リバプールが後半苦戦もパレス撃破で公式戦3連勝! 南野拓実は後半途中から出場《プレミアリーグ》

2022.01.24 01:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第23節、クリスタル・パレスvsリバプールが23日にセルハースト・パークで行われ、アウェイのリバプールが1-3で勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実は60分から途中出場している。

前節、ブレントフォードに3-0の快勝を収めた2位のリバプール(勝ち点45)は、ミッドウィーク開催のEFLカップ準決勝でもアーセナルに完勝し、ファイナル進出を成し遂げた。サラー、マネ不在を感じさせない力強い戦いぶりで公式戦連勝中のクロップ率いるチームは、11位のクリスタル・パレス(勝ち点24)相手のアウェイゲームで3連勝を狙った。

なお、アーセナル戦からは先発2人を変更。ケレハーに代わって守護神アリソン、カイデ・ゴードンに代わってオックスレイド=チェンバレンが復帰した。

戦前の予想通り、立ち上がりからボールを握って相手を押し込むリバプールは、両サイドバックが常に高い位置を取って攻撃の起点を担う。そして、8分には左サイドバックの正確な左足が早速ゴールを演出した。左CKの場面でキッカーのロバートソンがアウトスウィングのボールを入れると、ニアに勢いを持って走り込んできたファン・ダイクがドンピシャのヘディングシュートをゴール左上隅に突き刺した。

幸先よく先制に成功したリバプールは、ここから一気呵成の攻撃とはいかないが、攻守両面でがっちりと主導権を掴んでゲームをコントロール。その流れの中でオックスレイド=チェンバレン、ファビーニョらが良い形でシュートまで持ち込んでいくが、最後の精度を欠く。

それでも、相手に1本のシュートも許さない圧倒ぶりを見せるアウェイチームは30分過ぎに再びロバートソンのお膳立てからゴールをこじ開ける。32分、左サイドで大きな展開を受けたロバートソンがボックス右でボールを呼び込むオックスレイド=チェンバレンに絶妙なクロスを供給。ここで冷静に胸トラップした背番号15がピッチへ叩きつける左足のボレーシュートを流し込んだ。

これでセーフティーリードを得たリバプールはややプレーのリズムを落とすと、前半終盤にかけてその隙をパレスに突かれる。39分にはDFマティプの不用意な横パスをボックス手前でオリーズにカットされてそのままシュートに持ち込まれるが、ここはGKアリソンのファインセーブで阻止。続く42分にはオリーズのスルーパスに抜け出したマテタにアリソンがかわされてシュートを打たれるが、これは枠の左に外れて事なきを得た。

終わり方こそ良くなかったものの、ほぼ完ぺきな戦いを見せた前半の内に2点のリードを手にしたリバプールだが、後半の入りは押し込まれる展開に。開始直後の48分のエドゥアールのゴール至近距離からのヒールシュートはGKアリソンの好守で凌ぐが、前半のピンチと似たようなハイラインの背後を取られる形で1点を返される。

55分、シュラップのスルーパスに反応したマテタに完璧に背後を取られると、GKアリソンが1対2の数的不利の対応を強いられた中、並走したエドゥアールにマテタからのプレゼントパスを難なく流し込まれた。さらに、バタつくアウェイチームは直後の58分にもアンデルセンに際どい左足のミドルシュートを打たれる。

この守勢の展開を受け、クロップ監督は60分にオックスレイド=チェンバレンを下げて南野を最初の交代カードとして投入。南野はオックスレイド=チェンバレンと同じ右ウイングに入った。

この交代によって相手の攻勢を鎮静化させることに成功したリバプールだが、流れを完全に引き寄せるまでには至らず。後半は幾度かシュートを放つものの、なかなか決定機を作り出せない。そういった中、83分にはオリーゼに完全に背後を取られて際どいループシュートを枠に飛ばされるが、ここはGKアリソンの身体を張ったセーブで辛くも凌いだ。

依然として1点差の状況が続き緊迫感のある展開が続くリバプールだったが、最後の最後に突き放す。86分、アレクサンダー=アーノルドからのフィードに抜け出したジョタがボックス内でGKグアイタと交錯。オンフィールドの結果、微妙な判定ながらもPKが与えられる。これをキッカーのファビーニョがきっちり決めて89分の3点目とした。

この3点目でパレスの気勢を完全に削いだリバプールがこのまま3-1で試合をクローズ。前半の楽勝ムードから一転、後半は苦しい展開を強いられたが、見事な勝負強さを発揮して公式戦3連勝。首位シティとの勝ち点差を9ポイントに縮めている。


関連ニュース
thumb

CL決勝リベンジで自身初のビッグイヤー狙うクルトワ「歴史に名を刻みたい」

レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワが自身初の栄誉に意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 28日にスタッド・ドゥ・フランスで行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控えるマドリー。今季のラ・リーガを制したなか、FAカップとEFLカップ(カラバオカップ)を制して3冠目を狙うリバプールと対戦する。 キャリアの中で初のビッグイヤーが目前に迫るクルトワは試合に先駆けて行われた会見で、マドリーというクラブに名を刻みたいと気持ちを込めた。 「8年前、僕はCLの決勝に進出したけど、優勝することができなかったんだ。だから、明日は優勝したい。ある人にとっては初のCL制覇だとしても、ある人にとっては5度目の優勝になるんだ、けど、チーム全員が勝ちたいという同じ夢を持っている。レアル・マドリーの歴史に名を刻みたいんだ」 「リバプールはすでに、2018年にマドリーと決勝で戦っている。決勝でマドリーと対戦したら彼らに勝機がないということはわかっているはずだよ。今僕は、歴史的に強い方のクラブにいるんだ」 また、ベルギー人守護神はファイナルまでたどり着いたことが監督やスタッフのおかげであると感謝を示した。 「チームの雰囲気が良いのは監督やスタッフのおかげだよ。なぜなら、とても良いトレーニングができているからね。僕らがプレーをする際の判断をしなきゃいけないことはわかっているけど、監督はそれをとてもうまく判断している。そのおかげで僕らは今ここにいるんだ」 2022.05.28 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「多分、妻は差し出すね(笑)」悲願のCL制覇にむけレアルMFが冗談混じりに仰天発言「唯一無二のトロフィーだ」

レアル・マドリーのウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデが、チャンピオンズリーグ(CL)制覇に向けたコメントが話題になっている。 28日、マドリーはCL決勝でリバプールと対戦する。 今シーズンのラ・リーガを制しているマドリー。対するリバプールはプレミアリーグで惜しくも2位に終わっている。 2017-18シーズン以来となる決勝だが、当時はリバプールを相手に3-1で勝利し見事にビッグイヤーを獲得した。 マドリーの下部組織育ちのバルベルデだが、当時はカスティージャに所属していたためCLの決勝は今回が初めて。優勝すれば、初優勝となる。 ハードワークを厭わず、中盤でチームを支えるバルベルデ。今シーズンは積極的にミドルシュートを放つなど、攻撃面でも改善が見られる。 目立った数字を残していないものの、マドリーにとっては非常に重要なピースとなるバルベルデだが、スペイン『アス』とのインタビューでCLへの想いを語った。 その中で、優勝するために何をするかと問われると、何でもするとコメント。冗談混じりながら、「妻は差し出すかな」とジャーナリストとして活躍するミナ・ボニーノさんを差し出してもビッグイヤーが欲しいと想いの強さを語った。 「たくさんのこと…全てだと思う。これは世界中のどのプレーヤーにとっても唯一無二のトロフィーだ」 「僕は多くのことを喜んで差し出すよ。僕の息子を除いてね。多分、妻は差し出すだろう(笑)」 「いやいや、冗談だよ(笑)。でも、決勝でプレーできることなどはそうそうないことであり、たくさんのものを差し出したいと思う。タイトルが獲得できることを願っているよ」 冗談でも怒られてしまいそうな発言ではあるが、それだけ欲しいビッグイヤー。果たしてバルベルでの願いは叶うだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】CL優勝のために差し出すと語った美人妻&差し出したくない息子の3ショット、水着姿も眩しい</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CX6jM0eLgNS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CX6jM0eLgNS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CX6jM0eLgNS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mina Bonino(@minabonino)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CYoKFkuMZwH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CYoKFkuMZwH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CYoKFkuMZwH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mina Bonino(@minabonino)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.28 12:50 Sat
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ「クオリティを一番発揮したチームが優勝」 CL決勝に意気込み

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督がチャンピオンズリーグ(CL)決勝にコメントした。スペイン『マルカ』が報じている。 レアル・マドリーはグループステージを順当に首位突破で決めると、決勝トーナメントでもパリ・サンジェルマン、チェルシー、マンチェスター・シティと連破して、4年ぶりのファイナル進出。28日にその決勝でリバプールと対戦する。 ラ・リーガでも覇権を奪還した今季を最高の形で締めくくろうと、パリに乗り込んだアンチェロッティ監督は試合に先立った会見で戦いを展望した。 「我々は今季を通じてずっとやってきたことをしなければならない。彼らは彼らの良さである激しい試合をしてくるはず。自分のクオリティを一番発揮したチームが優勝するだろうね」 また、先発に関して「もう決めてあるが、(選手にまだ)伝えていないし、言えないね」と話すと、大黒柱のFWカリム・ベンゼマにも信頼を続けた。 「今はもっとキャラクターが立ち、リーダーシップもある。ただ、クオリティは以前と変わらずだ」 そして、数々の逆転劇を演じてこの決勝に辿り着き、14度目のビッグイヤー獲得に迫るチームにも絶対的な自信を口にしている。 「運だけじゃ決勝に進めない。クオリティとともに、困難な瞬間を乗り越える術を知っていることで決勝まで辿り着けるんだ」 「このチームの歴史にはその基礎がある。我々が勝つに値するなら、試合でそれを示したということだ」 そう力を込めたアンチェロッティ監督。自身にとっても、CL史上最多となる5度目の決勝で、最多4度目の優勝がかかる。リバプールもかなりの強敵だが、欧州制覇なるか。 2022.05.28 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー最古参のマルセロ、愛するクラブと5度目のビッグイヤー獲得へ 「優勝したい」

レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロがクラブへの愛を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 28日にフランスのスタッド・ドゥ・フランスで行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝。今季のラ・リーガ、スーペル・コパを制したマドリーはFAカップ、EFLカップ(カラバオカップ)を制したリバプールと対戦する。 マドリー加入以来、15度目のCLで5度目のビッグイヤーを狙うマルセロは試合に先んじての会見で、ファイナルへの意気込みとともにクラブへの愛を誓った。 「盛り上がるね。僕らは長い間、この大会に参加していて、決勝に進出することがどれだけ重要なのかをわかっている。素晴らしいシーズンを送っているから、優勝するに値するよ。気持ちは高まっているから、CLを優勝したいんだ」 「僕の人生を捧げてきたレアル・マドリーへの愛は誰もが知っているよ。(以前所属していた)フルミネンセは僕にすべてを与えてくれたし、マドリーも僕にすべてを与えてくれた。僕はここで言いたいことは特にない。僕の物語はここで創られるのだから、銅像のように証明するものは必要ないんだ。僕はすべてを捧げてきたし、これからも捧げ続ける。決勝の後どうなるか楽しみだね」 また、ブラジル人DFはCL決勝に進出することが祖国の誇りであると語った。 「CLの決勝戦にブラジル人が出場することは常に祖国の誇りだよ。この大会に出場するブラジル人が増えれば増えるほど、僕は嬉しいんだ。彼らには多くのフットボールとCL決勝を楽しんでほしいと伝えたい」 2022.05.28 12:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【CL決勝プレビュー】因縁の両雄が4年ぶりにファイナルで再戦! リバプールのリベンジか、マドリーの返り討ちか…

チャンピオンズリーグ(CL)決勝、リバプールvsレアル・マドリーが、日本時間28日28:00にパリのスタッド・ドゥ・フランスでキックオフされる。世界屈指のタレントを擁するイングランドとスペインの名門が、4年ぶりにファイナルの舞台で激突する因縁の一戦だ。 2018-19シーズン以来7度目の優勝を目指すリバプールは、戦前に“死の組”と評されたグループBでアトレティコ・マドリー、ミラン、ポルトを相手に実力の差を見せ付けて全勝突破。決勝トーナメントではラウンド16でインテルに苦戦を強いられ、ホームでは今大会唯一となる0-1の敗戦を喫したものの、2戦合計2-1の僅差で突破。以降はベンフィカ、ビジャレアルとアウトサイダーとの連戦を無敗で切り抜け、3年ぶりのファイナル進出を決めた。 マンチェスター・シティとの最終節までもつれ込んだプレミアリーグ優勝争いでは、わずか1ポイント及ばず。2シーズンぶりの優勝はならず。これにより、イングランド史上初のクアドルプルを逃したが、すでにEFLカップ、FAカップを制したチームは、2000-01シーズンにUEFAカップ制覇で達成した“カップ・トレブル”の再現を狙う。 シーズン最終盤に入って負傷者が続出したものの、ウォルバーハンプトンとの最終節では復帰したFWサラーのゴールなどによって3-1の勝利。前述のインテル戦での黒星を最後に、15勝3分けの公式戦18戦無敗という最高の状態で今回の大一番に臨むことになった。 一方、2017-18シーズン以来最多14度目のビッグイヤー獲得を目指すマドリーは、インテルとシャフタール、シェリフと同居したグループDを順当に首位通過。決勝トーナメントではパリ・サンジェルマン(PSG)、チェルシー、マンチェスター・シティという優勝候補3チームと対戦した中、ラウンド16ではエースFWベンゼマによるベルナベウでのハットトリック、チェルシー戦とシティ戦では途中出場のFWロドリゴの値千金の働きに、ベンゼマとFWヴィニシウスの両エースの活躍によって2ラウンド連続で延長戦を制し、劇的な勝ち上がりで4年ぶりのファイナル進出を果たした。 ラ・リーガではバルセロナやアトレティコの躓きもあり、早い段階から独走態勢に入った中、4節を残して2シーズンぶりの優勝を決定。そのため、最終節のベティス戦のゴールレスドローを含め、消化試合となった残り4戦は1勝2分け1敗と振るわないものとなったが、フル稼働が続いた中盤の主力を含め、各自が今回の大一番に万全のコンディションで臨めそうだ。 なお、両チームはこれまで通算8度対戦しており、マドリーが4勝1分け3敗で勝ち越している。直近の対戦は昨シーズンのCL準々決勝でマドリーが2戦合計3-1で勝ち抜けを決めているが、やはり思い起こされるのは2017-18シーズンにウクライナのキーウで行われたファイナル。 DFセルヒオ・ラモス(現PSG)の肩固めによってサラーが負傷交代を強いられた中、GKカリウスの乱調によってベンゼマ、ベイルが後半に決めた3つのゴールによってマドリーが3-1の勝利を収め、通算13度目の優勝を決めている。 ◆リバプール◆ 【4-3-3】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220527_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:アリソン DF:アレクサンダー=アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン MF:ヘンダーソン、ファビーニョ、チアゴ FW:サラー、マネ、ルイス・ディアス 負傷者:DFジョー・ゴメス、MFファビーニョ、チアゴ、FWオリジ コロナ陽性者:なし 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはオリジが唯一の欠場者となるが、それ以外の全選手が起用可能な状態だ。 スタメンに関してはファビーニョとチアゴが負傷を抱えているが、直前のトレーニングをこなしており、スタートからの起用が可能と思われる。仮に、スタートから難しい場合はナビ・ケイタやカーティス・ジョーンズが代役を担う。 それ以外ではファン・ダイクの相棒にコナテ、ルイス・ディアスに代わってフィルミノ(ジョタ)を最前線に置き、マネを左に回すオプションも想定される。 ◆レアル・マドリー◆ 【4-3-3】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220527_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:クルトワ DF:カルバハル、ミリトン、アラバ、メンディ MF:モドリッチ、カゼミロ、クロース FW:バルベルデ、ベンゼマ、ヴィニシウス 負傷者:DFアラバ、FWベイル コロナ陽性者:なし 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはいずれも遠征メンバー入りを果たしたが、アラバとベイルに欠場の可能性がある。 スタメンに関してはアラバの復帰を前提に前述の11人の起用を予想。アラバが難しい場合はナチョが代役を担う見込みだ。それ以外で変更点があるとすれば、右ウイングにロドリゴ、左のインテリオールにカマヴィンガが入るぐらいか。 ★注目選手 ◆リバプール:FWモハメド・サラー <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220527_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> リベンジに燃えるレッズのエース。今回のファイナルに出場するリバプールの選手で最もマドリーとの再戦を熱望していたエジプト代表FWは、準決勝の段階から「マドリーと戦いたい。彼らには決勝で負けているからね」と、物議を醸すことを承知でエルブランコとの再戦を希望するコメントを残した。 さらに、マドリーのファイナル進出が決まった直後には自身のSNSで「決着をつけなければならないことがある」と、改めて4年前のリベンジを誓った。 そのリベンジを果たしたいセルヒオ・ラモスはすでにチームを離れているが、奇しくも今回のファイナルの会場はロシアへの制裁によってサンクトペテルブルクから因縁の相手がプレーするパリへ変更。元スペイン代表が今回試合会場を訪れるかは不明だが、サラーの中でよりモチベーションが高まっていることは間違いないはずだ。 今シーズンのプレミアリーグ23ゴール14アシストで得点王とアシスト王をダブル受賞したエースは、今大会でも得点ランキング4位の8ゴールときっちり結果を残している。 今回のリベンジマッチではアレクサンダー=アーノルドと共にメンディ、ヴィニシウスとマッチアップするサイドでの攻防で優位性をもたらすと共に、宿敵のゴールネットを揺らしてチームを優勝に導きたい。 ◆レアル・マドリー:FWカリム・ベンゼマ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220527_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> キャリア最高のシーズンを勝利で飾れるか。今シーズン、ここまでキャリアハイなる公式戦45試合44ゴールと圧巻の数字を残し、ラ・リーガ制覇と共に自身初のピチ-チ(ラ・リーガ得点王)を獲得した34歳のフランス代表FW。 大会連覇が期待されるカタール・ワールドカップの戦績次第ではあるものの、仮にCL制覇を成し遂げた場合、自身初のバロンドール受賞に向けて大きな後押しとなるはずだ。 今大会で得点ランキングトップの15ゴールを挙げるエルブランコの主砲は、PSGとの2ndレグ、チェルシーとの1stレグでの2試合連続ハットトリックを含め、5試合連続ゴール中と絶好調。また、昨季の2試合はいずれもノーゴールに終わったものの、対リバプールでは5戦4ゴールと得意としている。 ファビーニョ、ファン・ダイク、アリソンのセンターラインを中心にリバプールの堅守攻略は決して簡単ではないが、ヴィニシウスらと共にチームを勝利に導くエースの仕事を期待したい。 2022.05.28 12:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly