ベルギー1部コルトレイク移籍のDF渡辺剛の背番号が決定!早速トレーニングに参加

2022.01.05 21:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジュピラー・プロ・リーグのKVコルトレイクに完全移籍したDF渡辺剛の背番号が「4」に決まった。クラブ公式サイトが伝えている。

渡辺はFC東京のアカデミーから山梨学院高校、中央大学に進学。大学在学中の2018年に特別指定選手としてFC東京入りすると、翌年に正式入団した。

そのルーキーイヤーから公式戦34試合に出場して、同年12月にA代表選出。その翌年にはチームとしてJリーグYBCルヴァンカップ優勝を経験した。

副キャプテンを務めた2021シーズンも公式戦34試合に出場して2ゴールをマークしていた中、2021年12月にKVコルトレイクへの完全移籍が決定していた。

2022年に入りベルギーへと渡った渡辺は、4日に行われたチームのトレーニングに参加。背番号「4」のウェアを身に纏いプレーした。

ジュピラー・プロ・リーグで8位に位置するKVコルトレイクは、14日に行われる第22節でヘントと対戦する。

1 2

関連ニュース
thumb

三笘薫が決勝点に繋がるヘッド! 首位・サン=ジロワーズが逆転勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

5日、ジュピラー・プロ・リーグ第30節のコルトレイクvsロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズが行われ、2-3でサン=ジロワーズが勝利した。 コルトレイクのDF渡辺剛はメンバー外。サン=ジロワーズのMF三笘薫はベンチスタートとなり、80分から途中出場を果たした。DF町田浩樹はメンバー外となった。 首位のサン=ジロワーズとプレーオフ2を目指す11位コルトレイクの一戦。開始8分でコルトレイクが先制する。 自陣からのフィードを収めると、イスマエル・カンドゥスの対応に抜け出したモハメド・ハダモシが飛び出たGKの上を抜こうとするが、わずかに届かず。しかし、これを拾ったカンドゥスが味方に繋ごうとすると、これをファイズ・セレマニがカット。無人のゴールに蹴り込み、コルトレイクが先制する。 ミスから失点したサン=ジロワーズだったが13分に追いつく。右CKからサインプレー。最後はキャスパー・ニールセンがグラウンダーのミドルシュートを決めて同点とする。 サン=ジロワーズが追いついた試合だが、前半は1-1のままで終了。すると67分に追加点を奪う。 サン=ジロワーズは敵陣でFKを獲得すると、ニールセンのクロスにカンドゥスがヘッド。失点のミスを取り戻すゴールを決め、逆転に成功する。 リードを奪ったサン=ジロワーズだったが、コルトレイクも反撃。左サイドを崩すと、味方のパスを受けて抜け出したセレマニがボックス内左からシュートを流し込み、同点に追いつく。 追いつかれたサン=ジロワーズは三笘を投入。短い時間でもプレスに行き、左足サイドを崩そうとプレーする。 すると87分、その三笘が相手のクリアボールを前へ送ると、拾ったバルト・ニューコープが中央のデニス・ウンダブへ。そのウンダブがボックス手前から反転シュート。鋭いボールが右隅に決まり、サン=ジロワーズが逆転に成功。そのまま2-3で勝利した。 コルトレイク 2-3 ユニオン・サン=ジロワーズ 【コルトレイク】 ファイズ・セレマニ(8分、76分) 【サン=ジロワーズ】 キャスパー・ニールセン(13分) イスマエル・カンドゥス(67分) デニス・ウンダブ(87分) <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫のヘディングパスから、ウンダブの衝撃決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0a1LxKmgYSQ";var video_start = 276;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.03.06 14:58 Sun
twitterfacebook
thumb

「頑張ってねツヨシ!」コルトレイク渡辺剛が美人教師と2人きりで英語のレッスン「勉強できてうれしいです」

KVコルトレイクの元日本代表DF渡辺剛がピッチ外でもトレーニングに励んでいるようだ。 渡辺はこの冬にFC東京からベルギー、ジュピラー・プロ・リーグのコルトレイクへと完全移籍で加入した。ここまで5試合に出場しており、定位置争いの真っ最中だ。 最終ラインの選手にとって、周囲とのコミュニケーションは必要不可欠。初の海外挑戦となる渡辺は、現在英語を猛勉強中のようだ。クラブの公式ツイッターが「英語の授業だよ、頑張ってねツヨシ!」のメッセージとともに、その様子を公開している。 招かれた女性の先生は入室後から早速英語で「やぁツヨシ、レッスンの準備はできてる?」と笑顔で挨拶。渡辺も「できてるよ、元気?」などと、流ちょうに返しているが、その後は真剣にレッスンに取り組む様子も見せている。 「英語の勉強をしないと、全然コミュニケーションが取れないので、勉強してちょっとずつチームメイトや監督とコミュニケーションを取ることが大事だと思うので、勉強できてうれしいです」 「チームメイトとコミュニケーションを取ることが一番大事なので、サッカーのこともそうだし、普段のコミュニケーションのところも上達していくことによってサッカーにつながると思うので、そこはうまくできているかなと」 映像内でも「コミュニケーションが一番大事」と話している渡辺。授業の成果を発揮し、海外でも最終ラインを統率する姿を見せることはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】渡辺剛が部屋で美人教師と英語のレッスン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">English class<br>Keep up the good work, Tsuyoshi!<a href="https://twitter.com/hashtag/WeDoenVoort?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WeDoenVoort</a> <a href="https://t.co/WNtBM3piOi">pic.twitter.com/WNtBM3piOi</a></p>&mdash; KV Kortrijk (@kvkofficieel) <a href="https://twitter.com/kvkofficieel/status/1499003431037587461?ref_src=twsrc%5Etfw">March 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.03.03 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

伊東が全2得点に絡みヘンクがコルトレイクに完勝!日本人対決は実現せず《ジュピラー・プロ・リーグ》

ジュピラー・プロ・リーグ第29節のヘンクvsコルトレイクが27日に行われ、2-0でヘンクが勝利した。ヘンクのMF伊東純也はフル出場、コルトレイクのDF渡辺剛はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節のアンデルレヒト戦で3試合ぶりの黒星を喫した8位ヘンク(勝ち点41)が、4連敗中の11位コルトレイク(勝ち点37)をホームに迎えた一戦。 立ち上がりから攻勢に出るヘンクは17分、伊東の右CKをオヌアチュがヘディングシュートで合わせると、叩きつけたボールがゴール右に吸い込まれた。 先制したヘンクは22分にも、ボックス右横でパスを受けた伊東のクロスをゴールエリア左のオヌアチュが頭で折り返すと、最後はペイントシルがゴールに押し込んだ。 迎えた後半、2点をリードするヘンクは開始早々にピンチを迎える。48分、レイノルズの縦パスをバイタルエリア右で受けたセレマニがカットインからボックス内にラストパス。これを受けたパラベルサが右足を振り抜いたが、シュートはGKヴァンデヴォールトが好セーブ。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ヘンクは後半アディショナルタイムに決定機を迎える。92分、中盤でボールを奪ったヘイネンのスルーパスに反応したネーメトがボックス左からシュート。しかし、これは相手GKのセーブに阻まれた。 さらに試合終了間際には、中盤でネーメトのパスを受けた伊東がドリブルで相手ボックス手前まで切り込んだが、守備に戻ったラドヴァノビッチのタックルに阻まれてシュートは打たせてもらえず。結局、試合はそのまま2-0でヘンクが勝利している。 ヘンク 2-0 コルトレイク 【ヘンク】 オヌアチュ(前17) ペイントシル(前22) 2022.02.28 02:15 Mon
twitterfacebook
thumb

林大地が渡辺剛先発のコルトレイクからゴール! 香川真司ベンチ入りのシント=トロイデンが3試合ぶり白星《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは5日、ジュピラー・プロ・リーグ第26節でコルトレイクのホームに乗り込み、3-1で勝利した。 25試合を消化して、暫定11位のシント=トロイデン。9位につけるコルトレイクが渡辺剛をセンターバックの一角でスタートから起用した一戦に向け、林大地、原大智、橋岡大樹、シュミット・ダニエルの日本人4選手が先発した。 一方で、松原后がメンバー外。今冬から加わり、ようやくチームに合流してデビューが待たれる香川真司はベンチからスタートした。 試合は11分、右サイドからのクロスにボックス左のコイタが左足ダイレクトで合わせて、シント=トロイデンが先制。続く39分には林との2トップで先発の原がボックス内で渡辺のファウルを受け、PKのチャンスを獲得した。 これをブリュスが冷静に沈め、2点リードで試合を折り返したシント=トロイデンだが、コルトレイクも反撃。61分にテイシェイラのボックス右からの折り返しをフリーのカドリが右足で押し込み、1点差に詰め寄ってみせる。 そこから一進一退の攻防戦となるが、86分に右サイドのラバレーが右足で折り返すと、相手GKが弾いたボールをゴール前の林が反応。見事に滑り込みながら押し込み、シント=トロイデンが突き放しに成功した。 結局、香川に出番こそ訪れなかったものの、林の今季4ゴール目を含む3発で勝ち切ったシント=トロイデンは3試合ぶりの勝利。一方のコルトレイクは3連敗で6試合白星なしとなっている。 コルトレイク 1-3 シント=トロイデン 【コルトレイク】 カドリ(後16) 【シント=トロイデン】 コイタ(前11) ブリュス(前39[PK]) 林大地(後41) 2022.02.06 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマの米代表DFレイノルズが渡辺剛加入のコルトレイクにレンタル移籍!

ローマは23日、アメリカ代表DFブライアン・レイノルズ(20)がベルギーのKVコルトレイクに今シーズン終了までレンタル移籍することを発表した。 FCダラスのアカデミー出身のレイノルズは15歳でプロ契約を結んだ早熟のプレーヤー。2019シーズンにトップチームデビューを飾ると、公式戦31試合に出場。 185cmの大型右サイドバックは高い身体能力を生かした対人の強さに加え、ドリブル、パス、クロスと攻撃性能が非常に高く、メジャーリーグ・サッカー(MLS)においては将来を嘱望される若手の一人として大きな期待を寄せられていた。 その逸材DFは2021年に買い取りオプション付きのレンタル移籍でローマに加入し、昨夏完全移籍に移行した中でここまで公式戦8試合に出場。プレシーズン序盤はジョゼ・モウリーニョ監督からまずまずの評価を得ていたが、シーズンがスタートすると、戦術理解度やプレー精度の部分で信頼を得られず、なかなか試合に絡むことができなかった。 そして、今冬の移籍市場でクラブがアーセナルからイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズを獲得したこともあり、幾つかのレンタル先の候補があった中でコルトレイク行きを決断した。 なお、コルトレイクは今冬の移籍市場でFC東京から日本代表DF渡辺剛を獲得している。 2022.01.23 22:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly