【2021-22ブンデス前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はレヴァンドフスキ

2022.01.05 18:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
10連覇を目指すバイエルンが2年連続ヘルプストマイスターに輝いた。対抗と見られた2位ドルトムントは不安定な戦いが続いて9ポイント差を付けられ、後半戦も王者バイエルンを脅かすには至らなそうな情勢だ。

◆健在レヴァンドフスキが19ゴール~バイエルン~
若き智将ナーゲルスマン監督を招へいしたバイエルンが14勝1分け2敗と例年通りの圧巻の成績で首位ターンとした。そのバイエルンを牽引したのは昨季ブンデスリーガ記録の41ゴールをマークしたFWレヴァンドフスキ。今季も試合数より多い19ゴールを挙げ、流石の決定力を示している。コロナ関連や負傷によりMFキミッヒやMFゴレツカら中盤の主力選手が離脱していたこともあったが、それらをものともせず首位を快走している。

◆ローゼ監督就任も不安定さは変わらず~ドルトムント~
ボルシアMGからローゼ監督を引き抜き、期待の高かったドルトムントだが、昨季同様に不安定な戦いぶりに変化はなかった。FWサンチョの代役として獲得したFWマレンはフィットせず、FWハーランドの約2カ月に渡る離脱も痛かった。そして何よりコンディションの整わないDFフンメルスが軸の守備陣の脆弱ぶりが厳しく、つまらない失点を重ねてしまった。

◆CL敗退組~ライプツィヒ&ヴォルフスブルク~
監督を引き抜かれたライプツィヒとヴォルフスブルクは共に厳しいシーズン前半戦となってしまった。ナーゲルスマン監督をバイエルンに引き抜かれ、ザルツブルクのマーシュ監督を迎えたライプツィヒだったが、9位と低迷。MFザビッツアー、DFウパメカノの流出も痛く、戦力ダウンは否めなかった。

フランクフルトに旅立ったグラスナー監督の後釜にファン・ボメル監督を迎えたヴォルフスブルクは開幕4連勝スタートと最高の船出としたものの、そこから失速。10月下旬には成績不振により早々と解任となった。新指揮官に昨季までブレーメンを率いていたコーフェルト監督を招へいするも、公式戦3連勝スタートの後、泥沼の7連敗で13位と負の連鎖が止まらなかった。

◆奥川、伊藤が活躍、鎌田、長谷部、遠藤航、原口は及第点、浅野と遠藤渓太は落第~8人の日本人~
Getty Images


8人が挑戦している今季のブンデスリーガ前半戦ではビーレフェルト2季目のMF奥川と海外初挑戦のシュツットガルトMF伊藤の活躍が目立った。

奥川は残留できれば御の字のチーム力であるビーレフェルトで5ゴールを記録。目に見える結果を残して存在感を示している。また、伊藤はケガ人が続出したチームの中で最終ライン、左サイドと本職のボランチ以外を器用にこなし、チームの助けとなった。

フランクフルトのMF鎌田とMF長谷部に関しては昨季ほどの活躍とは言えないものの、チームの主軸として計算できる働きを見せている。シャドーの一角として先発を続ける鎌田に関してはゴール数が1と物足りなかったが、パフォーマンス自体は及第点。1月に38歳となる長谷部に関しては出場機会が少なかったが、例年尻上がりにパフォーマンスを上げていく傾向にあるため後半戦に期待したい。

昨季ブンデスリーガのデュエル勝率1位となったシュツットガルトのMF遠藤はキャプテンを務め、チームをまとめる存在に。ケガ人が多く厳しい戦いが続いているが、下位に低迷するチームの中で何とか踏ん張っている印象だ。

ハノーファーで結果を残し、個人昇格したウニオン・ベルリンのMF原口はレギュラーとして泥臭いプレーを続けた。ハードワークが要求されるチームスタイルの中で原口の運動量が生き、攻守に貢献している。

一方で落第はチームメートのMF遠藤渓太。昨季、完全移籍を勝ち取ったものの全く出場機会を得られなかった。3季ぶりにドイツに戻ってきたボーフムのFW浅野はチーム力の関係から守備に追われるエクスキューズはあるものの、ノーゴールに終わったことで落第とした。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
Getty Images

昨季ブンデス記録の41ゴールを量産したレヴァンドフスキは今季も健在だ。前半戦を終えて19ゴールと昨季のゴール数に迫るペースで得点を重ねている。彼が健在なうちはバイエルンの王朝時代に終わりが訪れることはないだろう。

★最優秀監督
◆ユリアン・ナーゲルスマン(バイエルン)
Getty Images

バイエルンの戦力を考慮すれば首位ターンは当然と見る向きもあるが、自身と年齢が変わらないスター選手たちを掌握するには確かな手腕が必要なのは明白。それを乗り越えた時点でナーゲルスマン監督の優秀さを再確認できたと言えるだろう。

【期待以上】
★チーム
◆フライブルク
Getty Images

決して資金面で恵まれているわけではなく、堅実な経営で知られるフライブルクが前半戦を終えて4位と躍進した。とりわけ失点数はバイエルンと並んでリーグ最少の16と鉄壁を誇った。[4-4-2]と[3-4-3]をうまく併用するシュトライヒ監督が植え付けた組織力を武器に前半戦のサプライズチームとなった。

★選手
◆FWヴィンチェンツォ・グリフォ(フライブルク)
Getty Images

イタリア代表歴のあるグリフォがフライブルクの攻撃を牽引した。フライブルクの中で数少ないボールを運べる選手で、アタッキングサードで違いを生み出すことができる。4ゴール7アシストを記録し、好調のチームを牽引した。

【期待外れ】
★チーム
◆ライプツィヒ
Getty Images

ナーゲルスマン監督を引き抜かれ、ウパメカノとザビッツァーの両主力が引き抜かれたため、戦力ダウンは否めなかったが、それを差し引いても前半戦を終えて9位は低調過ぎる結果だった。ザルツブルクから招へいしたマーシュ監督は期待に応えられず、12月に解任となった。

★選手
◆FWアンドレ・シウバ(ライプツィヒ)
Getty Images

フランクフルトで28ゴールを挙げ、満を持してライプツィヒに移籍したアンドレ・シウバ。ライプツィヒのエースとして活躍が見込まれたが、前半戦を終えて僅か5ゴールと大きく期待を裏切っている。



関連ニュース
thumb

バイエルン、グラフェンベルフ獲得が決定的に! 移籍金は34億円

バイエルンが、アヤックスのオランダ代表MFライアン・グラフェンベルフ(19)の獲得を決定的なものとしたようだ。 来シーズンに向けて中盤の刷新を今夏の補強戦略のひとつに定めているバイエルン。現時点ではフランス代表MFコランタン・トリソ、スペイン人MFマルク・ロカの放出が決定的な上、オーストリア代表MFマルツェル・ザビッツァーに関しても適切なオファーが届いた場合、売却を容認する構えだ。 そして中盤の補強第一号として濃厚なのが、名高いアヤックスの育成機関で鍛えられたグラフェンベルフだ。2018年9月にプロデビューし、昨シーズンからトップチームに定着。ここまで公式戦103試合の出場で12ゴール13アシストを記録しており、昨年3月にはオランダ代表に初招集された。 そのプレースタイルからフランス代表MFポール・ポグバとも比較されており、多くのビッグクラブの関心を集めていた。また、2023年まで契約を結んでいるものの、本人も今夏の移籍を望んでいるとのことで、去就が注目されていた。 そして、熾烈な獲得レースをバイエルンが制した模様だ。移籍市場に詳しいファブリツィオ・ロマーノ氏によると、バイエルンとグラフェンベルフは2027年までの契約を締結。クラブ間では、2500万ユーロ(約34億円)+アドオンという条件で合意しているようだ。 同氏は移籍を確信しており、公式発表も間もなくと予想している。 2022.05.26 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、アヤックスDFマズラウィ獲得を正式発表

バイエルンは24日、アヤックスのモロッコ代表DFヌサイル・マズラウィ(24)の獲得を発表した。フリートランスファーでの加入で、契約期間は2026年6月までの4年間となっている。 オランダ出身でアヤックスのアカデミーで育ったマズラウィは、2018年2月にトップチームデビュー。高い技術と戦術理解度に加え、推進力も兼ね備えるプレーメーカータイプの右サイドバックとして、これまで公式戦135試合に出場し10ゴール9アシストを記録。 3度のエールディビジ優勝、2度のKNVBカップ優勝に貢献した。 バイエルン移籍が決まったマズラウィは以下のようにコメントしている。 「バイエルンとの最初の交渉から好印象だった。ヨーロッパ最高のクラブへと移籍できて嬉しいよ。バイエルンでは最高のタイトルを取れると思ったので選んだよ」 2022.05.24 22:40 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキ退団希望も…バイエルン名誉会長は残留強調 「我々の意見ははっきりしている」

バイエルンのウリ・ヘーネス名誉会長が契約問題でクラブと揉めるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキについて語った。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 これまでブンデスリーガ得点王に7度輝くなど、バイエルンの絶対的エースとして君臨してきたレヴァンドフスキだが、クラブとの契約が残り1年を切る今夏のタイミングで移籍を希望。ポーランド代表FWに対しては特にバルセロナが強い関心を示しており、すでに移籍金3200万ユーロ(約43億6000万円)のオファーを送ったとも伝えられている。 バイエルンは売却を検討せず、残り1年の契約を全うするよう求めているが、レヴァンドフスキの代理人であるビニ・ザハビ氏はドイツ『ビルト』で「クラブの責任者たちから尊敬されていると感じない」、「彼らはロベルトという人間を失った」などと発言して対立姿勢を明確にした。 こうした状況に対して、ヘーネス名誉会長は財政難にもかかわらず主力選手に接触してきたバルセロナへ不快感を示しつつ、レヴァンドフスキは今夏残留するだろうとコメント。そのうえで、残る1年間でじっくり話し合いたいと希望した。 「レヴァンドフスキを欲しがっているとされる彼らは、半年前に13億ユーロの借金を抱えていたはずだ。きっと彼らは芸術家か何かだろうね。ドイツでそんなことをすれば、破産してしまうだろう」 「今のところ、バイエルンでロベルトの放出を望む人物はいない。現状では、代わりが見つかっていないことは明確だ。だから、我々の意見ははっきりしている」 「もし彼がここで良いプレーをして、家族と一緒にドイツでとても快適に過ごし続けることができれば、1月にこう言うかもしれない。『僕はここがとても好きだから、もう2年か3年残るよ』とね」 「彼を今夏に手放さないと決めたとしても、2023-24シーズンを前に彼が去っていくとは限らないだろう。彼と我々はこれからの1年間で、状況を見直すことになるからね」 2022.05.24 17:56 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキはすでに心ここにあらず? 代理人が明かす「クラブからは尊敬を感じない」

退団が噂されているバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)だが、すでに決意は固まっているようだ。 バイエルンとの契約が残り1年を切る今夏のタイミングで移籍が噂されているレヴァンドフスキ。特にバルセロナが強い関心を示しており、すでに3200万ユーロのオファーを送ったとも言われている。また、チャビ・エルナンデス監督も「オプションのひとつ」とコメントするなど、目の離せない状況が続いている。 そんな中、代理人であるビニ・ザハビ氏もドイツ『ビルト』のインタビューで注目のコメントを残した。れレヴァンドフスキは、すでにバイエルンから心は離れているようだ。 「もちろん、ロベルトは2023年まで契約があるため、もう1年引き留めることは可能だ。しかし、私はそれを勧めない」 「ロベルトも私も、ここでは誰もお金のことは気にしていない。彼はここ数カ月間、クラブの責任者たちから尊敬されていると感じることができていないのだ。それが真実だ」 「バイエルンはレヴァンドフスキという選手ではなく、ロベルトという人間を失ったのだ」 また、バイエルン側から契約延長のオファーがあったという噂については、「それはない」と否定している。 2022.05.23 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ノイアーがバイエルンと2024年まで契約延長!「まだまだ歴史を築いていきたい」

バイエルンは23日、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(36)と2024年6月まで契約を延長したことを発表した。 2011年夏にバイエルンに加入し、世界最高GKの一人として君臨し続けるノイアー。獲得したタイトルは10度のブンデスリーガ制覇や2度のチャンピオンズリーグ優勝など27個を数える。 また、個人賞に目を向けてもそのキャリアは輝かしく、FFHS世界最優秀GK賞は2013年の初受賞を含め5度受賞。2020年には世界と欧州のGKオブ・ザ・イヤーをダブル受賞した。また、2011年と2014年には、ドイツの年間最優秀選手賞にGKとして選ばれており、史上最も優れたGKと言っても過言ではない。 一時は世代交代の必要性を指摘されたこともあったが、自身の後継者として注目されたドイツ人GKアレクサンダー・ニューベルの加入後も卓越したパフォーマンスを継続し、その座を譲ることなくバイエルンのゴールマウスに強固な鍵を閉めている。 今季も公式戦39試合に出場し、ブンデスリーガを制覇。その中で1月に受けたドイツ『Sport1』のインタビューで「バイエルンは並外れたクラブだ。僕がここにいる間も歴史を築いてきた。今後も続けていきたい。もちろん、その一部になりたいと持っているよ」とコメントしていた。 2022.05.23 18:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly