鳥栖のルーキーDF今掛航貴が1年で退団、JFLのFCティアモ枚方へ完全移籍

2022.01.31 21:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は31日、DF今掛航貴(22)がJFLのFCティアモ枚方へ完全移籍することを発表した。

今掛は興国高校から中央大学へと進学し、2021年に鳥栖へと入団。YBCルヴァンカップで3試合に出場したが、2021年7月に水戸ホーリーホックへと育成型期限付き移籍で加入した。

水戸では明治安田生命J2リーグで4試合に出場。鳥栖へ復帰していたが、1年で退団となった。
今掛は両クラブを通じてコメントしている。

◆FCティアモ枚方
「初めまして、サガン鳥栖から移籍しました今掛航貴です。地元、大阪で暴れるので応援よろしくお願いします」

◆サガン鳥栖
「サガン鳥栖に関わる皆様、ありがとうございました。また戻って来れるように頑張ってきます。これからも応援よろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

G大阪退団のMF芝本蓮がFCティアモ枚方に加入、昨季は藤枝でプレー

FCティアモ枚方は26日、MF芝本蓮(23)が加入することを発表した。 芝本は大阪府出身で、ガンバ大阪の下部組織育ち。ジュニアユース、ユースと昇格すると、2018年にトップチームに昇格する。 G大阪ではJ1で1試合、リーグカップで2試合の出場に終わると、2021年にSC相模原、2022年には藤枝MYFCへと期限付き移籍していた。 藤枝では明治安田生命J3リーグ9試合の出場のみに終了。シーズン終了をもって移籍期間が満了となり、G大阪も契約満了で退団となっていた。 芝本はクラブを通じてコメントとしている。 「藤枝MYFCから来ました芝本蓮です。FCティアモ枚方の勝利のために全力で頑張ります。応援宜しくお願いします!」 2023.01.26 17:42 Thu
twitterfacebook
thumb

金沢のMF島津頼盛が期限付き移籍先のFCティアモ枚方へ完全移籍「離れるのはすごく残念」

ツエーゲン金沢は17日、MF島津頼盛(23)がJFLのFCティアモ枚方へ完全移籍することを発表した。 島津はセレッソ大阪の下部組織出身で、U-15から興國高校へ進学。2018年に金沢に入団した。 プロ入り4シーズン目までは金沢でプレー。J2通算49試合で9得点を記録した。 2021年途中には鹿児島ユナイテッドFCへと期限付き移籍し、J3で8試合1得点を記録。今シーズンは枚方へ期限付き移籍していた。 島津は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ツエーゲン金沢 「この度、ツエーゲン金沢を退団することになりました。ツエーゲン金沢は僕をプロサッカー選手に導いてくださったチームでもあり、離れるのはすごく残念な気持ちですが新しいチームでまた成長した姿を見せられるように頑張っていきます。これからも応援よろしくお願いします」 ◆FCティアモ枚方 「この度、完全移籍でFCティアモ枚方に加入することになりました。より活躍できるように頑張っていきます。応援よろしくお願いします」 2022.12.17 13:08 Sat
twitterfacebook
thumb

群馬がJFL枚方と2つの移籍成立 中田湧大が復帰、阿部隼人は完全移籍移行

ザスパクサツ群馬は16日、日本フットボールリーグ(JFL)のFCティアモ枚方と2つの移籍が成立したと発表した。1つは枚方に育成型期限付き移籍しているMF中田湧大(19)の復帰。もう1つは枚方に期限付き移籍中だったDF阿部隼人(24)の完全移籍移行だ。 中田は2021年に香里ヌヴェール学院高校から群馬入りし、今季から枚方に育成型期限付き移籍。横浜F・マリノスのアカデミー在籍した過去を持つ阿部は2021年に早稲田大学から群馬に加わり、今季から枚方に期限付き移籍した。 両選手はそれぞれ群馬の公式サイトを通じてコメントしている。 ◆中田湧大 「FCティアモ枚方から戻ってくることになりました。また群馬でサッカーできることを嬉しく思い、活躍できるように頑張ります。成長した姿を見せます。また応援よろしくお願いします」 ◆阿部隼人 「所属した2年間応援していただきありがとうございました。2年目の期限付き移籍期間中もTwitterなどで応援していただいたファン・サポーターの皆さんの温かさにはとても感謝しています。今季試合に出場して力を付けて群馬に帰り、正田醤油スタジアムで、応援して下さる方々の前でプレーすることを一つの目標にしていましたが、叶いませんでした。力不足です」 「活躍を期待して下さった方々の想いに応えられなかったことはとても悔しいです。皆さんからいただいた力を自分の力に変えて、自分の力が誰かの力になれるように邁進していきます。ザスパクサツ群馬が発展し、群馬県民が誇れるチームになることを願っています。2年間ありがとうございました。またどこかでお会いしましょう!」 2022.12.16 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

讃岐が今季JFLで14得点を記録したFW森本ヒマンをFCティアモ枚方から期限付きで獲得「ゴール量産できるよう」

カマタマーレ讃岐は15日、JFLのFCティアモ枚方に所属するFW森本ヒマン(25)を期限付き移籍で獲得することを発表した。 期限付き移籍期間は2024年1月31日までとなり、枚方との公式戦には出場できない。 森本は栃木県出身で、矢板中央高校から駒澤大学へと進学。2021年に枚方に入団した。 1年目はJFLで24試合4得点、2年目の今季はJFLで24試合14得点を記録。得点ランキングでも2位タイと一気に得点力が上がった。 初の Jリーグ挑戦となる森本は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆カマタマーレ讃岐 「この度、カマタマーレ讃岐への加入が決まりました森本ヒマンです。チームの勝利に貢献しゴール量産できるよう精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします!」 ◆ティアモ枚方 「この度、カマタマーレ讃岐に移籍することになりました。2年間応援してくださったスポンサー、サポーターの皆様、携わってくれたチームメイトやスタッフ、全ての人に感謝します。ティアモにはJリーグでの経験がある選手も多く、2年間で沢山のことを学ぶことが出来ました。この経験を活かして、Jリーグでも活躍し、更に上に行けるように頑張ります」 「又、mhサッカースクールで子供たちとサッカーを通して関われたことは僕の一生の思い出です。またいつか会えたら嬉しく思います。2年間本当にありがとうございました!」 2022.12.15 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

八戸退団のMF坪井一真がJFL枚方へ、来季は元G大阪の二川孝広が指揮官に

ヴァンラーレ八戸は13日、契約満了となっていたMF坪井一真(24)がJFL(日本フットボールリーグ)のFCティアモ枚方へ移籍すると発表した。 坪井は大阪府出身で、セレッソ大阪の下部組織、近畿大学を経て、2021年から八戸に入団。昨季はJ3で17試合0得点、今季は6試合0得点という成績だった。 新天地となる枚方は、関西サッカーリーグ1部時代の2020年に全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(地域CL)を制し、翌年からJFLに昇格。2004年に新井場徹、播戸竜二、稲本潤一(現南葛SC)が設立した若いクラブで、来季からは元ガンバ大阪の二川孝広が指揮官に就任する。 坪井は新天地となる枚方の公式サイトを通じてコメントを発表している。 「FCティアモ枚方に関わる皆様初めまして! ヴァンラーレ八戸から来ました坪井一真です」 「強い覚悟を持ってきました。このクラブのさらなる躍進の力になるため、クラブに関わる全ての方々の想いを背負い、熱いプレーをしていきたいと思います」 「FCティアモ枚方の一員としてプレーできることを楽しみにしています。共に熱く、闘いましょう。よろしくお願いします!」 2022.12.13 20:09 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly