モンテレイを下したアフリカ王者・アル・アハリが2大会連続の準決勝進出!《クラブ・ワールドカップ》

2022.02.06 03:41 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2021準々決勝、アル・アハリ(エジプト)vsモンテレイ(メキシコ)が5日に行われ、1-0でアル・アハリが勝利した。

今回のCWCは昨年12月に日本での開催が予定されていたが、 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって日本が開催を辞退したため、昨年同様にカタールでの開催となった。

準々決勝の第1戦では、CAFチャンピオンズリーグを制したアフリカ王者のアル・アハリと、かつて日本代表を率いたハビエル・アギーレ氏が指揮官を務める北中米カリブ海王者のモンテレイが対峙した。
試合は開始早々にアル・アハリが最初の決定機を創出する。4分、自陣からロングカウンターを仕掛けると、バイタルエリアで粘ったエル・シャハトのラストパスからアブデルカデルがシュートを放ったが、これは相手GKのセーブに阻まれた。

対するモンテレイは14分、ボックス手前で獲得したFKからメサがゴールを狙ったが、これは右サイドネット。さらに20分には、ボックス右でパスを受けたロモの折り返しからペナルティーアーク内のフネス・モリがダイレクトシュートを放ったが、これはわずかに枠の右に外れた。

一進一退の時間が続く中、アル・アハリは28分にタヘルのサイドチェンジをボックス左でボールを拾ったアリ・マールルが折り返すと、ゴール前に走りこんだタヘルが左足で合わせたが、シュートは相手GKの正面を突いた。

ゴールレスで迎えた後半は早い時間にスコアが動く。アル・アハリは53分、アブデルカデルとのワンツーでボックス左深くまで駆け上がったマールルのクロスが相手GKに弾かれると、こぼれ球に反応したハニがボックス手前からダイレクトシュートをゴールに突き刺した。

その後は1点を追うモンテレイが押し込む展開で試合は推移。しかし、自陣でしっかりとブロックを形成するアル・アハリを崩しきれない状況が続く。

すると、アル・アハリは88分にチャンス。ロングパスで右サイドを突破したタヘルの折り返しをニアに走りこんだソリマンが合わせたが、シュートは枠の右に外れた。

結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。モンテレイを下したアル・アハリが、南米王者パウメイラスの待つ準決勝へ駒を進めた。


関連ニュース
thumb

3連覇目指す川崎Fに衝撃? マルシーニョにエジプトの名門アル・アハリが獲得に接近と現地報道…移籍金は2億円超か

川崎フロンターレのブラジル人MFマルシーニョ(27)が、エジプトに移籍する可能性が高いようだ。エジプト『King Fut』が報じた。 2021年8月にフリーだったマルシーニョは川崎Fへと加入。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで11試合に出場し1ゴール4アシスト、天皇杯で2試合の出場に終わっていた。 しかし、今年は持ち前のスピードと突破力を生かし、左ウイングに定着。J1では25試合で9ゴール3アシスト、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では5試合で1ゴール1アシストを記録するなど、リーグ3連覇を目指すチームの主軸としてプレーを続けている。 そのマルシーニョだが、突如として浮上したのがエジプトへの移籍。強豪のアル・アハリが獲得に興味を示し、合意に近づいているという。 これまでブラジル国内のインテルナシオナルやフォルタレザでプレーし、中国スーパーリーグの重慶力帆でもプレー。その後、川崎Fへと移籍してきた。 アル・アハリはシーズンがこれから開幕を迎えることとなり、日本でパフォーマンスを発揮しているマルシーニョに目をつけたという。 『King Fut』によれば、アル・アハリは150万ドル(約2億1700万円)の移籍金を提示したとのこと。新シーズンに向けて4人目の補強になるとされている。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻すぎるマルシーニョのハットトリック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AJpNlRv9u7c";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.30 18:50 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMのFWレオ・セアラにサウジ行きの噂? 元神戸&C大阪のダンクレーが阻止と報道も本人が完全否定「電話したことない」

サウジアラビアのメディアが横浜F・マリノスのブラジル人FWレオ・セアラの移籍に関して報じたが、フェイクニュースであることが判明した。 2021年1月にヴィトーリアから横浜FMに加入したレオ・セアラ。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で来日が遅れたが、来日後はチームの軸として活躍した。 2年目を迎えた今シーズンもエースとして活躍。明治安田生命J1リーグでは21試合に出場し10ゴール3アシストで現在得点ランキングトップに。また、AFCチャンピオンズリーグでは4試合2ゴール、YBCルヴァンカップで2試合2ゴール、天皇杯で2試合1ゴールを記録している。 そのレオ・セアラに関して、サウジアラビアのアル・アハリが獲得に動いており、移籍で合意に迫っていたという報道が出ていた中、1人の選手がこれを止めに入って破談になったと報道した。 それが、かつてヴィッセル神戸やセレッソ大阪でプレーしたDFダンクレーだというのだ。ダンクレーは、C大阪から2021年7月にアル・アハリへと完全移籍。しかし、今年7月末に退団していた。 そのダンクレーがレオ・セアラと電話で話をし、移籍を止めたという報道が出ていたが、ダンクレー本人がインスタグラムのストーリーズで否定。完全にフェイクだとし、レオ・セアラと電話をしたことなどないと主張した。 「このニュースは全てフェイクだ。レオ・セアラは僕に電話をしてきたことなどない。なぜ、彼らが僕の名前を使って、このニュースで騙そうとしたのかわからない」 「僕に電話をかけてきた唯一の選手は、GKのレナン(アル・アハリ所属)だった。彼が電話をかけてきた時、彼にクラブの良い情報を共有した。それが彼が加入したことに貢献した。レナンに聞いてみると良い。彼は僕が与えた情報を教えてくれるだろう」 「クラブの話をした時、僕はレナンと友人だった。僕たちは一緒にプレーしていた。レオ・セアラからの電話は受けたことがない」 なぜこのような報道が現地で出たのかは不明。また、レオ・セアラの移籍話もどこまでが真実なのかも不明となっている。 3年ぶりのリーグ制覇を目指す横浜FMとしては、7月の月間MVPにも輝いたレオ・セアラに今抜けられては困るところだろうが、どうなるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】中東からも熱視線!? レオ・セアラ、圧巻の7月ゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5K5drRaLFmU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.23 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェが北マケドニア代表DFアリオスキをアル・アハリからレンタル

フェネルバフチェは2日、サウジアラビアのアル・アハリから北マケドニア代表DFエズジャン・アリオスキ(30)をレンタル移籍で獲得することを発表した。 アリオスキはスイスにもルーツがあり、ヤング・ボーイズの下部組織で育った。 ファーストチーム昇格の前にシャフハウゼンへのレンタル移籍を経験すると、その後完全移籍。その後ルガーノにも完全移籍する。 2017年7月にはリーズ・ユナイテッドへ完全移籍。4シーズンを過ごし、公式戦169試合に出場し22ゴール19アシストを記録。2021年7月にアル・アハリへ完全移籍していた。 アル・アハリでは公式戦30試合で6ゴール9アシストを記録している。 また、北マケドニア代表としても56試合で12ゴールを記録。左サイドバックを主戦場に、サイドハーフとしてもプレーできる。 2022.08.03 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸やC大阪でプレーしたDFダンクレーがアル・アハリを退団…J1で55試合3ゴール

ヴィッセル神戸やセレッソ大阪でもプレーしたブラジル人DFダンクレー(30)が、アル・アハリを退団した。 ダンクレーは母国ブラジルでプロキャリアをスタート後、ポルトガルやフランスのクラブを渡り歩き、2019年2月に神戸に加入した。 神戸では公式戦54試合に出場し3ゴール1アシストを記録。しかし、構想外となると2021年2月にマテイ・ヨニッチが移籍したC大阪に活躍の場を移した。 ケガなどもあり、出遅れたが、5月にデビュー。公式戦6試合に出場したが、2021年7月にサウジアラビアのアル・アハリへと完全移籍していた。J1通算55試合3ゴール1アシストだった。 アル・アハリでは公式戦25試合に出場し1ゴールを記録。2021-22シーズンはリーグ戦23試合に出場していた、 ダンクレーは自身のインスタグラムを更新し、チームを退団したことを発表。感謝の気持ちを綴っている。 「今日でアル・アハリに別れを告げます」 「ファン、スタッフ、そしてチームメイトが僕と僕の家族のためにしてくれた全てに感謝します。とても素晴らしいものであり、いつまでも感謝しています。あなた方は永遠に僕たちの心の中にいます」 「クラブ、そしてこのシャツを着ているチームメイトのみんなの幸運を願います。応援しています」 <span class="paragraph-title">【動画】ダンクレー、アル・アハリでのプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CgmuySIjDEK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CgmuySIjDEK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CgmuySIjDEK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Dankler(@dankler33)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.31 17:55 Sun
twitterfacebook
thumb

西地区はGS終了! オルンガ擁するアル・ドゥハイルや前回王者アル・ヒラルらが勝ち上がり《ACL2022》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022の西地区は、東地区に先駆けてグループステージの全日程が終了。ラウンド16に進む8クラブが決定した。 グループAは、前回大会王者で、ラモン・ディアス監督が率いるアル・ヒラル(サウジアラビア)が勝ち点13で首位に。2位のアル・ラーヤン(カタール)と勝ち点13で並んだが、当該成績で上回った。なお、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスはアル・ラーヤンに所属しているが、登録メンバーに入っていなかった。 グループBは、アル・シャバブ(サウジアラビア)が勝ち点16で独走。グループCはフーラード(イラン)が勝ち点12で首位通過を果たした。 グループDはエルナン・クレスポ監督が率い、FWマイケル・オルンガやDFトビー・アルデルヴァイレルトらが所属するアル・ドゥハイル(カタール)が勝ち点15で首位通過。グループEはACL初出場のアル・ファイサリー(サウジアラビア)が勝ち点9で首位通過。2位のナサフ・カルシ(ウズベキスタン)も勝ち点9で並んだが2位となった。チャビ・エルナンデス監督が退任し、ハビ・グラシア監督率いるアル・サッド(カタール)はMFサンティ・カソルラの活躍もありながら3位で敗退となった。 なお、2位チームからはグループAのアル・ラーヤン、グループCのシャバブ・アル・アハリ(UAE)、グループEのナサフ・カルシがラウンド16に進出している。 ラウンド16では、アル・ヒラルがシャバブ・アル・アハリと対戦。アル・ドゥハイルはアル・ラーヤンとのカタール対決。アル・シャバブはナサフ・カルシと、アル・ファイサリーはフーラードと対戦する。 西地区は2023年の2月3日からノックアウトステージがスタート。同19日、26日に決勝が行われる。 ◆ACL2022西地区 ラウンド16 アル・ヒラル(サウジアラビア) vs シャバブ・アル・アハリ(UAE) アル・シャバブ(サウジアラビア) vs ナサフ・カルシ(ウズベキスタン) アル・ドゥハイル(カタール) vs アル・ラーヤン(カタール) アル・ファイサリー(サウジアラビア) vs フーラード(イラン) 2022.04.28 11:58 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly