セレッソ大阪の田平起也が完全移籍で岩手へ! 期限付き移籍の昨季は1試合のみの出場に

2022.01.06 16:46 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
いわてグルージャ盛岡は6日、セレッソ大阪から期限付き移籍しているDF田平起也(20)が完全移籍加入することを発表した。

C大阪の下部組織の在籍歴もある田平は、神戸弘陵学園高等学校在学中に同クラブの目に留まり、2019年に特別指定選手として入団。翌年には正式加入したが、出場機会に恵まれず、2021年は岩手に移籍することになった。

だが、その岩手でも今季はJ3リーグ1試合のみの出場に。悔しいシーズンを払拭するための来季の成長を誓った。

◆いわてグルージャ盛岡
「セレッソ大阪から完全移籍で加入することになりました田平起也です。試合で自分の力を出しチームの為に闘います。チームに貢献して個人としても逞しく成長したいと思います」

◆セレッソ大阪
「アカデミーを含め4年間お世話になりました。まず、高校から入ってきた自分の事を応援してくれたサポーターの皆さん、どんな時でもメッセージを送り続けて期待してくれたファンの皆さんの温かさに心から感謝します。今まで応援していた側からされる側になり、改めてファン、サポーターの力、温かさを肌で感じることができました」

「僕はセレッソ大阪というクラブ、そしてサポーターの皆さんが大好きですし、このエンブレムをつけてプレーできた事を誇りに思います。自分が思い描いたようにはいかないことが多いですが、諦めず自分なりに目標に向かって歩んでいきたいと思います」

関連ニュース
thumb

C大阪、売り出し中の若手FW北野颯太が負傷…全治2〜3週間

セレッソ大阪は7日、FW北野颯太の負傷を報告した。 クラブによると、北野は6月30日のトレニーング中に負傷。右腸腰筋筋損傷と診断され、全治は2〜3週間と伝えられている。 2020シーズンに2種登録された北野は、今年2月に柿谷曜一朗と香川真司に次ぐクラブ史上3番目の若さでプロ契約を締結した。 2月19日に行われた横浜F・マリノス戦でJ1デビューを果たすと、3月のルヴァンカップの鹿島アントラーズ戦では、17歳6カ月17日という若さでプロ初ゴールを記録。同大会ではここまで5試合に出場し3ゴールを挙げている。 2022.07.07 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

逆転に次ぐ逆転の鹿島とC大阪の上位戦、エヴェラウドのスーパーゴールで3-3のドロー【明治安田J1第20節】

明治安田生命J1リーグ第20節の1試合が6日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、鹿島アントラーズvsセレッソ大阪は3-3のドローに終わった。 主砲の上田が海外挑戦で旅立ってしまったものの、首位の横浜F・マリノスを3ポイント差で追いかける2位の鹿島と、川崎フロンターレ相手のシーズンダブルで勢いづき、トップ集団を追走する5位のC大阪。ルヴァンカップも合わせて、今季4度目の対戦となった。 ともに2連勝がかかる上位戦。前線に入る山田の相棒にアダム・タガートをチョイスしたC大阪がじっくりとビルドアップに時間をかけて突破口を探り、中盤にディエゴ・ピトゥカが復帰の鹿島もボールを奪ったら、そこを中継地として攻撃を繰り出していく。 閉まった展開で進むが、意外な形でスコアが動く。35分、タガートがボックス中央に差しかかるところで縦パスを右足で落として前を向こうとすると、キム・ミンテが反応。だが、左足でのバックパスがGKクォン・スンテの左を抜け、そのままゴールインした。 ここまで山田の右足ミドルしかフィニッシュシーンがなかったC大阪が先制したが、鹿島も前半アディショナルタイム1分に敵陣左で獲得したFKから、ボックス左で繋ぎ直して和泉が左足クロス。ファーのアルトゥール・カイキが今季6ゴール目をヘッドで決め、追いつく。 追いつかれたC大阪は後半から加藤を送り込み、シュート数が乏しい攻撃のテコ入れを図るが、鹿島が敵陣右でのボール奪取から逆転。52分、ボックス左の大外で広瀬の右足クロスに反応した鈴木が胸トラップからの左足一閃で今季7ゴール目を豪快に決めてみせる。 頼れる男の一発でひっくり返した鹿島だが、C大阪も食い下がる。70分、自陣ハーフウェイライン手前から鈴木が右足ダイレクトで前線にスルーパスを出すと、加藤がそのまま背後に。途中出場の安西や相手GKの寄せにも動じず、左足で今季3ゴール目を記録した。 そのC大阪は66分に3選手を一挙に投入した鹿島がさらに前がかるなか、さらに交代を的中させ、77分のカウンターから逆転。57分から出場のジェアン・パトリッキが70分からピッチに入った上門を追い越してボックス左にボールを引き出すと、左足でネットを揺らす。 パトリッキの2戦連発弾で再びリードしたC大阪だが、鹿島も89分に66分からピッチに入ったエヴェラウドが鈴木の頭で落としたボールに反応。ボックス左で高く浮いたボールを右足オーバーヘッドに持ち込むと、相手GKの頭上を越えてそのままゴール右に吸い込まれた。 2試合連続ゴールとなるエヴェラウドのスーパーな一撃で振り出しに戻した鹿島だが、再びの勝ち越しとならず、今節を制した首位の横浜FMと5ポイント差に。C大阪は勝ち点を「31」に伸ばして今節を落とした4位のサンフレッチェ広島との差を「2」に縮めている。 鹿島アントラーズ 3-3 セレッソ大阪 【鹿島】 アルトゥール・カイキ(前45+1) 鈴木優磨(後7) エヴェラウド(後44) 【C大阪】 OG(前35) 加藤陸次樹(後25) ジェアン・パトリッキ(後32) 2022.07.06 21:16 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第20節:鹿島vsC大阪】状態は共に悪くない、“勝ち点3”が欲しい上位対決

【明治安田生命J1リーグ第20節】 2022年7月6日(水) 19:00キックオフ 鹿島アントラーズ(2位/37pt) vs セレッソ大阪(5位/30pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆首位を追いかけ負けられない戦い【鹿島アントラーズ】 前節はアウェイで柏レイソルと対戦し、1-2で勝利。強度の高い激戦となったが、最後はPKのゴールを守りきって勝利した。 互いにアグレッシブなパフォーマンスを見せ、あらゆるところでデュエルが起きた好ゲームだったが、勝利への執念が勝ったとも言える。 2位をキープして迎える今節は5位のC大阪戦。横浜FMとの直接対決が月末に控えるため、そこまではどうしても負けられないだろう。 前節も上田綺世が不在で今節からは本格的に残されたメンバーで戦う状況。連戦で選手の入れ替えもあるだろうが、強度を保って戦えるかがカギとなりそうだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、キム・ミンテ、安西幸輝 MF:三竿健斗 MF:仲間隼斗、樋口雄太、和泉竜司 FW:土居聖真、エヴェラウド 監督:レネ・ヴァイラー ◆上位相手の連勝を【セレッソ大阪】 前節はホームに川崎フロンターレを迎えて2-1で勝利。上位との3連戦で、白星発進となった。 今節の相手は鹿島。2位につけており、チームの状態も悪くない。簡単に勝てる相手とは言えない。 川崎F戦ではセットプレーから逆転勝ちを収めたが、相手のパスワークには圧倒される状況も。今節の鹿島も選手とボールが動くサッカーを見せており、同じ轍を踏む可能性もある。 ただ、川崎F相手に勝利できたことは自信にもなっているはず。あとは連戦んで選手が不足していることがどう影響するか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、西尾隆矢、舩木翔 MF:毎熊晟矢、奥埜博亮、鈴木徳真、ジェアン・パトリッキ FW:アダム・タガート、山田寛人 監督:小菊昭雄 2022.07.06 16:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ルヴァン杯プライムステージのキックオフ時間&テレビ放送、ネット配信が決定

5日、JリーグはYBCルヴァンカップ・プライムステージのキックオフ時間とテレビ放送を発表した。 6月上旬に行われたプレーオフステージではセレッソ大阪、サンフレッチェ広島、名古屋グランパス、アビスパ福岡が勝ち上がり、ここにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場した川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸を加えた8チームでプライムステージを争う。 6月29日に行われたオープンドローの結果、前回王者の名古屋は浦和と対戦が決まり、昨シーズンのカップ戦王者同士の対決に。昨季ルヴァンカップのファイナリストであるC大阪は、J1王者・川崎Fと対戦する。 また、Jリーグで苦しむ神戸は福岡と、J1で現在首位の横浜FMは、好調の広島と対戦することになった。 キックオフ時間は浦和vs名古屋が19時半、残りの3カードは第1戦も第2戦も19時キックオフに。また、テレビではフジテレビNEXT、フジテレビONE、フジテレビTWO、スカパー!で放送される他、インターネットでは、FOD、SPOOX、スカパー!番組配信で放送される。 なお、1stレグは8月3日、2ndレグは8月10日に行われる。 ◆プライムステージ組み合わせ 【第1戦】 8月3日 《19:00》 セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ [ヨドコウ桜スタジアム] テレビ:フジテレビNEXT インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 ヴィッセル神戸 vs アビスパ福岡 [ノエビアスタジアム神戸] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス [エディオンスタジアム広島] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 《19:30》 名古屋グランパス vs 浦和レッズ [豊田スタジアム] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 【第2戦】 8月10日 《19:00》 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 [等々力陸上競技場] テレビ:フジテレビONE インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 [ニッパツ三ツ沢球技場] テレビ:フジテレビTWO インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 [ベスト電器スタジアム] テレビ:フジテレビNEXT インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信 《19:30》 浦和レッズ vs 名古屋グランパス [埼玉スタジアム2002] テレビ:スカパー! インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信 2022.07.05 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

劇的逆転のC大阪が川崎Fにシーズンダブル! 船木2戦連発にパトリッキが値千金のJ初弾【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、セレッソ大阪vs川崎フロンターレが2日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、ホームのC大阪が2-1で逆転勝利した。 現在、7位のC大阪は後半戦初戦となった清水エスパルス戦を1-1のドローで終えた。3試合ぶりの勝利を目指すホームゲームでは前回対戦で大勝した王者を迎え撃った。清水戦からは先発2人を変更し、西尾に代わって前節ゴールを決めた船木、負傷の清武に代えて山田を2トップの一角に据えた。 一方、前々節の北海道コンサドーレ札幌戦で今季リーグ最多の5ゴールを挙げて大勝した3位の川崎Fだが、天皇杯で東京ヴェルディにジャイアントキリングを許すと、前節のジュビロ磐田戦では土壇場で追いつかれての1-1のドローと調子はいまひとつ。前回対戦でJ1ホーム連続無敗記録をストップされた因縁の相手とのリベンジマッチでは、磐田戦と全く同じスタメンを採用。アンカーに大島、3トップは家長、小林、遠野が並んだ。 立ち上がりからボールを握る川崎F、ブロックを敷いてカウンターを狙うC大阪という構図が明確となる。その中でアウェイチームがいきなり決定機を作り出す。開始4分、大島からの鋭い縦パスを前線の小林がうまく潰れて落とすと、前向きな形でサポートに入った脇坂がボックス付近まで運んで右足を一閃。だが、このシュートは惜しくも左ポストを叩く。さらに、こぼれ球に詰めた家長のシュートはGKキム・ジンヒョンにキャッチされた。 早い時間帯の先制を逃したアウェイチームだが、以降も大島や家長を起点にボールを動かしながら相手守備に揺さぶりをかけていく。これに対してC大阪は割り切って守備を固めつつ、ブルーノ・メンデスの背後へのランニングや狙いを持ったプレスからのカウンターで、虎視眈々と一発を狙う。 やや膠着状態が続くものの、小林のスルーパスからチャナティップが決定機に顔を出すなど、よりゴールの匂いをさせる川崎Fは、前半終盤にスコアを動かす。36分、右CKの場面でキッカーの脇坂が右足アウトスウィングで入れたクロスを、ゴール前の谷口が打点の高いヘディングでゴール左隅へ流し込んだ。 その後、前半の内に追いつきたいホームチームは徐々に前に出ていく姿勢を見せるが、リードを得て余裕のあるアウェイチームにうまくいなされてしまい、前半は川崎Fの1点リードで終了した。 互いに選手交代なしで臨んだ後半はイーブンな状況が続く。早い時間帯に追いつきたいC大阪だが、ボックス内での競り合いの際に相手DF車屋の腕にボールが場面ではVARが介入も、お咎めなしの判定に。 それでも、前半からセットプレーで確実にフィニッシュの場面を作り出していたホームチームは、清水戦に続き伏兵の一撃で追いつく。59分、相手陣内中央左で得たFKの場面でキッカーの鈴木がゴール前に際どいボールを入れると、中央で競り勝った船木が2試合連発となる値千金のヘディングシュートを叩き込んだ。 1-1の振り出しに戻った中、両チームは65分過ぎに2枚替えを敢行。この交代策で流れを掴んだのはC大阪。追いついた勢いに加え、山田に代わって投入されたアダム・タガートが前線でうまくポイントを作り、中盤やディフェンスラインの攻撃参加を促す。だが、厚みのある波状攻撃はGKチョン・ソンリョンを中心とする川崎Fの粘りの守備に阻まれる。 何とか1-1を維持するも、決定機はおろか後半は思うように相手を押し込めない川崎Fは、79分に宮城と共に切り札のレアンドロ・ダミアンを投入。すると、83分には山根のスルーパスに抜け出したレアンドロ・ダミアンがボックス右でGKと一対一となる決定機を迎えるが、ここはシュートコースを消されてゴールとはならず。 それでも、C大阪の運動量の低下と、一連の交代策が徐々に機能したアウェイチームは、ようやく相手を押し返すことに成功。89分にはカウンターから右サイドのスペースに飛び出した大島の正確なクロスにファーサイドの宮城が飛び込むが、渾身のダイビングヘッドは相手の寄せもあり枠に飛ばず。 その後、どちらにも勝ち点3のチャンスが残る中で試合は5分のアディショナルタイムに突入。すると、土壇場で劇的なゴールが生まれる。 92分、相手陣内右サイドでFKを得たC大阪はキッカーの鈴木が再び鋭いボールをゴール前に送ると、ニアに走り込んだパトリッキが頭で合わせたボールがGKの手を弾きゴールネットを揺らした。 そして、パトリッキの劇的なJ1初ゴールを最後まで守り抜いたC大阪が見事な2-1の逆転勝利。J1連覇中の王者相手にシーズンダブルを達成した。一方、痛恨の逆転負けとなった川崎Fは首位の横浜F・マリノスとの勝ち点差が6ポイントに広がった。 セレッソ大阪 2-1 川崎フロンターレ 【C大阪】 舩木翔(後14) ジェアン・パトリッキ(後45+2) 【川崎F】 谷口彰悟(前36) 2022.07.02 21:04 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly