9人となったローマをミランが撃破、新年初戦を制す《セリエA》

2022.01.07 04:38 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第20節、ミランvsローマが6日に行われ、3-1でミランが勝利した。

2021年最終戦となった前節エンポリ戦を4-2で打ち勝った2位ミラン(勝ち点42)は、ケシエがアフリカネーションズカップ参加のため不在。ボランチはクルニッチとトナーリが組んだ。前線は最前線にジルーを起用。2列目に右からメシアス、ブラヒム・ディアス、サーレマーケルスと並べた。

一方、前節サンプドリア戦を1-1で引き分けた6位ローマ(勝ち点32)は、エイブラハムとザニオーロの2トップで臨んだ。
試合は早々に動く。開始4分、CKの流れからテオ・エルナンデスのボレーシュートが右ポストに直撃したシーンで、エイブラハムのハンドを誘いVARの末にミランがPKを獲得した。

このPKをジルーが決めて先制したミランは17分、ローマのミスを突いてリードを広げる。イバニェスのバックパスをボックス内のジルーがカット。シュートはポストに直撃したものの、ルーズボールをメシアスが確実に蹴り込んだ。

2点を追う展開となったローマは25分に好機。カルルのミスを突いてボックス左に抜け出したザニオーロがGKメニャン強襲のシュートを浴びせた。

前半半ば以降もミランが押し込む流れが続いていたが、ローマは40分にザニオーロのミドルシュートでCKを得ると、1点を返す。ルーズボールを拾ったペッレグリーニのミドルシュートをゴール前のエイブラハムがコースを変えてネットを揺らした。

ミランが1点をリードして迎えた後半、開始6分に3点目のチャンス。ブラヒム・ディアスの強烈なミドルシュートがバーに直撃した。

ひやりとしたローマは59分、エイブラハムの反転シュートでゴールに迫ると、62分にもビッグチャンス。CKの流れからムヒタリアンのボレーが枠を捉えたが、GKメニャンのファインセーブに阻まれた。

71分、ローマは3枚替えを敢行し、エル・シャーラウィやアフェナ=ギャンらアタッカーを投入するも、3分後に退場者を出してしまう。レオンの突破をファウルで阻んだカルスドルプに2枚目のイエローカードが提示された。

数的優位も得たミランは直後、フロレンツィの直接FKがバーに直撃すると、82分に途中出場の2選手によって決定的な3点目を挙げる。イブラヒモビッチのポストプレーを受けたレオンがボックス内に抜け出し、GKとの一対一を制した。

追加タイムにレオンがPKを獲得したミランは、キッカーのイブラヒモビッチがGKルイ・パトリシオに止められて4点目こそ奪えなかったものの3-1のまま勝利。新年初戦を白星で飾っている。

関連ニュース
thumb

ラファエル・レオンがミランとの契約延長を示唆!「W杯前にポジティブな話し合いがあった」

ミランのポルトガル代表FWラファエル・レオン(23)が契約延長を示唆するコメントを残した。 現在はポルトガル代表の一員としてカタール ・ワールドカップに参戦中のレオン。開幕から2試合は途中出場だが、初戦のガーナ戦では決勝ゴールを記録する印象的な活躍を残している。 そんなレオンがイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』に取材に応じ、ここ数カ月続く去就の話題に言及。多くのビッグクラブが目を光らせる中、本人はミランとの契約延長を前向きに考えているようだ。 「今はワールドカップに集中しなければならないし、ミランに帰ったらすぐに話をするつもりだ」 「契約書にサインしたいかって? 代表チームに到着する前にマルディーニ(SD)とミーティングを行ったんだけど、それはポジティブなものだったよ。また話をすることになるだろうね」 ただ、伝えられるところでは、年俸として新たに600万ユーロを用意しているミランに対し、代理人や弁護士はそれ以上の金額を要求している模様。また、レオンが前所属のスポルティングCPと一方的に契約を解除したとしてスポーツ仲裁裁判所(CAS)から下された1650万ユーロの補償金支払いも悩みの種となっている。 2022.11.30 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

古巣ミランの宿敵... インテルがフランク・ケシエに関心か

インテルが、バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏のバルセロナ移籍前はミランに5シーズン在籍したケシエ。昨季はミランの11年ぶりとなるセリエA優勝に貢献し、最終節のサッスオーロ戦ではインテルとのスクデット争いの行方を決定づけるゴールも決めていた。 しかし、バルセロナではなかなかチャビ・エルナンデス監督の信頼を得られず。中断期間までにラ・リーガ7試合の出場にとどまり、うちスタメン起用は2試合と、早くも退団を考え始めているのではと報じられていた。 そんななか、古巣ミランの宿敵であるインテルが獲得に名乗り。ケシエ自身は少なくとも今季終了までは定位置確保に努めるつもりだが、望みが薄いと判断すれば来夏の退団を考慮するといい、バルセロナもレンタル放出を検討しているという。 『カルチョメルカート』は、インテルはケシエがアタランタからミランへ移籍した2017年夏以降、途切れることなく獲得の可能性をうかがっていたとし、現在は財政難ゆえに選手の年俸負担が獲得への課題と結論づけている。 2022.11.29 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

名門ミランの10番を着けた2人がカタールで再会!本田圭佑がレジェンドとの2ショットを披露「最近の子供たちは分かってくれるかなー?」

本田圭佑がカタールでの出会いを明かした。 カタール・ワールドカップ(W杯)を放送する「ABEMA」のFIFAワールドカップゼネラルマネージャに就任している本田は、現地を訪問中。17日にドバイで行われた日本代表vsカナダ代表の国際親善試合も生観戦したことを報告していた。 本田は21日にも自身のSNSを更新。「クラレンス(セードルフ)と久しぶりの再会。最近の子供たちは分かってくれるかなー?お父さんたち、彼の凄さをちゃんと伝えといてください」と、元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ氏との2ショットを投稿した。 2人は、本田がミランに在籍していた時に選手と監督という関係で共闘。また、ミランの背番号「10」を背負った2人でもある。 一方のセードルフ氏もインスタグラムのストーリーズを更新。「ピッチ内外を問わず、サッカー界で最もインテリジェントで才能ある男のひとり」と本田のことを称えていた。 <span class="paragraph-title">【写真】本田圭佑とセードルフ氏がカタールで再会!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">クラレンス(セードルフ)と久しぶりの再会。最近の子供たちは分かってくれるかなー?お父さんたち、彼の凄さをちゃんと伝えといてください <a href="https://t.co/ioDllfj6ZJ">pic.twitter.com/ioDllfj6ZJ</a></p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1594659968833425408?ref_src=twsrc%5Etfw">November 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.22 16:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、アタランタGKスポルティエッロを来夏獲得へ?

ミランがアタランタの元U-21イタリア代表GKマルコ・スポルティエッロ(30)獲得に近づいているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 スポルティエッロはアタランタの下部組織出身で、下部リーグでのプロデビューを経て2012年夏に復帰。以降はフィオレンティーナやフロジノーネなどへのレンタル移籍も経験し、セリエAで通算190試合、今季は6試合に出場している。 ミランはここ数日で選手側との接触を強化。移籍市場に精通するイタリア人ファブリツィオ・ロマーノ記者によると、スポルティエッロはアタランタとの契約が満了を迎える来夏のフリー移籍となり、ミランでは正GKマイク・メニャンを第2GKとして支える立ち位置になる模様。なお、契約期間は3年間とみられている。 2022.11.22 15:13 Tue
twitterfacebook
thumb

36歳ジルー、W杯後の代表引退を否定「身体がノーと言うまで歩みを止めない」

ミランのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが代表引退を否定している。 9月に36歳を迎えたジルー。大ベテランとなったが、ミランでもレ・ブルーでも重要な選手であり続けており、加齢による際立った下降線も辿っていない。22日に初戦を戦うカタールW杯でも、主力FWの1人と位置付けられている。 以前には今大会後の代表引退を示唆するも、先日のフランス『ル・パリジャン』のインタビューでは一転して否定。今後数年もトップレベルでのプレーが可能と胸を張った。 「自分自身に限界を感じていない。今回のW杯が代表での最後かも、と確かに言ったが、決めたわけじゃないし、発表すべきことは何もないよ。身体がノーと言うまで歩みを止める気はない」 ジルーは国際Aマッチ通算114試合49得点を誇り、前回のロシアW杯では世界王者に。クラブレベルでもチェルシーやミランなどで多くのタイトルを獲得してきたが、36歳の今も、若き日と変わらない野心に溢れているという。 「レ・ブルーの一員になって11年くらいかな。私のハートは、今後もさらに私を駆り立てるだろう。勝利とトロフィーへの野心は今も昔も変わらない。私ほどの年齢に達してもなお、このような意識を持てる選手が増えていくと嬉しいんだ」 2022.11.21 18:13 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly