各カテゴリーの日本代表年間スケジュールが発表! カタールW杯予選や女子アジアカップなど

2021.12.17 14:47 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎JFA
日本サッカー協会(JFA)は17日、2022年の日本代表年間スケジュールを発表した。

2021年は、コロナ禍において東京オリンピックやカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選が開催。一方で、世代別の国際大会が中止になるなど、大きな変更が起きたシーズンだった。

2022年に関しては、日本代表はカタールW杯が11月21日から12月18日まで開催。その出場権を懸け、1月27日に中国代表、2月1日にサウジアラビア代表、3月24日にオーストラリア代表、3月29日にベトナム代表と対戦。現在2位につける中で、そのまま出場権確保といきたいところだ。

なお、2022年最初の試合は、1月21日のキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦となる。

また、5月から6月にかけてと9月にインターナショナルウィンドウが設定。7月には19日から27日に中国でEAFF E-1サッカー選手権が予定されている。

同日会見に出席した反町康治技術委員長は、5月から6月にかけては4試合の親善試合を予定していると明言。ただ、カタールW杯開幕直前の11月の強化試合については海外組との折り合いもあるため未定とのこと。「できて2試合」とのみ答えた。

なでしこジャパンは、1月にトレーニングキャンプを実施。その後、1月20日からAFC女子アジアカップがインドで開催され、2月6日まで行われる、その後は4月、6月、11月にインターナショナルウインドウが設定されているほか、7月にはトレーニングキャンプとEAFF E-1サッカー選手権、9月にはアジア競技大会、10月には2試合の国際親善試合が予定されている。

大岩剛監督の就任が決定した2024年のパリ五輪出場を目指すU-21日本代表は、3月にトレーニングキャンプと海外遠征を予定。5月にはAFC U-23アジアカップがウズベキスタンで行われる。9月には中国で開催されるアジア競技大会に出場、11月には海外遠征も予定されている。

その他、U-19日本代表は9月にU-20アジアカップ予選、 U-16日本代表は9月から10月にかけてU-17アジアカップ予選が開催。U-20日本女子代表は8月にコスタリカでU-20女子W杯、U-17日本女子代表は10月にインドでU-17女子W杯が開催される。

また、フットサル日本代表は10月にフットサルアジアカップがクウェートで開催。その地区予選が4月上旬に予定されている。

各カテゴリーの日本代表のスケジュールは以下の通り。

◆2022年 年間スケジュール

【SAMURAI BULE(日本代表)】
・1月21日
キリンチャレンジカップ2022
vsウズベキスタン代表/埼玉スタジアム2002

・1月27日
カタールW杯アジア最終予選
vs中国代表/埼玉スタジアム2002

・2月1日
カタールW杯アジア最終予選
vsサウジアラビア代表/埼玉スタジアム2002

・3月24日
カタールW杯アジア最終予選
vsオーストラリア代表/未定

・3月29日
カタールW杯アジア最終予選
vsベトナム代表/埼玉スタジアム2002

・5月30日〜6月14日
FIFA インターナショナルウインドウ

・7月19日〜7月27日
EAFF E-1サッカー選手権/中国

・9月19日〜9月27日
FIFA インターナショナルウインドウ

・11月21日〜12月18日
カタールW杯

【なでしこジャパン(日本女子代表)】
・1月11日〜1月16日
トレーニングキャンプ

・1月20日〜2月6日
AFC 女子アジアカップ/インド

・4月4日〜4月12日
FIFA インターナショナルウインドウ

・6月20日〜6月28日
FIFA インターナショナルウインドウ

・7月13日〜7月17日
トレーニングキャンプ

・7月19日〜7月27日
EAFF E-1サッカー選手権/中国

・9月7日〜9月25日
アジア競技大会/中国・杭州

・10月6日
国際親善試合/ノエビアスタジアム神戸

・10月9日
国際親善試合/長野Uスタジアム

・11月7日〜11月15日
FIFA インターナショナルウインドウ

【U-21日本代表】
・3月6日〜3月9日
トレーニングキャンプ

・3月21日〜3月29日
海外遠征

・5月8日〜5月11日
トレーニングキャンプ

・5月23日〜6月19日
AFC U-23アジアカップ/ウズベキスタン

・9月7日〜9月25日
アジア競技大会/中国・杭州

・11月14日〜11月22日
海外遠征

【U-19日本代表】
・2月27日〜3月2日
トレーニングキャンプ

・3月21日〜3月29日
海外遠征

・4月24日〜4月27日
トレーニングキャンプ

・5月26日〜6月13日
海外遠征

・8月14日〜8月17日
トレーニングキャンプ

・9月5日〜9月19日
AFC U-20アジアカップ予選

・11月14日〜11月22日
海外遠征

【U-18日本代表】
・2月下旬〜3月上旬
トレーニングキャンプ

・6月18日〜6月22日
トレーニングキャンプ

・8月22日〜8月28日
SBSカップ国際ユースサッカー/静岡

・11月14日〜11月22日
海外遠征

【U-17日本代表】
・3月16日〜3月21日
トレーニングキャンプ

・8月8日〜8月14日
国内大会

・9月13日〜9月19日
国際ユースサッカー/新潟

・11月14日〜11月22日
海外遠征

【U-16日本代表】
・2月上旬
トレーニングキャンプ

・3月中旬
トレーニングキャンプ

・4月10日〜4月20日
モンテギュー国際大会/フランス

・6月8日〜6月12日
U-16インターナショナルドリームカップ/ユアテックスタジアム仙台

・7月10日〜7月14日
トレーニングキャンプ

・8月中旬
海外遠征

・9月26日〜10月10日
AFC U-17アジアカップ予選

・11月中旬
海外遠征

【U-15日本代表】
・2月上旬
トレーニングキャンプ

・6月中旬
海外遠征

・8月上旬
トレーニングキャンプ

・10月下旬
海外遠征

【U-20日本女子代表】
・3月6日〜3月10日
トレーニングキャンプ

・5月8日〜5月12日
トレーニングキャンプ

・6月13日〜6月30日
海外遠征

・7月29日〜8月5日
トレーニングキャンプ

・8月6日〜8月30日
U-20女子ワールドカップ/コスタリカ

【U-17日本女子代表】
・2月27日〜3月3日
トレーニングキャンプ

・4月10日〜4月14日
トレーニングキャンプ

・5月15日〜5月20日
トレーニングキャンプ

・7月10日〜7月14日
トレーニングキャンプ

・8月中旬
海外遠征

・9月30日〜10月6日
トレーニングキャンプ

・10月
U-17女子ワールドカップ/インド

【U-15日本女子代表】
・8月
トレーニングキャンプ

【フットサル日本代表】
・1月20日〜2月4日
FIFA インターナショナルウインドウ

・4月上旬
フットサルアジアカップ地区予選

・9月5日〜9月12日
トレーニングキャンプ

・9月15日
国際親善試合/松江市総合体育館

・9月18日
国際親善試合/スカイホール豊田

・10月上旬〜中旬
フットサルアジアカップ

・11月5日〜11月9日
トレーニングキャンプ

【フットサルU-19日本代表】
・3月7日〜3月14日
海外遠征/スペイン

・5月27日〜6月5日
トレーニングキャンプ

・12月25日〜12月27日
トレーニングキャンプ

【フットサル日本女子代表】
・8月
トレーニングキャンプ

・11月
海外遠征

【ビーチサッカー日本代表】
・2月
トレーニングキャンプ

・5月
トレーニングキャンプ

・6月
海外遠征

・8月
トレーニングキャンプ

・10月25日〜10月29日
インターコンチネンタルカップ/UAE

【サッカーe日本代表】
・1月27日〜1月28日
FIFAe Nations Online Qualifiers 2022 Play-In Match Week2

・3月10日〜3月11日
FIFAe Nations Online Qualifiers 2022 Play-In Match Week3

・4月7日〜4月8日
FIFAe Nations Online Qualifiers 2022 Play-In Match Week4

・4月下旬
サッカーe日本代表選考

・5月19日〜5月21日
FIFAe Nations Online Qualifiers 2022 Play-In Main Stage

・6月7日〜6月12日
FIFAe Nations Playoffs 2022

・7月18日〜7月24日
FIFAe Nations Cup 2022


関連ニュース
thumb

リバプールで公式戦10得点、南野拓実は日本人初のCL決勝出場なるか「日本最高のセカンドストライカー」

限られた時間で結果を残すリバプールの日本代表FW南野拓実に、国内から大きな期待が寄せられている。 今季のプレミアリーグではスタメン出場が1試合だった南野。セネガル代表FWサディオ・マネやエジプト代表FWモハメド・サラーなど、強力なタレントの後塵を拝したものの、計11試合に出場して3ゴールを記録。FAカップやEFLカップ(カラバオカップ)を含めれば、公式戦10得点という成果を残している。 チームはプレミアこそマンチェスター・シティに次ぐ2位に終わったものの、FAカップとカラバオカップではチェルシーを下し、トロフィーを掲げている。『DAZN Japan』は限られた出場時間の中でも結果を残したアタッカーのゴール集を作成。リーグ戦とFAカップで奪った6得点をまとめた。 ファンは「カラバオ杯は南野無しには優勝できなかった」、「限られた時間でしっかり結果を残していることは、本当に凄い」、「日本最高のセカンドストライカー」、「ホントにすごい夢を見させてもらった」と、南野の活躍を噛みしめている。 リバプール残留か移籍か、去就に注目が集まる南野だが、28日にはレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝という大舞台が控えている。 CL決勝では2011-12シーズンに当時バイエルンの宇佐美貴史(現:ガンバ大阪)がベンチ入りしたが、出場はなく、試合もPK戦の末に敗れている。もし南野が出場すれば、男子のCL決勝で初めてピッチに立つ日本人選手となり、タイトル獲得ともなればとてつもない偉業を達成することとなる。 今季は随所で輝きを放った日本のエース。ラストマッチでも何かを期待せずにはいられない。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実、今季リーグ&FAカップ全ゴール集</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/sI92G82RyO8" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.05.24 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

日本人カルテット擁するセルティック、来季ホームユニはスリーストライプを銀にマイナーチェンジか

セルティックの来季ホームユニフォームがリークされたようだ。『Footy Headlines』が伝えている。 横浜F・マリノスでも指揮を執ったアンジェ・ポステコグルー監督率いるセルティックは、スコティッシュ・プレミアシップで2季ぶり52度目の優勝を達成。リーグカップ制覇と併せて2冠を成し遂げた。 日本代表FW古橋亨梧を筆頭に、前田大然、旗手怜央、井手口陽介といったJリーグから海を渡った選手たちも軒並み結果を残し、国内外から大きな注目を集めた。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)へもストレートインが決まったセルティック。どうやら2022-23シーズンのユニフォームデザインがリークされたようだ。 クラブの象徴とも言える緑と白のボーダーはそのままに、襟はVネックとなる模様。ボーダーの幅がやや太くなり、エンブレムとアディダスのロゴが緑のラインに乗るため、白地となる。肩のスリーストライプはシルバーでアクセントが付けられた。 また、目を凝らすと、緑のボーダー内に微細なパターンを見て取ることができる。 新たな日本人選手の獲得も噂されているセルティック。来季はどのような旋風を巻き起こすだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】リークされたセルティックの来季ホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Apparently the new Celtic home shirt (thanks to <a href="https://twitter.com/KitConnorsseur?ref_src=twsrc%5Etfw">@KitConnorsseur</a> for the heads up, don&#39;t know the original source of the photo) <a href="https://t.co/Kt3Uk7ywmj">pic.twitter.com/Kt3Uk7ywmj</a></p>&mdash; Jack Henderson (@hendocfc) <a href="https://twitter.com/hendocfc/status/1528108133444378626?ref_src=twsrc%5Etfw">May 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 21:06 Tue
twitterfacebook
thumb

U-20アジアカップの予選組み合わせが決定! 日本はイエメン、パレスチナ、ラオス、グアムと同居

アジアサッカー連盟(AFC)は24日、マレーシアのクアラルンプールで、AFC U-20アジアカップの予選組み合わせ抽選会を実施した。 2023年にウズベキスタンで開催されるU-20アジアカップ。その予選は今年9月に開催される予定となっている。 日本はグループCに入り、イエメン、パレスチナ、ラオス、グアムと同居。ラオスでの試合開催となる予定だ。 そのほか、韓国はグループEに入り、マレーシア、モンゴル、スリランカと同居。サウジアラビアはグループAに入り、中国、ミャンマー、モルディブ、ウズベキスタンと同居した。 なお、各グループの1位チームが本大会出場。2位チームのうちの上位5チームも本大会に出場する。 ◆予選組み合わせ結果 グループA:サウジアラビア、中国、ミャンマー、モルディブ、ウズベキスタン グループB:カタール、バーレーン、バングラデシュ、ネパール、ブータン グループC:日本、イエメン、パレスチナ、ラオス、グアム グループD:ヨルダン、チャイニーズ・タイペイ、シリア、トルクメニスタン、北マリアナ諸島 グループE:韓国、マレーシア、モンゴル、スリランカ グループF:インドネシア、ベトナム、香港、東ティモール グループG:タイ、オマーン、フィリピン、アフガニスタン グループH:オーストラリア、イラク、インド、クウェート グループI:タジキスタン、カンボジア、レバノン、シンガポール グループJ:UAE、イラン、キルギス、ブルネイ・ダルサラーム 2022.05.24 19:59 Tue
twitterfacebook
thumb

U-23アジアカップ制覇へ、大岩剛監督が意気込み「結果を求めていく中で、成長につなげていければ」

U-21日本代表の大岩剛監督が、AFC U-23アジアカップに向けたメンバー21名を発表した。 U-23の大会ながら、日本はU-21の世代で臨む今大会。23名の登録選手のうち、21名をまずは発表。海外組を4名招集した他、Jリーグでプレーする選手を中心に招集した。 UAE、サウジアラビア、タジキスタンとグループステージで戦う日本。今回のメンバー招集にあたり、大岩監督はJリーグの各クラブへの感謝の気持ちを述べた。 「今回メンバーを発表させていただきますが、これに至る経緯としては、Jリーグの各クラブの関係者の皆様に非常に多大なご協力をしていただき非常に感謝しています」 「難しいタイミングでのアジアカップの参加になると思いますが、たくさんのJリーグのクラブの協力があって参加することになります。感謝しております」 21名と2人少ない理由について大岩監督は説明。直前までJリーグの試合があることから、コンディションを見極めて2人を発表したいと語った。 「最大で23人登録が可能ですが、このタイミングでの発表は現在は21人の発表にさせていただいております」 「Jリーグ関係者への感謝とともに、非常に過密で今日の発表から明日、週末とこれから2試合を戦ってIMD(インターナショナル・マッチデー)に入っていく中で、選手のコンディションであったりケガの状況であったりを鑑みて、今回は21人で発表させていただきました。この2試合を戦った上で、残りの2人を発表させていただく形を取らせていただいております」 そののこりの2人については「中盤から前線にかけてもこれから選手を発表できればと思っています」と語り、攻撃的な選手が呼ばれることになるようだ。 3月に優勝したドバイカップや、トレーニングキャンプなどを行ってきた中、今回のメンバー選考の基準については「発足当時から私の口からも言っていますが、今回のアジアカップでは最大6試合。最初の予選リーグ3試合を勝ち抜ければの話ですが、非常にタフなゲームが待っています。それに対してコンディションよくタフに戦える選手を求めて、選手たちにしっかりと発揮してもらえるような選考をしたつもりです」とコメント。優勝を目指す上で、能力的にもコンディション的にも整っている選手を呼んだという。 9月に予定されていたアジア競技大会が中止になり、貴重な実践の場が減っている状況。その中での今大会の位置付けについては、しっかりと結果を残したいとした。 「今後のことも考えて、グループを成熟させる、成長させることを考える中で、積み上げや成長は期待していきますが、今回のアジアカップは今後の我々の予選に関わる大会なので、先のことよりも今回の大会でしっかり優勝を目指すと」 「結果を求めていく中で、成長につなげていければと思います」 「9月のアジア大会がなくなりましたけど、色々なアクシデント、イレギュラーがある中で、1つの活動に集中してやっていこうと考えています。今回の非常に重要な大会だと思っていますし、アジアカップでしっかり優勝するという目標に向かってチーム全体で前進していきたいと思います」 その中で、海外でプレーする4人を招集した。海外でプレーする選手が今後増えていく可能性についても大岩監督は示唆した。 「今後おそらく我々のグループからも海外に移籍するであろう選手もいるので、今後も増えていくと思います」 「今のSAMURAI BLUEがそうですが、各国で試合に出続けること。そのタフさというのは我々のグループの選手たちも感じると思うので、日本代表にはしっかり持ち込んで欲しいと思いますし、海外組は4人いますが、もっと増えて、もっとタフなグループにしていきたいと思います」 パリ・オリンピックを目指す上では、今大会でも中心になっていくであろう選手たちが見えてくるはずだ。大岩監督はその点について「核になるというか、各クラブで高いレベルのパフォーマンスを見せている選手たちは、この先も海外に行ったりと色々なことが起きると思います」と語り、「常時試合に出たり良いパフォーマンスをし続けることが大事だと思います。そこを見極めながら、核となる選手がたくさん出ることが重要です。そういう選手が増えるような活動にしていく。しっかり選手を成長させたいと思います」と語り、中心になれる選手たちをどんどん増やしていきたいとした。 一方で、U-19世代や大学生への刺激、また、A代表へのステップアップを図るためにも大事な大会になると語った。 「この大会は我々にとっても重要で、色々な部分を周りに発信するという点でも重要だと思います」 「SAMURAI BLUEにいく選手、U-19から上がってくる選手、大学生も含まれているので、良い刺激になるような質の高いゲームをして結果を残す。この年代の最前線にいるんだというグループであり続けたいと思っています」 2022.05.24 17:53 Tue
twitterfacebook
thumb

日本人選手がポーランド女子リーグで初のタイトル! 来季UWCL出場権も獲得

ポーランド女子リーグで日本人選手が歴史を作った。 ポーランド女子サッカー1部・エクストラリガに所属するTMS SMSウッチは22日、AZS UJクラクフとアウェイで対戦し、2-1で勝利を収めた。 残り1試合を残して2位のグルニク・ウェンチナと勝ち点「3」差の首位に立ったSMSウッチは、直接対決での結果で上回っているため、優勝が決定。昨季2位からリベンジを果たし、悲願のクラブ初となるリーグタイトルを獲得した。 同時に、来季のUEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)ラウンド1への出場権も獲得している。 SMSウッチには日本人の圓乘由理奈(えんじょうゆりな)が所属。圓乘はこの試合でもフル出場を果たしていた。 FW登録されていた大阪国際大学から2018年にSMSウッチへ加入し、エクストラリガでは初の日本人選手としてプレーをしている圓乘。今回の栄冠で、同リーグにおいてタイトルを獲得した初の日本人選手となった。 圓乘は自身のSNSで喜びのコメントを伝えている。 「2021-22シーズン残り1試合残して今日2-1で勝ち、優勝を決めました!ポーランドで優勝した日本人は初らしいです。最高の誕生日です!」 <span class="paragraph-title">【写真】タイトル獲得の喜びを口にする圓乘</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pl" dir="ltr">Piłkarki TME SMS Łódź mistrzem Polski. Dziewczyny, jesteście wielkie, jesteście dumną naszego miasta. Gratuluję Wam z całego serca! Andrzej Kuczyński <a href="https://t.co/MkvASJvKlg">pic.twitter.com/MkvASJvKlg</a></p>&mdash; Hanna Zdanowska (@HannaZdanowska) <a href="https://twitter.com/HannaZdanowska/status/1528323227025657856?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2021-22シーズン残り1試合残して今日2-1で勝ち、優勝を決めました!ポーランドで優勝した日本人は初らしいです<br>最高の誕生日です <a href="https://t.co/bnjLUO7cX9">pic.twitter.com/bnjLUO7cX9</a></p>&mdash; Yurina Enjo (@yrnaa14) <a href="https://twitter.com/yrnaa14/status/1528347786726543361?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 14:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly