G大阪の選手1名が新型コロナ陽性判定…本人は無症状

2022.01.06 12:19 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ガンバ大阪は6日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該選手は5日にPCR検査を実施。同日に陽性判定を受けたとのこと。現在は隔離され、療養しているとのことだ。

なお、当該選手は発熱や体調不良などの症状がないとのこと。さらに、トップチーム関係者では濃厚接触者は確認されていないとのことだ。


関連ニュース
thumb

フランス遠征のU-19日本代表、G大阪FW坂本一彩を追加招集!

日本サッカー協会(JFA)は27日、U-19日本代表にガンバ大阪のFW坂本一彩を追加招集を発表した。 坂本はG大阪ユースから昇格1年目のストライカー。最近は出番がない状況だが、ここまで明治安田生命J1リーグ4試合とJリーグYBCルヴァンカップ4試合の計8試合でプレーしている。 U-19日本代表は5月29日から旧トゥーロン国際大会である第48回モーリスレベロトーナメントに参戦のため、フランスへ。アルジェリア代表、コモロ代表、コロンビア代表と対戦する。 2022.05.27 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGが7月に来日!アンバサダーのキングカズが一緒にプレーしたいのは「ネイマール」、レジェンド・エムボマ氏は「20kgも太りすぎた(笑)」

26日、フランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)が7月にジャパンツアーを行うことが発表された。 コロナ禍により海外クラブの来日がなくなった中、久々のビッグクラブの来日が決定。川崎フロンターレ、浦和レッズ、ガンバ大阪とJリーグの3クラブと対戦する。 26日には発表記者会見が行われ、PSGのアジア太平洋地域代表のセバスチャン・ヴァゼル氏、PSGのレジェンドであり、Jリーグでもプレーした元カメルーン代表FWパトリック・エムボマ氏が登場。また、ジャパンツアーのアンバサダーに就任した鈴鹿ポイントゲッターズの三浦知良氏がリモートで登場した。 記者会見ではトークセッションも行われた中、先日電撃的にクラブとの契約を延長したフランス代表FWキリアン・ムバッペの話題に。 契約を延長した理由についてヴァゼル氏は「PSGというクラブの色々なプロジェクトが世界でも一番素晴らしいということでムバッペが決めてくれたんだと思う」とコメント。「今や世界のベストプレーヤーとも言えるが、我々の志が彼が目指しているものと合致した。クラブに残ってくれることで、我々に長く夢を与えてくれる」と、更なる成功をクラブで収めてほしいと語った。 契約が満了を迎えることについては「全然心配していなかった」と語るヴァゼル氏。それでも、「我々は何て嬉しいんだと思った。彼の決定を待っていたので、大満足だった」と実際にクラブに留まることが決まったことは嬉しかったとした。 さらに「ムバッペはPSGにとっての子供だ。パリで生まれ、パリで育って、パリを象徴するのがムバッペだ」と語り、「世界でも最高峰の選手になったのに長期契約を結んでくれてよかった」と、パリを象徴する選手が残ってくれることを喜んだ。 また、エムボマ氏は今回のジャパンツアーでの注目選手については「ムバッペだ」とコメント。「PSGに残ると決めて、PSGで大きな挑戦を続けていくことを決めた。PSGでは彼を置いてはいないという素晴らしい選手になった」と語り、チームでもNo.1の選手だと語った。 一方で、三浦は「全員超人ですので1人は難しいですが、ネイマール、ムバッペ、メッシは注目したいです」とコメント。「個人的にはマルキーニョスも好きで、期待しています」と語り、豪華なメンバーが揃うチームの中ではなかなか1人に絞るのは難しいとした。 また、この豪華なメンバーを揃えるPSGについて三浦は「同じチームでプレーできたら楽しいでしょうね。想像もつかないです」とコメント。また、「対戦相手としてもやってみたいと思います」と、チームメイトとしても対戦相手としても試合をしたいと語った。 実際に対戦する3チームに対しては、「Jリーグの3チームが対戦するのは楽しみですし、選手としては羨ましいなと思います。良い試合をやってもらいたいと思います。Jリーグの3チームが偉大なクラブにどういう試合をするのかというのはみてみたいです」と、どのような試合になるのか期待を口にした。 また、三浦は30年前のJリーグ開幕を知理ながら現役でもプレー。海外のビッグクラブが来日して試合を行うことの意味についても言及した。 「Jリーグも今年30周年を迎えて新たなステージに入っていかなければいけない中で、コロナ禍もあってクラブの親善試合や海外のビッグクラブを呼ぶこことはなかなかできなかったですが、今回呼べました」 「3チームが世界のチームと戦う。次のJリーグのステージ、これからの30年のための1発目として、みんなに世界のレベルのクラブと日本のクラブが戦う意味が大きくなると思います」 「胸を借りるじゃないですが、チャレンジャーとしてやっていくことで、これを見る子供たちが夢を持てると思います」 「久しぶりにJリーグのチームがゴールデンタイムで、地上波でTBSでやることも意味があります。新たなJリーグのファン層を掴んで欲しいなと思います」 なお、気になる来日メンバーについてはヴァゼル氏は「今年はワールドカップがこの時期にないということ。ヨーロッパの大会、コパ・アメリカもないのでチーム全員が来る」とコメント。「東京、埼玉、大阪でファンの皆さんと良い時間を過ごしたいと思う。競争力がある試合を繰り広げたいと思う」と、ベストメンバーで来日することを明言した。 エムボマ氏は実際にPSGでもプレーしていたが、現在のメンバーで一緒にプレーしたい選手について聞かれると、「何が悔しいかって、20歳も年を取りすぎているし、20kgも太りすぎたと後悔している」と冗談を交えてコメント。「メッシやキリアン(・ムバッペ)、ネイマールとチームメイトとしてプレーできれば、プラスアルファでプレーできるかなと思う」と語り、「中盤、ディフェンスの全ての選手とプレーしたいと思う。ただ、歳を取りすぎたかな」と、若ければ良いプレーを一緒にできたと悔しがった。 同じ質問に三浦は「全員とやりたいですけど、1人選ぶとしたらネイマールとやりたいですね」とコメント。「ネイマールが育ったサントスで僕もやっていましたし、サントスでつけていた背番号も同じなので、ネイマールがデビューした時から彼のファンでもあるので、一緒にやってみたいと思います」と、自身がJリーグでプレーする前に所属したサントスの後輩を指名した。 また、「大きなスタジアムではなくても、サントスのビーチでやるサッカーでもいいので一緒にやりたいです。サントスの海岸でサッカーできれば、それで良いです」と語り、いつかネイマールとボールを一緒に蹴りたいとした。 2022.05.26 22:40 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGが7月にジャパンツアーを実施! 川崎F、浦和、G大阪と対戦!

パリ・サンジェルマン(PSG)は26日、7月にジャパンツアーを行うことを発表した。 今シーズンは10度目のリーグ・アン優勝を果たしたPSG。先日にはフランス代表FWキリアン・ムバッペが契約延長を果たすなど、スター選手たちが揃っている。 その他、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやブラジル代表FWネイマール、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、ブラジル代表DFマルキーニョスなど、各国の代表選手が揃うチームが、Jリーグのクラブと対戦する。 今回は3試合を開催。7月20日の川崎フロンターレ(国立競技場)戦を皮切りに、23日に浦和レッズ(埼玉スタジアム2002)、25日にガンバ大阪(パナソニック スタジアム 吹田)と対戦する。 また、試合はTBS系列で全国放送されるほか、『Paravi』で独占放送される。 さらに、今回のツアー中は公開トレーニングセッションやファンとの交流、日本文化と触れ合う機会なども用意されている。 なお、今回のジャパンツアーのアンバサダーには、鈴鹿ポイントゲッターズの元日本代表FW三浦知良が就任。「とても光栄で、幸せに思います。日本にこれだけのビッグクラブが久しぶりに来日するので、このイベントにこういう形で参加できることを幸せに思いますし、光栄に思います」とコメントしている。 ◆ツアー日程 ▽7/20(水) 《19:30》 パリ・サンジェルマン vs 川崎フロンターレ [国立競技場] ▽7/23(土) 《19:00》 パリ・サンジェルマン vs 浦和レッズ [埼玉スタジアム2002] ▽7/25(月) 《19:00》 パリ・サンジェルマン vs ガンバ大阪 [パナソニック スタジアム 吹田] 2022.05.26 16:21 Thu
twitterfacebook
thumb

本日開催予定のG大阪vs広島が中止に…広島で選手4名がコロナ感染

Jリーグは25日、同日開催予定だった明治安田生命J1リーグ第15節のガンバ大阪vsサンフレッチェ広島が中止となったことを発表した。 ここ数日、広島においてトップチームの選手・スタッフの新型コロナウイルス感染が報告されていた。25日発表の情報によれば、これまでに4名の選手の陽性が判明したという。 これを受けて、広島は管轄の保健所よりトップチーム活動停止の命を受け、試合実施要項に定めるエントリー要件を満たせなくなった。 なお、代替日については決定次第知らされるとのことだ。 2022.05.25 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、ダービーで違反のサポーター&グループを無期限入場禁止に…事前の注意喚起実らず

ガンバ大阪は24日、同クラブサポーターならび、サポーターグループに対する処分を発表した。 事象は21日に敵地で行われた明治安田生命J1リーグ第14節のセレッソ大阪戦で発生。先んじて、両クラブから「フェアでクリーンな大阪ダービーを」と観戦ルール遵守の注意喚起もなされての一戦だったが、違反者が出てしまった。 サポーター2名から「危険行為(スタンド内投げ込み及びフィールドへの投げ込み行為)」や「試合運営妨害」が確認され、サポーターグループからも「威嚇行為」や「侮辱的行為」、「試合運営妨害」の違反行為が発覚したという。 これを受け、クラブはJリーグの統一基準に照らし合わせ、サポーター2名とサポーターグループに属するメンバー全員に対して、25日にホームで行われるJ1第15節のサンフレッチェ広島戦からアウェイ戦を含む無期限入場禁止処分を科した。 クラブは今回の違反行為を受け、「ガンバ大阪として『安心・安全な試合運営』のため、セキュリティ体制の強化や観戦ルールの周知をより徹底してまいります」として、サポーターに改めて観戦ルールの遵守を呼びかけている。 「ファン・サポーターの皆様におかれましては、観戦における禁止行為について今一度ご確認いただき、定められた観戦ルールを遵守してご観戦いただきますよう、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます」 2022.05.24 17:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly