【2021-22セリエA前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はブロゾビッチ

2022.01.06 18:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前半戦を終えて首位に立ったのは昨季王者インテルとなった。コンテ監督の退任、昨季MVPのFWルカク退団で戦力低下が予想されたが、それらを覆しての首位ターンとなった。

◆S・インザーギ監督の確かな手腕~インテル~
昨季スクデット獲得の立役者だったコンテ監督の退任に伴い、ラツィオで好結果を収め続けていたS・インザーギ監督の招へいを決断したインテルだったが、これが吉と出た。コンテ監督同様にラツィオ時代から愛用していた3バックシステムを採用し、大幅な戦術変更がなかった点も奏功した格好だ。また、ルカクの代役として補強されたベテランFWジェコの活躍もチーム力の維持に貢献。ミランから加入したMFチャルハノールもすんなりとチームにフィットし、首位ターンに相応しい穴のないチームに仕上がった。

◆インテル同様にチーム力維持~ミラン~
インテルに続いたのはミランとなった。ミランもインテル同様に開幕前は主力の移籍があり不安があったが、代役がきっちりと穴を埋めた。とりわけ守護神ドンナルンマの代わりに迎えられたGKメニャンが大当たりで戦力低下を免れた。司令塔チャルハノールの代役に関してもMFブラヒム・ディアスが一本立ちしたことで補い、チーム力を維持して見せた。8季ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)ではグループステージ敗退に終わったが、セリエAでは安定した戦いを続けた。

◆スパレッティ監督の手腕~ナポリ~
主力の流出、新戦力加入の少なかったナポリが、ミラノ勢に続いた。その立役者はガットゥーゾ前監督の退任に伴い、招へいされたスパレッティ監督。手慣れの指揮官はガットゥーゾ前監督の作り上げたチームをベースにしつつ、大きな戦術変更を行わなかった。そんな中で輝きを放ったのがMFファビアン・ルイスとMFジエリンスキ。共にゲームメークを担うだけでなく積極的にゴールを狙いに行き、前半戦を終えてそれぞれ5ゴールを記録。攻撃的なスタイルで結果、内容ともに申し分ない前半戦を過ごした。

◆CL敗退もセリエAでは上位維持~アタランタ~
6季目となったガスペリーニ監督の下、3季連続でCL出場を果たしたプロビンチャの雄アタランタが4位でシーズンを折り返した。惜しくもCLでは決勝トーナメント進出は果たせなかったが、セリエAでは順調に勝ち点を積み重ねた。守護神ゴッリーニ、ディフェンスリーダーだったロメロが移籍したが、代わって加入のGKムッソ、DFデミラルがしっかりと穴を埋め、チーム力を維持している。

◆アッレグリ復帰も深刻な得点力不足~ユベントス~
ピルロ監督の解任に伴い、アッレグリ監督を3季ぶりに呼び戻したユベントスだったが、低調な試合が続いた。堅守こそ取り戻した感はあるものの、昨季までの得点源だったFWロナウドの退団もあって深刻な得点力不足に陥った。何とか5位でシーズンを折り返したが、1月でのストライカー獲得は急務な状態だ。

◆モウリーニョ招へいも改革半ば~ローマ~
かつてインテルで3冠を成し遂げたモウリーニョ監督を迎えたローマは、昨季同様に上位勢相手にことごとく敗れて波に乗れなかった。唯一アタランタには快勝としたものの、それ以外の強豪には敗戦。勝負弱さを露呈したが、後半戦でかつてのモウリーニョ監督率いるチームのような勝負強さを手に入れることはできるか。

◆サッリ招へいも戦術浸透は先~ラツィオ~
S・インザーギ監督のインテル監督就任に伴い、サッリ監督を招へいしたラツィオもローマ同様に不安定な戦いが続いた。サッリ監督の好む[4-3-3]への変更に戸惑いがあるのか試合によってはハマることもあったが、相手の守備を崩せず何もできないこともしばしばで、両極端の試合が続いている。後半戦では戦術の浸透により上昇気流に乗りたい。

◆レギュラーキープもチームは低迷~サンプドリアDF吉田~
昨季は9位フィニッシュのチームの中で主力センターバックとして存在感を示した吉田。加入3季目となる今季はダヴェルサ新監督の下、引き続きレギュラーをキープしているが、チームは低迷。吉田自身は奮闘しているものの、課題は山積だ。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆MFマルセロ・ブロゾビッチ(インテル)
Getty Images

ファビアン・ルイスと迷ったが、首位ターンを決めたインテルからブロゾビッチを選出。前半戦全試合で先発し、オーガナイザーとして確実な仕事を果たした。地味ながらも味方へ的確な配球を行うことで両脇のチャルハノール、バレッラが生き生きとプレーすることができていた。

★最優秀監督
◆シモーネ・インザーギ(インテル)
Getty Images

コンテ監督が作り上げたチームをうまく引き継ぎ、前半戦首位ターンとしたインテルのS・インザーギ監督を選出。自身の我を出し過ぎず、スター選手たちを気持ちよくプレーさせることに専念している様子。うまい舵取りを見せている。

【期待以上】
★チーム
◆インテル
Getty Images

王者インテルが14勝4分け1敗の圧巻の成績で前半戦を終えた。主砲ルカクやDFハキミが移籍した中でこの成績は上々。後半戦も駆け抜けることはできるか。

★選手
FWエディン・ジェコ(インテル)
Getty Images

ローマで斜陽のキャリアを送りかけていた35歳がインテルでもう一花咲かせにかかっている。8ゴール4アシストを記録し、相棒のラウタロと共にゴールを重ねている。

【期待外れ】
★チーム
◆ユベントス
Getty Images

アッレグリ監督の復帰で復権は濃厚かに思われたが、そう甘くはなかった。守備の立て直しを図るのに精いっぱいで攻撃に手が回らず、深刻な得点力不足に陥ってしまった。

★選手
◆FWフェデリコ・キエーザ(ユベントス)
Getty Images

ユーロで活躍し、ユベントスでも同様の活躍を期待していたが、ケガなどもあり思うような結果を残せず。前半戦は1ゴールと寂しい結果に。



関連ニュース
thumb

インテルのユニフォームとサポーターに忠誠を誓うシュクリニアル、2027年までの契約延長が迫る

スロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)は、今後数週間以内にインテルとの契約延長を行う見込みとのことだ。複数のイタリアメディアが報じている。 2017年7月の加入以降、常にインテルの最終ラインにおける中心選手として活躍してきたシュクリニアル。加入後の最初のシーズンでインテルにとって7年ぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献し、昨シーズンは2009-10シーズン以来となる悲願のスクデットを獲得した。今シーズンはスクデット獲得まで肉薄したもののわずかに及ばず。しかし、コッパ・イタリアとスーペル・コッパのカップ戦2冠を達成し、直近2シーズンで3つのタイトルホルダーとなった。 そんなシュクリニアルの現行契約は2023年6月まで。インテルが抱える財務上の懸念に加え、昨夏にはチェルシーやトッテナムが関心を寄せるなど、必ずしも残留し続けるわけではないのではないかとの観測も報じられてきた。 だが、当のシュクリニアルはそれらの憶測を常に一蹴。かねてよりインテル愛を公言し、複数のビッグクラブから打診があることを認めつつ、移籍には一切興味がないことを宣言してきた。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、シュクリニアルはインテルとの契約を2027年まで延長し、450万ユーロ(約6億1000万円)の年棒を得るとのことだ。 今シーズンはあと一歩のところでスクデット獲得を逃したインテル。ホームで行われた最終節のサンプドリア戦後には、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスなどが詰めかけた多くのサポーターの前で悔し涙を流すシーンもあった。 ラウタロやシュクリニアルのように、ユニフォームとサポーターに忠誠を誓い、魂でピッチを駆け抜ける選手たちこそ、来シーズンのスクデット奪還のために最も重要なピースとなるだろう。 2022.05.27 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルOBのベルゴミ氏はディバラのローマ移籍に否定的「彼らとピッチ内で同時に配置するのは困難だ」

ユベントスを今シーズン限りで退団するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)の獲得を目指しているとされるローマ。しかし、インテルのレジェンドであるジュゼッペ・ベルゴミ氏が戦術的な観点から否定的な見解を述べた。イタリア『トゥット・スポルト』が報じている。 先日行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝戦でフェイエノールトに1-0で勝利し、初代王者に輝いたローマ。最高の形でシーズンを締めくくったが、その一方でこれまでチームの攻撃を牽引してきた元アルメニア代表ヘンリク・ムヒタリアン(33)が契約満了に伴い今シーズン限りで退団となることが確実視されている。 そんな事情もあってか、就任1年目からクラブにタイトルをもたらしたジョゼ・モウリーニョ監督たっての希望で、ローマは今夏の移籍市場において即戦力となれるアタッカーを複数獲得したい考えと見られており、その1人がディバラだ。 ディバラ獲得を巡ってはインテルとの一騎打ちとされているが、イタリア『スカイ・スポーツ』に出演したベルゴミ氏は、ディバラとローマの現有戦力が組み合わさることは容易ではないとの見方を示した。 「ローマはどんな時でもエイブラハムのようなセンターフォワードを必要としていて、彼がいるからペッレグリーニやザニオーロら攻撃的なミッドフィルダーが幅を利かせている。彼らとディバラをピッチ内で同時に配置するのは困難だ」 「私はディバラ自身に問題があるとは思っていない。本当に強く、トッププレーヤーだ。彼は優れたストライカーと融合することで自分の良さを発揮するが、それには彼自身にとって最適なフォーメーションであることも重要だ」 ベルゴミ氏は、既存の選手たちとの共存や戦術的な観点から、ディバラにとってローマは理想的な場所ではないと説いた格好だ。 モウリーニョ監督は、来シーズンへ向けてイングランド代表FWタミー・エイブラハムとディバラの2トップを採用したい考えがあると見られているが、果たしてユベントスの象徴とも言われた稀代のファンタジスタを手中に収めることができるか。今後の動向に注目だ。 2022.05.27 15:09 Fri
twitterfacebook
thumb

大幅な減棒も受け入れる?ルカクがインテル復帰を強く希望

チェルシーに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(29)。期待を裏切る結果となってしまった今シーズンを終え、わずか1年でインテルへの出戻りを希望しているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 2020-21シーズンのセリエAで36試合24得点。絶対的なエースとしてインテルのスクデット奪還に大きく貢献したルカクだったが、クラブの財務状況悪化から売却を余儀なくされ、今シーズンからおよそ8年ぶりとなるチェルシー復帰を果たしていた。 大きな期待を寄せられロンドンの街へと戻ってきたルカクだったが、蓋を開けるとプレミアリーグではわずか8得点。全てのコンペディションを合わせても15得点と、加入前の期待値と比べれば散々たる結果に。トーマス・トゥヘル監督との確執も報じられるなど、シーズン中からインテル復帰が取り沙汰されてきた。 『カルチョ・メルカート』によると、シーズンが終了した現在、ルカクとインテルの両者は頻繁に連絡を取り合っており、ルカク本人がインテル復帰を強く希望していることから、現在の週給の半分であっても受け入れる姿勢を示しているという。 だが、インテルは昨夏同様に今夏も財務上の懸念を抱えており、現時点でルカクをチェルシーから完全移籍で獲得することは不可能と見られている。インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)らはすでにルカクの代理人と会談の場を設けたとされており、最も現実的な選択肢がレンタル移籍になるとのことだ。 2020-21シーズンのセリエA最優秀選手賞を受賞しているルカク。慣れ親しんだイタリアの地に1年で舞い戻ってくるのだろうか。注目が集まっている。 2022.05.27 12:44 Fri
twitterfacebook
thumb

ムヒタリアンのインテル行きが濃厚に! ローマを上回る好条件で口頭合意か

インテルが、ローマの元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)の獲得に近づいているようだ。イタリア『メディアセット』が報じている。 今シーズン限りでローマとの契約満了となるムヒタリアンだが、交渉が進んでおらず、現状で退団が濃厚とされている。その中でインテルは以前から関連が取り沙汰されており、同クラブのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)も「フリートランスファーで獲得できる選手たちが大勢いる。このチャンスを逃すつもりはない」 と、獲得を示唆していた。 『メディアセット』によると、ローマは年俸300万ユーロ(約4億円)の1年契約というオファーを出しているものの、インテルの条件は年俸350万ユーロ(約4億7500万円)+アドオンの2年契約。明らかに後者の方が魅力的で、すでに口頭合意しているとも伝えられている。 数日以内にメディカルチェックも行われる予定で、33歳のインテル入りは既定路線となっているようだ。 2022.05.26 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

南野拓実にインテル移籍の噂が、出場1008分で10ゴールの働きに興味か?

リバプールの日本代表MF南野拓実(27)にインテルが興味を示しているようだ。スペイン『Fichajes』が報じた。 2020年1月にザルツブルクからリバプールへと加入した南野。プレミアリーグでも1、2を争う強豪に加入した影響もあり、豊富なアタッカー陣の中ではレギュラーに定着できていない。 それでも、今シーズンはプレミアリーグで11試合に出場し3ゴールと少ないチャンスを生かした他、EFLカップ(カラバオカップ)では5試合で4ゴール1アシスト、FAカップでは4試合で3ゴールを記録し、チームの優勝に大きく貢献していた。 ただ、いずれのカップ戦も決勝の舞台ではピッチに立たせてもらえず、それまでの貢献は讃えられている一方で、やはり信頼を得ているとは言えない状況だ。 そんな中、リバプールは28日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控えており、南野が出場すれば、日本人として初の偉業となる。 しかし、今シーズンのCLではグループステージの4試合の出場に終わっており、決勝トーナメントでは出番が与えられていない。ユルゲン・クロップ監督からの評価は高いが、序列を覆せていない状況がある。 リバプールとの契約は2024年6月30日まで、残り2シーズンある中で、獲得に興味を持っているとされるのがインテルだという。 『Fichajes』によれば、インテルは今季のCL・ラウンド16でリバプールと対戦。その中で、プレーイングタイムが1008分と短い中で10ゴール1アシストと仕事をしている南野に興味を持っているとのことだ。 また、ラツィオやシュツットガルトも注視しているという。 6月には日本代表にも招集されている南野。「チャンピオンズリーグの決勝が終わったら、自分の将来について考える」とメディアに語ったが、果たしてどのような決断を下すだろうか。 2022.05.26 09:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly