戦力様変わりの鳥栖、2022年の選手背番号発表! 3年ぶり復帰の小野裕二が新10番に

2022.01.14 20:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は14日、2022シーズンの選手背番号を発表した。

昨季の明治安田生命J1リーグで7位と躍進を遂げた鳥栖。その躍進のシーズンで指揮を執った金明輝前監督は退任してしまったが、J1挑戦11年目でクラブ創設25周年目を迎える今季は川井健太新監督の下で戦う。

その今季に向けては移籍が取り沙汰されたDFエドゥアルドが残留した一方で、多数主力に移籍が相次いで顔ぶれが大きく様変わり。チームの半数以上が復帰組を含めて新加入というメンバー構成となっている。

背番号は3年ぶり復帰となるMF小野裕二が「10」に決定。同じく3年ぶり復帰のMF福田晃斗は「6」、7年ぶり復帰の藤田直之は「14」に決まった。

そのほか、既存メンバーでは昨季途中に昇格を果たしたDF中野伸哉が「13」に変更。MF飯野七聖も新たに「2」をつけ、MF本田風智は「8」を着用する。

◆選手背番号一覧
GK
1.守田達弥
12.深谷圭佑←品川CC/新加入
21.オム・イェフン
31.岡本昌弘←愛媛FC/完全
40.朴一圭

DF
3.エドゥアルド
5.ジエゴ←徳島ヴォルティス/完全
13.中野伸哉※背番号変更
20.ファン・ソッコ
26.孫大河←立正大学/新加入
30.田代雅也
42.原田亘←FC今治/完全

MF
2.飯野七聖※背番号変更
4.島川俊郎
6.福田晃斗←アルビレックス新潟/完全
7.中野嘉大←北海道コンサドーレ札幌/完全移行
8.本田風智※背番号変更
10.小野裕二←ガンバ大阪/完全
14.藤田直之←セレッソ大阪/完全
18.西川潤←セレッソ大阪/期限付き
22.佐藤響←流通経済大学/新加入
23.菊地泰智←流通経済大学/新加入
27.相良竜之介
32.湯澤洋介
37.小泉慶
44.堀米勇輝←ジェフユナイテッド千葉/完全

FW
11.宮代大聖←川崎フロンターレ/期限付き
15.梶谷政仁←国士舘大学/新加入
16.荒木駿太←駒澤大学/新加入
19.垣田裕暉←鹿島アントラーズ/期限付き
25.藤原悠汰←明治大学/新加入
29.岩崎悠人←北海道コンサドーレ札幌/期限付き延長
33.石井快征←愛媛FC/復帰

監督
川井健太


関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:鹿島vs鳥栖】ポイントは互いに“強度”、アグレッシブなプレーで上回るのは?

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年5月25日(水) 19:00キックオフ 鹿島アントラーズ(2位/29pt) vs サガン鳥栖(6位/20pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆精度を高めて仕留め切れるか【鹿島アントラーズ】 前節はアウェイでの浦和レッズ戦。多くのサポーターが集まり、異様な雰囲気の中で行われた試合となったが、1-1の引き分けに終わった。 先制をした中で、浦和にPKを与えてしまい、首位浮上のチャンスを逃したが、非常に強度の高い試合となった。 過密日程をこなしていく中で、90分間強度を高くプレーすることは不可能。チームとしてのバランス、ペース配分が非常に重要になってくる。 ボールを持って主導権を握れれば、その時間を作れるはず。または、アグレッシブに入り、得点差をつけてしまうこともありだろう。 縦に早く、アグレッシブに戦うという姿勢を貫くと、必然的に消耗が激しくなる。それだけに、プレー精度を上げていき、試合を優位に進められるかが注目となる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、三竿健斗、安西幸輝 MF:樋口雄太 MF:和泉竜司、ディエゴ・ピトゥカ、アルトゥール・カイキ FW:上田綺世、鈴木優磨 監督:レネ・ヴァイラー ◆強度高く、アグレッシブに仕留められるか【サガン鳥栖】 前節は王者の川崎フロンターレと対戦し0-0のドロー。チームとしてやりたいことをやれた部分はあったが、バランスを崩して勝利は掴めなかった。 鳥栖が掲げる前にアグレッシブに行くという姿勢は見せられ、スペースを突いた早い攻撃を見せることはできたが、ゴールを奪い切るまでには至らなかった。 それでも、しっかりと戦えたことはチームとしてはプラス材料。ヴィッセル神戸戦では引かれた相手に何もできず、4失点の大敗を喫していただけに、下を無数に済むこととなった。 ポイントは変わらず、強度高くプレーできるか。スピーディーなプレーは鹿島も目指すところは同じであり、問われるのは精度。しっかりと主導権を握りに行くことができるかがカギとなる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、田代雅也、ジエゴ MF:飯野七聖、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:堀米勇輝、本田風智 FW:小野裕二 監督:川井健太 2022.05.25 16:04 Wed
twitterfacebook
thumb

サガン鳥栖MF小泉慶は東京から神戸まで走り切れるのか!? 走行距離増し増しのGK朴一圭はどこまでいける?

勝敗の鍵を握る選手の走行距離。戦術が進化するに連れて伸び続け、ほんの20年前まではFWが守備をするだけで「偉い!」と褒められていたのに、それがタスクとなっているのが現代サッカーだ。 豊富な運動量が持ち味のサガン鳥栖MF小泉慶の1試合平均走行距離は、約11.87km(Jリーグ13節終了時点、途中交代含む)。合計にすると約154kmにものぼる。これは、東京から西に向かって静岡市を越える距離だ。単純計算で小泉が今シーズンを最終節まで戦い抜けば、約403kmとなり、なんと東京から神戸にまでたどり着く勢いだ。 この果てしない距離を、足でボールを扱い、ストップ&ゴーを繰り返し、相手選手と接触し、時に転倒して、さらに頭をフル回転させて走り抜いている。今回は小泉を例に出したが、他の選手もこれに近しい距離を走り戦い抜いている。そう考えると、現在のサッカーがいかに過酷なものか想像しやすいのではないだろうか。 倒れている選手に向かって「早く立て!」と悪態をつく相手サポーターの気持ちはわからないでもないが、そんな時にちょっと思い出して欲しいデータとなっている。 ちなみにチーム合計走行距離No. 1も小泉が所属するサガン鳥栖。1試合平均で124kmほどで、最終節まで走り抜くと約4200km。リレースタイルならばアメリカを横断できる距離になる。また、一般的に走らないと思われがちなGKでも、鳥栖の朴一圭は1試合平均7kmでシーズンを通すと239km。なんと東京から悠々と愛知県に突入してしまうのだ。 当たり前だが、過酷になればなるほど選手のケガのリスクは高まっていく。小泉には、東京-神戸間を無事に走り抜いてもらいたい。 【文・さわだ】 <span class="paragraph-title">【リスト】明治安田生命J1リーグ 走行距離ランキング(クラブ別平均)</span> <span data-other-div="movie"></span> ◆第13節終了時点ランキング(チーム1試合平均) 1:124.276km / サガン鳥栖 2:121.179km / 横浜F・マリノス 3:118.344km / 湘南ベルマーレ 4:117.813km / セレッソ大阪 5:117.417km / 鹿島アントラーズ 6:117.414km / 清水エスパルス 7:116.948km / 名古屋グランパス 8:116.211km / 柏レイソル 9:116.046km / ガンバ大阪 10:115.688km / 京都サンガF.C. 11:115.652km / ジュビロ磐田 12:115.212km / ヴィッセル神戸 13:114.885km / サンフレッチェ広島 14:112.724km / 北海道コンサドーレ札幌 15:112.412km / 浦和レッズ 16:111.917km / 川崎フロンターレ 17:111.759km / FC東京 18:110.646km / アビスパ福岡 2022.05.21 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎F、鳥栖との上位戦で4連勝ストップも首位堅持…谷口一発退場も勝ち点1【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節の1試合が21日に駅前不動産スタジアムで行われ、サガン鳥栖vs川崎フロンターレは0-0のドローに終わった。 最下位のヴィッセル神戸を相手に今季最多4失点の敗北を喫した前節からの仕切り直しを期す5位鳥栖。3試合ぶりのホーム戦となる今節、ACLの戦いから帰国後3戦全勝で4連勝中の首位川崎Fを迎え撃った。 鳥栖は前節から本田に代わって堀米が先発した一方で、川崎Fは中2日の日程も考慮して5選手を変更。横浜FCからの新加入ながら、ここまでリーグ戦不出場だった瀬古がインサイドハーフの一角で先発した。 入りから家長中心のパスワークで崩そうとする姿勢を色濃くした川崎Fだが、次第に鳥栖も巻き返す。ただ、互いに最後のところをやらせない守備が光り、あまりシュート数が伸びない展開となる。 そのなかで、左ウィングバックに入る岩崎の右足クロスが6分に直接クロスバーを叩いた鳥栖は41分にもオーバーラップしたジエゴの折り返しから菊池がゴールに迫ったりと積極果敢な攻めに転じる。 普段と異なる面子もあってか、崩しの鋭さを欠く川崎Fは後半の頭からマルシーニョを送り出すと、62分に橘田とレアンドロ・ダミアンも投入。その介もあって、相手ゴールに迫るシーンが増え出す。 だが、68分から出場の垣田が左サイドで相手ハイラインの背後にドリブルを仕掛けた79分、谷口がタックルで止めてファウルに。VARのオンフィールドレビューで決定機阻止による退場を命じられる。 数的不利に陥った川崎Fだが、ボールを握り続けると、後半アディショナルタイム1分にバイタルエリア中央でFKのチャンス。ジョアン・シミッチが左足で直接狙ったが、味方に当たって不意にする。 上位対決は引き分けに終わり、川崎Fの連勝が「4」で止まったものの、同時刻キックオフの2位鹿島アントラーズも勝ち点1にとどまったため、首位をキープ。鳥栖は2試合勝利なしとなっている。 サガン鳥栖 0-0 川崎フロンターレ 2022.05.21 19:08 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:鳥栖vs川崎F】互いにポイントは“アグレッシブさ”、試合を攻略するのは

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月21日(土) 17:00キックオフ サガン鳥栖(5位/19pt) vs 川崎フロンターレ(1位/29pt) [駅前不動産スタジアム] ◆プレスで王者を押し込めるか【サガン鳥栖】 前節はアウェイでのヴィッセル神戸戦となったが、今季未勝利の相手に4-0で大敗を喫してしまった。 ミッドウィークのYBCルヴァンカップでは、アウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦した中、ターンオーバーして1-1のドロー。グループステージ敗退となったが、リーグ戦に向けて選手のコンディションを整えられたことはプラスだろう。 相手は王者・川崎F。だからといって、鳥栖の戦い方が変わるわけではない。激しいプレスで相手の動きを封じ、簡単にポゼッションをさせない戦い方を見せるはずだ。 得意の激しいプレスでアグレッシブにゴールへ向かい、ホームの後押しを受けてプレーできるか。真っ向勝負で王者を叩ける可能性は十分にある。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、田代雅也、ジエゴ MF:飯野七聖、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:堀米勇輝、本田風智 FW:小野裕二 監督:川井健太 ◆リーグ4連勝、首位を突き進めるか【川崎フロンターレ】 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の戦いを終え、失意の中帰国した川崎F。しかし、そのアジアでの戦いで逞しさは確実に増したようだ。 ミッドウィークに行われたヴィッセル神戸戦では、苦強い戦いを強いられた中、最後の最後に谷口彰悟がCKからヘッド。ラストプレーでゴールをこじ開け勝利。リーグ戦4連勝を達成した。 難しい叩きでも勝ち切った王者はこれで首位に浮上。見慣れた順位表の一番上に立ち、ここからは終われる立場となる。 ポイントはらしさを失わずに戦うこと。攻守にわたってアグレッシブにプレーできるのか。ゴールが効果的に奪えていない中では、前線のパフォーマンス向上にも期待がかかる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、佐々木旭 MF:脇坂泰斗、橘田健人、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ 監督:鬼木達 2022.05.21 14:13 Sat
twitterfacebook
thumb

今、日本代表に呼ぶべき未招集選手5人。特長を示すストライカーや中盤の要

20日、6月のキリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022に向けた日本代表メンバーが発表される。 11月に開幕するカタール・ワールドカップに向けた貴重な実戦の場。チームとして本番前に行えるテストが限られた中、森保一監督がどのようなメンバーを招集するのか注目が集まっている。 そこで、今呼ぶべき日本代表未招集の選手5名をピックアップする。 <H2>①献身性を身につけたストライカー</H2> FW鈴木優磨 生年月日:1996年4月26日 所属:鹿島アントラーズ 2022 Jリーグ:13試合/6ゴール4アシスト 日本代表歴:なし 鹿島のアカデミー育ちの鈴木は2019年7月に海を渡りシント=トロイデンへ完全移籍。ベルギーでの挑戦をスタートさせた。 初年度こそ苦しむ時期もあったが、3シーズンをプレーしジュピラー・プロ・リーグでは69試合で26ゴール6アシストを記録。昨夏は多くのクラブが興味を示したものの、移籍話がまとまらずに残留。今シーズンはその影響もあり数字を残せないでいると、1月にもヨーロッパでのステップアップを目指すと思われた中、古巣の鹿島へ電撃復帰を果たした。 その鈴木だが、鹿島では絶好調。大先輩である小笠原満男氏が背負った「40」をつけ、ゲームキャプテンを務めるほか、ピッチ上ではハードワークと献身性を見せるだけでなく、6ゴール4アシストとすでに10ゴールに絡む活躍を見せている。 時折みせるヤンチャな部分が悪目立ちする印象はあるが、日本代表のエース候補でもあるFW上田綺世とのコンビネーションも抜群。献身性、デュエルで戦える強さ、得点力と招集に必要な要素は備えていると言って良いだろう。 <span class="paragraph-title">②トップ下で花開く万能型FW</span> <span data-other-div="page1"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> FW西村拓真 生年月日:1996年10月22日 所属:横浜F・マリノス 2022 Jリーグ:9試合/4ゴール 日本代表歴:なし ベガルタ仙台から今シーズン横浜FMへと完全移籍で加入した西村。若くして、CSKAモスクワ、ポルティモネンセとヨーロッパでのプレーを経験しており、チャンピオンズリーグ(CL)でもプレーを経験済みだ。 ヨーロッパの挑戦は決して順風満帆というわけにいかず、出場機会もあまり得られないという苦しい時代だった。 復帰した仙台でも苦しい状況は続き、チームはJ2に降格。そんな中、移籍した横浜FMではチームに欠かせない戦力となっている。 これまでは2トップの一角や、ワイドのポジションで起用されていた西村だが、ケヴィン・マスカット監督はトップ下のポジションに配置。すると、持ち前の献身性に加え、豊富な運動量を生かしたプレーで、攻守に顔を出す活躍を見せている。 走行距離も常に高いだけでなく、シーズンはすでに4ゴールを記録。先日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも全試合に出場するなどタフさも備えており、攻撃を活性化させるという点では日本代表でも生きる存在と言えるだろう。 <span class="paragraph-title">③ドイツで輝いたレフティCB</span> <span data-other-div="page2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> DF伊藤洋輝 生年月日:1999年5月12日 所属:シュツットガルト(ドイツ) 2021-22 ブンデスリーガ:29試合/1ゴール1アシスト 日本代表歴:なし 昨夏にジュビロ磐田からシュツットガルトへとレンタル移籍した伊藤。今シーズンはU-23チームに所属してプレーするはずだった。 しかし、シーズン前のトレーニングキャンプでファーストチームに帯同すると、ペッレグリノ・マタラッツォ監督がその才能に惚れ込みそのまま帯同。シーズン初戦のDFBポカールでいきなり先発すると、その後もポジションを確保して3バックの一角でプレーを続けた。 ブンデスリーガでも屈強なストライカー相手に負けないプレーを見せたほか、元々の持ち味だった攻撃参加と非凡なパスセンスでビルドアップや攻撃の起点になることも多く、現代のセンターバックとしての素質を兼ね備えている状況だ。 高いレベルでシーズンを通してプレーし、最終節では遠藤航の劇的ゴールをアシストするなど、チームにも多大なる貢献を見せている。左利きのCBとして、板倉滉(シャルケ)というライバルがいる中、日本代表でもパフォーマンスが見たいものだ。 <span class="paragraph-title">④無尽蔵のスタミナで中盤を制圧</span> <span data-other-div="page3"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> MF小泉慶 生年月日:1995年4月19日 所属:サガン鳥栖 2022 Jリーグ:13試合 日本代表歴:なし アルビレックス新潟、柏レイソル、鹿島アントラーズと渡り歩き、昨シーズン途中から鳥栖でプレーする小泉だが、その運動量は日本の助けになるかもしれない。 Jリーグ屈指の走行距離を誇る小泉は、これまでサイドバックで起用されることが多かったが、鳥栖ではアンカーやボランチの一角でプレー。すると、豊富な運動量を武器に、広大なカバー範囲を誇り、チームの守備を支えている。 また、カバーの範囲が広いだけでなく、ボールを刈り取る能力にも長けており、激戦区ではあるものの、日本のボランチとしては非常に注目すべき能力を持っていると言えるだろう。 もちろん、サイドでのプレーも可能という点ではユーティリティ性も高く、限られたメンバーで戦う代表にいれば心強いことは間違いない。 <span class="paragraph-title">⑤ボランチでもインサイドでも輝くゲームメーカー</span> <span data-other-div="page4"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> MF樋口雄太 生年月日:1996年10月30日 所属:鹿島アントラーズ 2022 Jリーグ:13試合/3アシスト 日本代表歴:なし サガン鳥栖から今シーズン鹿島に完全移籍で加入した樋口。ここまでリーグ2位と好調を維持するチームを支えている1人と言って良いだろう。 数字だけを見れば3アシストと多くはないが、鳥栖時代に鍛えられた走力と、的確なポジショニングと状況判断を生かした守備力は、鹿島の中盤のカギとなっている。 また、1つ前でプレーしていた樋口は、ゲームメイクする力や、パスセンスも非凡なものがあり、攻撃の起点として機能するだけでなく、決定的な仕事もできる存在だ。 森保監督が[4-3-3]を継続するのか、それとも[4-2-3-1]や[4-4-2]、[3-4-2-1]とどのシステムを考えているかは定かではないが、中盤ならどこでも高いレベルでプレーできる樋口の存在は貴重になるだろう。 2022.05.20 12:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly