熊本、MF伊東俊との契約更新を発表 今季リーグ24試合に出場

2021.12.22 14:29 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ロアッソ熊本は22日、MF伊東俊(34)との契約を更新したことを発表した。

伊東は青森山田高校、国士舘大学を経て2010シーズンにモンテディオ山形へ入団。その後は愛媛FC、京都サンガF.C.でプレーし、2018年1月に熊本へ加入した。

2019シーズンからは背番号10を背負い、主力としてプレー。今季は明治安田生命J3リーグで24試合に出場して2ゴール2アシストを記録した。




関連ニュース
thumb

積極補強の仙台、躍進熊本の主力CB菅田真啓を獲得! 「J1昇格のために…」

ベガルタ仙台は29日、ロアッソ熊本からDF菅田真啓(25)の完全移籍加入を発表した。 菅田は国見高校出身で、2020年に福岡大学から熊本に入団。センターバックがメインポジションで、今季の明治安田生命J2リーグ4位でJ1参入プレーオフまで進み、昇格まであと1歩のところまで迫ったチームの一員として、公式戦45試合5得点の数字を収めた。 来季こそはJ1昇格の思いを胸に積極補強が続く仙台行きを決断した菅田。仙台の公式サイトで挨拶とともに、意気込みを語っている。 「ベガルタ仙台のファン、サポーターのみなさま、はじめまして。菅田真啓です。J1昇格のために自分が持っている力を発揮し、ひとつでも多くの勝利に貢献できるようにがんばります。応援よろしくお願いいたします」 一方、熊本の公式ウェブサイトを通じては「この度、ベガルタ仙台に移籍することを決めました」と移籍の報告とともに、感謝の言葉を綴った。 「ロアッソ熊本で沢山のことを経験させてもらい、良い時も悪い時も常に背中を押し続けてくれたファン、サポーターの皆様に本当に感謝しています。新しい地で今以上に自分自身もっと成長出来るように、そして成長した姿を見せれるように頑張ってきます。3年間本当にありがとうございました」 2022.11.29 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京、下部組織育ちのDF岡崎慎が熊本に完全移籍 「結果で恩返しができずに去ることが悔しいですが…」

ロアッソ熊本は29日、FC東京からDF岡崎慎(24)の完全移籍加入を発表した。 岡崎はFC東京のアカデミー育ちで、2016年の2種登録を経て、翌年に正式昇格。2020年から同年9月まで清水エスパルスに貸し出される経験もして、今日までFC東京でプレーを続けたが、アルベル新監督の今季も公式戦8試合と出番が限定的だった。 アンダー世代の日本代表歴も持つ24歳は熊本の公式サイトを通じて、「自分を信じてオファーをしてくださったロアッソ熊本で成長し、J1昇格にむけて結果で恩返しをできるような活躍をします! 応援よろしくお願いします」とコメントした。 一方で、FC東京の公式ウェブサイトでは「今回FC東京を離れることになりました」と移籍を報告。下部組織時代からこれまでを振り返り、新天地での活躍を誓うとともに、感謝の言葉を綴った。 「U-15深川から約12年間良いことも悪いこともサッカー人生のほとんどを過ごしたクラブを離れる決断は簡単ではありませんでした。プロサッカー選手に成長させてくれたチーム、ファン・サポーター、スタッフに結果で恩返しができずに去ることが悔しいですが、FC東京で培ったものを全力で出して活躍している姿を届けられるように頑張ります。本当にありがとうございました」 2022.11.29 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

今季躍進の熊本、土信田悠生ら7選手と契約更新

ロアッソ熊本が27日にGK田代琉我(24)、MF江﨑巧朗(22)、MF谷山湧人(19)、FW土信田悠生(23)、MF東山達稀(23)、MF藤田一途(23)、MF平川怜(22)との契約更新を発表した。 今季の明治安田生命J2リーグでは土信田が32試合1得点、藤田が28試合出場、東山が17試合1得点、平川が11試合2得点、田代が4試合出場、江崎が1試合出場を記録。谷山は出番がなかった。 2022.11.27 12:17 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋がターレス復帰発表! 今季加入も熊本に即レンタル

名古屋グランパスは27日、MFターレス(21)の復帰を発表した。 ブラジル出身のターレスは秀岳館高校に進学するのを機に来日し、2021年に熊本入団。今季を前に名古屋入りが決まったが、期限付き移籍という形で熊本で引き続きプレーした。 その今季は相次ぐケガもあり、明治安田生命J2リーグ12試合の出場に終わったが、チームはJ1参入プレーオフ進出と躍進の1年に。自身もプレーオフの3試合でプレーしていた。 名古屋入り決定から1年越しでJ1初挑戦を果たすターレスはクラブを通じて意気込みを語った。 「名古屋グランパスの皆さん、私を信じてくださり、2023シーズン共にプレーできることを本当に感謝しています。名古屋グランパスのような歴史ある素晴らしいクラブの一員になるという夢を叶えることができて、とても嬉しく思っています」 「ロアッソ熊本での2年間と同じように、プロとして日々精進していきたいと思います。また更にレベルアップして、ピッチで結果を残せるように、全力で頑張ります。ピッチに立ち、ゴールを決め、名古屋グランパスのサポーターの皆さんに『ターレスダンス』をご紹介できることを楽しみにしています。一緒に名古屋グランパスを盛り上げましょう!」 一方、熊本の公式ウェブサイトを通じては苦楽を振り返りながら、感謝の言葉を綴っている。 「シーズンをもちまして、ロアッソ熊本を離れることとなりました。子どもの頃からの夢であったプロサッカー選手を叶えてくれたチームに別れをつげることはとても心苦しいです。自分を歓迎してくれたサポーターのみなさん、加入してからいろんなことを教えてくれた監督・スタッフ・チームメイト、すべての皆さんに感謝しています」 「楽しいことも苦しいこともありましたが、忘れることはありません。本当は、皆さん一人一人に感謝の気持ちを伝えたい気持ちでいっぱいです。私はこれからもロアッソ熊本のことを応援しています。皆さん、来シーズンもロアッソ熊本を応援してください。ロアッソ熊本が本当に大好きです。2年間、お世話になりました」 2022.11.27 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

熊本がプロ2年目のMF東出壮太、DFレオ・ケンタと契約満了

ロアッソ熊本は18日、MF東出壮太(24)、DFレオ・ケンタ(20)との契約満了を発表した。 東出は北陸大学から2021年に熊本に入団。特別指定選手時代にJ3で3試合に出場。プロ1年目はJ3で10試合、天皇杯で2試合、プロ2年目はJ2で5試合の出場に終わった。 レオ・ケンタは秀岳館高校から2021年に熊本に入団。公式戦の出番は1度もなかった。 両選手のはクラブを通じてコメントしている。 ◆MF東出壮太 「今シーズンでロアッソ熊本を離れることになりました。ロアッソ熊本に関わるすべての方々、2年間ありがとうございました」 「自分の力不足で出場機会が少なく、チームの力になれなかったことが悔しいですが、この最高のチームで2年間共に闘えて幸せです」 「ロアッソ熊本の一員では無くなりますが、心の片隅で応援していただけると嬉しいです。ありがとうございました」 ◆DFレオ・ケンタ 「今シーズンをもちまして、ロアッソ熊本を去ることとなりました。子供の頃からの夢であったプロサッカー選手になることを実現させてくれたのは、ロアッソ熊本のおかげです」 「クラブスタッフ、選手、監督、コーチ陣への感謝の気持ちを忘れることはできません」 「残念ながら多くの怪我に見舞われ、自分の力を十分に発揮することができませんでした。しかし、最後まで私を応援してくれたクラブの皆さん、特にサポーターの皆さんには、本当に感謝しています」 「残念ながらチームを去ることになりましたが、これからしっかりと怪我を治して、また高いレベルでのプレーに戻れるために最大限の努力をします」 「また、私に日本の扉を開いてくれた秀岳館高校への感謝の気持ちは、一生忘れません。皆様いろいろと本当にありがとうございました。また会いましょう!」 2022.11.18 21:03 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly