北九州の選手1名が新型コロナ陽性、発熱に頭痛や倦怠感

2022.01.13 18:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ギラヴァンツ北九州は13日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該選手は10日、11日と発熱などの症状はなかったものの、12日に38.5℃の発熱に加え、頭痛や倦怠感あったとのこと。病院を受診し、PCR検査を受けた。

13日には体温は下がったが、頭痛や倦怠感はあり、検査結果が陽性だったとのことだ。

なお、現在は自宅で療養中。クラブ内に濃厚接触者は居ないという。


関連ニュース
thumb

YS横浜が星川新体制の初陣白星でついに今季初勝利! 北九州は6戦ノーゴール&勝ちなし【明治安田J3第10節】

明治安田生命J3リーグ第10節のギラヴァンツ北九州vsY.S.C.C.横浜が28日にミクニワールドスタジアムで行われ、アウェイのYS横浜が1-0で勝利した。 今季の目標にJ2復帰を掲げながら、ここまで14位に甘んじる北九州がいまだ未勝利で最下位のYS横浜をホームに迎え撃った一戦。YS横浜はINAC神戸レオネッサを率いて皇后杯制覇やなでしこリーグ連覇などを成し遂げた星川敬監督が就任してからの初陣となった。 開始直後の2分にCKから高澤のヘディングシュートでチャンスを作るなど攻撃を畳みかけた北九州だが、ネットを揺らせず、時間が経過。高い位置からプレスをかけてショートカウンターを狙う北九州に対し、5バックで対応するYS横浜は幅を使った攻撃を繰り出すが、シュートの形まで持っていけない。 互いに探り合いで時計が進むと、決定機を演出することができないまま前半のアディショナルタイムに突入。終了間際に北九州がボックス手前中央でFKを獲得し、キッカーの針谷が狙いすましてシュートを放っていったが、右ポストを叩いたボールをGKに弾き出され、そのまま試合を折り返す。 後半に入ると、両チームともに攻撃のシーンが多くみられるようになり、星川監督体制初陣のYS横浜が先に試合を動かす。62分、ボックス左の林からボールを受けた途中出場の田場がゴール前で相手DFを背負ってキープ。スペースに入ってきた林にボールを出すと、ダイレクトで相手の股下を通してゴールを決めた。 今季初勝利を手繰り寄せるYS横浜はその後、リスクを負ってまで攻撃に出ず、プレスをかけ始める位置も低めに設定。北九州の攻撃を深い位置で凌ぎ、前線にボールを送ってカウンターでの追加点を狙う。一方の北九州は試合を振り出しに戻すべく身長190㎝の狩土名を投入して同点ゴールを試みるも、ネットを揺らせない。 後半アディショナルタイムに猛攻を仕掛けた北九州だが、YS横浜が守っても完封。北九州が6試合ノーゴールで勝利なしとなり、YS横浜は新体制の初陣を白星で飾って待望の今季初勝利を手にしている。 ◆第10節 ▽5/28(土) ギラヴァンツ北九州 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 Y.S.C.C.横浜</span> ▽5/29(日) 《12:00》 松本山雅FC vs FC今治 《13:00》 福島ユナイテッドFC vs テゲバジャーロ宮崎 いわきFC vs ガイナーレ鳥取 SC相模原 vs カターレ富山 《14:00》 AC長野パルセイロ vs FC岐阜 藤枝MYFC vs アスルクラロ沼津 カマタマーレ讃岐 vs 鹿児島ユナイテッドFC 《15:00》 愛媛FC vs ヴァンラーレ八戸 2022.05.28 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

三浦知良はベンチ外も鈴鹿が快勝、ニッパツで横浜FMとの2回戦へ《天皇杯》

22日、第102回天皇杯1回戦の15試合が各地で行われた。 元日本代表FW三浦知良を擁する三重県代表・鈴鹿ポイントゲッターズは、兵庫県代表・Cento Cuore HARIMAと対戦。三浦はベンチ外となったが、鈴鹿はゴールレスで迎えた56分に先制点を挙げる。 右サイドから菊島卓が柔らかいクロスを上げると、栗田マークアジェイがヘディングシュート。GKが弾いたボールを三宅海斗が蹴り込んだ。その3分後には菊島のクロスが末政翔大のオウンゴールを誘発し、一気にリードを広げると、70分には途中出場の北野純也がダメ押しのゴールを奪って勝負あり。3-0の快勝した鈴鹿は2回戦で横浜F・マリノスと対戦する。 アマチュアの雄、Honda FCは奈良県代表・奈良クラブと相まみえた。28分にはショートカウンターからあわやの場面を招いたが、GK楠本祐規の好セーブで難を逃れると、3分後には高い位置でのボール奪取から川浪龍平らが決定機を迎えた。 岡﨑優希も個人技からチャンスを作るが、90分間得点が生まれず、試合は延長戦に突入。好機はありながらネットを揺らせずにいたが、PK戦も見え始めた122分にようやくゴールをこじ開ける。 波状攻撃からの岩切拳心の一撃はクロスバーに嫌われるも、こぼれ球を拾って右サイドから折り返すと、鈴木理久が頭で落として最後は岡﨑がプッシュ。これが決勝点となり、Honda FCが劇的な勝利を手にしている。 ヴァンラーレ八戸はプライフーズスタジアムで新潟県代表の新潟医療福祉大学と顔を合わせた。17分に先制を許すと、選手交代を含めて攻勢を強めたものの、ゴールを奪えず。最後まで1点が遠く、初戦で姿を消すこととなった。 また、J3勢同士の一戦となったカターレ富山と藤枝MYFCの一戦は、17分に吉平翼が挙げたゴールが決勝点となり、富山が辛勝。鹿児島ユナイテッドFCvsギラヴァンツ北九州は、中原秀人のゴールなどで鹿児島が3-1と北九州を退けている。 茨城県代表・筑波大学vs千葉県代表・ブリオベッカ浦安は1回戦唯一のPK戦での決着となった。1-1で90分を終えると、延長戦でも互いに1点ずつを奪い合い、PK戦へ突入。先行の筑波大が4人連続で成功したのに対し、浦安は4人目の西袋裕太が失敗。筑波大の5人目、庄司夢ノ介が成功させて勝負を決め、次のステージへ駒を進めた。 その他の結果は以下の通り。 ◆1回戦 ▽5月22日(日) [5]上武大学(群馬県代表) 0-1 富士大学(岩手県代表) [6]鹿児島ユナイテッドFC 3-1 ギラヴァンツ北九州 [7]ヴァンラーレ八戸 0-1 新潟医療福祉大学(新潟県代表) [9]MD長崎(長崎県代表) 1-2 FC神楽しまね(島根県代表) [10]福井ユナイテッドFC(福井県代表) 0-1 同志社大学(京都府代表) [12]奈良クラブ(奈良県代表) 0-1 Honda FC(アマチュアシード) [13]鈴鹿ポイントゲッターズ(三重県代表) 3-0 Cento Cuore HARIMA(兵庫県代表) [14]高松大学(香川県代表) 0-3 周南公立大学(山口県代表) [15]Brew KASHIMA(佐賀県代表) 0-2 高知ユナイテッドSC(高知県代表) [16]ガイナーレ鳥取 0-4 ヴェルスパ大分(大分県代表) [17]桐蔭横浜大学(神奈川県代表) 1-0 立正大学(東京都代表) [18]MIOびわこ滋賀(滋賀県代表) 1-2 環太平洋大学(岡山県代表) [19]カターレ富山 1-0 藤枝MYFC [20]筑波大学(茨城県代表) 2-2(PK:5-3) ブリオベッカ浦安(千葉県代表) [21]福山シティFC(広島県代表) 3-2 FC徳島(徳島県代表) ▽5月21日(土) [1]札幌大学(北海道代表) 1-0 山梨学院大学PEGASUS(山梨県代表) [2]ヴェルフェ矢板(栃木県代表) 7-0 長井クラブ(山形県代表) [3]松本山雅FC 3-2 北陸大学(石川県代表) [4]FC今治 1-4 沖縄SV(沖縄県代表) [8]FC岐阜 3-2 中京大学(愛知県代表) [11]アルテリーヴォ和歌山(和歌山県代表) 2-4 関西大学(大阪府代表) [22]福島ユナイテッドFC 7-1 ノースアジア大学(秋田県代表) [23]ホンダロックSC(宮崎県代表) 3-0 マリーゴールド熊本(熊本県代表) [24]ソニー仙台FC(宮城県代表) 3-1 東京国際大学FC(埼玉県代表) 2022.05.22 17:08 Sun
twitterfacebook
thumb

7県で天皇杯出場チームが決定! J3勢では鳥取と北九州の出場が決定《天皇杯》

日本サッカー協会(JFA)は24日、第102回天皇杯の出場チームが7県で決定したことを発表した。 天皇杯は5月21日に開幕を迎える中、各都道府県では出場権を争って予選が行われている。 24日には、7県で決勝が行われた。 鳥取県では、ガイナーレ鳥取とYonago Genki SCの決勝が行われ、5-0でガイナーレ鳥取が勝利。2年連続24回目の出場を決めた。 島根県では、FC神楽しまね(旧:松江シティFC)とベルガロッソ浜田の決勝が行われ、3-0でFC神楽しまねが勝利。8年連続9回目の出場を決めた。 岡山県では、三菱水島FCと環太平洋大学の決勝が行われ、1-2で環太平洋大学が勝利。2019年以来3年ぶりとなる3回目の出場を決めた。 広島県では、福山シティFCとSRC広島の決勝が行われ、2-1で福山シティFCが勝利。3年連続3回目の出場となった。 山口県では、FCバレイン下関と周南公立大学(旧:徳山大学)の決勝が行われ、0-1で周南公立大学が勝利。2019年以来3年ぶりとなる12回目の出場を決めた。 徳島県では、イエローモンキーズとFC徳島の決勝が行われ、0-5でFC徳島が勝利。7年連続7回目の出場を決めた。 福岡県では、ギラヴァンツ北九州と福岡大学の決勝が行われ、0-0のまま120分間が終了。PK戦の末、4-2でギラヴァンツ北九州が2年連続13回目の出場を決めた。 残りの都道府県では、5月1日に山形県、5月5日に和歌山県、5月7日に埼玉県、千葉県、岐阜県、滋賀県、京都府、大阪府、長崎県、熊本県、残りは8日に代表チームが決定する。 ◆出場決定チーム 【アマチュアシード】Honda FC [7年連続42回目] 【秋田】ノースアジア大学 [初出場] 【鳥取】ガイナーレ鳥取 [2年連続24回目] 【島根】FC神楽しまね [8年連続9回目] 【岡山】環太平洋大学 [3年ぶり回目] 【広島】福山シティFC [3年連続3回目] 【山口】周南公立大学 [3年ぶり12回目] 【徳島】FC徳島 [7年連続7回目] 【福岡】ギラヴァンツ北九州 [2年連続13回目] 2022.04.24 21:34 Sun
twitterfacebook
thumb

J3北九州の4選手が新型コロナウイルス陽性判定

ギラヴァンツ北九州は22日、トップチームの4選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、22日の朝に1名が体調不良を訴え、定期抗原検査で3名に陽性反応が出たことを受けてPCR検査を実施。これにより4名が陽性となったという。 選手1名は症状が特になく、22日に行われた定期抗原検査で陽性反応。PCR検査でも陽性判定を受けたという。 選手1名は22日にのどの違和感、倦怠感があり、病院でPCR検査を受けたところ陽性判定を受けた。 もう1名は22日にのどの痛みがあり、定期抗原検査、PCR検査で陽性に。残りの1名は鼻水の症状があり、こちらも両検査で陽性となった。 なお、クラブ内には濃厚接触者はおらず、残りのスタッフや選手は全員陰性とのことだ。 また、24日に行われる第26回福岡県サッカー選手権大会決勝戦は実施される。 2022.04.22 20:19 Fri
twitterfacebook
thumb

北九州のMF前川大河が2月に入籍「頑張れているのは、彼女のサポートがあっての事」

ギラヴァンツ北九州は21日、MF前川大河(25)の入籍を発表した。 前川は2月に入籍していたとのこと。喜びをクラブを通じてコメントしている。 「私事ではございますが、かねてよりお付き合いしていた方と入籍致しました。いつもサッカーを頑張れているのは、彼女のサポートがあっての事だと思っています」 「これからは、彼女と共に自分たちなりの幸せな家庭を築いていきたいと思います!ファン·サポーターの皆さん、これからも応援よろしくお願い致します!」 前川はセレッソ大阪の下部組織育ち。2015年にトップチームに昇格すると、徳島ヴォルティス、アビスパ福岡、モンテディオ山形への期限付き移籍を経て、2021年から北九州でプレーしていた。 2021シーズンは明治安田生命J2リーグで40試合に出場し3得点を記録するも、チームは降格。今シーズンはキャプテンも務め、明治安田生命J3リーグで5試合に出場している。 2022.04.21 17:37 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly