ベティスに競り負けたバルセロナがチャビ体制初黒星…運命のCLバイエルン戦に弾み付けられず《ラ・リーガ》

2021.12.05 02:31 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第16節、バルセロナvsベティスが4日にカンプ・ノウで行われ、アウェイのベティスが0-1で勝利した。

前節、ビジャレアルとの強豪対決を試合終盤の連続ゴールによって勝ち切った7位のバルセロナ(勝ち点23)は、今季初のアウェイゲーム勝利と共にラ・リーガ連勝を飾った。週明けに突破を懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦を控える中、今節は5位のベティス(勝ち点27)との上位対決に臨んだ。

チャビ監督はこの一戦に向けビジャレアル戦から先発3人を変更。ピケとエリック・ガルシア、フレンキー・デ・ヨングに代えてデスト、ラングレ、コウチーニョを起用。前線は右からアブデ、デパイ、コウチーニョという並びとなった。なお、ジョルディ・アルバはこの試合でバルセロナでの通算400試合出場を達成した。

ボールを握って主導権を掴んだバルセロナは、左ウイングで起用されたコウチーニョが個人技で局面を打開する場面を続けて作るなど、まずまずの入りを見せる。11分には左サイド深くに抜け出したアルバの折り返しに反応したコウチーニョがニアでワンタッチシュートを試みるが、これはGKルイ・シウバの好守に遭う。

その後はベティスが盛り返してカウンターからフィニッシュまで持ち込む場面を作り出すなど、試合は徐々に膠着状態に陥る。そういった中、30分過ぎにはベジェリンのクリアをもろに側頭部に受けたガビが脳震とうによってプレー続行不可能となり、ストレッチャーに乗せられてピッチを後にするアクシデントが発生。これを受け、リキ・プッチが36分にスクランブル投入された。

前半終盤はベティスの時間帯が続いたが、試合は0-0のイーブンのまま後半へ突入。バルセロナが前半同様に押し込む形となるが、ベティスもオフサイドで取り消しとなったものの、フアンミがゴールネットを揺らすなど良い形の仕掛けを見せる。

何とか先にゴールをこじ開けたいバルセロナは59分、コウチーニョとニコ・ゴンサレスを下げてデンベレとF・デ・ヨングという切り札2選手を投入。この交代で流れを引き寄せたバルセロナはデンベレの個人技を軸に相手ゴールへ迫り、60分過ぎにデンベレ、76分にもデンベレがボックス付近で際どいシュートを放つが、いずれも枠を捉え切れない。

すると、79分にはベティスが縦パス一本で右サイドを破ったカナレスがボックス右で複数のDFを相手にボールキープ。遅れてサポートに入ったテージョが冷静に左でフリーのフアンミにラストパスを送ると、フアンミがGKテア・シュテーゲンのポジションを見極めてゴール右下隅へシュートを流し込んだ。

押し込みながらも先に失点を許したバルセロナは82分にアブデ、ラングレを下げてピケとルーク・デ・ヨングを同時投入。ここからこれまでの地上戦に加え、空中戦を交えた攻撃でゴールをこじ開けにかかるが、集中力を切らさない相手の守備に対して、最後の局面で連携、プレーの質を欠きゴールが遠い。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ベティスとの強豪対決に惜敗したバルセロナはチャビ新体制初黒星。運命のCLバイエルン戦に向けて弾みを付けることはできなかった。


関連ニュース
thumb

バルセロナ、至宝ガビとの契約延長目前に… 解除条項は10億ユーロに設定か

バルセロナに所属するスペイン代表MFガビ(17)の契約延長が目前に迫っているようだ。スペイン『Cadena Cope』が報じている。 今シーズン限りで契約が失効するガビの契約延長交渉は、数カ月前から行われてきたが現在まで決着しておらず、国外のビッグクラブからの関心も報じられていた。 だが『Cadena Cope』によれば、バルセロナは16日の午後にガビの代理人であるイバン・デ・ラ・ペーニャ氏と最終的な話し合いを実施。2時間に及ぶ会談の末に2027年前契約を延長する契約書が作成されたようだ。 なお、今回の契約書でカビのリリース条項は、現在の5000万ユーロ(約68億円)から10億ユーロ(約1343億円)に引き上げられる予定だという。 バルセロナのカンテラで育ち、昨年8月末のヘタフェ戦でトップチームデビューをしたガビ。17歳ながらここまで公式戦46試合に出場し、主力の一人として活躍中だ。また、同年10月には85年ぶりの更新となる史上最年少でスペイン代表デビューも果たしていた。 2022.05.17 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「頭を痛めることじゃない」…バイエルンCEOが延長拒否のレヴァンドフスキに「23年までの契約を全うしてもらう」

バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるオリバー・カーン氏がポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)の移籍希望に応じない姿勢を示した。イギリス『The Athletic』が報じている。 今季も類稀なゴールセンスを発揮して、欧州5大リーグ史でも初となるチームのブンデスリーガ10連覇に貢献したレヴァンドフスキ。だが、2023年夏までの現行契約を巡る動きが注目を浴びている。 バイエルンで輝かしいキャリアを築くレヴァンドフスキだが、なかなか新契約の締結に至らず、14日に行われたリーグ最終節のヴォルフスブルク戦後に更新しない意思とともに今夏移籍を示唆した。 それに伴い、噂されるバルセロナ行きの話がさらに加熱しているが、自身もかつてバイエルンの絶対守護神として活躍したカーン氏は「頭を痛めるようなことじゃない」と契約遵守を強調した。 「我々は彼の代理人にオファーを出した。彼はそれを拒否した。それは彼の権利だ」 「しかし、彼はまだ契約があって、それを全うしてもらう。それが事実だ」 「我々はそれを明確かつ一貫してやっている。それがここバイエルンでのやり方だ」 「クラブの上に立つ選手などいないんだ」 2022.05.16 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

リーガ2位確定のバルサ、チャビ監督「来季はタイトル争いを」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が来季に向けて抱負を語った。 成績不振のロナルド・クーマン監督に代わり、昨年11月にチャビ体制が誕生したバルセロナ。就任当初はラ・リーガで9位に沈んでいたチームだったが、シーズン終盤には優勝争いに加わるほどまでの復調を見せた。 15日に行われた第37節ではヘタフェとのアウェイ戦に臨んだが、ゴールレスドローのままタイムアップ。しかし、3位のアトレティコ・マドリーも今節引き分けたことで今季の2位フィニッシュが確定した。 チャビ監督は試合後、低迷していたチームの復活ぶりに一定の満足感を示しつつも、来季のタイトル獲得に向けては強い想いを示した。 「我々は常に勝利を目指しているが、実際には今日は引き分けで十分だった。スーペルコパに出場するという最低限の目標はクリアした。これでチームを引き継いでから取り組んできたことを総括できる。 「我々は見事な復活を遂げた。タイトルを獲りたいという希望は達成できていないがね。しかし、我々は自分たちへの打撃を食い止め、素晴らしい戦いぶりを見せてきた。あとは、来シーズンに向けて懸命に努力しなければならない。最終節ではビジャレアルに勝てるということを示したい」 「まずは自分たちを分析するべきだ。そこからチームを強化し、努力を重ねることが必要となってくる。来季はタイトルを懸けて戦わなければならない。いい準備をして、競争力をつけなければならない」 2022.05.16 11:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘタフェvsバルセロナは決定機皆無の“塩試合”…共に残留&2位を確定《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第37節、ヘタフェvsバルセロナが15日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、0-0のドローに終わった。 前節、オーバメヤンのドブレーテの活躍によってホームでセルタに3-1で快勝した2位のバルセロナ(勝ち点72)。これでリーグ3連勝と息を吹き返したブラウグラナは、残り1ポイントで来シーズンのスーペル・コパ・デ・エスパーニャ出場権確保の2位確定となる。 そして、今節は残留争いに身を置く15位のヘタフェ(勝ち点38)のホームに乗り込んだ。チャビ監督は中4日でのアウェイゲームに向け、先発5人を変更。 最終ラインはダニエウ・アウベスが唯一の継続起用となり、ラングレ、ミンゲサ、バルデの3人を起用。また、中盤はジョルディ・アルバと共にサスペンションのフレンキー・デ・ヨングに代わってブスケッツが復帰し、ベンチスタートのデンベレに代わってリキ・プッチを起用。前線にはフェラン・トーレス、オーバメヤン、デパイが並んだ。 立ち上がりからバルセロナがボールを保持して押し込むヘタフェ戦ではお馴染みの試合展開となる。ただ、ダニエウ・アウベスやブスケッツ、ガビを除き、控え中心のメンバー構成の影響が大きく、ビルドアップや連携面で安定感を欠き、前線の選手へなかなか良い形でボールを入れることができない。 一方、コンパクトな陣形で人とスペースをうまく管理するヘタフェは、持ち味の球際の勝負、焦れた相手が無理に差し込んだボールを引っかけながらカウンターを発動。幾度かフィニッシュの場面を作り出す。 前半半ばを過ぎても攻撃のテンポが上がらず、相手の堅守を前に攻めあぐねる状況が続くバルセロナ。37分にはリキ・プッチのスルーパスに抜け出したデパイがボックス内でタメを作った後、マイナスのリターンを受けたリキ・プッチがようやくチームファーストシュートを放つが、これはDFのブロックに遭う。 それでも、このファーストシュートをキッカケにやや良い形で押し込むシーンが増えると、ダニエウ・アウベスからのクロスからフェラン・トーレスに惜しい場面が訪れるなど、アウェイチームが若干盛り返してハーフタイムを迎えることになった。 フィニッシュの数ではホームチームが上回るも、互いに見せ場を作り切れなかったクローズな前半を経て試合は後半に突入。ハーフタイムにメンバー変更を行わず臨んだバルセロナは、前半に比べてややボール回しに改善が見られたものの、なかなかチャンスを作れない。 この停滞を受け、チャビ監督は61分にオーバメヤンを下げてアンス・ファティを投入。さらに、足を痛めて自ら交代を要求したデパイを下げてルーク・デ・ヨングを続けてピッチへ送り込む。そのファティは左サイドで幾度か良い形での仕掛けを見せるが、チームとしてほとんどチャンスを作れない。 その後は互いに他会場の状況を確認していたか、ヘタフェが残留、バルセロナが2位を確定できる状況が維持されたこともあり、リスクを冒さない無風の状態のまま試合はタイムアップ。 互いに決定機皆無の“塩試合”を演じた両者は、仲良く目標達成を祝い合う形での終幕となった。 2022.05.16 04:41 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサとラファエル・ゲレイロが相思相愛? かつて獲得に動いたことも

バルセロナが、ドルトムントのポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロ(28)に関心を持っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ラファエル・ゲレイロは2016年夏にロリアンから加入。度重なるケガでシーズンの大半を治療に費やした2017-18シーズンを除いて、左サイドバックの主力として公式戦188試合に出場している。 ただ、今夏で契約が残り1年を切るにあたって、本人は移籍のタイミングだと感じているようで、代理人が新天地を探している最中なのだという。その中で、バルセロナが自身のスタイルに合うとし、すでにコンタクトを図っているという。 一方、バルセロナはDFジョルディ・アルバのライバルを探して、これまでにチェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソを注視してきた。現在も同選手がメインターゲットのようだが、ラファエル・ゲレイロは800万ユーロ(約10億円)から1000万ユーロ(13億4500万円)で獲得できるという強みがあり、財政難に喘ぐバルセロナにとっては大きなメリットとなる。 なお、バルセロナとラファエル・ゲレイロは、同選手がドルトムントに移籍した2016年夏、DFアドリアーノ・コレイアの後釜として交渉していた過去がある。本人も認めた事実で「バルサに 『ノー』と言うのはとても難しかったけど、僕に必要な時間を与えてくれたドルトムントからのオファーを選んだんだ」と当時明かしていた。 2022.05.15 19:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly