王者アル・ヒラルはハメスのアル・ラーヤンと同居! オルンガ擁するアル・ドゥハイルはセパハン、パフタコールの強豪と対戦《ACL2022》

2022.01.17 18:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アジアサッカー連盟(AFC)は17日、2022シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ組み合わせを発表した。

今シーズンも西地区と東地区に分かれて開催されるACL。先日発表された日程では、今大会はカタール・ワールドカップ(W杯)の影響により、2022年と2023年にまたがって開催されることが決定していた。

西地区は4月にセントラル開催でグループステージを消化。ラウンド16からは2023年に行われ、2月に決勝まで一気に行うこととなる。
東地区は4月にグループステージ、ラウンド16から準決勝は8月に開催。決勝が2023年2月となる。

前回大会王者のアル・ヒラル(サウジアラビア)はグループAに入り、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス擁するアル・ラーヤン(カタール)、FCイスティクロル(タジキスタン)、そしてプレーオフ3の勝者と同居した。

また、ケニア代表FWオルンガらを擁するアル・ドゥハイル(カタール)は、セパハン(イラン)、パフタコール(ウズベキスタン)と強豪チームと共にグループDに入り、プレーオフ1の勝者も同居した。

◆ACLグループステージ組み合わせ
《西地区》
【グループA】
アル・ヒラル(サウジアラビア)
アル・ラーヤン(カタール)
FCイスティクロル(タジキスタン)
プレーオフ勝者3

【グループB】
アル・ジャジーラ(UAE)
アル・シャバブ(サウジアラビア)
ムンバイ・シティ(インド)
エア・フォース・クラブ(イラク)

【グループC】
フーラードFC(イラン)
アル・アハリ・ドバイ(UAE)
アハルFC(トルクメニスタン)
アル・ガラファ(カタール)

【グループD】
アル・ドゥハイル(カタール)
セパハン(イラン)
パフタコール(ウズベキスタン)
プレーオフ勝者1

【グループE】
アル・サッド(カタール)
アル・ファイサリ(サウジアラビア)
アル・ワフダート(ヨルダン)
プレーオフ勝者2

《東地区》
【グループF】
山東泰山(中国)
浦和レッズ
ライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール)
プレーオフ勝者4

【グループG】
BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)
全南ドラゴンズ(韓国)
ユナイテッド・シティ(フィリピン)
メルボルン・シティ(オーストラリア)

【グループH】
全北現代モータース(韓国)
横浜F・マリノス
ホアンアイン・ザライ(ベトナム)
プレーオフ勝者1

【グループI】
川崎フロンターレ
広州FC(中国)
ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)
プレーオフ勝者3

【グループJ】
上海海港(中国)
チェンライ・ユナイテッド(タイ)
傑志(香港)
プレーオフ勝者2

関連ニュース
thumb

浦和のACL決勝スタジアム問題、芝改修工事のストップは費用の問題で断念…埼スタ開催は日程変更に望みをかける

浦和レッズは10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝の試合会場に関する経過報告を行った。 今シーズンのACLに出場していた浦和。集中開催となったグループステージと見事に突破すると、埼玉スタジアム2002で8月に集中開催したノックアウトステージを戦った。 ラウンド16でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、準々決勝でBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)を下すと、準決勝は全北現代モータース(韓国)との対戦に。延長戦にもつれ込んだ試合は、敗戦が迫っていた中でキャスパー・ユンカーが値千金の同点ゴールを決めPK戦へ。GK西川周作がPK戦では躍動し、2本をストップ。見事に決勝に駒を進めた。 決勝は2月19日と26日に行われ、浦和のホームゲームは26日の第2戦となる。しかし、そのタイミングで芝の改修工事が行われることが決まっており、埼玉スタジアム2002が使用できないという問題が生じていた。 これまでも経過報告を行う中、浦和は最新情報を更新。ファン・サポーターからも5万8430筆の署名が集まるなどしていたと報告。一方で、クラブの対応が不十分だったことから、ファン・サポーター、埼玉県知事並びに埼玉県、日本サッカー協会(JFA)、および関係各所に混乱と迷惑をかけたことを謝罪した。 その中で、クラブが要望していた芝改修工事について検討。多額の費用が発生することから、断念したことを報告した。 「浦和レッズより提出いたしました要望書に対して埼玉県から回答いただいた内容、および今後の対応についてクラブ内で協議してまいりましたが、芝改修工事の工期変更に要する費用がクラブで負担できる範囲を大幅に超えていること等から、その実現は経営的に不可能であると判断し、芝改修工事の工期変更については大変遺憾ながら断念することを決断いたしました」 埼玉県からの返答では、工期をずらすことなどで生じる損害賠償などを含めて数億円が必要となるとされてきた。 残された道は、アジアサッカー連盟(AFC)に提出している決勝の日程変更を求めているもの。すでに要望書を提出しており、JFA、Jリーグの協力を得ていくという。 なお、日程変更が叶わない場合は、ACL規約(座席数40,000席以上、照明2000LUX等)に則ったスタジアムで、みなさまのおもいがピッチ、そして選手たちに届く、浦和らしい世界に誇れるサポート環境を整えるべく準備を進めるとのこと。開催できるスタジアムが限られてくるため、埼玉県以外のどこで行うのか注目が集まる。 2022.11.10 10:37 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和のACL決勝会場問題、工期の変更にはリスクと損害賠償費用で数億円がかかる可能性

浦和レッズは13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝の試合会場に関する経過報告を行った。 今シーズンのACLに出場していた浦和。集中開催となったグループステージと見事に突破すると、埼玉スタジアム2002で8月に集中開催したノックアウトステージを戦った。 ラウンド16でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、準々決勝でBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)を下すと、準決勝は全北現代モータース(韓国)との対戦に。延長戦にもつれ込んだ試合は、敗戦が迫っていた中でキャスパー・ユンカーが値千金の同点ゴールを決めPK戦へ。GK西川周作がPK戦では躍動し、2本をストップ。見事に決勝に駒を進めた。 決勝は2月19日と26日に行われ、浦和のホームゲームは26日の第2戦となる。しかし、そのタイミングで芝の改修工事が行われることが決まっており、埼玉スタジアム2002が使用できないという問題が生じていた。 これまでも経過報告を行う中、4日には埼玉県に対して正式に書面で要望書を出していないことが発覚し謝罪。同日に提出していた。 今回は埼玉県からの回答を報告。芝の工期を変更することや、費用の問題があり、浦和が費用負担をすることになるとの回答があったとした。 浦和は、「今回の埼玉県からの回答を受けまして、現在、クラブ内で今後の対応について協議しております」 以下、埼玉県からの要望書への回答抜粋。 (1) 芝生育成業者には別の業務を請け負う予定があり、圃場利用の再延長ができません。 現在予定の工事期間でなければ、育成した芝生が使用できず、改めて2年間かけて芝生を育成しなければなりません。仮に工事期間を変更する場合、芝生張替え工事は順調に契約ができた場合でも、令和6年11月着手となります。現在の芝生の状態で2年継続して使用すれば、地温コントロールシステムの老朽化がさらに進み、芝生のコンディション低下により、浦和レッズ及び対戦チームの選手には、これに伴うリスクが生じる可能性や会場の使用が困難に陥る可能性があります。 (2) 芝生張替え業者は、本年11月からの工事着手に向け、資機材や作業員の手配が概ね7割程度完了しており、現時点での工事期間の変更は業者に多大な損害を与えるとともに、同時に実施する観客席や機械設備等の他工事にも同様の影響があります。 2 工事期間を変更するためには、新たに発生する芝生の2年間の育苗費用(約1億5千万円)が必要となります。また、既発注の芝生張替え工事(約2億9千万円)及び使用中の芝生の県立高校での利活用工事(約1千2百万円)の契約解除に伴う損害賠償費用、同時期に実施する観客席、機械設備等の工事(約5億7千万円)の中断に伴う損害賠償費用が発生します。 3 御要望のとおり工事期間を変更する場合、貴社には、上記1のリスクに対応いただくとともに、上記2の経費を請求させていただくこととなります。 2022.10.13 20:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL決勝のスタジアム問題を抱える浦和、経過報告と説明不足を謝罪…公式な要望書はこれまで出さず4日正式提出

浦和レッズは4日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝のスタジアム使用について経過報告をした。 今シーズンのACLに出場していた浦和。集中開催となったグループステージと見事に突破すると、埼玉スタジアム2002で8月に集中開催したノックアウトステージを戦った。 ラウンド16でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、準々決勝でBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)を下すと、準決勝は全北現代モータース(韓国)との対戦に。延長戦にもつれ込んだ試合は、敗戦が迫っていた中でキャスパー・ユンカーが値千金の同点ゴールを決めPK戦へ。GK西川周作がPK戦では躍動し、2本をストップ。見事に決勝に駒を進めた。 決勝は2月19日と26日に行われ、浦和のホームゲームは26日の第2戦となる。しかし、そのタイミングで芝の改修工事が行われることが決まっており、埼玉スタジアム2002が使用できないという問題が生じていた。 これまでも埼玉県と交渉を進めるも使用許可が下りず、アジアサッカー連盟(AFC)へ日程変更を要求する可能性も示唆していた。 その際には、謂れのない誹謗中傷を受けるなどしていた中、4日に改めて経過を報告。説明不足により、関係各所へ大きな迷惑をかけたとして謝罪。また、公式な要望書を県に対して提出していないことを明かした。 「過去2回に渡り、本件について関係各所と鋭意調整、交渉を行っている旨を報告させていただいておりましたが、その具体的な手段に関する説明が不十分であったことから、埼玉県をはじめとした関係各所に混乱とご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます」 「具体的には、クラブから埼玉県に対しまして、工期変更の打診をさせていただいていたことは事実でございますが、代表名での公式な要望書は提出していないことの説明が不足しておりました」 「引き続き、埼玉県をはじめとした関係各所との調整、交渉に進捗がございましたら浦和レッズのホームページにて報告してまいりますが、その際の表現には最大限の注意を払ってまいります」 「このたびはご迷惑をお掛けいたしまして、誠に申し訳ございませんでした」 なお、4日に改めて要望書を提出したことを発表している。 「現在ACL2022決勝 第2戦の、埼玉スタジアムでの開催を求める署名活動を行ってくださっているサポーター有志のみなさまや、ご署名いただいたみなさまをはじめとした、おもいを一つにするみなさまのお気持ちとクラブの情熱を込め、本日、埼玉県に対しまして正式に要望書を提出させていただきましたことをご報告させていただきます」 2022.10.04 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ACL決勝の埼スタ開催を求める浦和に誹謗中傷…クラブが声明「その手段は社会のルールに則ったものです」

浦和レッズは22日、「SNS上等での誹謗中傷について」と題し、声明を発表した。 クラブの発表によると、浦和はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022決勝 第2戦の試合会場調整に関連し、SNS等で特定の個人や団体に向けた誹謗中傷や悪意ある投稿が確認されているとのことだ。 浦和は準決勝で全北現代モータースとPK戦にまでもつれこむ激闘の末に決勝への切符を掴んでいた。 しかし、来年2月に行われる決勝の第2戦では、ホームの埼玉スタジアム2002が芝の改修工事のために使用ができない状況に。なんとかして使用できるよう、埼玉県への要望を提出したものの、拒否されていた。また、アジアサッカー連盟(AFC)へ日程の変更を求めるなど、開催に向けて動いていることを発表した中、誹謗中傷投稿があったという。 浦和は、改めてルールに則って行っているということを主張。誠実に向き合っていくとした。 「私ども浦和レッズは、ACL優勝のために最大限の努力を行ってまいりますが、あくまでもその手段は社会のルールに則ったものであることを前提としております」 「SNS上等での誹謗中傷、或いはそれに類する行為はその前提に該当せず、また浦和レッズの理念とも明確に異なり、いかなる理由があっても許容いたしません」 「過去2回に渡って経過報告を行わせていただいております、試合会場調整につきましては、浦和レッズのファン・サポーターのみなさまは勿論のこと、他クラブのファン・サポーターを含めた多くのみなさまから励ましのお言葉を頂戴しておりますこと、心より感謝申しあげます」 「そうしたみなさまのお力もお借りしつつ、埼玉県及び関係各所と誠実に向き合い、相談、交渉を行ってまいりますので、SNS上等での誹謗中傷、或いはそれに類する行為は絶対におやめくださいますようお願い申しあげます」 2022.09.22 10:18 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL決勝で埼スタを使えない浦和が経過報告…埼玉県と交渉も許可下りず、日程変更要求など埼スタ開催を模索中

浦和レッズは20日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝のスタジアム使用について経過報告をした。 今シーズンのACLに出場していた浦和。集中開催となったグループステージと見事に突破すると、埼玉スタジアム2002で8月に集中開催したノックアウトステージを戦った。 ラウンド16でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、準々決勝でBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)を下すと、準決勝は全北現代モータース(韓国)との対戦に。延長戦にもつれ込んだ試合は、敗戦が迫っていた中でキャスパー・ユンカーが値千金の同点ゴールを決めPK戦へ。GK西川周作がPK戦では躍動し、2本をストップ。見事に決勝に駒を進めた。 決勝は2月19日と26日に行われ、浦和のホームゲームは26日の第2戦となる。しかし、そのタイミングで芝の改修工事が行われることが決まっており、埼玉スタジアム2002が使用できないという問題が生じていた。 すでにその件については発表されていたが、浦和は改めて埼玉県との交渉の経過を報告。「芝改修工事の時期の延期」、また「期間の短縮」を交渉したとしたが、依然使用許可は下りていないと報告した。 ①「埼スタ芝改修工事の実施時期の延期」 ACLでのチームの決勝進出決定を受け、私どもから埼玉県担当者に対し、日本サッカー協会(JFA)の求めに応じる形で埼スタの芝改修工事が延期されたことと同様に、埼スタでのACL決勝開催の実現のため、実施時期の1年延期を打診いたしました。 しかしながら、県として「既に施工準備が進んでいることから、延長はできない」との公式回答がございました。JFAからの打診時も今回と同様、施工準備が進む中で1年延期できたという事実がある為、引き続き交渉を試みたく考えております。 なお、JFAが2021年10月末に県に対して要望書を提出し、県知事より開催協力が可能と回答した2021年11月時点では、ACL決勝は従来通り2022年11月の開催が予定されていた為、クラブとしては事前対策を行うことは不可能でした。 ②「埼スタ芝改修工事の実施期間の短縮」 決勝戦終了後となる2023年3月からの施工開始、或いは工期短縮を打診いたしました。 決勝戦終了後となる2023年3月からの施工とした場合、工期終了は9月以降となり2023シーズンの大半が使用不可となること、工期の短縮については今回予定されている改修工事は芝生張り替えに限定せず、地温コントロールシステムの入れ替えを含む大規模な修繕工事である為、物理的に難しいとの公式回答がありました。その為、工期短縮は不可能と判断いたしました。 2つの代案が上手く進まなかった浦和。しかし、諦めずに交渉を続け、埼玉スタジアム2002での開催を目指すとした。 「埼玉県担当者からは、私どもと埼玉県が2022年3月に、2022シーズン終了後から2023年4月中旬までの期間に埼スタの芝改修工事を実施することについて両者間で既に合意済みであることを前提としたご説明とともに、上記の通り、対応できない旨の公式回答がございました」 「クラブといたしましては、県担当者からの回答を受けた後も、埼スタでの決勝戦開催の可能性を高める方策の検討を継続しておりますが、コロナ禍で失われたクラブの経営体力に鑑み、浦和レッズの自助努力のみでそれを覆すことは到底できません。クラブのみでなく、ファン・サポーターのみなさまと共に、埼スタでACL決勝を開催できる方法を最後まで諦めずに模索し続けてまいります」 「また、上記の交渉に並行し、浦和レッズからアジアサッカー連盟(AFC)に対し、ACL決勝の開催日程変更を求める要望書を、JFA田嶋幸三会長、Jリーグ野々村芳和チェアマンのご協力のもと提出させていただいております。みなさまと共に出場する国際大会の決勝で3度目のアジアチャンピオンになるべく、埼スタという舞台での開催を最後まで諦めたくないと考えております」 「埼玉県、そして浦和(現さいたま市)という地域で30年間活動してきた事実は私たち浦和レッズの誇りであり、決してぶれることのない軸足です」 「クラブは、埼スタでの開催を諦めておりません。埼玉県とは引き続き、協力関係を築きつつ、埼スタでの開催を見越した工期延長やAFCへの日程変更の打診等を行い、みなさまのおもいがピッチ、そして選手たちに届く、浦和らしい世界に誇れるサポート環境を整えるべく、最大限の努力を行ってまいります」 ラウンド16から準決勝までの3試合は、明らかにサポーターの声援が力になり、特に準決勝ではその影響力を感じる結果となった。果たして、浦和の希望は叶うだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】この声を決勝で!選手たちを支えた浦和サポーターの"声"</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>赤き血のイレブン!<br>世界に見せつけろ、俺たちの誇り!⁰\⁰⁰アップに出てきた選手を<br>ゴール裏サポーターが大声援で鼓舞<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> で配信⁰⁰<a href="https://twitter.com/hashtag/ACL2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ACL2022</a>⁰<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%81%8C%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%92%E7%86%B1%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jがアジアを熱くする</a>⁰<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZNピッチサイド</a>⁰⁰<a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL?ref_src=twsrc%5Etfw">@REDSOFFICIAL</a> <a href="https://t.co/rDr7cWyxvL">pic.twitter.com/rDr7cWyxvL</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1560573881743994880?ref_src=twsrc%5Etfw">August 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.21 09:02 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly