「改革の歯車は止めません」J3降格決定の北九州が声明「戦力の再構築を図ります」

2021.12.05 22:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
J3降格が決定したギラヴァンツ北九州は5日、声明を発表した。

前節を終えた時点で降格圏の20位に位置していた北九州。残留圏への浮上は叶わない状況だったが、勝ち点上は19位に浮上できる可能性。J3の結果次第ではJ2に残留できる可能性が残されていた。

そんな中迎えた最終節は、7位のモンテディオ山形との一戦。19位SC相模原との得失点差9を埋めるべく試合に臨み、立ち上がりから積極的な攻勢を見せた。

しかし、序盤のシュートを凌がれると、山形のFWヴィニシウス・アラウージョの餌食に。前半だけで2点を奪われると、後半もヴィニシウス・アラウージョに2ゴールを許すなど、5-1で大敗。僅かな夢も打ち砕かれ、J3への降格が決定した。

その北九州は、玉井行人 代表取締役社長の名義で声明を発表。J3降格を受けての謝罪とともに、

「今節の試合結果をもって、私たちギラヴァンツ北九州は2022シーズンのJ3への降格が決まりました。これまで、どのような状況でも、熱い応援、手厚いご支援をいただいているファン・サポーターの皆様、スポンサー企業の皆様、北九州市はじめ自治体の皆様の期待に応えることができず、深くお詫びを申し上げます。誠に申し訳ありません。皆様には極めて悔しく、残念な想いをさせてしまい経営トップとして責任を痛感しております」

「今シーズンは主力選手の移籍に伴って、まったく新しいチームとして臨む形となり、序盤から苦しい戦いを強いられました。夏以降はJ2残留に目標を定め、昨シーズンまで在籍した選手2人を期限付き移籍で獲得して戦いましたが、ついに目標には届きませんでした。現実を真摯に受け止め、このような事態に至った要因を分析して、来シーズン、復帰に向けた総力戦を始めます」

「ただ、北九州という地域のDNAに基づく強いサッカーを志向するという基軸は決してゆるがせにしません。2019シーズン、2020シーズンのギラヴァンツ北九州の躍進は決して偶然ではないと確信するからです。クラブとしてこうしたサッカーを持続可能にする経営基盤づくりを急がねばなりません。いったん態勢を整えて、戦力の再構築を図ります」

「改革の歯車は止めません。時に後退することもあるかもしれませんが、一コマでも、二コマでも着実に堅実に前に進めていくつもりです」

「そのためにもギラヴァンツ北九州を支えてくださる皆様の後押しが必要です。誠に勝手ではございますが、引き続き、クラブへのお力添えを賜りますよう何卒お願い申し上げます」


関連ニュース
thumb

7県で天皇杯出場チームが決定! J3勢では鳥取と北九州の出場が決定《天皇杯》

日本サッカー協会(JFA)は24日、第102回天皇杯の出場チームが7県で決定したことを発表した。 天皇杯は5月21日に開幕を迎える中、各都道府県では出場権を争って予選が行われている。 24日には、7県で決勝が行われた。 鳥取県では、ガイナーレ鳥取とYonago Genki SCの決勝が行われ、5-0でガイナーレ鳥取が勝利。2年連続24回目の出場を決めた。 島根県では、FC神楽しまね(旧:松江シティFC)とベルガロッソ浜田の決勝が行われ、3-0でFC神楽しまねが勝利。8年連続9回目の出場を決めた。 岡山県では、三菱水島FCと環太平洋大学の決勝が行われ、1-2で環太平洋大学が勝利。2019年以来3年ぶりとなる3回目の出場を決めた。 広島県では、福山シティFCとSRC広島の決勝が行われ、2-1で福山シティFCが勝利。3年連続3回目の出場となった。 山口県では、FCバレイン下関と周南公立大学(旧:徳山大学)の決勝が行われ、0-1で周南公立大学が勝利。2019年以来3年ぶりとなる12回目の出場を決めた。 徳島県では、イエローモンキーズとFC徳島の決勝が行われ、0-5でFC徳島が勝利。7年連続7回目の出場を決めた。 福岡県では、ギラヴァンツ北九州と福岡大学の決勝が行われ、0-0のまま120分間が終了。PK戦の末、4-2でギラヴァンツ北九州が2年連続13回目の出場を決めた。 残りの都道府県では、5月1日に山形県、5月5日に和歌山県、5月7日に埼玉県、千葉県、岐阜県、滋賀県、京都府、大阪府、長崎県、熊本県、残りは8日に代表チームが決定する。 ◆出場決定チーム 【アマチュアシード】Honda FC [7年連続42回目] 【秋田】ノースアジア大学 [初出場] 【鳥取】ガイナーレ鳥取 [2年連続24回目] 【島根】FC神楽しまね [8年連続9回目] 【岡山】環太平洋大学 [3年ぶり回目] 【広島】福山シティFC [3年連続3回目] 【山口】周南公立大学 [3年ぶり12回目] 【徳島】FC徳島 [7年連続7回目] 【福岡】ギラヴァンツ北九州 [2年連続13回目] 2022.04.24 21:34 Sun
twitterfacebook
thumb

J3北九州の4選手が新型コロナウイルス陽性判定

ギラヴァンツ北九州は22日、トップチームの4選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、22日の朝に1名が体調不良を訴え、定期抗原検査で3名に陽性反応が出たことを受けてPCR検査を実施。これにより4名が陽性となったという。 選手1名は症状が特になく、22日に行われた定期抗原検査で陽性反応。PCR検査でも陽性判定を受けたという。 選手1名は22日にのどの違和感、倦怠感があり、病院でPCR検査を受けたところ陽性判定を受けた。 もう1名は22日にのどの痛みがあり、定期抗原検査、PCR検査で陽性に。残りの1名は鼻水の症状があり、こちらも両検査で陽性となった。 なお、クラブ内には濃厚接触者はおらず、残りのスタッフや選手は全員陰性とのことだ。 また、24日に行われる第26回福岡県サッカー選手権大会決勝戦は実施される。 2022.04.22 20:19 Fri
twitterfacebook
thumb

北九州のMF前川大河が2月に入籍「頑張れているのは、彼女のサポートがあっての事」

ギラヴァンツ北九州は21日、MF前川大河(25)の入籍を発表した。 前川は2月に入籍していたとのこと。喜びをクラブを通じてコメントしている。 「私事ではございますが、かねてよりお付き合いしていた方と入籍致しました。いつもサッカーを頑張れているのは、彼女のサポートがあっての事だと思っています」 「これからは、彼女と共に自分たちなりの幸せな家庭を築いていきたいと思います!ファン·サポーターの皆さん、これからも応援よろしくお願い致します!」 前川はセレッソ大阪の下部組織育ち。2015年にトップチームに昇格すると、徳島ヴォルティス、アビスパ福岡、モンテディオ山形への期限付き移籍を経て、2021年から北九州でプレーしていた。 2021シーズンは明治安田生命J2リーグで40試合に出場し3得点を記録するも、チームは降格。今シーズンはキャプテンも務め、明治安田生命J3リーグで5試合に出場している。 2022.04.21 17:37 Thu
twitterfacebook
thumb

「共に闘っていきましょう!」GK不足の大宮が北九州GK志村滉を期限付きで獲得

大宮アルディージャは7日、ギラヴァンツ北九州のGK志村滉(25)を期限付き移籍で獲得することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなっており、ギラヴァンツ北九州と対戦する公式戦には出場できない。背番号は「40」となる。 志村は市立船橋高校から2015年にジュビロ磐田に入団。2018年6月から短期で水戸ホーリーホックへと育成型期限付き移籍を経験していた。 2016年にはJ1リーグで10試合に出場するなど出場機会を得たが、その後は出場機会を得られず。2020シーズンは終盤にFC東京へと期限付き移籍。2021年から北九州に完全移籍していた。 北九州では2021シーズンに明治安田生命J2リーグで2試合に出場したのみ。今季は出番がなかった。 志村は両クラブを通じてコメントしている。 ◆大宮アルディージャ 「このたび、ギラヴァンツ北九州から期限付き移籍で加入します志村滉です。チームを勝利に導くことができるように努力していきますので、共に闘っていきましょう!」 ◆ギラヴァンツ北九州 「この度、大宮アルディージャへ期限付き移籍することとなりました。 直接チームの力になることがなかなかできず、毎試合熱い応援をしてくださるファン・サポーターの皆さんの前で、自分の活躍する姿をもっと見せたかったという思いがあります」 「前節連勝して、シーズンはこれからという時にチームを離れるのは心苦しいですが、大宮アルディージャで結果を残し、成長した姿をお見せしたいと思っています」 「これからは一サポーターとしてギラヴァンツ北九州のJ2昇格と躍進を強く願っていますし、それに負けないよう僕の活躍が皆さんの耳に届くように努力していきます。それでは、行ってきます!」 大宮はGK上田智輝が右ヒザ膝蓋腱断裂と診断され全治は6〜8カ月。GKはベテランの南雄太とルーキーの若林学歩のみとなっていた。 2022.04.07 10:01 Thu
twitterfacebook
thumb

北九州で104試合に出場したDF野口航が今治に加入「全てを懸けてプレーします」

FC今治は7日、ギラヴァンツ北九州を退団したDF野口航(26)の完全移籍加入を発表した。背番号は「41」となる。 大分トリニータ下部組織出身の野口は大津高校、筑波大学を経て、2018年に北九州でプロキャリアをスタートした。 北九州では2018年はJ3で23試合、2019年はJ3で27試合に出場。チームはJ2に昇格すると、2020年はJ2で27試合に出場し初ゴールとなる1得点、2021年はJ2で26試合に出場していた。 入団以降レギュラー格でプレーしていた野口だったが契約満了。フリーの状態が続いていたが、今治加入が決まった。 野口はクラブを通じてコメントしている。 「この度、FC今治に加入することにりました野口航です。 FC今治の一員になることができ、大変嬉しく思います。J2昇格という目標が達成出来るように、自分自身の全てを懸けてプレーします」 2022.03.07 18:22 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly