「香川真司らとの対戦はとても楽しみ」オーステンデ加入の坂元達裕、ベルギーデビューへ向けて準備は万端

2022.01.20 20:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
KVオーステンデの日本代表MF坂元達裕(25)がクラブの公式インタビューに応じた。サッカー観の違いやプレーへの意気込みなどを語っている。

5日にセレッソ大阪からの期限付き移籍でオーステンデへの加入が発表された坂元。2022年6月30日までのレンタルで、シーズン終了後の買い取りオプション付きも付随している。

独特のドリブルセンスを持つ左利きのアタッカーは、すでにトレーニングマッチにも出場。7日に行われたKVC・ヴィンケル・スポーツ戦では後半に、15日のRWDモレンベーク戦では頭から出場し、75分までプレーしている。

海外でのプレー体感した坂元はベルギーと日本のサッカーの違いについて「切り替えのスピード」を挙げた。速攻における役割もオーステンデを選択した理由の1つだという。

「(ベルギーでは攻守の)切り替えのスピードがはるかに速いことに気づきました。日本ではビルドアップで時間を作りますが、こちらは全然違います。ここではボールを奪ったら、チーム全体で素早く前へ行こうとしますね」

「GKへのパスではなく、できるだけ早くゴールを目指す必要があるということ。僕はもう少しその考え方に馴染まなければなりませんが、自信はあります。それがヨーロッパに来たかった理由でもありますし、オーステンデは高速カウンターを重視しているみたいですからね」

現在は18チーム中15位と、昇格・降格プレーオフの対象となる17位とは勝ち点4差に位置するオーステンデだが、チームの雰囲気はいいようだ。坂元はデビューの可能性がある次戦のロイヤル・アントワープ戦に向け、準備はできていると頼もしい言葉を残している。さらに、C大阪の大先輩・香川真司も加入し、日本人選手が多数在籍するシント=トロイデンとの対戦は特に心待ちにしているようだ。

「チームの雰囲気は良くて、トレーニングのレベルはコンディションを高めるのには十分ですし、先週末にはSTVV(シント=トロイデン)を含めて何試合か見ました。すぐに僕にとっての素晴らしいロールモデル、香川真司が登場するでしょう。日本の大会で出会った選手も多いのですし、シント=トロイデンとの対戦はとても楽しみですね」



1 2

関連ニュース
thumb

「やり過ぎ感あるけど笑」遠藤航に子供たちが贈った“センスあり過ぎな落書き”が早くもグッズ化!

子供たちのセンス溢れる“落書き”が公式にグッズ化された。 日本代表MF遠藤航とDF伊藤洋輝が所属するシュツットガルトは14日、ブンデスリーガ最終節でケルンと対戦。前節終了時点で2部との入れ替え戦出場圏内の16位だったシュツットガルトにとって負けられない一戦を迎えた。 試合は1-1で迎えた後半アディショナルタイム、左CKを伊藤がヘディングでフリックし、ファーサイドで遠藤がダイビングヘッド。劇的な決勝弾で勝利を収めたシュツットガルトは、ヘルタ・ベルリンが敗れたことで15位に浮上し、降格を免れた。 主将としてチームを牽引し、残留を掴むゴールを奪った遠藤だが、試合から一夜明けて自身のツイッターを更新。「昨日家に帰ったら近所の子供達が僕の家の前に書いてくれてました(^^)」と、道路にチョークで描かれたものの写真を投稿していた。 そこには「LEGENDO」という文字。クラブを奇跡の残留に導いた遠藤に対し、レジェンド「Legend」と、遠藤「Endo」をかけて、「LEG」を赤字、「ENDO」を白字で書くサプライズが贈られていた。 センス溢れる“落書き”は現地や日本のファンの間でも大きな話題となったが、シュツットガルトは早速動き、クラブの公式ストアで購入が可能に。ユニフォームに「LEGENDO」とマーキングできるようになっている。なお、背番号は遠藤が着用する「3」だ。 これには遠藤本人も「やり過ぎ感あるけど、買えます笑」と驚いている。 <span class="paragraph-title">【写真】グッズ化のきっかけとなった子供たちのセンス溢れる“落書き”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">Guten Morgen <a href="https://t.co/Hx8abxLZBr">pic.twitter.com/Hx8abxLZBr</a></p>&mdash; 遠藤 航 (Wataru Endo) (@wataru0209) <a href="https://twitter.com/wataru0209/status/1525730459392651265?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.17 12:02 Tue
twitterfacebook
thumb

「タキもメダルを受け取るべきだ」リバプールファンが嘆いた“ルール”にクロップ監督も不満「メダルの数が制限されるなんて信じられない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がFA(イングランドサッカー協会)に要望を出した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 リバプールは14日、FAカップ決勝でチェルシーと対戦。PK戦の末に2005-06シーズン以来8度目のFAカップ優勝を達成した。 決勝を含む6試合で31人もの選手を起用したクロップ監督。日本代表FW南野拓実も4試合に出場し3ゴールと序盤の戦いで活躍を見せたが、決勝ではメンバー外になっていた。 結果的に、南野を含むメンバー外の選手は優勝の証となるメダルを受け取ることができず。試合後には「タキ(南野)もメダルを受け取るべきだ」といった意見もあがっていた。 クロップ監督もこの件について言及。EFLカップに続いての2冠を達成したのはチーム全体の功績であるとし、FAに全員分のメダルを送るようお願いしている。 「我々は2つの大会で優勝したが、その理由はただ1つ。この選手たちがいるからだ。それが理由だ。彼らは皆協調し、トレーニングで傑出していた」 「彼らがベンチに入っているときと入っていないとき、出場しているときとしていないとき。ありとあらゆる瞬間だ。このチームが作り上げた雰囲気は格別で、だからこそこの2つの大会に勝つことができたんだ」 「決勝までいつも同じ11人でプレーすることはできない。そんなことはありえない。全員がそれぞれの役割を担っている」 「今はFAにもっとメダルをとお願いしたい。メダルの数が制限されるなんて信じられない。なぜそんなことをするんだろうか」 「選手全員にメダルをあげたいとは思うが、そうするとコーチにメダルを渡せない。正直大変だ」 「FA様、もう少しメダルを送ってください。チームは大きくなっても人数は変わらないのでそうしてほしい」 FAのルールでは、優勝チームには40個のメダルが贈呈されることになっているが、コーチやスタッフの数も考慮すると足りなくなってしまうようだ。 果たして、クロップ監督の願いは届くだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】南野の首元にメダルは…(5枚目)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdkzU3BI66l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdkzU3BI66l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdkzU3BI66l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Liverpool Football Club(@liverpoolfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.17 11:51 Tue
twitterfacebook
thumb

「優勝できずに悔しい」逆転で優勝許したサン=ジロワーズの三笘薫が2位を報告「このチームを誇りに思います」

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの日本代表MF三笘薫が、シーズンを振り返った。 昨夏の移籍市場で川崎フロンターレからブライトン&ホーヴ・アルビオンへと完全移籍した三笘。しかし、イギリスでプレーするための労働許可証が発行されないこともあり、ブライトンのオーナーが所有するサン=ジロワーズへとレンタル移籍した。 自身初のヨーロッパでのプレーとなった三笘は、左ウイングバックのポジションでプレー。加入当初は途中出場が多かったが、その後にポジションを掴むと、ここまで公式戦で28試合に出場し8ゴール4アシストを記録した。 チームはレギュラーシーズンを首位で終えると、プレーオフ1に臨むも、クラブ・ブルージュに連敗。残り1試合を残し、2位が確定。残念ながら優勝は果たせなかった。 三笘は自身のインスタグラムを更新。チャンピオンズリーグ(CL)の予選出場権を獲得できたことを喜び、シーズンを振り返った。 「ベルギーリーグ2位!残りリーグ戦1試合ありますが、2位で来季CL予選勝ち取る事が出来ました!優勝できずに悔しいですが、このチームを誇りに思います」 「素晴らしいチーム。次も勝っていい形で締めくくろう!」 今シーズンは残り1試合。MF三好康児が所属するロイヤル・アントワープとの最終節が残っている。 <span class="paragraph-title">【写真】三笘薫がシーズン2位を報告!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cdoa2xbKAzf/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cdoa2xbKAzf/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cdoa2xbKAzf/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">三笘薫(@kaoru.m.0520)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.17 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

CL出場へ痛恨のアーセナル、負傷交代の冨安健洋にアルテタ監督「筋肉の問題」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、日本代表DF冨安健洋の状態に言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは16日、プレミアリーグ第37節でニューカッスルと対戦した。 前節、トッテナムとのノースロンドン・ダービーで完敗を喫してしまったアーセナル。トップ4フィニッシュを目指す中で手痛い敗戦となった中、今節は先に試合を行ったトッテナムがバーンリーに1-0で勝利し、4位に浮上していた。 勝ち点差2でトッテナムを下回ったアーセナル。ニューカッスル戦に勝利すれば4位に再浮上となった中、ホーム最終戦のニューカッスルに立ち上がりから押し込まれる展開となる。 全く良いところが出せないアーセナル。冨安は右サイドバックで先発すると、FWアラン・サン=マクシマンとマッチアップし、なんとか耐えていた。 しかし、39分に突如座り込んでしまうと、右太ももの裏を気にしている様子。アルテタ監督はすぐに交代を準備し、ポルトガル代表DFセドリック・ソアレスを投入した。 試合後の会見で冨安について問われたアルテタ監督は「わからない」とコメント。検査をするが、筋肉系の負傷だとした。 「彼を検査して評価する必要があるが、筋肉の問題を感じていた」 「残念ながら彼を交代させる必要があった」 試合を通してニューカッスルに押し込まれ続けたアーセナルは、2失点して敗戦。最終節を前に5位に転落し、トップ4フィニッシュが厳しい状況となってしまった。 2022.05.17 08:33 Tue
twitterfacebook
thumb

冨安が負傷交代のアーセナル、痛恨の連敗で来季のCL出場権獲得に黄色信号…《プレミアリーグ》

冨安健洋の所属するアーセナルは16日、プレミアリーグ第37節でニューカッスルと対戦し0-2で敗戦した。冨安は39分に負傷交代している。 ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争うトッテナムとのノースロンドン・ダービーで完敗を喫した暫定5位のアーセナル(勝ち点66)が、14位ニューカッスル(勝ち点43)のホームに乗り込んだ一戦。 先に試合を行ったトッテナムが勝利したため、2ポイント差の5位で今節を迎えたアーセナルは、トッテナム戦から先発を3人変更。出場停止のホールディングやセドリック、マルティネッリに代えてホワイトやヌーノ・タヴァレス、スミス・ロウが先発に名を連ねた。冨安は右サイドバックで先発した。 立ち上がりからニューカッスルのハイプレスを受けたアーセナルがビルドアップを封じられると、やや劣勢の展開で試合が推移。 粘り強く守るアーセナルだったが36分、中盤でのボールロストからショートカウンターを受けると、左サイドでボールを受けたサン=マクシマンがドリブルでボックス内まで切り込みシュート。これはGKラムズデールが好セーブを見せる。 ピンチを凌いだアーセナルは、直後の38分にアクシデント。右モモ裏を痛めた冨安がピッチに座り込むと、そのまま歩いてピッチを後に。39分にセドリックがスクランブル投入された。 ハーフタイムにかけても我慢の時間が続いたアーセナルだが、何とか0-0で前半を終えた。 迎えた後半、今度はニューカッスルにアクシデント。47分、エンケティアとの競り合いの場面で頭部を打っていたシェアが脳震盪かピッチに倒れ込むと、メディカルスタッフの治療を受けた後に歩いてピッチ離れると、49分にラッセルズが投入された。 後半の主導権を握りたいアーセナルは、53分にスミス・ロウを下げてマルティネッリを投入したが、直後に失点を喫する。56分、サン=マクシマンのロングスルーパスから左サイドを抜け出したジョエリントンにクロスを許すと、ブロックに戻ったホワイトがオウンゴールを献上。 先制を許したアーセナルは62分、ヌーノ・タヴァレスを下げてラカゼットを投入し、[4-2-3-1]から[3-5-2]へ布陣を変更した。 その後もニューカッスルの積極的なプレスと鋭いカウンターに苦しむアーセナルは、85分に追加点を許す。ギマランイスのシュートのセカンドボールをボックス手前で収めたロングスタッフがループパスをゴール前へ送ると、これに反応したウィルソンと飛び出したGKラムズデールが交錯。最後はこぼれ球をギマランイスがゴール右に流し込んだ。 結局、試合はそのまま0-2でタイムアップ。痛恨の連敗となったアーセナルは、4位トッテナムとの勝ち点差を縮めることができず、自力でのCL出場権獲得の可能性が消滅した。 2022.05.17 06:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly