C大阪が新体制と背番号を発表! 引退した大久保嘉人の「20」を加藤陸次樹が継承

2022.01.13 13:28 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セレッソ大阪は13日、2022シーズンの新体制&選手背番号を発表した。

2021シーズンはレヴィー・クルピ監督を招へいし、攻撃的サッカーを取り戻そうと始動。シーズン序盤は引退したFW大久保嘉人の活躍などもあり結果を残したが、徐々に攻撃陣が停滞する。

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も戦うなど、コロナ禍での超過密日程を消化することもありチームは改善されず。夏には元日本代表MF乾貴士が復帰するなどしたが、後半戦は黒星が先行。クルピ監督が途中解任となり、小菊昭雄コーチが監督に昇格した。

リーグ戦では結果が出ない一方で、YBCルヴァンカップでは決勝に進出も名古屋グランパスに敗れタイトルを逃すと、天皇杯でもベスト4で敗退。12位でシーズンを終えていた。

新シーズンも小菊監督が指揮を執るC大阪は、浦和レッズのDF山中亮輔や徳島ヴォルティスのMF鈴木徳真、ファジアーノ岡山のMF上門知樹、V・ファーレン長崎のMF毎熊晟矢などを補強。さらに、DF山下達也が柏レイソルから復帰した。

さらに、アビスパ福岡でプレーしていたFWブルーノ・メンデスも再加入。ポルトガルのサンタ・クララからはFWジェアン・パトリッキも獲得した。

背番号は、山中が「6」、鈴木が前橋育英高校時代の同期である坂元達裕(オーステンデ)が着けていた「17」、上門が「7」、毎熊が「16」、山下が「50」、ブルーノ・メンデスが「11」、ジェアン・パトリッキが「26」を着ける。

また、昨季出場機会を増やしたMF喜田陽が「30」から藤田直之が着けていた「5」、FW中島元彦が「28」から高木俊幸が着けていた「13」に変更。FW加藤陸次樹が「29」から引退した大久保が着けていた「20」を継承することとなった。その他、MF新井晴樹が「37」から「27」に変更となっている。

◆選手背番号一覧
GK
1.ダン・バン・ラム
21.キム・ジンヒョン
31.清水圭介←京都サンガF.C./完全
39.真木晃平←SC相模原/完全

DF
2.松田陸
3.進藤亮佑
6.山中亮輔←浦和レッズ/完全
14.丸橋祐介
15.瀬古歩夢
16.毎熊晟矢←V・ファーレン長崎/完全
24.鳥海晃司
29.舩木翔←SC相模原/復帰
33.西尾隆矢
50.山下達也←柏レイソル/完全

MF
4.原川力
5.喜田陽※背番号変更「30」
7.上門知樹←ファジアーノ岡山/完全
10.清武弘嗣
17.鈴木徳真←徳島ヴォルティス/完全
19.為田大貴
23.乾貴士
25.奥埜博亮
27.新井晴樹※背番号変更「37」
28.岡澤昂星←セレッソ大阪ユース/昇格
41.中原輝←モンテディオ山形/完全

FW
9.アダム・タガート
11.ブルーノ・メンデス←デポルティーボ・マルドナド(ウルグアイ)/期限付き
13.中島元彦※背番号変更「28」
20.加藤陸次樹※背番号変更「29」
26.ジェアン・パトリッキ←サンタ・クララ(ポルトガル)/完全
34.山田寛人


関連ニュース
thumb

C大阪のGK真木晃平が交通事故、右折待ちの車と接触も双方ケガなし

セレッソ大阪は24日、GK真木晃平が交通事故を起こしたことを発表した。 クラブの発表によると、事故は24日の8時40分頃、大阪府大阪市住之江区で発生した。 真木が運転する乗用車が、右折するために一時停止していた相手の車両左後方部分と接触。運転されていた方、及び真木にケガはなく、発生直後に警察へ届け出、関係各所に連絡して対応を行っているという。 今回の件を受けクラブは「同選手に対してはより一層の安全運転にあたるよう注意喚起するとともに、全選手・スタッフに安全運転の指導を徹底してまいります」としている。 真木は大分トリニータの下部組織出身で、福岡大学から2021年にSC相模原へと入団。1年んで契約満了となると、今シーズンからC大阪に加入していた。 2022.05.24 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「痺れて、たまらない」、「そこ入れるか」C大阪・清武弘嗣が見せた天才的スルーパスにファン驚愕「うますぎ」

セレッソ大阪の10番が見せたパスの選択が大きな話題となっている。 21日、明治安田生命J1リーグ第14節でC大阪はホームにガンバ大阪を迎えた“大阪ダービー”を戦った。 今シーズンはYBCルヴァンカップで2度すでに対戦し、C大阪の1勝1分け。リーグ戦では今季初対戦だが、互いに負けられない一戦となった。 試合はC大阪が優勢に進めながらも、G大阪が先制する展開に。しかし、後半に入りC大阪が立て直すと、58分に生まれたプレーが驚きを呼んだ。 C大阪がカウンターを仕掛けるシーン。右サイドの松田陸がライン側からパス。これをハーフウェイライン付近で清武弘嗣が受ける。 G大阪は守備陣形が整わない中、右には毎熊晟矢、前線には奥埜博亮がいる状況。誰しもがスペースの空いている右の毎熊を使うと思った。 しかし、次の瞬間、清武が選んだパスは中央への縦パス。中に絞っていた黒川圭介の背中をとるパスを出すと、これがフリーの奥埜へと通る。 奥埜は戻った三浦弦太の対応にあってしまうも、倒れ込んだ三浦がクリア。しかし、これがGK一森純の股を通り、まさかのアダム・タガートへの最高のラストパスに。タガートは落ち着いて蹴り込み、C大阪が同点に追いついた。 奥埜の粘りやタガートのゴールへも称賛の声が集まる中、清武のラストパスに注目が集まり、凡人では通さないコースの選択に「清武のパスが痺れて、たまらない」、「清武さんそこ入れるか」、「めちゃくちゃ良いスルーパス」、「清武うますぎ」と賛辞が並んだ。 なお、試合は奥埜が個のあとに2ゴールを決めてC大阪が3-1で勝利。G大阪は逆転負けに加え、試合終盤にはチーム内で揉めるなど、噛み合わないまま敗れてしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】ありえないコースを選択した天才・清武弘嗣のスルーパスにファン驚愕</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Py_FqGfiKOw";var video_start = 152;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.22 20:10 Sun
twitterfacebook
thumb

「情けない…」“大阪ダービー”で味方同士が一触即発…昌子源が怒りペレイラと口論「そりゃ怒る」、「怒るのも無理ない」…片野坂監督の表情にも「切ない…」

なかなか調子が上がらないガンバ大阪が、“大阪ダービー”への熱い思いが思わぬ事態を招いた。 今シーズンはYBCルヴァンカップですでに2度対戦しているG大阪とセレッソ大阪。結果は1勝1分けでC大阪が勝ち越している。 サポーター同士のいざこざがピッチ外で相次いだこともあり、試合に向けては両クラブの社長から異例の声明が発表された試合。リーグ戦での初対決は、C大阪のホーム・ヨドコウ桜スタジアムで行われた。 試合は36分にG大阪が山見大登のゴールで先制。VARによる判定を挟んだが、アウェイのG大阪が先制する。 しかし58分、カウンターを仕掛けたC大阪は、清武弘嗣の圧巻のパスから、最後はアダム・タガートにゴールが生まれ同点に。さらに66分には、奥埜博亮がヘディングでゴールを奪い、C大阪が逆転する。 意地を見せたいG大阪だったが、なかなか攻撃が上手くいかず。C大阪の圧力の前に押し込まれる時間が続く中、事件は88分に起きた。 2-1と1点ビハインドの状況。タッチラインを割ったボールを昌子源がすぐに拾いスローインを行おうとしたが、G大阪の選手は誰1人寄ってこない。 時間がほとんどないなか、勝利を目指して早くリスタートしたかった昌子はボールを叩きつけて味方に怒り。「何やってんだよおい!」と身振りを交えて、味方を煽った。 すると、この行動で火がついたのはレアンドロ・ペレイラ。最前線から猛然とダッシュすると、最後尾の昌子の元にダッシュ。昌子に向けて何かを言い合い、昌子も怒りがおさまらず、ウェリントン・シウバが仲裁に入ったほどだった。 自ベンチ前での行動には、片野坂知宏監督の悲痛な表情もカメラに収められ、ピッチ上の選手に何かを叫んでいる。 互いに勝利への思いがある中で、両者の熱量がよくない形でぶつかり合ってしまったシーンは大きな話題を呼ぶこととなった。 この行動には「負けてるのに気持ちが入ってないところでそりゃ怒るわな」、「昌子が怒るのも無理ない」、「ピッチ内で改善しないと」という声の他、「片野坂さんの表情が見てて切ない」と、選手の後ろに映る片野坂監督に注目が集まることとなった。 このあと後半アディショナルタイムには奥埜がもう1点追加し、3-1でC大阪が勝利。さらに、試合後にはゴール裏のサポーターと三浦弦太が揉めるなどもあり、G大阪にとっては、大きな1敗となった。 <span class="paragraph-title">【動画】昌子源がチームメイトに怒り、熱い思いがぶつかる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Py_FqGfiKOw";var video_start = 280;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.22 14:47 Sun
twitterfacebook
thumb

終始ペースのC大阪が後半3発の逆転劇! G大阪は3連勝ならずの4試合ぶり敗北【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節の1試合が21日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、ホームのセレッソ大阪がガンバ大阪を3-1で下した。 互いにここまで4勝5分け4敗で、順位も8位に10位と均衡するC大阪とG大阪。ルヴァンカップでの2試合を含め、早くも3度目の対戦ということで、互いの手の内を知り尽くしたなかでリーグ戦に舞台を移してのダービーマッチとなった。 リーグ戦2試合ぶりの勝利を目指すC大阪は西尾や山田が外れ、鳥海とアダム・タガートが先発。今季初のリーグ戦連勝で迎えるG大阪は離脱者が多いなか、ユース出身の新たな才能と謳われる18歳の中村を今節もスタートから送り出した。 ここリーグ戦5試合で勝ちがなく、今季のルヴァンカップでも1分け1敗と分の悪さが続く状況を打破して、上位に食らいつく足がかりとしたいG大阪だが、C大阪が押し込む形を作り、トップ下の清武を経由して積極果敢に攻めに出ていく。 その流れが半ばを過ぎても押し込まれ、我慢が続くG大阪だが、中村と山見が攻撃の軸となり、単発ながら反攻に出ると、33分にレアンドロ・ペレイラが原川からボールを奪取。そのL・ペレイラが右サイドから右足クロスに持ち込む。 それにボックス左の山見が頭で合わせると、これがゴール左に飛ぶが、GKキム・ジンヒョンがセーブ。そのまま流されるが、VARレビューでわずかにゴールラインを割ったとして山見の今季初ゴールが認められ、G大阪が先制に成功する。 良いペースで試合を進めるなかで先に失点したC大阪だが、その後も攻撃のイニシアチブを握り、後半も優勢に。ただ、48分に左サイドからのクロスにボックス右でフリーの松田が右足ボレーを放った場面も枠に飛ばせず、ゴールが遠い。 それでも、58分にC大阪がカウンターを仕掛けると、清武のスルーパスにボックス左に飛び出していった奥埜が反応。三浦に倒れ込みながら掻き出されたが、これを拾ったタガートが冷静に右足に持ち替えてネットを揺らし、追いついた。 タガートの初ゴールで振り出しに戻したC大阪はさらに勢いづくと、66分に敵陣でのボール奪取から逆転。左サイドの山中が左足でクロスを送り込むと、ゴール前に勢いをもって駆け上がった奥埜がへディングシュートを叩き込んだ。 一気に1点を追いかける展開を強いられたG大阪はウェリントン・シウバや藤春を投入するが、依然としてC大阪ペース。C大阪も逆転後に鳥海とタガートの相次ぐ負傷交代に見舞われたが、相手に攻めの時間を許さず、着々と時間を進める。 反撃の時間も残り少ないなか、昌子とL・ペレイラがピッチ上で口論になるなど、不穏な空気も漂うG大阪は石毛も入れるが、後半アディショナルタイム4分にC大阪がカウンターから毎熊のアシストから奥埜のダメ押し弾で勝負を決した。 結局、C大阪が相性良きダービーで逆転勝利で飾り、2試合ぶりの白星。先制ゲームで手痛い逆転負けのG大阪は3連勝ならず、この5月初黒星となる4試合ぶりの敗北を喫している。 セレッソ大阪 3-1 ガンバ大阪 【C大阪】 アダム・タガート(後13) 奥埜博亮(後21、後45+4) 【G大阪】 山見大登(前33) 2022.05.21 16:06 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:C大阪vsG大阪】異例の声明が出た今季3度目の“大阪ダービー”、勝って上に立つのは!?

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月21日(土) 14:00キックオフ セレッソ大阪(8位/17pt) vs ガンバ大阪(10位/17pt) [ヨドコウ桜スタジアム] ◆3度目のダービーでも勝利を【セレッソ大阪】 前節はアウェイでの名古屋グランパス戦で1-0で敗戦。ミッドウィークに行われた大分トリニータとのYBCルヴァンカップは点の取り合いとなったが、3-3の引き分けに終わった。 なかなかエンジンがかからないチームだが、そんなことも言ってられない試合がやってきた。今季3度目の“大阪ダービー”。リーグ戦では最初の対戦となる。 ルヴァンカップで2度対戦し、1勝1分け。内容でも優っている一方で、前回対戦は史上初のゴールレスドローに終わるなど、攻撃面の課題が残った。 リーグ戦でも直近5試合で3得点と攻撃陣が寂しい。今節はケガから復帰したFWアダム・タガートが起用される見込みだが、前線の起爆剤となれるのか。ダービーは負けられない。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、西尾隆矢、山中亮輔 MF:奥埜博亮、原川力 MF:毎熊晟矢、清武弘嗣、ジェアン・パトリッキ FW:アダム・タガート 監督:小菊昭雄 ◆今季初のダービー白星へ【ガンバ大阪】 前節は柏レイソルを相手にアウェイで0-1と勝利。粘り強さを見せて、ダワンのゴールで勝利リーグ戦2連勝を達成した。 ミッドウィークのYBCルヴァンカップでは鹿島アントラーズに1-3で敗戦。すでに敗退が決まっていたこともあり、気持ちはこのダービーに向かっていたはずだ。 前述の通り、今季はすでに2度対戦しているが、1分け1敗と勝ててない。しかし、ここまではカップ戦。リーグ戦ではしっかりと借りを返したいところだ。 ケガ人や新型コロナウイルスの感染者が出るなど、過密日程ながら選手の数が限られており、台所事情は苦しい。それでも、出番をもらってから良さを見せている中村仁郎ら、攻撃陣にも期待がかかる。 守備陣はリーグ戦3試合連続クリーンシート中。ダービーでもゴールに鍵をかけられるか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:一森純 DF:柳澤亘、昌子源、クォン・ギョンウォン、黒川圭介 MF:奥野耕平、ダワン MF:石毛秀樹、中村仁郎、山見大登 FW:レアンドロ・ペレイラ 監督:片野坂知宏 2022.05.21 08:47 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly