カップ王者・名古屋の新ユニフォームが発表! 「ビクトリー(勝利)」を想起させる“V模様”が散りばめられる

2021.12.04 20:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスは4日、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。

今シーズンはJリーグの他、YBCルヴァンカップ、天皇杯、そしてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦った名古屋。堅守を武器にJリーグでは上位争いを繰り広げたものの、シーズン終盤に勝ち点を取りこぼし5位でシーズンを終え、来シーズンのACL出場権は獲得できなかった。

一方で、YBCルヴァンカップではセレッソ大阪を決勝で下して見事に優勝しタイトルを獲得。ACLでは日本勢で最も勝ち進みベスト8入りを果たすと、天皇杯もベスト8まで勝ち残るなど、4つの大会で一定の結果を残したシーズンとなった。

その名古屋はミズノ製の新たなユニフォームを発表した。

新ユニフォームのデザインコンセプトは「前例のない過酷なシーズンを、全員の力で闘い抜いた。全身に散りばめられた光り輝くVの模様は、グランパスに関わるひとり一人の想いの強さだ。チーム・ファミリーがひとつとなって、勝利(Victory)を積み重ねていくことでそれらは結集し、やがて大きな栄光の光へとなるだろう」とされ、「2020シーズンは日が昇り未来を照らしていく様子を、2021シーズンはコロナ禍に見舞われたサッカー界を照らす希望の光を表現。2022シーズンはその集大成となります」と説明されている。

赤をベースにしたユニフォームには、細かくV模様が散りばめられており、これについては「ユニフォーム全体に散りばめられたV模様のデザインは、グランパスの選手たちをはじめ、クラブに関わるひとり一人の力強いエネルギーを光の集合体として表現。また、V=ビクトリー(勝利)をも想起させ、その勝利の積み重ねがクラブのタイトル、未来の栄光を創っていく様子をイメージしています」と説明されている。



1 2

関連ニュース
thumb

「チャンスではある」名古屋DF中谷進之介、日本代表入りでの変化は「スタンダードは変わった」

日本代表候補トレーニングキャンプの3日目を前に、名古屋グランパスのDF中谷進之介がメディアのオンライン取材に応対した。 17日から始まったトレーニングキャンプ。19名の日本代表候補と3名のトレーニングパートナーの22名が参加している。 21日に予定されていたウズベキスタン代表戦とのキリンチャレンジカップ2022が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で中止に。試合は行えないものの、その後のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けてトレーニングを積んでいる。 2021年6月以来の招集となった中谷。今回はDF吉田麻也(サンプドリア)やDF冨安健洋(アーセナル)が負傷で招集外になることが確実視されており、CBとしては出番が訪れるチャンスでもある。 「麻也くんがケガをしてチャンスではあるので、しっかりアピールして次のメンバーに残りたいと思います」と語った中谷。W杯へ向けたサバイバルとなる1年が始まったが「僕自身の立場でW杯というのは言いづらい立場ですが、グランパスで良い結果、良い状態にして、チャンスが来たときに掴みたいと思うので、結果を残し続けることは意識したいです」と、しっかり日頃のプレーを見せることでチャンスを掴みたいとした。 2021シーズンは守備の要として明治安田生命J1リーグで37試合に出場し2得点を記録した。名古屋と代表の違いについては「ある程度アグレッシブ前から行くことは求められています。CBの守る範囲が広いので、先手先手、先を読みながらプレーすることが大事かなと思います」と、代表では予測が大事だと語った。また「(森保一)監督は攻撃の第一歩としてGKからと言っていて、CBから良いパスを出せればと思います。広い視野を持って良いパスを出せればと思います」と、攻撃面でも貢献していきたいとした。 久々の代表招集での心境の変化については「初めての練習で最初のゲームが一番大変だったと話していました。初招集などのプレッシャーがあったと思います。それがなくなったのは変わったところで、変な感じ方はしなくなったと思います」と、3度目の招集で少しは馴染んできたと感じているようだ。 その代表で感じたことで1年間の過ごし方は変わったと言い「1回代表に入って、そこから期間が空きましたが、入ると残り続けたいと思いますし、基準が代表の基準を自分でも求めるようになるので、意識からくる自分に求めるスタンダードは変わったと思います」と、高いレベルを意識して日頃からプレーしていたようだ。 その中谷だが、最終予選を戦うにはこのトレーニングキャンプでのアピールが重要となる。「チャンスですし、CBの絶対的なレギュラーがいないということで、そこに残っていくことが大事ですし、酒井(宏樹)くんや偉大な先輩方と一緒に戦うために、プレッシャーも感じたいですし、頑張っていきたいです」とコメント。今回に懸ける想いはかなり強いようだ。 自身のストロングポイントについては「安定したプレーができるということは1つ強みかなと思います。対人で勝てるとかは日本人としては難しいので、安定したプレーを90分続けられることは勝てると思います」とコメント。バランスの取り方などを意識していきたいと語った。 2022.01.19 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

「ボランチで得点を取れる」8ゴールと充実したシーズンを終え、日本代表に戻った名古屋MF稲垣祥「チャンスを掴めるかどうか」

日本代表候補トレーニングキャンプが17日にスタート。国内組の選手たちが一堂に会して、月末に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選へ準備をスタートさせた。 合宿初日からハーフコートでの11vs11を行うなど、強度の高いトレーニングを実施した日本代表。W杯イヤーになったということもあり、熱が帯びており、選手たちもしっかりとオフの期間でもトレーニングを積んできたことを見せた。 キャンプ2日を前に、名古屋グランパスのMF稲垣祥がメディアのオンライン取材に応対した。 初招集を受けた2021年3月以来の招集となった稲垣。久々に再び代表に招集された。 これまでのW杯予選については「ちょっとは身近になったかなという感じで、入る前より親近感湧きながら見ていました」とコメント。「ただ、そこまで見方は変わらないで、いちファンとして見ていました」と、チームの一員という意識よりは外の人間という意識の方がまだ強いようだ。 このおよそ1年の間に代表の状況も変化。直近の試合は[4-3-3]となり、アンカーとインサイドハーフ2枚という構成になっている。 中盤の選手たちについて稲垣は「中盤は良い選手が揃っていると思いますし、海外で活躍している選手もそれぞれ能力が高くて、自分自身も参考にしながら見させてもらっています」と、盗めるところを盗むつもりがあるという。 仲間を評価している稲垣だが、自身も生き残るつもりは当然ある。「もちろん自信はありますし、自分自身にしかできないプレー、今まで代表で選ばれているボランチの選手と違うところでの価値を出せる気持ちもあります」とコメント。「ただ評価してくれとは思っていないですが、自分の中で胸に秘めながらプレーし、普段過ごしています」と、ストロングポイントを出していけるようにしたいとした。 その点では、稲垣は1シーズンしっかりとリーグ戦を戦い、チームトップの8ゴールを記録。ベストイレブンにも初選出されるなど、充実したシーズンを送っていた。 その点は武器だと語り「ボランチで得点を取れるというところは1つ武器だと思いますし、それを証明できた昨シーズンだと思うので、そこの存在感は出して行きたいと思います」とコメント。「生き残るにはそこの存在感は必要だろうなと思います」と、他の選手以上にゴールを生み出せる部分は強みにしているようだ。 今回の日本代表では、ケガ人も多く出ており、招集できない選手も多い状況だ。その点ではチャンスを生かすこともできる稲垣。「代表にとってはケガ人が多く出ていることは良くないことだと思いますし、W杯予選を勝っていくところでは少しネガティブなところはあると思いますが、それ以外の選手、自分を含めた選手は、ポロっと溢れてくるチャンスを掴めるかどうかで、選手の価値が大きく変わると思います」とコメント。「僕もそうですが、他の選手たちも気運はあると思うので、この合宿でみんなで高めてやっていきたいと思います」と、このチャンスをしっかりと生かしていきたいと語った。 2022.01.18 21:43 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋退団のガブリエル・シャビエル、札幌へ完全移籍!背番号はチャナティップの18番

北海道コンサドーレ札幌は17日、FWガブリエル・シャビエル(28)が完全移籍加入することを発表した。背番号は18番となる。 2017年7月にクルゼイロからレンタル移籍で名古屋へと加入し、初来日したガブリエル・シャビエル。当時J2に所属していた名古屋では16試合に出場し7ゴール15アシストと攻撃面で大きな力となり昇格に貢献すると、翌年のJ1でも29試合6ゴール11アシストの結果を残し、2019年1月に完全移籍を果たした。 その後も攻撃のアクセントをつける活躍を見せ、2021年は公式戦23試合に出場。通算では公式戦通算133試合に出場し22ゴールを記録した。その功績から、昨季の最終節となった浦和レッズ戦後にはお別れセレモニーが実施された。 そして、新天地は札幌に決定。クラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「このクラブでプレーする機会をいただきとても嬉しく思うと同時にモチベーション高くなっております。新しいチームメイトに慣れて早くチーム戦術に適応出来るように一生懸命頑張ります」 「そしてチームがタイトル争い出来るように最善を尽くし、ファンに喜びを与えたいと思っています!よろしくお願いします」 2022.01.17 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

名古屋、新加入のレオ・シルバとチアゴが間もなく合流!

名古屋グランパスは17日、MFレオ・シルバとDFチアゴのチーム合流日について明らかにした。 今季から長谷川健太監督による新体制がスタートする名古屋。昨季ルヴァンカップを制したマッシモ・フィッカデンティ監督と袂を分かち、2010年以来のJ1制覇を目指す。 新シーズンに向けてはサガン鳥栖からMF酒井宣福とMF仙頭啓矢を獲得したほか、鹿島アントラーズからレオ・シルバを完全移籍で、セレッソ大阪からチアゴを期限付き移籍でチームに加え、戦力を底上げ。 即戦力候補として期待の高い両選手。レオ・シルバは17日、チアゴは18日に合流することとなった。 2022.01.17 17:52 Mon
twitterfacebook
thumb

「プレーの基準を変えないと」東京五輪世代に刺激を受ける名古屋FW相馬勇紀「目に見える結果を増やして行かなければ」

日本代表候補トレーニングキャンプが17日からスタート。名古屋グランパスのFW相馬勇紀が、意気込みを語った。 日本代表は、21日にキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦。27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、2月1日にサウジアラビア代表戦を控えていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の大流行を受け、日本政府はウズベキスタン代表の入国を認めず。その結果、試合は中止となった。 そんな中、キャンプは予定通り実施。国内組の選手たちにとっては、所属クラブのキャンプに参加できない状況となる。 今回招集された相馬はコンディションについて「ウズベキスタン戦があると思って早めに動いていたので、良いコンディションを持続できているかなと思います」とコメント。アピールについては「もう下から這い上がるだけだと思っているので、練習から武器や特徴を全面に出せればと思います」と、しっかりアピールしたいと意気込んだ。 東京オリンピックに臨むU-24日本代表に選ばれていた相馬。森保一監督のサッカーは知っているがA代表については「1人1人の個人が戦うフェーズで、五輪後の代表で(三笘)薫や(田中)碧が日本を勝たせているのをみて、悔しさもありましたが、また同じ舞台に立ちたいという思いもあったので、自分の武器で勝たせられることをしたいなと考えています」とコメント。東京五輪メンバーである三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)、田中碧(デュッセルドルフ)の活躍に刺激を受けたとした。 その悔しさについて「五輪が終わった後の代表を見て、自分は選ばれるべき活躍はできていなかったと思います」と、アピールが足りなかったと語る相馬。Jリーグでも2得点8アシストという結果に終わった。 ここからのアピールが大事になるが「今シーズンの目標としては去年は2得点8アシストとゴールが足りなかったので、決定機を決め切るだったり、サイドであればカットインしてシュートのイメージが多いと思います。クロスやボックスに入ってシュートなど、得点にこだわっていきたいと思います」とより数字にこだわりを見せたいと語った。 その相馬はクラブではリーグ戦の他にも、YBCルヴァンカップ、天皇杯、そしてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)も戦い、合計60試合に出場した。 「60試合ですが出場時間が短かったこともあるかは思いますが、疲労は体に溜まっているなと思いました」と相馬は振り返り、「まずは少し休んで、クリスマスまで動いて、年末年始は休んで、年明けから動くというメリハリのあるオフでした」とコメント。「2日から動いていました」と、新年早々に始動したことを明かした。 ゴールが足りないと振り返った相馬だったが、アシストについては「数字としては伸びてきたかなと思いますが、去年はゴールを取りたいと思って挑んだシーズンで、ゴールを目指した結果アシストが増えたかなと思います」とコメント。「二桁を目指したかったのと、やるなら1番になりたいです。今度はゴールを狙ってゴールを決めたいです」とした。 具体的に増えた理由についても「リーグ終盤のアシストはシュートモーションで相手を動かして横にパスというのが、感覚として持てるようになってきたので、ゴールを目指すことから生まれたアシストもあると思います」とし、シュート意識が数字に変化を及ぼしたとした。 ここからの成長については五輪参加が大きく影響しているとのこと。「基準は変わりました。五輪に参加したことによって、世界のトップで戦っている選手と戦うことで、決定力が五輪でメダルを取れなかった時に感じました」とコメント。「選手の動きや体の使い方、ボールの置き所などが違うなと感じましたし、プレーの基準を変えないと思うことがありました」とコメントした。 また「もっともっと得点、アシストという目に見える結果を増やして行かなければと思いました。元々、一対一の仕掛けや背後に動くところが武器だと思っていましたが、少し中に入って首を振りながら周りと連携したり、クロスの質の部分も右左関係なく、細かい部分も大切だなと感じたので、レベルアップできればと思います」と、より攻撃、結果が残せるようになりたいとした。 さらにカタールW杯に関しては「単純に今の自分は昨年一年で成長したとは思っていますが、まだまだ足りないと思います。チームに入るとなったら序列を覆す結果を見せないといけないので、チャレンジャー精神を持って、今シーズンどれだけ変化を見せるかがメンバーに晴れるかどうかを決めると思うので、毎日を大切にどれだけ結果を残せるかだと思います」と強い意気込みを語った。 2022.01.17 13:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly