日本代表のCBは谷口と板倉を抜擢! 中国代表戦スタメン発表!

2022.01.27 18:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
17日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第7戦で中国代表と対戦する日本代表のスターティングメンバーが発表された。

7大会連続7度目のW杯出場を目指す日本。現在4勝2敗で勝ち点12の2位につけている状況だ。

今回の活動にはDF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(アーセナル)が負傷欠場となり代役が注目された中、DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)、DF板倉滉(シャルケ)が抜擢。共に最終予選では初出場となる。

その他、FW浅野拓磨(ボーフム)はベンチからも外れている。

試合は19時00分から埼玉スタジアム2002で行われる。

◆日本代表スターティングメンバー[4-3-3]
GK:権田修一
DF:酒井宏樹、谷口彰悟、板倉滉、長友佑都
MF:田中碧、遠藤航、守田英正
FW:伊東純也、大迫勇也、南野拓実
監督:森保一

◆サブ
GK:川島永嗣、シュミット・ダニエル
DF:山根視来、植田直通、中谷進之介、中山雄太
MF:原口元気、柴崎岳、堂安律、久保建英
FW:前田大然

関連ニュース
thumb

吉田麻也のシャルケ入りが接近、ドイツ入りしメディカルチェックへ

日本代表DF吉田麻也(33)のシャルケ移籍が間近に迫っているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 2021-22シーズン限りでサンプドリアを退団した吉田。セリエAに初昇格したモンツァやトルコのトラブゾンスポルからのオファーがある中、急転してドイツへの移籍が浮上した。 吉田の獲得に動いているのは、新シーズンからブンデスリーガに復帰したシャルケ。昨シーズンの2.ブンデスリーガで優勝を果たした中、主軸だった日本代表DF板倉滉の買い取りオプションを行使できずに手放すと、センターバックの補強が急務となっていた。 『ビルト』は4日に吉田に対してシャルケがオファーを出し、クラブのスポーツディレクター(SD)であるルベン・シュレーダー氏も獲得を認めた中、吉田がドイツ入りしたという。 『ビルト』によると、5日の朝に吉田はデュッセルドルフ空港に到着。メディカルチェックを受けるため、ゲルゼンキルヒェンに移動したという。 名古屋グランパス、VVVフェンロ、サウサンプトンでプレーした吉田は、2020年1月にサンプドリアへとレンタル移籍で加入。ちょうど時を同じくして新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中で蔓延。多くの感染者、被害者を出す中、新たな土地イタリアでのキャリアをスタート。半年のプレーでチームの信頼を得ると、そのまま完全移籍を果たした。 2年半の在籍で、セリエA72試合に出場し3ゴール6アシストを記録。チームの守備の軸としてプレーした一方で、今年1月の負傷後は低パフォーマンスもあり、序列が低下。シーズン終盤は満足にプレーせず、契約満了の6月30日をもって退団となった。 シャルケは板倉の他、吉田と親交が深い元日本代表DF内田篤人も所属し、愛され続けている。 自身初のドイツでのプレーとなる吉田。カタール・ワールドカップ(W杯)で対戦する国に乗り込み、半年でドイツ対策を練る準備ができそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】空港に到着した吉田麻也</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Bereit zum Medizincheck - Schalkes neuer Abwehr-Boss ist da! <a href="https://t.co/2jq2k7OaEi">https://t.co/2jq2k7OaEi</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/BILDSport?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BILDSport</a></p>&mdash; BILD Sport (@BILD_Sport) <a href="https://twitter.com/BILD_Sport/status/1544254697527296000?ref_src=twsrc%5Etfw">July 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.05 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「チームのためにゴールやアシストを」フライブルク加入の堂安律がファーストインタビュー! 覚えているドイツ語は?

フライブルクへの完全移籍が発表された日本代表MF堂安律が、クラブのファーストインタビューに応じた。 5日、PSVから完全移籍でフライブルクへと加入した堂安。アルミニア・ビーレフェルト時代以来、2年ぶりにブンデスリーガの舞台へと戻ってきた。 フライブルクは、2021-22シーズンのブンデスリーガで6位。DFBポカールで準優勝に終わったが、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得。ブンデスリーガだけでなく、ヨーロッパの舞台でもプレーできる。 その堂安律は、早速クラブのインタビューに応じ、全編英語で対応。クラブの印象や今シーズンの意気込みについて語った。 まず、フライブルクのユニフォームを手渡された堂安は「かなり気に入っています。強そうですね。このユニフォームを着てプレーするのが楽しみです」とコメント。PSVのユニフォームと似た赤と白のストライプのユニフォームは非常に似合いそうだ。 また、日本から長いフライトを経てフライブルクへとやってきた中、初日の印象については「僕はここに来るので少し疲れましたが、今は疲れていないです。とても良い気分で、ここにいられて幸せです」とコメント。新たな本拠地を訪れ、疲れも吹き飛んだようだ。 2020-21シーズンはブンデスリーガでも戦った堂安。フライブルクの印象については「ビーレフェルト時代にフライブルクと対戦し、良い印象を抱いていました」とコメント。また、クリスチャン・シュトライヒ監督との会話をした印象についても語り、「監督と話をしました。すぐに良い感触を得ましたし、彼の情熱と姿勢が好きです」と、好印象を持ったようで、「彼のために勝ちたいです」と意気込みを語った。 またチームでの目標については、「次のステップに一緒に進みたいです」と語り、「僕はチームのためにゴールやアシストをしたいです。自分のためではなく、クラブや素晴らしいサポーターのためにです」と目標を語った。 話題は日本代表にも及び、カタール・ワールドカップ(W杯)でドイツ代表と同居していることが話題に。堂安は難しいグループだとしながらも、今はクラブのために活躍することを考えているとした。 「勝利するためには、強いチームと自信が必要です。僕たちのグループには、強いスペインと素晴らしいドイツがいます。ワールドカップは簡単ではありません」 「ただ、今はこのクラブ、監督の下で良いプレーをしなければなりません。そうすれば、これからのワールドカップが楽しみになります。今はワールドカップについてあまり多くのことを考えていません」 最後に、ドイツ語はまだ覚えていますか?という質問を投げかけられ「『お元気ですか?』や『どうぞ』という一言です」とコメント。「あとは汚い言葉で、カメラの前では言えません」と笑顔で答え、色々と悪い言葉を教わっていたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】全て英語!スタジアムでファーストインタビューに応じる堂安律</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/video.php?height=314&href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FSCFreiburg%2Fvideos%2F417327323741576%2F&show_text=false&width=560&t=0" width="560" height="314" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share" allowFullScreen="true"></iframe> 2022.07.05 19:40 Tue
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト遠藤航がチームに合流、期待と歓迎の声多数「おかえりレジェンド」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航の新シーズンが始動した。 5月14日に昨季ブンデスリーガの最終節で劇的な残留を決め、2年連続でリーグのデュエル最多数を記録した遠藤。日本代表の6月シリーズにも全4試合で先発出場を果たし、ようやくのオフ期間には所属したJクラブや恩師の元を訪ねるなどしていた。 フル稼働が続いていた戦士は束の間の休息を経て、再びドイツへ。クラブ公式ツイッターが4日に合流した旨を投稿。「#LegEndo」のタグを付け、パフォーマンステストを行う遠藤の様子を公開した。 遠藤自身も動画を引用し、「ドイツに帰ってきました〜!新シーズンに向けて良い準備を」と綴れば、国内外のファンからも「おかえりレジェンド」、「新シーズンも活躍楽しみにしてます」、「VfBを上位に導いてください」など、期待のこもった声が寄せられた。 遠藤と同じくして初の日本代表活動を経験したDF伊藤洋輝もチームに合流した。U-21チームにはDFチェイス・アンリに続き、DF岡田怜が加入し、日本からの注目度も高まるシュツットガルト。率いる遠藤はドイツ1部での3シーズン目でどのようなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】シュツットガルトに合流し、パフォーマンステストを行う遠藤</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> 18 km/h <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> | <a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <a href="https://t.co/JBDL5qvRVC">pic.twitter.com/JBDL5qvRVC</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543896542989500424?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/LegEndo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LegEndo</a> <a href="https://t.co/z5BhqBSyUI">pic.twitter.com/z5BhqBSyUI</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543903986499174400?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】チームに合流した遠藤と伊藤、ベヤズを交えた3ショット</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Zurück bei der Mannschaft:<a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <br>Hiroki <a href="https://twitter.com/hashtag/Ito?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ito</a> <a href="https://twitter.com/omerfabeyaz?ref_src=twsrc%5Etfw">@omerfabeyaz</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> <a href="https://t.co/8qgQL7GYkH">pic.twitter.com/8qgQL7GYkH</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543958816479395840?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.05 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表MF堂安律がフライブルクに完全移籍! 矢野貴章以来の日本人に

フライブルクは5日、PSVの日本代表MF堂安律(24)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間や内容は非公開とのことだ。 ガンバ大阪でキャリアをスタートした堂安は、2017年7月にフローニンヘンへとレンタル移籍。その後完全移籍へと切り替わると、2019年8月に、移籍金750万ユーロ(約10億6000万円)、5年契約でPSVへ完全移籍した。 PSVでの1年目は出番に恵まれないことも多かった中、2020-21シーズンはブンデスリーガに昇格したアルミニア・ビーレフェルトにレンタル移籍。自身初のブンデスリーガでのプレーとなったが、34試合で5ゴール3アシストと一定の結果を残しチームの残留に貢献していた。 2021-22シーズンはPSVへと復帰。すると公式戦39試合で起用され11ゴール3アシストと結果を残し、チームはKNVBベーカーのタイトルを獲得していた。 PSVでは公式戦64試合に出場し13ゴール6アシストを記録していた。 堂安はクラブを通じてコメントしている。 「フライブルクと監督との会談は集中的で、説得力がありました」 「僕は新しいスタジアムにとても興奮していてフライブルクのファンの前でプレーするのが待ちきれません」 「ブンデスリーガに戻ったことを嬉しく思います。フライブルクは、個人的にもチームとしても、さらに良くなるためにふさわしい場所だと思います」 フライブルクには2010年から2012年まで、元日本代表FW矢野貴章(栃木SC)が在籍しており、2人目の日本人選手となった。 なお、フライブルクは2021-22シーズンのブンデスリーガで6位フィニッシュ。DFBポカール決勝でRBライプツィヒに敗れたものの、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得している。 <span class="paragraph-title">【写真】フライブルクのユニフォームを手にする堂安律</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Der <a href="https://twitter.com/hashtag/SCF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SCF</a> hat <a href="https://twitter.com/doan_ritsu?ref_src=twsrc%5Etfw">@doan_ritsu</a> verpflichtet! Herzlich Willkommen in Freiburg, Ritsu!<br><br>Alle Infos: <a href="https://t.co/QJZYIBfJmv">https://t.co/QJZYIBfJmv</a> <a href="https://t.co/C0o61GW1bj">pic.twitter.com/C0o61GW1bj</a></p>&mdash; SC Freiburg (@scfreiburg) <a href="https://twitter.com/scfreiburg/status/1544215223904641025?ref_src=twsrc%5Etfw">July 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】「すごく楽しみ!」スタジアムでインタビューに応じる堂安律</span> <span data-other-div="movie2"></span> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/video.php?height=314&href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FSCFreiburg%2Fvideos%2F417327323741576%2F&show_text=false&width=560&t=0" width="560" height="314" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share" allowFullScreen="true"></iframe> 2022.07.05 16:13 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安律がフライブルクのメディカルチェックへ、移籍金12億円で合意と現地報道

PSVの日本代表MF堂安律(24)のフライブルク移籍が確実視されている。オランダ『テレグラーフ』が報じた。 ガンバ大阪でキャリアをスタートした堂安は、2017年7月にフローニンヘンへとレンタル移籍。その後完全移籍へと切り替わると、2019年8月に、移籍金750万ユーロ(約10億6000万円)でPSVへ完全移籍した。 PSVでの1年目は出番に恵まれないことも多かった中、2020-21シーズンはブンデスリーガに昇格したアルミニア・ビーレフェルトにレンタル移籍。自身初のブンデスリーガでのプレーとなったが、34試合で5ゴール3アシストと一定の結果を残しチームの残留に貢献していた。 2021-22シーズンはPSVへと復帰。すると公式戦39試合で起用され11ゴール3アシストと結果を残し、チームはKNVBベーカーのタイトルを獲得していた。 その堂安は予てからドイツ行きの噂があった中、フライブルク行きが急遽取り沙汰されることに。『テレグラーフ』によれば、クラブ間は移籍金850万ユーロ(約12億円)で合意したとのこと。チームはプレシーズンの合宿に出発する中、堂安はメディカルチェックに臨むことになるとしている。なお、早ければ4日にもメディカルチェックを受けて契約になるとのことだ。 PSVは今夏、元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェをフランクフルトへと売却しており、堂安の売却が成立すると1500万ユーロ(約21億2300万円)の利益を得ることとなるようだ。 2022.07.04 20:53 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly