「ミツカン」と磐田の交流が大反響!似ているロゴをきっかけに大量の『味ぽん』が贈られる

2022.01.20 20:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジュビロ磐田とお酢や味ぽんなどで知られる食品メーカーの『ミツカン』との交流が広がっている。

事の発端は12日、「思ったよりミツカンでした。この練習着販売してほしい」と、磐田の練習着に描かれた新サプライヤーの『アドミラル』のロゴとミツカンのロゴが似ていると、一般のユーザーが投稿したことだった。

ミツカンの公式ツイッターがこの投稿を引用し、「最近よく『似てる』という投稿を見かけます(笑)」と反応すると、磐田の公式ツイッターも「奇遇ですね!私たちもです(笑)」と応じていた。

さらに、アドミラルの英語アカウントも「試合のために美味しいものを作ってください!」と参戦。磐田サポーターを中心に自宅にあるミツカンの商品画像を投稿する動きが広がっていた。

ファンから磐田のスポンサーになってほしいという声もあがると、ミツカンは「スポンサー契約ができるほど私に力がないのがつらいですが、みなさんのコメントや投稿でとても親近感が湧いたので個人的にとても応援していきたいです」としていたが、これだけでは終わらなかった。

20日、ミツカンの公式ツイッターが再び更新。「応援したい気持ちが大きくなりすぎた結果がこちらです」というコメントともに、大量のミツカン製品の段ボールが積み上げられた画像が投稿された。

磐田のアカウントへのツイートと紐づいていることから、クラブへの贈呈品と思われ、驚いたファンからは「素敵な会社ですね」、「酢ポンサーになったんですね」、「自分も微力ながらミツカン商品買ってこよう」、「今日は鍋に決まり!」と大きな反響が寄せられている。

磐田も「お気持ちだけでも本当にありがたいのに…感無量です ミツカンの皆様へ、心より感謝申し上げます」としており、ミツカンの心意気は多くの人に伝わっているようだ。



1 2

関連ニュース
thumb

イニエスタ100試合目のメモリアルゲームも神戸、磐田共に決め手を欠いてゴールレスドロー【明治安田J1第15節】

25日、明治安田生命J1リーグ第15節のヴィッセル神戸vsジュビロ磐田がノエビアスタジアム神戸で行われ、0-0の引き分けに終わった。 連敗で最下位に沈んでいる神戸と前節は逆転負けを喫した磐田の対戦。チーム状況が良いとは言えない両チームの対戦となった。 神戸は前節からのスタメンは1名変更。郷家友太が外れて井上潮音が起用された。アンドレス・イニエスタはこの試合でJリーグ通算100試合目のメモリアルマッチとなった。 対する磐田は4名を変更。袴田裕太郎、鹿沼直生、杉本健勇、ファビアン・ゴンザレスが外れ、鈴木雄斗、山山本康裕、大森晃太郎、大津祐樹が入った。 なんとか今季の2勝目が欲しい神戸。ホームゲームとなった中で、立ち上がりから積極的に攻撃を強めていく。 立ち上がりからプレスをかけていく中で、最前線の武藤とイニエスタのコンビで磐田のゴールに迫っていく。 すると19分にはボックス手前で神戸がFKを獲得。イニエスタが浮き球のパスを入れると、武藤がヘディングで合わせるが、これは枠を超えていく。 20分にも神戸がチャンス。大﨑からイニエスタにパスが入ると、武藤へ縦パス。武藤は反転しながら右の山川に展開。鋭いグラウンダーのクロスを入れるが、誰も合わせられない。 すると磐田にアクシデント。28分に山本康が負傷しピッチに座り込むと、そのまま交代。鹿沼が起用された。 神戸がコントロールし続ける試合だが39分にもビッグチャンスを迎えた。自陣で酒井がボールを奪うと、自ら左サイドを持ち上がってカウンター。二対二の状況となりアーリークロス。これを武藤が流れながら受けるとグラウンダーのパスに上がってきた井上が合わせるが、GK三浦が僅かに触れてセーブする。 ゴールレスで前半を終えると、後半も選手交代なしで臨む。すると55分、神戸が相手のミスを突いてカウンター。武藤がドリブルで持ち上がると、鹿沼が後ろからタックル。武藤が倒れるが、これはイエローカードに終わった。 神戸は56分に汰木と井上を下げて、リンコンとボージャン・クルキッチを投入。流れを変えに行き、武藤が右、ボージャンが左、リンコンがトップにポジションを変えた。 すると59分にイニエスタの絶妙なスルーパス。これを受けた武藤がフリーでボックス内に侵入するが、タッチを誤りながらもシュート。しかし、これは枠外。60分にはボージャンがルーズボールをシュートも、GK正面に飛んでしまう。 63分にも同じような形からイニエスタのスルーパスに対して武藤が抜け出し、今度は折り返しに成功。リンコンがシュートを打つだけだったが、これも枠に飛ばない。 イニエスタのパスセンスが後半は冴え渡り、66分にはロングフィード。これを武藤が抜け出そうとするが、ボックス外に飛び出たGK三浦の好判断に阻まれる。 後半は防戦が続いていた磐田だが68分にチャンス。大森のパスを受けた遠藤がボックス手前からスルーパス。上原がボックス内で抜けて折り返すと、ファビアン・ゴンザレスが押し込みにいくが神戸も集中して守る。 それでも神戸ペースは変わらず。76分には、こぼれ球を拾ったリンコンが持ち込むとパスを受けた大﨑のクロスを武藤が落とし、イニエスタがアウトにかけてミドルシュート。完璧な崩しだったが、シュートはわずかに右に外れる。 神戸は山口に変えて橋本拳人と投入。対する磐田は、鹿沼、大森を下げて、金子翔太、杉本健勇と攻撃のカードを切ってくる。 試合の主導権は変わらずに神戸のまま。互いにフィニッシュワークが上手くいかない。 89分にはイニエスタの縦パスを受けた武藤が粘りながらパス。これを受けたリンコンがシュートを放つと、ディフレクトしたシュートが枠に飛ぶが、倒れていたGK三浦は足でセーブする。 終盤にかけては磐田がファビアン・ゴンザレスを目掛けたパワープレーを仕掛けていくが、ゴールは遠くタイムアップ。0-0のゴールレスドローに終わった。 ヴィッセル神戸 0-0 ジュビロ磐田 2022.05.25 20:59 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:神戸vs磐田】激励を受け再び立ち上がるか?磐田は守備の集中がカギ

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年5月25日(水) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(18位/7pt) vs ジュビロ磐田(15位/14pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆今一度気を引き締めて【ヴィッセル神戸】 前節は湘南ベルマーレとのボトム2の対決となったが、2-1で敗戦。連敗を喫し、最下位から抜け出せなかった。 湘南の圧に押されてビハインドとなると、試合終盤には同点のチャンスを得たがVARでゴールは取り消し。執拗な抗議を続ける醜態を見せてしまい処分を受けた。 一向に上向かない調子。三木谷浩史会長がチームを訪問し、選手たちに想いを伝えた。こみ上げてくるものがある中での激励を受け、選手たちが何を見せるのかに注目が集まる。 選手たちが持っているものは間違いない。これを集団として1つに間泊まれるのかどうか。神戸の逆襲はいつ始まるか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、小林友希、酒井高徳 MF:山口蛍、大﨑玲央 MF:郷家友太、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:武藤嘉紀 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆止まらない失点をどうするか【ジュビロ磐田】 前節は北海道コンサドーレ札幌にホームで逆転負けを喫してしまい、連勝とはならなかった。 チームとしては苦しい時期が続いており、J1の強かな戦いに苦労している。 札幌選も先制し、アグレッシブな戦いとハイプレスが効果的だったが、相手がバランスを崩しにくるとそれにお付き合い。隙を突かれて逆転を許してしまった。 自分たちの戦い方をいかに90分通してやれるかがポイント。そこを崩された時の対応力という点では、クオリティの差を痛感しているところだろう。いかに守備が機能するかが勝利へのカギとなる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:三浦龍輝 DF:山本義道、伊藤槙人、リカルド・グラッサ MF:鈴木雄斗、遠藤保仁、山本康裕、松本昌也 MF:上原力也、大森晃太郎 FW:ファビアン・ゴンザレス 監督:伊藤彰 2022.05.25 16:33 Wed
twitterfacebook
thumb

札幌がGK交代のアクシデント発生も逆転勝利! 磐田は初連勝ならず【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節のジュビロ磐田vs北海道コンサドーレ札幌が22日にヤマハスタジアムで行われ、アウェイの札幌が2-1で勝利した。 前節のFC東京戦を勝利して2連敗の嫌な流れを払拭した14位の磐田はスタメンを1名変更。ウィングバックながらチーム内得点王の鈴木がメンバー外となり、今季のリーグ戦初スタメンとなる袴田を起用した。 一方、先の鹿島アントラーズ戦で6試合ぶりの失点を含む4失点の完敗を喫した11位の札幌は5選手が入れ替わり、最後尾にGK大谷を起用。トップに荒野を置き、ゼロトップのシステムで仕切り直しを目指した。 札幌のキックオフで幕を開けた試合は開始早々に荒野が飛び込んでチャンス。その後も札幌が高い位置からプレスをかけてチャンスをうかがう。これで立ち上がりのペースを乱された磐田だが、ロングボールからセットプレーのチャンスを獲得した8分に幸先よくゴールを奪う。遠藤の左CKからのクロスに山本義道が飛び込むと、一度は札幌DFに阻まれたものの、J1初ゴールとなる一発を倒れ込みながら決めた。 早くも1点を失った札幌は試合を振り出しに戻そうと、サイドを起点に攻撃を仕掛けるが、落ち着きを取り戻した磐田の組織的守備を前に苦戦。最終ラインでボールを回しながら相手のブロックを崩すための隙を探るなか、一方の磐田も強固に守ってカウンターを狙う。だが、前線で起点となるファビアン・ゴンザレスにボールが合わず、にらみ合いが続く。 札幌が最終ラインから試合を作るなか、センターバックの中村がハーフウェイライン付近で相手選手を2枚剥がすと、磐田の守備に綻びが生じて28分に同点ゴールが生まれる。ボックス手前の中村から右サイドでパスを受けたルーカス・フェルナンデスが落ち着いてクロスを上げると、ボックス中央付近に走り込んだ深井がダイレクトでゴール右下に決め、札幌が試合を振り出しに戻した。 これで勢いづいた札幌は37分に駒井のスルーパスに抜け出した金子が決定機。41分にも田中駿汰のスルーパスに駒井が抜け出してチャンスを演出する。徐々に前線のペースを確立して攻撃のリズムを生み出すが、前半のうちに逆転ゴールを奪えず、試合を折り返した。 後半の立ち上がりに先手を打ったのは磐田。46分に右サイドからボックス手前中央で杉本がパスを受けてその場で右足を振り抜くと、右ポストの内側に当たるもネットを揺らせない。一方の札幌も53分にFKから岡村がヘディングでチャンスを演出するなど、両チームともにアグレッシブな戦いを繰り広げる。 すると、流動的な攻撃で畳みかける札幌が55分に待望の逆転ゴールを生み出す。敵陣中央をドリブルで上がった中村がバイタルエリア左の青木にパスを送ると、切り返しのフェイントで磐田DFを剥がしてクロスを上げ、ゴール前でフリーの駒井がヘディングシュートでネットを揺らした。 勝利を決定づけるべく追加点を奪いにかかる札幌は62分にもチャンスを作ると、続く66分にもゴールに迫り、試合の主導権を掌握。流動的なパスワークで相手の守備ブロックを崩し始めた札幌がチャンスを増やす一方、磐田は起点となる途中出場の大津にボールが収まらず、得点の機会を作り出せぬまま時間が経過する。 試合が終盤に差し掛かると、札幌がリスクマネジメントを徹底しながら試合をコントロール。86分にGK大谷が肩を負傷したことで、J1最長身タイの200㎝を誇るGK中野をスクランブル的に今季初出場させるアクシデントもあったものの、6分にわたるアディショナルタイムもゴールを守り切り、3試合ぶりの勝利で8位に浮上した。一方の磐田は今季初の連勝を逃している。 ジュビロ磐田 1-2 北海道コンサドーレ札幌 【磐田】 山本義道(前8) 【札幌】 深井一希(前28) 駒井善成(後10) 2022.05.22 18:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:磐田vs札幌】カップ戦では明暗の両者、総力戦で白星掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月22日(日) 15:00キックオフ ジュビロ磐田(15位/14pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(13位/17pt) [ヤマハスタジアム(磐田)] ◆前節の勝利を勢いに【ジュビロ磐田】 前節はFC東京を相手に鹿沼直生のJ1初ゴールで勝利を収めた磐田。一方で、ミッドウィークのYBCルヴァンカップは湘南ベルマーレを相手に1-0で敗戦。グループステージで大会を去ることとなった。 カップ戦敗退はチームにとっては痛手とも言える一方で、前節決勝点を決めた鹿沼はそのルヴァンカップで経験を積んでリーグ戦2試合目で結果を出した。今シーズンの磐田にとってはチーム力の底上げという点でプラスに働いた大会だっただろう。 その戦いの中から得たものを、あとはリーグ戦にどう繋げるか。若手の台頭という側面もある一方で、しっかりとハードなプレスをかけて相手を追い込む姿を見せたいところだ。 ミラーゲームとなることが予想される札幌戦。主導権を握るという点では、相手に上回られる可能性もある中で、ピッチ上でどう対応するのか。マンツーマンマークにも警戒したい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:三浦龍輝 DF:山本義道、伊藤槙人、リカルド・グラッサ MF:鈴木雄斗、遠藤保仁、鹿沼直生、松本昌也 MF:上原力也、杉本健勇 FW:ファビアン・ゴンザレス 監督:伊藤彰 ◆前節大敗の払拭を【北海道コンサドーレ札幌】 前節はアウェイでの鹿島アントラーズ戦。首位に立っていたチーム相手に4-1と大敗を喫した。 完璧に崩されてのゴールが多く、非常にショッキングな敗戦となったが、ミッドウィークにはYBCルヴァンカップを戦いサガン鳥栖とドロー。グループステージ突破を決めた。 今節は守備の要でもある宮澤裕樹が出場停止となる中で、岡村大八が起用されるはず。対人守備の強さを見せているだけに、デュエルで負けないところを見せたい。 また前線で言えば、ルヴァンカップで台頭した中島大嘉に注目。勝ち点の近い相手との勝負で、しっかりと勝ち切れるか。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、岡村大八、福森晃斗 MF:ルーカス・フェルナンデス、荒野拓馬、深井一希、菅大輝 MF:金子拓郎、駒井善成 FW:中島大嘉 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 出場停止:宮澤裕樹 2022.05.22 12:34 Sun
twitterfacebook
thumb

日本代表初招集のDF伊藤洋輝が同日に磐田からシュツットガルトへ完全移籍!2025年夏まで契約

シュツットガルトは20日、日本代表DF伊藤洋輝(23)の完全移籍加入を発表した。 伊藤はジュビロ磐田からのレンタル移籍だったが、買い取りオプションを行使。契約期間は2025年6月30日までとなる。 伊藤は2021年夏にジュビロ磐田から買取オプション付きのレンタルで加入。当初こそセカンドチームでのプレーを予定していたが、プレシーズンからアピールに成功して、トップチームで主力としての地位を築いた。 センターバックとしてプレーし、ブンデスリーガでは29試合で1ゴール1アシスト。DFBポカールでは2試合に出場。ブンデスリーガ最終節では、後半アディショナルタイムにCKをヘディングでフリックすると、遠藤航の劇的勝ち越しゴールをアシスト。チームの残留に大きく貢献していた。 また、同日には日本代表に初選出され、6月のキリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022でのデビューが期待される。 シュツットガルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるスヴェン・ミスリンタート氏は、クラブを通じて伊藤について言及している。 「彼のサッカーのスキルとキャラクターの特徴は、我々のチームにおいてとても貴重だ。従って、買い取りオプションを選択することはすぐに分かった」 「ヒロキが今後もシュツットガルトのシャツを着続けることをとても嬉しく思う」 伊藤は磐田を通じて、コメントしている。 「この度、VfBシュトゥットガルトへと完全移籍することになりました。昨年、ジュビロ磐田での最後の試合でエコパスタジアムに掲げていただいた言葉を胸に一年間戦ってきました。チームとしては苦しいシーズンでしたが、なんとか残留することができました」 「これからも厳しい環境に身を置き、更にレベルの高いプレーヤーへと成長できるよう頑張ります。これまでサポートいただいた皆様、ありがとうございます。これからも応援よろしくお願いします」 2022.05.20 21:32 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly