【J1補強分析|ガンバ大阪】思い通りにいかずも穴埋め完了、エース残留、知将招へい【評価:C】

2022.02.18 19:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
18日、いよいよ2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。

コロナ禍で変則的だったシーズンが、2年間続いた中、今シーズンも引き続き新型コロナウイルスと戦うシーズンに。さらに、4年に1度のワールドカップが初めて冬に開催。その影響もあり、シーズン全てが前倒しで行われるなど、違った形で変則的なシーズンとなる。

リーグ戦の注目は川崎フロンターレの3連覇が達成されるかどうかに注目が集まる。取り巻く包囲網は年々厳しいものになり、今シーズンは一層警戒される状況。虎視眈々と首を狙うクラブもあり、優勝戦線がどうなるかは予想が難しい。
そんなシーズン開幕を前に、超ワールドサッカー編集部が各クラブの補強動向を整理。各クラブのポイントを分析する。

《補強診断:C》(評価:S〜E)

【IN】
GK加藤大智(24)←愛媛FC/期限付き移籍→完全移籍
DFクォン・ギョンウォン(30)←城南FC(韓国)/完全移籍
DF福岡将太(26)←徳島ヴォルティス/完全移籍
MF石毛秀樹(27)←清水エスパルス/完全移籍
MFダワン(25)←サンタ・リタ(ブラジル)/期限付き移籍
MF齊藤未月(23)←湘南ベルマーレ/期限付き移籍
MF中村仁郎(18)←ガンバ大阪ユース/昇格
FW坂本一彩(18)←ガンバ大阪ユース/昇格
FW山見大登(22)←関西学院大学/新加入

【OUT】
GK林瑞輝(25)→未定
GK谷晃生(21)→湘南ベルマーレ/期限付き移籍延長
DFキム・ヨングォン(31)→蔚山現代(韓国)/完全移籍
DF菅沼駿哉(31)→FC町田ゼルビア/完全移籍
MF小野裕二(29)→サガン鳥栖/完全移籍
MF井手口陽介(25)→セルティック(スコットランド)/完全移籍
MF矢島慎也(28)→大宮アルディージャ/完全移籍
MF芝本蓮(22)→藤枝MYFC/期限付き移籍
MF遠藤保仁(42)→ジュビロ磐田/期限付き移籍→完全移籍
FWチアゴ・アウベス(29)→ファジアーノ岡山/完全移籍
FW白井陽斗(22)→ファジアーノ岡山/完全移籍
FW塚元大(20)→ツエーゲン金沢/期限付き移籍
FW唐山翔自(19)→水戸ホーリーホック/期限付き移籍

片野坂知宏監督の下、新エンブレムとともに新時代を迎えるにあたっての補強がなされた今オフだが、一部報道で第一候補たちの獲得に至らなかったとされるネガティブなものもあった。そのため、思い通りな補強とはならなかったとみられるが、退団した主力の穴埋めが期待できる選手は射止めたと言って良い。

MF井手口陽介とDFキム・ヨングォンの代役としてはボール奪取に秀でたMF齊藤未月や、現役韓国代表のDFクォン・ギョンウォン、攻守にバランスの良い中盤のMFダワン、ビルドアップも売りのDF福岡将太を獲得。退団したMF矢島慎也とDF菅沼駿哉に代わる選手という意味でも、しっかりカバーしたといえるだろう。

そのほか、天才肌のMF石毛秀樹を引き入れ、育成からも新たな才能として注目されるMF中村仁郎も昇格。特別指定選手の昨年から鮮烈な活躍ぶりが光ったFW山見大登も今季から正式入団した。戦力値としては現状維持という感があるが、新外国籍選手を含め、ハマり具合でさらにチーム力が高まりそうな陣容だ。

そして、何よりも他クラブからの関心が噂立ったエースのFW宇佐美貴史とDFリーダーであるDF三浦弦太の残留は大きく、6年間の大分トリニータ時代に確かな手腕を発揮した片野坂監督の招へいに関しても、昨季まで戦う上での土台が不明確なチーム状況だった点を鑑みれば、補強にカウントしても良いだろう。

全体的な補強はこじんまりしたものだったかもしれないが、現有戦力の顔ぶれはタレントが揃う。長い目で見る必要もあるが、決して大きくない経営規模の大分で導き手としての手腕を遺憾なく発揮した片野坂監督がどれだけ早くタレント集団に戦術を浸透させるかも選手の能力を引き出すという部分で注目要素になる。

関連ニュース
thumb

セルティックも狙う? スコットランドで注目される5人のJリーグの宝石

現在6人の日本人選手が所属するセルティック。アンジェ・ポステコグルー監督は、すでに夏の移籍市場に目を向けているようだ。『フットボール・スコットランド』が伝えた。 セルティックは2021年夏にポステコグルー監督が就任。同時にヴィッセル神戸からFW古橋亨梧を獲得。その古橋がチームを牽引すると、2022年冬にはFW前田大然、MF旗手怜央、MF井手口陽介を獲得し、チームは見事にリーグ優勝を果たした。 今シーズンに向けては日本人選手は獲得せず。それでも古橋はゴールを重ねて現在リーグ得点ランキングトップ。2023年1月には神戸からDF小林友希、横浜F・マリノスからMF岩田智輝を獲得し6人に増加。チームは首位を走っている。 今冬には小林と岩田に加え、カナダ代表DFアリスター・ジョンストン、韓国代表FWオ・ヒョンギュを獲得していた。 一方で、ギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキスが退団するとされており、来夏にはイスラエル代表FWリエル・アバダや前田にはプレミアリーグのサウサンプトンが興味。その他にも興味を持たれている選手がいる。また井手口も今冬のJリーグ復帰が噂されている。 ポステコグルー監督は既にチームに必要な人材をピックアップ。また、ハート・オブ・ミドロシアンには神戸からFW小田裕太郎、マザーウェルにはMF檀崎竜孔が今冬に加入しており、スコットランドのクラブにとってJリーグが1つのマーケットとなっている。 『フットボール・スコットランド』は、Jリーグに詳しいサム・ロブソン記者がピックアップした5選手を紹介。今後数年間で注目すべき若手について触れている。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF松木玖生(19/FC東京)</span> 3枚の中盤の左でプレーするボックス・トゥ・ボックスの選手。2022年は彼にとって最初のプロのシーズンであり、ほぼ主力としてプレーした。 素晴らしいクオリティ、優れたスピードと強さ、そして若さからくる自信。1、2年は成長が必要かもしれないが、注目に値する。 <span class="paragraph-title">◆MF満田誠(23/サンフレッチェ広島)</span> <span data-other-div="page2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_mitsuta.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 昨年の最大のサプライズ。大学を卒業後1年目でリーグを席巻。ミヒャエル・スキッベ監督からの信頼を得て、左ウイングバックとして1試合プレーも、その後はシャドーとして活躍した。 公式戦12ゴール14アシストを記録し、広島を3位に導き、国内の2つのカップ戦ではどちらも決勝に導いた。取材した中で最初のシーズンで大きな影響を与えたのは三笘薫以来となる。 <span class="paragraph-title">◆MF橘田健人(24/川崎フロンターレ)</span> <span data-other-div="page3"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_tachibanada.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 2021年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で印象的な活躍を見せた後、川崎フロンターレの中盤で中心選手となり、旗手や三笘など多くの選手を失ったにもかかわらず、安定したパフォーマンスを維持することに貢献した 中盤のそこでプレーし、攻撃を素早くスタートさせることが得意。サイドバックとしての役割も含め、高度な役割を担える。 <span class="paragraph-title">◆GK谷晃生(22/ガンバ大阪)</span> <span data-other-div="page4"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_tani.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 湘南ベルマーレの第1GKとして3シーズンのローンを組んだ後、ガンバ大阪に復帰する。彼のパフォーマンスは、日本代表の招集を受け、2021年の東京オリンピックで正守護神となるまで成長した。 足元の技術はとても成熟しており、優れたショットストッパーでもある。まだ22歳だ。日本のGKがヨーロッパで活躍できることは滅多になく、セルティックが門戸を開くことを願っている。 <span class="paragraph-title">◆DF山原怜音(23/清水エスパルス)</span> <span data-other-div="page5"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_yamahara.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 昨シーズンは最終的に降格した清水エスパルスのサイドでの彼のエネルギーと一貫性に感銘を受けた攻撃的なサイドバック。ポゼッションを得るためにオーバーラップ、または中央に入ることは得意で、2ゴール9アシストを記録した。 ボールを扱うのがとても上手く、優れたセットプレーを提供。チームを2部から救うことが重要となる。 2023.02.07 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪のホーム開幕戦にM-1王者・ウエストランドが来場! 共にサッカー経験者「あの時の僕に自慢したい」

ガンバ大阪は3日、25日に開催される2023シーズンの明治安田生命J1リーグのホーム開幕戦に、M-1グランプリ2022チャンピオンのウエストランドが来場することを発表した。 ウエストランドは井口浩之さんと河本太さんからなるお笑いコンビ。タイタン所属で、井口さんの毒舌キャラが大ウケし、見事にM-1王者に輝いた。 サガン鳥栖との第2節に来場するウエストランドは、ロート Well-being パーク(スタジアム場外)にある吹田 G ステージやスタジアム内番組「HEAT UP TIME」に出演。ネタを披露する他、熱くサッカーについて語っていく。 2人はサッカー部に所属し、井口さんは小学4年から大学4年まで、河本さんは高校でプレーしていた。2人は今回の来場に向けてコメントしている。 井口浩之さん 「93 年の J リーグ開幕から観てたガンバ大阪のホーム開幕戦に行かせて頂くのは本当に感慨深いです!ずっと行きたかった、パナソニックスタジアム吹田も楽しみ!!」 河本 太さん 「J リーグが開幕した時は小学生で、その中でもガンバ大阪は地元も近く 1 番応援していました。そんなガンバ大阪の開幕戦を応援させて頂ける日が来るなんて、あの時の僕に自慢したいです」 <span class="paragraph-title">【動画】M-1王者・ウエストランドからメッセージ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XzDbCOqHf3E";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.03 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安律の同期、天才とも呼ばれたVONDS市原のMF市丸瑞希が25歳で現役引退…G大阪、岐阜、琉球でもプレー

VONDS市原は1日、MF市丸瑞希(25)の現役引退を発表した。 ガンバ大阪下部組織出身の市丸は2016年、DF初瀬亮(現:ヴィッセル神戸)、MF堂安律(現:フライブルク)、FW髙木彰人(現・ザスパクサツ群馬)と共にトップチーム昇格。元日本代表MF遠藤保仁(現:ジュビロ磐田)の後継者と目されるなど高い期待がかけられた。 しかし、G大阪ではポジションを掴めず、期限付き移籍していたFC岐阜から復帰した2020年もトップチームに定着できず、2020年8月から琉球に期限付き移籍。2021年から完全移籍となった。 2022シーズンはVONDS市原に所属したが、現役引退を決断した。 J1通算5試合、J2通算51試合、J3通算58試合1得点。リーグカップ通算8試合に出場した。また、世代別の日本代表も経験していた。 市丸はクラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンを最後に現役を引退することに決めました。7年間という短い時間ではありましたが、幸せな時間を過ごさせていただきました」 「ガンバ大阪でプロ生活をスタートしてFC岐阜、FC琉球、そして最後にVONDS市原FCでプレーをさせていただき、本当に感謝してます」 「今後はGustare Soccer Schoolで未来ある子供たちに僕の経験を伝えます。指導者としてサッカーに携わっていきたいと思います。今まで応援していただいた皆様、本当にありがとうございました」 2023.02.02 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪、新7番の宇佐美貴史がキャプテン就任 「しっかりとまとめていきたい」

ガンバ大阪は1日、2023シーズンのキャプテンと副キャプテンを発表した。 昨季からDF三浦弦太に代わってMF倉田秋に引き継がれたキャプテンだが、今季からはMF遠藤保仁が2020年途中に移籍してから空き番の7番を継承したFW宇佐美貴史に。今や名実ともにG大阪のシンボルプレーヤーとなる30歳はクラブの公式サイトを通じて、決意を語った。 「昨シーズンは副キャプテンをやらせていただいて、シーズンの終盤はキャプテンマークを巻いて試合に出ることもあった中で、キャプテンとして試合に出る楽しさやチームの中で何ができるのかという楽しさは感じていました。(自分がキャプテンに)向いているか向いていないのかは正直わからないですけど、監督から指名してもらった時は率直に嬉しかったです。副キャプテンの二人と一緒にチームをしっかりとまとめていきたいと思います」 また、副キャプテンは移籍2年目となるDFクォン・ギョンウォンと大卒4年目のMF山本悠樹。宇佐美のサポート役となり、それぞれ意気込みを言葉にしている。 ◆クォン・ギョンウォン 「今シーズンは監督から副キャプテンに任命していただきました。自分もしっかりと頑張っていきたいですし、キャプテンの宇佐美選手、副キャプテンの山本悠樹選手とともにチームを引っ張れるように精一杯努力したいです。昨シーズンはあまり良い結果が出なかった分、今年はみんなと一緒に笑えるような、そんなシーズンにしたいと思います。そして練習でも試合でもチームのために頑張りたいと思います」 ◆山本悠樹 「今シーズン、副キャプテンに就任した山本悠樹です。チームを支えることとキャプテンの(宇佐美)貴史くんを支えること、しっかり個人として成長することもすごく大事だと思うので、責任感をもって頑張りたいと思います」 2023.02.01 10:35 Wed
twitterfacebook
thumb

「上手くね?」「箸使えるのすごい」G大阪の助っ人FWジェバリ、巧みな箸使いで寿司を食べる姿にファン驚愕&期待「もう日本人やん!」

ガンバ大阪に加入したチュニジア代表FWイッサム・ジェバリが日本の料理に挑戦した。 デンマークのオーデンセから加入したジェバリ。カタール・ワールドカップ(W杯)にもチュニジア代表として出場し、3試合でプレーしていた。 G大阪の沖縄キャンプにも合流しており、近年の低迷から脱却を目指すチームにおいて大きな期待が寄せられている中、オフの姿が話題となっている。 G大阪が公式YouTubeチャンネルで連日キャンプの様子を投稿する中、宿舎での食事の様子も公開された。 この日のメニューには寿司が出ており、FW鈴木武蔵がジェバリをサポート。寿司は食べたことがあるようで、マグロ、サーモン、玉子、いくらをチョイス。なんと、巧みに箸を使って自分の皿に取り分けているから驚きだ。 実際に食べる際も寿司を箸で掴み、器用に醤油につけて食べており、味は「Verry Good!」と感想を述べていた。 日本に来てから間もないものの、箸をしっかりと使いこなしている姿は驚き。ファンは「足元上手いし箸使うのもうまい」、「箸使えるのすごいな」、「めちゃくちゃ醤油入れてる」、「お箸もほぼ完璧でもう日本人やん!」、「お箸使うの上手くね?」とコメントしている。 ピッチ外ですでに期待値を高めているジェバリ。本拠地のパナソニック スタジアム 吹田では日本代表との試合ですでにゴールを決めており、G大阪の復活に向けてピッチ内でも期待が高まる。 <span class="paragraph-title">【動画】驚き! 器用にお箸を操り寿司を掴んで食べるジェバリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Iuk-CWpeZgw";var video_start = 277;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 20:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly