千葉、選手3名が新たに新型コロナ陽性

2022.01.15 20:27 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジェフユナイテッド千葉は15日、トップチームの選手3名が新型コロナウイルス(COVID-19)検査の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該選手AとBはそれまで共に無症状だったものの、15日にAは37.5℃の発熱と喉の痛み、倦怠感を訴え、Bも同日に鼻づまりと喉の違和感があるとしてPCR検査を実施したところ陽性と診断されたという。

一方、当該選手はCは13日から喉に痛みを感じ、14日の夜には38.2℃の発熱も確認されたという。15日に熱は37.6℃まで下がったものの、いまだ喉の痛みや倦怠感があるようだ。

なお、 千葉では14日の検査でも選手1名が陽性判定となっていた。



関連ニュース
thumb

「当該選手は本件行為を深く反省」秋田が千葉戦での危険プレーに声明…SNSでの誹謗中傷には注意喚起

ブラウブリッツ秋田は16日、ジェフユナイテッド千葉戦での行為、SNSでの誹謗中傷について声明を発表した。 問題となった行為は、5月15日に行われた明治安田生命J2リーグ第16節のジェフユナイテッド千葉戦。85分にルーズボールを千葉のMF高橋壱晟が頭で処理しに行ったところ、秋田のFW武颯が右足でチャレンジ。この結果、頭部に蹴りが入る形となっていた。 高橋はそのまま担架で運び出されて交代。武にはイエローカードが提示されていた。 このプレーについて秋田は「弊クラブの選手が行った行為については、互いに全力でボールを追う中の出来事であり、意図的ではなかったものの、危険や誤解を生みかねないプレー・行為でありました」と説明。「クラブとしてはこの事実を真摯に受け止め、今後改善できるよう努めて参ります。当該選手は本件行為を深く反省し、試合後、相手選手に対して謝罪をさせていただき、和解しております」と報告している。 また、弊クラブの選手らがジェフユナイテッド千葉ゴール裏を煽る行為が見受けられたとの投稿が一部SNS等であった。この件については「そういった意図はなく、ゴール裏からの主張を受け止めたということを意図したものであったことを本人たちにも確認しております」と、意図に反するとした。 さらに、今回の件についてSNS上での誹謗中傷などがあるとし、「本件に関して、SNS等にて、クラブ・選手・スポンサー企業等に対し、誹謗中傷や差別的、侮蔑的な投稿が発信されていることを確認しております。ブラウブリッツ秋田では、このような発信に対しましては、法的措置も含めた厳正な処置で臨んで参ります。 更に、こういった発信を煽る投稿が行われていることも確認しております。こういった行為は互いの憎悪を増しかねないものです。お止めいただきますようお願いいたします」と、秘部お中傷をやめるように注意喚起した。 秋田は最後に「ブラウブリッツ秋田では、AKITA STYLEとして「誠実・献身」「躍動」「粘り強さ」「挑戦」を掲げております。「秋田県民の誠実さと献身さを、私たちはピッチ内外においてフェアプレーの精神で表現します」との一文に恥じることにない行動・言動を、今後も心がけて参ります」と、説明している。 2022.05.17 06:22 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟が東京Vとの打ち合い制して首位浮上! 各地で後半AT弾のドラマが続出【明治安田J2第15節】

明治安田生命J2リーグ第15節の10試合が8日に各地で行われた。 今節は劇的な展開となった試合が多数。デンカビッグスワンスタジアムで行われた新潟vs東京Vでは壮絶な打ち合いが繰り広げられた。 まずは27分に右サイドの松田からボックス中央でパスを受けた高木が反転からシュートを決めて新潟が先制。ホームチームはさらにここから30分、35分と松田と舞行龍ジェームズが連続ゴールを決めて、前半だけで3点のリードを得る。 まさかの事態に東京Vは、ハーフタイムで一気に4人交代に打って出る。すると立ち上がりの50分、ボックス左角から放った新井のシュートが相手DFに当たってゴールイン。ループ気味の軌道となり、GKの頭上を上手く突く形となった。 続く58分には、再び新井が同じような角度から今度はクロスを選択すると、後半から投入されたバスケス・バイロンがゴール前で合わせて追加点。さらにその7分後、馬場の敵陣中央からの鋭い縦パスをワントラップで収めたバスケス・バイロンが最終ラインを突破し3点目。東京Vは絶望的な状況から生還して見せた。 しかし、7戦負けなしの新潟が底力を見せた。88分、途中出場の矢村がボックス手前から左足を振り抜くと、強烈なシュートがゴールに突き刺さり、再び勝ち越し。合計7点の殴り合いを制した新潟は、横浜FCを抜いて首位に躍り出た。 NDソフトスタジアムでの山形vs大分も予想外の展開に。前半からチャンスを作ったのはホームの山形。20分に國分のFKが枠を捉えれば、42分にはデラトーレのミドルシュートが相手GKを強襲する。大分も後半に入って惜しいシーンを迎えるが、互いになかなか得点には結びつけないまま、試合は終盤を迎える。 アディショナルタイムに入り、ゴールレスのまま終わるかに思われた93分、山田のクロスを途中出場のチアゴ・アウベスが胸トラップで収めて、キックフェイントを入れつつ巧みにシュートを流し込んだ。 勝利を確信する山形。しかし、7分と長めにとられた追加タイムの中でドラマは二転する。98分、大分はGKのロングフィードから右サイドの高い位置を取ると、小林のクロスをペレイラが頭で合わせて同点に。後半アディショナルタイムでまさかの2点が生まれ、試合は劇的ドローとなった。 また、金沢vs山口、千葉vs岡山でも後半アディショナルタイムにゴールが生まれている。 金沢vs山口では、0-0で迎えた94分に相手のFKを跳ね返した金沢がカウンターを発動。杉浦がボックス右から放ったシュートはGKに止められたものの、こぼれ球を大石が押し込んで決勝点を挙げた。 もう一方の千葉vs岡山でも、ゴールレスで迎えた93分に歓喜が訪れた。千葉は途中投入の髙橋の縦パスから攻撃のスイッチが入ると、福満を経由して高木がボックス右の深いところからマイナスの折り返し。最後は高橋が飛び込み、劇的なゴールを決めた。 そのほかでは、長崎を下した仙台が、秋田に敗れた横浜FCを抜いて2位に浮上。最下位の琉球は熊本に勝利し、今季2勝目を挙げている。 なお、大宮vs岩手は、岩手で複数の新型コロナウイルス感染が報告されたため、中止となっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 ▽5/8 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 1</span>-0 横浜FC ロアッソ熊本 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 FC琉球</span> モンテディオ山形 1-1 大分トリニータ 水戸ホーリーホック 0-0 FC町田ゼルビア ザスパクサツ群馬 0-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 4</span>-3 東京ヴェルディ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 1</span>-0 レノファ山口 V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ベガルタ仙台</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 ファジアーノ岡山 栃木SC 0-0 ヴァンフォーレ甲府 ※中止 大宮アルディージャ vs いわてグルージャ盛岡 2022.05.08 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「ショックを受けている」…急逝のオシム氏をストイコビッチ氏も偲ぶ 「知的で直感に優れた戦略家だった」

日本サッカー界にも多大なる功績を誇るイビチャ・オシム氏の訃報を受け、セルビア代表監督のドラガン・ストイコビッチ氏が同国サッカー協会を通じて追悼の声明文を出した。 オシム氏は旧ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)のサラエボ生まれで、2003年のジェフユナイテッド千葉監督就任で来日。千葉での選手育成やタイトル獲得の功績が認められ、2006年から日本代表の指揮が託されたが、翌年に脳梗塞で倒れて、志半ばで退任した。 故郷サラエボに戻り、指導者業からも身を引いてからも、日本では同国のサッカー界発展に大きく貢献した人物として語り継がれ、「日本代表を日本化する」などといった数々の語録も色褪せないオシム氏だが、1日に他界した。80歳だった。 偲ぶ声が相次ぐなか、1986〜1992年まで旧ユーゴスラビア代表監督を歴任したオシム氏の下、ベスト8入りした1990年のイタリア・ワールドカップ(W杯)でもプレーした元名古屋グランパス監督は追悼メッセージを発表している。 「ご遺族の皆様に心からお悔やみを申し上げます。彼の訃報に接し、大きなショックを受けている。彼は私の選手生活に深い足跡を残してくれた。我々は素晴らしい協力関係にあった。イタリアでのW杯と、そこで経験したすべてが特別な思い出になるだろう」 「彼は知的で、直感に優れたフットボール戦略家だったと記憶している。イビチャ・オシムは旧ユーゴスラビアで最も重要なフットボール人のひとりであり、そのように記憶されることだろう。彼に永遠の栄光がありますように」 2022.05.02 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

元千葉FW巻誠一郎が恩師・オシム氏を追悼「サッカーだけでなく、人生の師です」

元日本代表FWの巻誠一郎氏が、恩師であるイビチャ・オシム氏(享年80歳)の逝去にコメントした。 熊本県出身の巻は大津高校から駒澤大学と進学すると、2003年にジェフユナイテッド千葉に入団した。 この年は、オシム氏が千葉の監督に就任した年で、オシム氏の指導を受けて成長。プロ2年目は全試合に出場すると、2005年にはエースに成長し、日本代表にも選出。2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)にも出場した。 オシム氏の下でも日本代表に招集されていた巻氏。恩師の訃報を受け、インスタグラムを更新。想いを綴った。 「オシムさん 「僕にとってオシムさんはサッカーだけでなく、人生の師です。 伝えたい事が溢れすぎて、書ききれません。 1つだけ言える事は、サッカーを辞めた今でもオシムさんの教えを体現しています。 巻は巻だから。 巻にしか出来ないことがある。 これからもオシムさんから学んだサッカーを、人生の中で体現していきます。 オシムさん、心よりご冥福をお祈りします。 ゆっくり休んでください。 #イビチャオシム #恩師 #ジェフユナイテッド市原千葉 #人生の師 #後世へ受け継ぐ #御冥福をお祈りします」 <span class="paragraph-title">【写真】巻氏が逝去したオシム氏との2ショットをアップ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdBUliBvLt5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdBUliBvLt5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdBUliBvLt5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">巻誠一郎(@makiseiichiro9)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.02 12:13 Mon
twitterfacebook
thumb

千葉がタイトルもたらせたオシム氏の逝去を追悼…最後の言葉を紹介「大事なのはアイデアをだすこと」

ジェフユナイテッド千葉は2日、元指揮官であるイビチャ・オシム氏(享年80歳)の訃報を受け追悼した。 ユーゴスラビア代表監督や、パルチザン・ベオグラード、パナシナイコス、シュトゥルム・グラーツで指揮を執ったオシム氏は、2003年に千葉の監督に就任する。 当時低迷から脱却しつつあった千葉では、フィジカル面とメンタル面のアプローチで選手を指導。当時21歳の生え抜きだった阿部勇樹をキャプテンにおくと、1stステージで優勝争いをするも最後に失速。3位で終えると、2ndステージは2位で終えて、年間3位の成績を残す。 2004年にはさらに若手化が進む中、年間4位の成績を残すと、2005年にはナビスコカップを制覇。阿部の他にも、巻誠一郎や若手の水野晃樹、水本裕貴らを擁して結果を残していた。 2006年のシーズン途中には、ドイツ・ワールドカップ(W杯)を戦ったジーコ監督の後を継いで日本代表監督に就任。千葉の監督を退任すると、そのサッカーを継続しながら、若手にシフト。2004年のアテネ・オリンピック世代を重宝した。 千葉では、J1通算106試合を指揮し49勝35分け22敗、リーグカップは29試合で17勝5分け7敗。2005年と、途中まで率いた2006年は息子のアマル・オシム氏が監督を引き継いで優勝していた。 千葉はクラブを通じて「在任中はクラブの発展のために多大なるご尽力をいただきました。ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします」と追悼した。 また、昨年の30周年記念事業として佐藤勇人CUOがインタビューを行った際にオシム氏からいただいた言葉の一部も紹介されている。 オシム氏: 「日本のみなさん一人ひとりにあいさつしたいが、日本は人口が多すぎる。よろしくといっているうちに舌が伸びてしまうかもしれない。ジェフはジェフだ。本来はJ1にいるのがふさわしいチームだ。どうしたらそこに戻れるのか、考えなければ。そのためには、チーム経費をできるだけ少なく、チームのクオリティをできるだけ高くしなければならないが、両立は簡単ではない」 「ぼやぼやしていると、給料の高いチームに移りたいと言い出す選手が出てくるかもしれない。残念ながら、サッカー界全体がお金に買われてしまったような状態だ。サッカー界が大地から離れて、ふわふわ浮き上がっている状態なのが心配だ」 「サッカーで勝つにはお金がかかるようになってきている。しかし大半のチームにはそんなに資金はない。よいアイデアを実行するにも先立つものが必要だ。しかし、そこで大切なことは、どんなポストについていても、明日の世界がどうなるのかを常に考えて、そなえることだ。 過去のことは過去にすぎない。くよくよしても仕方がない。しかし、明日のことを考える時に、過去の失敗の例を振り返ることは役に立つことがある。とくにサッカーのレベルアップをめざす時にはそうだ」 「サッカーには金がかかるようになった。日本のサッカー界も同じだ。そう感じるだろう。この前のオリンピックも、そのための国際会議も、莫大なお金が使われた。 使ったお金は返さなければならない。そのためには稼がなければ。大事なのはアイデアをだすことだ。頭を使うことだ」 「さまざまなアイデアを出すことが革新につながる。もちろん全部のアイデアが採用されるわけではないが、未来を予測して、それに見合ったアイデアを出すことが大切だ。 一歩一歩、進んでいくしかない」 勇人CUO: 「ブラボーと言ってください」 オシム氏: 「ブラボー。ありがとう。いい仕事をするためには、誰かいい相棒を見つける必要がある。何人かでアイデアを出し合えば、ひとりよりももっといいアイデアが出てくる」 「勇人と話せてよかったよ。元気そうでよかった。もし監督が必要ならここにいるぞ。選手がほしいならいってくれ。みんなによろしく! じゃあまた、チャオ!バイバイ!」 2022.05.02 10:13 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly