完敗。成す術なく敗れ、リーグ戦5戦未勝利となった。 後半戦は11試合を戦いわずかに1勝。監督交代もここまで効果は見て取れず、勝ち点も詰められていない。残り6試合で残留圏のガンバ大阪とは勝ち点差「6」となっており、勝利がなければ残留は不可能と言って良いだろう。 その上で、DFリカルド・グラッサ、FWファビアン・ゴンザレスの助っ人2人が出場停止。今節のC大阪をはじめ、鹿島アントラーズ、横浜F・マリノスと上位との対戦が亜ある一方で、清水エスパルス、G大阪、京都サンガF.C.と残留争い中の相手とも3試合がある。 その3試合でしっかりと勝利を収めれば大きく状況は変わるが、上位相手にも勝ち点を拾いたいところ。最低でも勝ち点1、もちろん3を目指し、残留に向けての一戦必勝で臨む。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:三浦龍輝 DF:山本義道、伊藤槙人、大井健太郎 MF:鈴木雄斗、遠藤保仁、上原力也、松本昌也 MF:金子翔太、大津祐樹 FW:杉本健勇 監督:渋谷洋樹 出場停止:リカルド・グラッサ、ファビアン・ゴンザレス ◆3位を争う熾烈なレース【セレッソ大阪】 前節はミッドウィークに浦和レッズと対戦し、0-1で勝利。アウェイで貴重な勝ち点3を獲得した。 現在4位、首位の横浜FMには勝ち点差「11」と離されているが、2位の川崎フロンターレとは「6」、3位のサンフレッチェ広島とは「3」という状況。たが、5位の鹿島とは並び、6位の柏レイソルとは「3」と競争が激化している。 中2日でのアウェイ連戦ということで、選手のコンディション面がどうなのか。大幅に選手を入れ替えて戦うのか、それとも結果を残しているチームを軸に戦うのか。小菊昭雄監督の判断も注目される。 手詰まりになっても打開できるだけのメンバーはベンチにいる。チーム一丸となって、勝利を目指すのみだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、西尾隆矢、山中亮輔 MF:毎熊晟矢、奥埜博亮、鈴木徳真、ジェアン・パトリッキ FW:アダム・タガート、清武弘嗣 監督:小菊昭雄 2022.09.17 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

苦しむ磐田に追い打ち…5選手含む計9名に新型コロナ陽性診断

ジュビロ磐田は14日、トップチーム選手5名とスタッフ4名の新型コロナウイルス感染を報告した。 13日にスタッフ1名が体調不良を自覚して、医療機関による抗原検査で陽性診断。他の8名はそれぞれ翌日にクラブの自主的なPCR検査や医療機関による抗原検査を受け、陽性診断が下ったという。 一方で、そのほかの選手とスタッフについては全員が陰性判定。濃厚接触疑い者に関してはJリーグ独自の基準に照らして複数名の選手とスタッフをチームから隔離し、経過観察しているようだ。 今季も終盤に差しかかるなか、複数名の感染者を出した磐田だが、明治安田生命J1リーグでは最下位に位置。17日の第30節ではセレッソ大阪をホームに迎え撃つ。 2022.09.15 09:35 Thu
twitterfacebook
thumb

J1最下位の磐田、OBの藤田俊哉氏がSDに就任

J1最下位に沈むジュビロ磐田が、フットボール本部の新体制について発表した。 2021シーズンは明治安田生命J2リーグで優勝、今シーズンは伊藤彰監督を迎えてJ1の戦いに臨んだ磐田だったが、開幕から低迷。特に後半戦は11試合を戦い1勝2分け8敗と不調を極めている。 その伊藤監督を解任し、ヘッドコーチを務めていた渋谷洋樹氏を監督に据えたが、結果はまだ出ていない。 そんな中、フットボール本部の体制を一新。本部長にクラブOBでアカデミーマネジメント統括部長を務めていた大石倫裕氏が就任。また、トップチームマネジメント部のスポーツダイレクター(SD)に藤田俊哉氏が就任した。 藤田氏はクラブOBであり、オランダのユトレヒトでもプレー経験がある。J1では419試合に出場し100得点を記録。3度のリーグ優勝を経験していた。 日本代表としても24試合で3得点を記録していた。 引退後はVVVフェンロのコーチやリーズ・ユナイテッドの強化部で働き、2018年9月からは日本サッカー協会(JFA)の欧州駐在強化部員となっていた。 2022.09.13 11:22 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly