途中投入の南野拓実が27歳のバースデー弾! 完勝のリバプールが3戦ぶり白星で2位浮上《プレミアリーグ》

2022.01.17 01:01 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第22節、リバプールvsブレントフォードが16日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが3-0で快勝した。なお、リバプールのFW南野拓実は74分からプレーし、1ゴールを記録した。

2022年初戦となったチェルシーとの上位対決を2-2のドローで終え、リーグ戦2戦連続未勝利と足踏みが続く3位のリバプール(勝ち点42)。前日に行われた頂上決戦を首位のマンチェスター・シティが勝利したことで、暫定でのポイント差が「14」に広がった中、今節では前回対戦でドローに持ち込まれた13位のブレントフォード(勝ち点23)を相手にリーグ3戦ぶりの白星を狙った。

クロップ監督は、10人のアーセナルを相手にゴールレスドローに終わった3日前のEFLカップ準決勝1stレグから先発2人を変更。ミルナーと南野に代えてカーティス・ジョーンズ、オックスレイド=チェンバレンを起用。3トップは右からオックスレイド=チェンバレン、フィルミノ、ジョタという並びとなった。

戦前の予想通り、立ち上がりから圧倒的にボールを握って相手を押し込んでいくリバプールは、両サイドバックが常に高い位置を取ってピッチの幅を取りながら厚みのある攻撃を仕掛けていく。

アレクサンダー=アーノルドのミドルシュートや再三のセットプレーでゴールチャンスを窺う中、22分にはビッグチャンス。右CKの流れからゴール前でこぼれ球に反応したファン・ダイクが左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKアルバロ・フェルナンデスの足を使った見事なセーブに阻まれる。

以降も相手陣内でハーフコートゲームを展開するリバプールだが、割り切って自陣深くにブロックを構えるブレントフォードの粘り強い守備に手を焼く。直近のアーセナル戦同様の手詰まり感が出始める中、徐々に焦りからか自陣でのミスが出ると、カウンターから一発を狙うトニー、ムベウモの2トップに続けて際どい場面を作られる。

それでも、これを凌いだホームチームは44分、左CKの場面でキッカーのアレクサンダー=アーノルドが右足インスウィングのボールを入れると、ニアの密集をすり抜けてバウンドしたボールをファーでDFアイエルのマークを一瞬外したファビーニョが頭で流し込み、最高の時間帯に先制点を奪い切った。

苦しみながらも1点リードで試合を折り返したリバプールは、後半も危なげなくゲームをコントロールしていく。早い時間帯の同点を目指して前がかりとなる相手の攻撃を受け止めながら、前半からの遅攻に加え、速攻の形から2点目に迫っていく。

ジョタのポスト直撃のシュートなど、徐々にゴールの匂いを色濃くさせる攻撃を見せるリバプールは、後半半ばに待望のゴールを奪う。左サイドのロバートソンからの絶妙なピンポイントクロスをファーに飛び込んだオックスレイド=チェンバレンがダイビングヘッドで合わせ、今季のリーグ戦初ゴールとした。

これで勝利に大きく近づいたリバプールだが、相手との接触で足を痛めたオックスレイド=チェンバレンがプレー続行困難となり、74分に南野が投入される。

すると、この日が27歳のバースデーとなった日本代表FWがフィルミノの完璧なお膳立てによって自ら祝砲を挙げる。77分、相手ゴールキックのリスタートの場面で南野とフィルミノが連動したプレスで相手ボックス内でボールを奪うと、ゴール前でGKとDFを引き付けたフィルミノから丁寧なプレゼントパスを受けた南野が冷静に右足のシュートをゴールネットへ流し込み、直近のアーセナル戦の決定機逸を払しょくする今季リーグ2点目とした。

この3点目で勝利を確信したクロップ監督は、ジョタを下げて17歳FWゴードンをプレミアリーグデビューさせる。その後は3トップの中央に入った南野が積極的にボールを呼び込んでゴードンの初ゴールのチャンスを演出するなど、余裕のあるプレーを披露。

4点目こそ奪えなかったものの、相手にほぼ攻撃の形を作らせなかったリバプールが、3-0の完勝でリーグ戦3試合ぶりの白星を手にして2位に浮上した。


関連ニュース
thumb

CL決勝前にパブでくつろぐクロップ監督、相席はリバプールOBジェラード「最高の写真」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は大一番を前にもリラックスしているようだ。 インテル、ベンフィカ、ビジャレアルを下し、リバプールは28日にパリでのチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控える。2017-18シーズンのCL決勝や昨シーズンのCL準々決勝で対戦し、いずれも敗れたレアル・マドリーと再び相見えることとなった。。 2018-19シーズン以来のビッグイヤー奪還に向けて周囲の緊張感は高まるが、指揮官は肩の力が抜けているようだ。イギリス『スポーツ・バイブル』は、パブでファンとの撮影に応じたクロップ監督を紹介。しかも、向かいにはリバプールのレジェンドOB、スティーブン・ジェラード(現:アストン・ビラ監督)も腰掛けている。 2人の間で記念撮影をした男の子のファンや、やや恥ずかしそうにドイツ人監督と肩を並べる女の子のファンには、羨望のまなざしを向ける閲覧者が多数。「写真を撮らずに通り過ぎるなんてできません!」、「ラッキーガールだね!」、「なんて羨ましい!」、「真ん中の男の子になるためなら何でもするよ」、「最高の写真」などの声が寄せられている。 勝てば、前身のUEFAチャンピオンズカップを含めて7度目の優勝となるレッズ。クロップ監督の手腕にも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】パブでくつろぐクロップ監督とジェラードと記念撮影をするファン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">We couldn’t let this pass without getting a pic too <a href="https://twitter.com/hashtag/YNWA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#YNWA</a> <a href="https://t.co/eREb8t0BH3">pic.twitter.com/eREb8t0BH3</a></p>&mdash; Sam WilkINson (@swilko1) <a href="https://twitter.com/swilko1/status/1530074457758482432?ref_src=twsrc%5Etfw">May 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.28 21:09 Sat
twitterfacebook
thumb

CL決勝は勝つのがお約束だけど…/原ゆみこのマドリッド

「ああも賑わっていると、行きたくなるわよね」そんな風に私がうずうずしていたのは金曜日、エッフェル塔前の定番セルフィースポットやCLトロフィーが展示されているパリ市内の広場をレアル・マドリーファンが闊歩しているのをお昼のTVニュースで見た時のことでした。いやあ、話を聞くと、やはり飛行機やホテル代高騰の影響はあったようで、スペインから10時間以上かけて自家用車でやって来たり、決勝前日深夜に出る日帰り弾丸バスツアーを利用するファンも多いようなんですけどね。 両チーム合わせて8万人程のサポターがパリ入りするものの、試合のチケットを持っているのはその半数しかいないなんて聞くと、サンティアゴ・ベルナベウでのパブリックビューイングで決勝を楽しめるだけ、まだましかなと思ったりもしますが、え?もしや、すでに優勝決定後、スタジアムから流れてくるファンに備え、シベレス広場周辺の交通規制準備をしているマドリッド当局も、それ以外のシナリオはまったく考えていないようじゃないかって? まあ、彼らが最後に負けたのは1981年、それこそ相手はリバプールだったというのは何ですが、その後は、Septima(セプティマ/7回目)からDecimotercera(デシモテルセーラ/13回目)まで、CL決勝では無敗を続けていますからね。たとえ、この土曜にトロフィーがもらえずとも、プレミアリーグも先週日曜の最終節にマンチェスター・シティに勝ち点差1で持っていかれたものの、今季はFAカップとカラバオカップに優勝しているため、日曜には市内パレードを予定しているリバプールとは違い、負けた場合、マドリーは現地解散。用意した祝賀行事もムダになってしまうなんてこと、今、心配しても仕方ありませんって。 ちなみに先週末にリーガが終わった後、月曜からCL決勝に向けての練習をバルデベバス(バラハス空港の近く)で始めたマドリーだったんですが、火曜には世間がコロナ禍に襲われて以来、2年ぶりに施設をプレスに開放。オープン・メディア・デーで私も久々に中に入ることができたんですが、いえ、サンティアゴ・ベルナベウに代わって、マドリーの無観客ホームゲームが開催された、同じ敷地内にあるエスタディオ・アルフレド・ディ・ステファノ(RMカスティージャのホーム)には昨季も通っていたんですけどね。 ビニシウスの2発とアセンシオのゴールでCL準々決勝リバプール戦1stレグに3-1と勝利した試合なども観戦できたんですが、トップチームの選手たちがセッションを行うグラウンド側の建物には近づけことはできず。といっても刻々と姿が変わる絶賛改装中のベルナベウとは違い、それ程、施設自体には変化はなかったんですが、アンチェロッティ監督のZOOM越しでない記者会見があった後、アトレティコのスタートから15分間だけの公開より、ずっと太っ腹に練習を最初から最後まで見られたのは嬉しかったかと。 お隣さんとはメニューの趣向も異なり、ほとんどフィジカルトレはなくて、ボールを使ったゲーム形式の演習が多かったのも見応えがあったんですが、この日こそ、まだマルセロがコーチとマンツーマンだったものの、何よりの朗報はマドリーには負傷者が1人もいないことだったでしょうか。ええ、リーガ最後の2試合を背筋痛で欠場したベイルも普通に参加していましたしね。アラバも完全に復活していたとなると、クロップ監督は「チアゴは2日続けて練習したし、ファビーニョも同じだ」と決勝前日に言っていたものの、回復間もない選手を複数抱えるリバプールの方が戦力的にはちょっと危うい? そしてその後はベランダにずらりと並んだインタビュースペースで選手たちのメディア対応が始まったんですが、エムバペのPSG残留発表があってから、間がなかったため、どの選手もその件について意見を求められるという気の毒なシーンも。それにしたって、マドリーのCL優勝経験者の多さは尋常ではなく2018年、キエフで行われたリバプールとの決勝にいた選手は11人。ゴール2本を決めたベンゼマ、マドリーではほぼ最後の勇姿だったと言っていいchilena(チレナ/オーバーヘッドシュート)でのgolazo(ゴラソ/スーパーゴール)を披露したベイルはもちろん、カルバハル、マルセロ、モドリッチ、クロース、カセミロ、イスコ、ナチョ、アセンシオ、ルーカス・バスケスと、うち最後の2人以外、マドリーで5回目のCLトロイフィーゲットとなるかもしれないとは半端ない。 大体がして、アンチェロッティ監督自身、マドリーのDecima(デシマ/10回目のCL優勝のこと)の前にミランで2度、CLに優勝。リバプールとの決勝は1勝1敗なんですが、それ以外にもアラバはバイエルンで、アザールもチェルシーで経験済みとなれば、初の大舞台に挑むビニシウス、ロドリゴ、バルベルデ、ミリトンら、若手も何を恐れることがある?とはいえ、その逆で間の悪い選手もいて、それはGKクルトワなんですが、ええ、2014年にはマドリーとリスボンで決勝を戦ったアトレティコで”Noventa y Ramos/ノベンタ・イ・ラモス(90分過ぎのラモス弾)を喰らい、延長戦で4-1と負けることに。その夏に戻ったレンタル元のチェルシーがCL優勝をしたのは2021年になってからでしたからね。 要はマドリーに移籍した2018年から3年間、「ベンゼマがゴールゲッターの役目を完璧に果たせるようになるまで、ウチはクリスチアーノ・ロナウド(現マンチェスター・ユナイテッド)が毎シーズン挙げていた50ゴールを埋め合わせることができなかった」(クロース)というチームのCL日照りに付き合うことになったんですが、まったく運命とは残酷なもの。バルデベバスのマッサージルームなどではCL戦が近づく度、そのトラウマ映像がTVで何度もリピートされ、セルヒオ・ラモスの同点ゴールのシーンが映るたびにチームメートたちから、「Toma Tibu!/トマ・ティブー(喰らえ、クルトワ)」と冷やかされていたのだとか。 おかげで決勝前日の記者会見に出た当人も「Cuando el Real Madrid juega, las ganan. Estoy en el lado bueno de la historia/クアンドー・エル・レアル・マドリッド・フエガ、ラス・ガナン。エストイ・エン・エル・ラードー・ブエノ・デ・ラ・イストリア(レアル・マドリーが決勝をプレーする時は勝つ。ボクは歴史のいい方の側にいるよ)」なんて言っていたんだと思いますが、さあて。ちなみにクロップ監督はスタッド・ドフランスでの会見で、「明日のスタジアム入り前には2018年にマドリーに負けた時のビデオを選手たちに見せるつもりだ。そのリベンジだけが唯一のモチベーションではないけどね」と、メンタル的な準備も周到に進めていることを告白。となると、準決勝マンチェスター・シティ戦2ndレグ前には今季の決勝トーナメントPSG戦やチェルシー戦を含む、奇跡のremontada(レモンターダ/逆転突破)ビデオを編集し、最後に「あと1つ、欠けている」と括って、部下を鼓舞したアンチェロッティ監督は一体、今度はどんな映像を選ぶんでしょうかね。 そして木曜夕方には早くもフランスに飛んだマドリーは、パリ郊外のシャンティリーにある宮殿のようなホテル、オーベルジュ・ジュ・ド・ポームに宿をとったんですが、リバプールの方は前日の金曜にパリの中心部にあるホテルに到着。中でも2018年の決勝で前半30分にラモスとの接触プレーで肩を痛め、無念の交代となったサラーが、「自分が優勝を決められることを期待している」と誰より張り切っているのが要注意なんですが、グループリーグではアトレティコに2連勝と強さを見せつけた彼らも決勝トーナメントに入ってからは結構、苦労していたよう。 ええ、16強対決のインテル戦ではアンフィールドでの2ndレグで0-1と負け、総合スコア2-1の辛勝でしたし、準々決勝ベンフィカ戦も1-3で先勝した後、ホームでは3-3の撃ち合いに。そして準決勝ビジャレアル戦ではラ・セラミカでの2ndレグ前半に2-2と総合スコアをイーブンに持ち込まれ、後半にGKルリの連続ミスで3点取って勝ち抜けているため、これならマドリーにも十分、付け入る隙がある?とはいえ、奇跡の逆転勝利4連ちゃんというのはあまりに出来過ぎな感もしますし、できれば、あと2得点でクリスチアーノ・ロナウドの持つ、CL1シーズン最多の17得点と並ぶベンゼマ辺りがすんなりゴールを決めて、土曜午後9時(日本時間翌午前4時)からの決勝では、あまりファンをはらはらさせずにDecimocuarta/デシモクアルタ(14回目のCL優勝)達成となってくれるといいのですが。 一方、この月曜から完全にバケーションに入った残りのマドリッド勢1部3チームはどうしているのかというと、うーん、今のところ、あまり選手の出入りもないんですけどね。金曜にはキケ・サンチェス・フローレス監督の契約2年延長のプレゼンがあったヘタフェでは、オリベイラがナポリに1500万ユーロ(約21億円)の強制買取オプション付きでレンタル移籍したなんてことはあったんですが、新規加入に関してはラージョ同様、弟分チームは移籍市場が閉まる直前に活発化する傾向がありますからね。 当分、興味深い動きは出てきそうにありませんが、アトレティコもこの夏は大型補強をする予定はないのだとか。ただ、こちらは各国代表に招集されている選手が多いため、今週末頃からは6月上旬の代表戦週間に備えて、練習に戻る選手たちもちらほらと。いえ、先日はラジオのインタビュー番組に出演し、「セビージャ戦の前日にいきなり退団セレモニーをすると言われたけど、yo no sabia nada/ジョー・ノー・サビア・ナーダ(自分は何も知らなかった)」と裏話を暴露。クラブやシメオネ監督から契約延長をしないという連絡を受けずに決定事項にされていたことを明かしていたルイス・スアレスは古傷のメイテナンスがあって、ヒメネス1人参加となったウルグアイ代表を免除されているんですけどね。 ジョアン・フェリックスもまだケガが治らないのか、ポルトガル代表のネーションズリーグ4試合には参加しませんが、コレアやデ・パウルはアルゼンチン代表で6月1日にユーロ王者のイタリアとコパ・アメリカ王者がウェンブリーで対決する試合に備えて、メッシ(PSG)らと共にもうレサマ(アスレティックの練習場)でトレーニング中。来週、月曜にはコケとマルコス・ジョレンテもラス・ロサス(マドリッド近郊)のサッカー協会施設でスペイン代表合宿が始まるとあって、少しは選手たちの活動報告もできるかと思いますが…この夏は国際メジャートーナメントがないせいで、サッカーファンにとって、普段以上に長いものになりそうです。 <hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2022.05.28 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

リベンジマッチにあらず! ロバートソン「この決勝戦に集中」

リバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンがリベンジマッチと言われるのを嫌った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 28日にスタッド・ドゥ・フランスで行われるチャンピオンズリーグ(CL)ファイナルを控えたリバプール。すでに国内でFAカップ、EFLカップ(カラバオカップ)の2冠を獲得しており、3つ目のタイトルをかけてレアル・マドリーと対戦する。 3年ぶり2度目のビッグイヤーが目前に迫っているものの、対戦相手は2017-18シーズンにキエフで行われたCL決勝で敗れたマドリー。リベンジマッチとなるが、試合に先駆けて行われた会見に出席したロバートソンはそのようなことを考えていないとし、"CLファイナル"という舞台に集中していると語った。 「キエフでの試合はもう気にしていないよ。次のシーズンではマドリードの地でCLを制したから、僕らの中ではCLという大会にリベンジをして、初めて優勝したようなものなんだ。キエフでの試合は僕ら全員にとって過去の話だと思うし、今はこの決勝戦に集中している。もちろん、レアル・マドリーとの対戦だからみんなそのことを持ち出すけど、僕らはこの試合に勝つことだけを考えているんだ」 「僕はトロフィーが欲しい。決勝まで行くとあと少しのように感じるけど、一番ハードルが高い。願わくば、僕らが祝福される側でありたいと思う。精神的な面では、フットボールの世界で最も大きな試合を控えているのだから、苦悩などはないよ。この1週間しっかり準備することもできた」 「もちろん、日曜日はいろんな意味で残念だったし、感情もジェットコースターのようになっていたよ。でも、次の日には悪かったところを話し合ってあらゆる考えを持つようにしたんだ。だから、火曜日の朝にはすっかり元気になったし、明日のビッグゲームに向けて清々しい気分で臨めそうだよ」 2022.05.28 17:58 Sat
twitterfacebook
thumb

23歳で2度目のビッグイヤーを目指すアレクサンダー=アーノルド「特別なこと」

リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドがチャンピオンズリーグ(CL)決勝を特別視した。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 前回優勝した2018-19シーズン以来、3シーズンぶりのビッグイヤーを狙うリバプール。国内でFAカップとEFLカップ(カラバオカップ)を制し、3冠目を狙うなか、2017-18シーズンの決勝で敗れたレアル・マドリーとのリベンジマッチに臨む。 マドリーへのリベンジチャンスが巡るアレクサンダー=アーノルドは試合に先駆けた会見で、努力の末に掴んだファイナルの舞台に気を引き締めした。 「ただのビッグゲームだと言って頑張るのもいいと思うけど、その周りにあるもの、つまり記者会見やメディア対応、ピッチでのトレーニングなどそれらがすべて大事になってくる。普段はやらないことだから、いつもと勝手は違うけど、僕はこのような場を受け入れることができる。こういうのは裏方で頑張っているときに頭の中で場面が浮かんできて、それが一歩踏み出すために必要な要素になったりする。僕らはこの舞台に立つことができるからとてもワクワクしているし、ここにいることが当然だと思っているんだ。 「運よくここまで来れたわけじゃないし、厳しい試合を強いられたこともあった。グループステージはとてもタフな戦いだったけど、すべての対戦相手を倒すことができた。だけど、さっきも言ったようにもう1試合、クラブとして、チームとして、今シーズン最後の試合があるんだ。これは誰もが出場したいと思うような特別な試合で、シーズン中の大切な大会だ。ここまで来たことも良いけど、勝てばもっと良いシーズンになる」 そして、アレクサンダー=アーノルドは23歳という年齢ながら、2度目のビッグイヤーを掴むチャンスの到来を喜んだ。 「この若さで2度目のCL優勝のチャンスを得たのは僕にとってもみんなにとっても特別なことだと思うよ。このような機会に恵まれなかった伝説的な選手はたくさんいるのだから、このチャンスを得たことは僕の特権だね。けど、明日は世界トップクラスの相手が立ちはだかることは言うまでもない。だから、もう一度トロフィーを掲げるためにはすべてを出し切らなくてはならないんだ」 2022.05.28 17:27 Sat
twitterfacebook
thumb

「このファイナルに準備万全」 クロップがリベンジ戦にもなるCL決勝に闘志

リバプールのユルゲン・クロップ監督がチャンピオンズリーグ(CL)決勝にコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 アトレティコ・マドリー、ミラン、ポルトとの実力伯仲だったグループBを全勝で潜り抜けると、決勝トーナメントでもインテル、ベンフィカ、ビジャレアルを連破し、決勝に勝ち上がったリバプール。28日にレアル・マドリーとのファイナルに臨む。 プレミアリーグこそ惜しくも2位に終わり、前人未到の4冠という夢が叶わなかったものの、カラバオカップとFAカップに続くタイトルがかかるクロップ監督試合に先んじた会見で思いを語った。 2017-18シーズンの決勝で涙したレアル・マドリーとの再戦となるが、ドイツ人指揮官は「何をするにしても、経験を得るもの。勝ち方を知る必要があって、誰も教えてくれなんかしないし、私は苦労しながら学んだ」とリベンジに闘志を燃やした。 「決勝という舞台で何度も負けたが、最近はおかげさまにも勝つことができている。この数年で、選手たちも非常によく成長した。クラブも良い状態だし、誰もが繋がっている」 「自分たちがビッグクラブの一員というのも認識しているし、少年たちもまさにそのビッグクラブにふさわしい選手たち。良い状態だし、このファイナルに臨む準備はできている」 そう力を込めると、本命を尋ねる質問に「単純な答えはない。(クラブの)歴史やレアル・マドリーの逆転劇を見ると、私なら彼らだと言うね」と返答。なお、負傷のMFチアゴ・アルカンタラやMFファビーニョについては間に合う見通しを明かしている。 勝てば、リバプールにとって2018-19シーズン以来7度目のビッグイヤー獲得。クロップ監督にとっても、就任後2度目の載冠となるが、果たして。 2022.05.28 13:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly