猛攻の末1点を奪った桐光学園が西原に勝利【高校サッカー選手権】

2021.12.29 14:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
第100回全国高校サッカー選手権大会の第1回戦、西原高校(沖縄)vs桐光学園高校(神奈川)を29日に等々力陸上競技場で行われ、桐光学園が0-2で勝利した。

31年ぶりの全国大会出場となった西原は、県大会決勝で日本大学付属藤沢高校を倒して勝ち上がってきた桐光学園と対戦。その桐光学園が立ち上がりから試合のペースを握り攻勢を強める中、西原のGK仲村太希が幾度となくビッグセーブを披露してゴールレスで試合を折り返す。

後半も立ち上がりから桐光学園がチャンスを作るが、ここも西原のGK仲村太希が身体を寄せてセーブ。その後も桐光学園のチャンスが続くものの、GK仲村太希を中心に西原が堅守を誇りゴールを割らせない。
しかし、猛攻を仕掛け続ける桐光学園に、ついにネット揺れる瞬間が訪れる。53分、ゴール前の攻防から左CKを得ると、ファーサイドへ蹴り込まれたボールに待っていた豊田怜央が反応し、ゴール左にヘディングシュートを決めて先制点を奪った。

これで勢いに乗った桐光学園は、右サイドの持ち上がりとキャプテンの山市秀翔を中心とした崩しを武器に西原を攻め立てる。一方の西原も反撃の機を窺うものの、桐光学園の堅守を前にゴール前のチャンスを作り出すことができない。

その後も桐光学園が試合をコントロールし切ると0-1のまま試合終了。猛攻の末にセットプレーからの1点が実った桐光学園が2回戦に駒を進め、14:00から行われる帝京大可児高校(岐阜)vs今治中等教育学校(愛媛)の勝者と対戦する。

西原高校(沖縄) 0-1 桐光学園高校(神奈川)
【桐光学園】
豊田怜央(後13)

▼12/29(水)
≪12:00≫
羽黒高校(山形) 1-2 岡山学芸館高校(岡山)
北海高校(北海道) 1-2 長崎総科大学附属高校(長崎)
丸岡(福井) 0-3 阪南大高校(大阪)
西武大高校(埼玉) 0-1 三重高校(三重)
前橋育英高校(群馬) 4-0 草津東高校(滋賀)
流通経済大学付属柏高校(千葉) 1-1(PK4-5) 近畿大学附属和歌山高校(和歌山)
尚志高校(福島) 0-0(PK4-3) 瀬戸内高校(広島)


関連ニュース
thumb

前回王者・青森山田は広島皆実と、準優勝の大津は浜松開誠館と2回戦で対戦!高校サッカー組み合わせ決定【第101回高校サッカー選手権大会】

21日、第101回全国高等学校サッカー選手権大会の組み合われ抽選会がオンラインで行われた。 12月28日(水)に開幕する同大会。決勝は2023年1月9日(月・祝)に行われ、開幕戦、準決勝、決勝は国立競技場で開催される。 前回大会の王者である青森県代表の青森山田高校は1回戦はシードとなり、広島県代表の広島皆実高校と対戦することが決定した。 また、前回大会準優勝である熊本県代表の大津高校は静岡県代表の浜松開誠館高校と対戦。こちらも2回戦からの登場となった。 さらに、初出場は4校あり、千葉県代表の日体大柏は同じく初出場の兵庫県代表・芦屋学園と対戦。福岡県代表の飯塚は秋田県代表の明桜と、愛媛県代表の帝京第五は岩手県代表の盛岡商と対戦する。なお、開幕ゲームを戦うのは、東京都B代表の成立学園と三重県の津工業に決定した。 今大会は、国立競技場の他、味の素フィールド西が丘、駒沢陸上競技場、NACK5スタジアム大宮、浦和駒場スタジアム、ニッパツ三ツ沢球技場、等々力陸上競技場、ゼットエーオリプリスタジアム、県立柏の葉公園総合競技場となる。 ◆第101回全国高校サッカー選手権大会 【1回戦】 ▽12/28(水) 成立学園(東京都B/17大会ぶり3回目) vs 津工(三重県/15大会ぶり3回目) ▽12/29(木) 尚志(福島県/2大会連続13回目) vs 徳島市立(徳島県/2大会ぶり19回目) 北海(北海道/2大会連続12回目) vs 国見(長崎県/12大会ぶり24回目) 日大藤沢(神奈川県/3大会ぶり6回目) vs 西原(沖縄県/2大会連続5回目) 松本国際(長野県/2大会ぶり5回目) vs 米子北(鳥取県/13大会連続18回目) 盛岡商(岩手県/11大会ぶり17回目) vs 帝京第五(愛媛県/初出場) 東邦(愛知県/4大会ぶり7回目) vs 履正社(大阪府/2大会ぶり4回目) 鹿島学園(茨城県/3大会連続11回目) vs 龍谷(佐賀県/3大会ぶり3回目) 帝京大可児(岐阜県/4大会連続9回目) vs 岡山学芸館(岡山県/2大会連続5回目) 星稜(石川県/3大会連続31回目) vs 東山(京都府/2大会ぶり2回目) 聖和学園(宮城県/6大会ぶり5回目) vs 大分(大分県/3大会ぶり12回目) 丸岡(福井県/5大会連続33回目) vs 高知(高知県/2大会連続18回目) 日体大柏(千葉県/初出場) vs 芦屋学園(兵庫県/初出場) 前橋育英(群馬県/2大会連続25回目) vs 日章学園(宮崎県/3大会ぶり16回目) 羽黒(山形県/2大会連続9回目) vs 四学香川西(香川県/4大会ぶり12回目) 日本文理(新潟県/5大会ぶり2回目) vs 立正大淞南(島根県/3大会ぶり19回目) ▽12/31(土) 【2回戦】 青森山田(青森県/26大会連続28回目) vs 広島皆実(広島県/2大会ぶり17回目) 山梨学院(山梨県/3大会連続9回目) vs 神村学園(鹿児島県/6大会連続10回目) 佐野日大(栃木県/6大会ぶり9回目) vs 奈良育英(奈良県/2大会連続15回目) 近大和歌山(和歌山県/2大会連続9回目) vs 國學院久我山(東京都A/3大会ぶり9回目) 高川学園(山口県/4大会連続28回目) vs 富山第一(富山県/8大会連続33回目) 明桜(秋田県/2大会ぶり5回目) vs 飯塚(福岡県/初出場) 昌平(埼玉県/2大会ぶり5回目) vs 近江(滋賀県/2大会ぶり2回目) 浜松開誠館(静岡県/4大会ぶり2回目) vs 大津(熊本県/2大会連続19回目) 2022.11.21 21:40 Mon
twitterfacebook
thumb

18代目の高校サッカー応援マネージャーは女優・モデルの凛美さんが就任! 『ニコラ』専属モデルの15歳

日本テレビは9日、第101回全国高校サッカー選手権大会の応援マネージャーに女優でモデルの凛美(りみ)さんが就任することを発表した。18代目となる。 今大会は12月28日に開幕。各都道府県の代表校が、頂点を目指して鎬を削る。 凛美さんは、2006年11月20日生まれ。現在は高校1年生の15歳。雑誌『ニコラ』の専属モデルを務めるほか、二宮和也さんが主演のTBS系列の日曜劇場『マイファミリー』で実業家・阿久津晃(松本幸四郎)の娘である実咲役を務めたほか、映画『呪怨 -ザ・ファイナル-』『ゴーストブック おばけずかん』などに出演してきた。 応援マネージャー関連動画は、高校サッカー公式YouTubeチャンネルなど、公式SNSで順次公開されていく。 凛美さんは今回の話を聞いて「まずはびっくりして「どうしよう?」と思いました。笑」とインタビューで答え、「すぐにお母さんに『応援マネージャー決まった!』と報告しました」と母親にすぐに報告したという。 また「過去、年末年始にテレビで一緒に家族と高校サッカーを見ていたときに、お母さんから『事務所の先輩たちが応援マネージャーをやってたりするから、凛美にもやって欲しいな。プレッシャーにならないように言うけど、やって欲しいな』と言われていたんですが、今回伝えたら『やって欲しいって言ってたけど、まさか本当になると思ってないじゃん!』と驚かれました」と、母の希望も叶い、喜んでもらえたという。「小さい頃から仕事優先でこの仕事に懸けてきましたが、今回応援マネージャーの就任が叶って、これまで無駄じゃなかった、この仕事に懸けてきて良かったなと思いました」と、これまでの努力が報われたと喜んだ。 好きなサッカー選手については「1人に絞ることは難しいですが、今回の応援リーダーの中村俊輔選手や、本田圭佑選手、長友佑都選手、乾貴士選手はプレーを見て凄いと思いました」と日本を代表してきた選手の名前を挙げ、「本田選手や長友選手の言葉、名言も印象に残っています」とコメント。さらに、「新垣結衣さんが応援マネージャーの時に、乾選手を取材している映像を見ましたが、今回私も、日本を背負って立つ選手との出会いがあったらいいなと思います」と、応援マネージャーとして出会った選手が、その後日本代表になったことを挙げ、自身も出会いたいとした。 【歴代応援マネージャー】 初代:堀北真希さん (第84回大会) 2代目:新垣結衣さん (第85回大会) 3代目:北乃きいさん (第86回大会) 4代目:逢沢りなさん (第87回大会) 5代目:川島海荷さん (第88回大会) 6代目:広瀬アリスさん(第89回大会) 7代目:川口春奈さん (第90回大会) 8代目:大野いとさん (第91回大会) 9代目:松井愛莉さん (第92回大会) 10代目:広瀬すずさん (第93回大会) 11代目:永野芽郁さん (第94回大会) 12代目:大友花恋さん (第95回大会) 13代目:髙橋ひかるさん(第96回大会) 14代目:清原果耶さん (第97回大会) 15代目:森七菜さん (第98回大会) 16代目:本田望結さん (第99回大会) 17代目:茅島みずきさん (第100回大会) <span class="paragraph-title">【動画】ドラマや映画で活躍する15歳の高校1年生・凛美さん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">|<a href="https://t.co/uMCW6WCkBp">https://t.co/uMCW6WCkBp</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#高校サッカー</a><a href="https://twitter.com/hashtag/NEXT100?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NEXT100</a><a href="https://twitter.com/rimi_kenon?ref_src=twsrc%5Etfw">@rimi_kenon</a> <a href="https://t.co/JjlyYGV6HS">pic.twitter.com/JjlyYGV6HS</a></p>&mdash; 高校サッカー日テレ公式 (@ntv_hss) <a href="https://twitter.com/ntv_hss/status/1590116705996791809?ref_src=twsrc%5Etfw">November 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.09 09:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「エグすぎる」「とんでもないゴール」日本の高校生が決めた世界を震撼させる弾丸ミドルが話題に、決めたのは国士舘DF一瀬雅斗

日本の高校生が決めた衝撃的なスーパーシュートが、世界中で話題になっている。 話題を呼んでいるのは、第101回全国高校サッカー選手権大会の東京Bブロック予選準決勝、国士舘vs大森学園の試合で生まれたゴールだ。 毎年冬に開催され、熱戦が繰り広げられる全国高校サッカー選手権大会。多くの日本代表選手やJリーガーも出場し、スター選手を何人も輩出している。 現在は都道府県予選も佳境を迎えており、代表が決まっているところもある中、東京Bブロック予選で圧巻のスーパーゴールが誕生した。 そのゴールを決めたのは、国士舘のDF一瀬雅斗。1-1で迎えた後半12分、右サイドからのロングスローを相手がクリア。これが溢れると、自陣から走り込んだ一瀬が左足一閃。30m以上ある位置からのシュートは、グングン伸びてゴール左上にあっという間に突き刺さった。 世界でもほとんどお目にかかれない衝撃のミドルシュート。これは日本を飛び出して世界でも話題となっている。 このゴールには「エグすぎる」、「何今の」、「やばい」、「とんでもないゴール」とコメントが集まり、驚きを隠せない人が続出した。 なお、試合は国士舘がこのゴールで2-1と勝利を挙げ、12日に成立学園との決勝に臨む。 <span class="paragraph-title">【動画】世界も震撼!日本の高校生が決めたワールドクラスのスーパーミドルシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ECn8CFxSE5Y";var video_start = 4370;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.08 07:20 Tue
twitterfacebook
thumb

板倉滉所属のボルシアMG、神村学園FW福田師王との契約を発表…来年1月にサイン

ボルシアMGは27日、神村学園のFW福田師王(しおう/18)の獲得を発表した。2023年1月15日に契約することとなる。 なお、U-23チームに所属することとなり、U-19チームでもプレーが可能となる。 日本代表DF板倉滉が今シーズンから加入しているボルシアMG。過去にはFW大津祐樹(ジュビロ磐田)も在籍したことがある。 福田は中学から神村学園に通い、2020年度、2021年度と全国高校サッカー選手権では優秀選手に輝くと、2021年の全国高校総体では優秀選手と得点王に輝いていた。 また、U-16から日本代表を経験し、U-17、U-18と経験。2022年はU-19日本代表候補にも選ばれている。 ボルシアMGのユース育成ディレクターのミルコ・サンドメラー氏は、福田を評価した。 「J1リーグから多数のオファーがあった中、福田師王が入団を決めてくれたことを嬉しく思う」 「テクニックがあり、機動力もあり、成長の可能性を秘めたストライカーだ」 福田もクラブを通じてコメント。成長の場として最適だと感じたとした。 「もうすぐ、このような伝統あるビッグクラブでプレーできることを大変光栄に思っています」 「若いにも関わらずボルシアに移籍することを意識したのは、ここが自分にとって最高の成長の場であると考えたからです」 福田は今年3月にバイエルンのトレーニングに参加。Jリーグを経験せずに卒業後の海外挑戦が期待されていた中、見事にドイツへの移籍が決定した。 <span class="paragraph-title">【写真】ボルシアMGが獲得を発表した福田師王</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Zum 15. Januar 2023 nimmt Borussia den japanischen Junioren-Nationalspieler Shio Fukuda unter Vertrag. Der 18 Jahre alte Stürmer ist für die U23 vorgesehen, kann aber auch noch in der U19 zum Einsatz kommen.</p>&mdash; Borussia (@borussia) <a href="https://twitter.com/borussia/status/1585562090802216960?ref_src=twsrc%5Etfw">October 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.27 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

中村俊輔が高校サッカーの応援リーダー就任! 自身は桐光学園で準優勝を経験

第101回全国高校サッカー選手権大会の応援リーダーに、横浜FCの元日本代表MF中村俊輔(44)が就任することが決定した。 中村は神奈川県の桐光学園高校出身。2度出場した経験があり、第75回大会では背番号10を背負い、チームを全国2位に導いていた。 その後、横浜マリノスに入団。イタリアのレッジーナに渡りセリエAでプレーすると、セルティックではチャンピオンズリーグ(CL)で得意とする直接FKからゴールを決めるなど、屈指のFKの名手として世界でも知られる存在に。その後エスパニョールでのプレーを経て、横浜F・マリノスへと復帰。ジュビロ磐田、そして横浜FCでプレーしている。 日本代表としても2度のワールドカップに出場するなど、98試合で24ゴールを記録している。 ◆歴代応援リーダー 第81回(2002年度):小野伸二(清水市商※) 第82回(2003年度):小野伸二 第83回(2004年度):平山相太(国見) 第84回(2005年度):大久保嘉人(国見) 第85回(2006年度):中山雅史(藤枝東) 第86回(2007年度):中澤佑二(三郷工技※) 第87回(2008年度):小笠原満男(大船渡) 第88回(2009年度):長谷部誠(藤枝東※) 第89回(2010年度):田中マルクス闘莉王(渋谷幕張) 第90回(2011年度):内田篤人(清水東※) 第91回(2012年度):遠藤保仁(鹿児島実) 第92回(2013年度):三浦知良(静岡学園中退※) 第93回(2014年度):川島永嗣(浦和東) 第94回(2015年度):柴崎岳(青森山田) 第95回(2016年度):岡崎慎司(滝川第二) 第96回(2017年度):大迫勇也(鹿児島城西) 第97回(2018年度):乾貴士(野洲) 第98回(2019年度):長友佑都(東福岡) 第99回(2020年度):内田篤人 第100回(2021年度):林大地(履正社)・前田大然(山梨学院大附※)・旗手怜央(静岡学園)・上田綺世(鹿島学園) ※は、在学中に本大会進出経験なし <span class="paragraph-title">【動画】中村俊輔が全国の高校生たちへエール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Od5SQZZFWf8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.09 19:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly