コロナ感染拡大のバイエルン州、無観客開催に

2021.12.03 23:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルン州は3日、州内で行われる試合に関して無観客での開催を指示した。

バイエルン州では新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株の感染者が確認されている他、感染拡大が続いている。

期間に関しては設けられていないが、少なくとも年内は無観客での開催になる模様だ。

バイエルンは今月、チャンピオンズリーグのバルセロナ戦、ブンデスリーガのマインツ戦、ヴォルフスブルク戦をホームで開催する。



関連ニュース
thumb

バイエルンはデンベレ獲得に動かず? 一方でリバプールのマネへの関心は継続か

バイエルンはバルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(25)獲得に関心を抱いていないようだ。 今シーズンの公式戦31試合に出場して2ゴール13アシストを記録しているデンベレ。バルセロナとの現行契約が今季限りで満了となるにもかかわらず、今冬には契約更新を求めるクラブからの連絡を無視し続けたことにより、一時チームから追放されていた。 その後、チームに復帰したデンベレはリーグ戦4試合連続でアシストを記録するなど評価を高めたことから、改めて契約交渉の席が設けられている。それでも現時点で交渉は進展しておらず、フランス『レキップ』からはバイエルンが年俸1800万ユーロ(約24億4600万円)の4年契約というメガオファーを準備していると報じられた。 しかし、ドイツ『キッカー』はこうした報道を否定。バイエルンは現時点で、デンベレ獲得に関心を示していないという。現在のチームにはFWキングスレー・コマン(25)、FWセルジュ・ニャブリ(26)、FWレロイ・サネ(26)ら、デンベレと年齢の近い同ポジションの選手が揃っており、必要性を感じていないようだ。 一方で、『キッカー』によるとバイエルンはリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ(30)への関心は強めているという。前線ならどこでもプレーが可能なことに加えて、リバプールとの契約が2023年夏までなっており、交渉の余地があることから、今夏のターゲットの一人になる可能性はあるようだ。 バイエルンは絶対的エースとして君臨してきたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)が退団を希望していることなどもあり、忙しい夏になるかもしれない。 2022.05.19 17:58 Thu
twitterfacebook
thumb

「降格しなかっただけなのに」バイエルン名誉会長が遠藤航のゴールで劇的残留のシュツットガルトにチクリ「W杯で優勝したと勘違いしている」

バイエルンのウリ・ヘーネス名誉会長とシュツットガルトのアレクサンダー・ウェラ会長が火花を散らしている。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 ブンデスリーガの最終節前の段階で、昇格・降格プレーオフ圏内の16位に沈んでいたシュツットガルトだが、14日に行われた最終節ケルン戦では、1-1で迎えた後半アディショナルタイムにDF伊藤洋輝のアシストからキャプテンのMF遠藤航が劇的な決勝ゴール。残留圏内の15位だったヘルタ・ベルリンがドルトムントに敗れたことで、逆転での残留を決めていた。 最終節の後半アディショナルタイムでの決勝ゴールということで、遠藤の得点直後にはスタンドのファンも大盛り上がり。試合直後には興奮冷めやらぬファンがピッチになだれ込み、選手たちと一緒に喜びを爆発させていた。 これに噛みついたのがヘーネス名誉会長だ。「シュトゥットガルトの人たちは自分たちがワールドカップで優勝したと勘違いしているんだ。ただ降格しなかっただけなのに」と発したのだ。 これに対し、シュツットガルトのウェラ会長も反撃。バイエルンはすでに10連覇を決めていたが、「バイエルンの祝賀会での態度を見て、彼らは10位になったのではないかと思った。“10度目の王者”ではなくね」と皮肉っている。 <span class="paragraph-title">【動画】バイエルンの名誉会長に揶揄されたシュツットガルトの残留決定直後の様子</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><br> <br><a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/VfBKOE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfBKOE</a> <a href="https://t.co/NQRljllhzx">pic.twitter.com/NQRljllhzx</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1525503654257631232?ref_src=twsrc%5Etfw">May 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.19 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキの去就に揺れるバイエルン、OBは後釜にハリー・ケインを推薦「彼は完全なストライカー」

リヨンの元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、古巣のバイエルンにトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(28)の獲得を薦めた。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 バイエルンはブンデスリーガ得点王に7度輝くなど、長年エースとしてチームに君臨してきたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)の去就が不透明な状況にある。来夏で満了を迎えるの契約交渉がまとまらず、選手本人は14日に行われたブンデスリーガ最終節のヴォルフスブルク戦後に「バイエルンでの最後の試合になった可能性がある」と発言するなど、退団を意思を明らかにしている。 レヴァンドフスキにはバルセロナが関心を抱いていると報じられているが、一方でバイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるオリバー・カーン氏は2023年までの契約遵守を求めており、今夏の市場でどのような動きがあるか注目されている。 こうした状況を受け、2011年から10年間バイエルンに所属していたボアテングは、仮にレヴァンドフスキが退団となった場合、後釜としてケインを獲得すべきだと提案。昨シーズンはプレミアリーグで得点王とアシスト王を獲得し、今シーズンもリーグ戦36試合で16ゴール8アシストの成績を残すイングランド代表FWなら、レヴァンドフスキ退団の影響を最小限に抑えられると評価しているようだ。 「多くのストライカーが僕に感銘を与えてきたけど、現時点ではレヴィ(レヴァンドフスキ)が最高だと思う。(カリム・)ベンゼマも、今シーズン終了後にはそうなるかもしれないね。ただ個人的な意見としては、バイエルンはハリー・ケインを獲得すべきだと思う」 「僕にとってケインは、トッテナムで毎日のようにゴールを決めている完璧なストライカーだ。そしてトッテナムは良いチームだが、世界屈指のクラブではない。だからバイエルンのようなチームでプレーすればとても良いことであり、最高の後釜になれるだろう。もちろん、それはバイエルン次第だけどね」 また、ボアテングは退団を希望しているレヴァンドフスキにも言及。かつてのチームメイトの心情に理解を示しており、納得のいく解決手段が見つかることを願った。 「彼のような選手にとって、新しいことがやりたいと思うのは当然だと思う。僕たちは皆、そうした考えや段階を経てここまできているのだから。大騒ぎをしなくても、双方が納得する解決策はあると思っているよ。難しいことではあるけど、夏休みに入った今は十分な時間がある」 2022.05.18 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンがデンベレ獲得の動きを本格化、年俸24億円のメガオファー用意か

バイエルンが、バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(25)と交渉をスタートさせたようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 バルセロナとの現行契約が今季限りで満了を迎えるにあたり、その去就が注目されているデンベレ。冬の移籍市場の際には契約更新を求めるクラブからの連絡を無視し続け、一時チームから除外される一幕もあった。 しかし、確かな才能を持つ25歳は、その後チームに戻ると本領を発揮。リーグ戦7試合で1ゴール9アシストを記録する活躍を披露し、チャビ・エルナンデス監督からも絶賛の声が挙がった。そして、クラブも契約更新の意思をより明確にし、これまでコンタクトを図っている。 だが、シーズン終了が目前に迫る現段階で交渉の進展は伝えられておらず、時間と共に退団の線が濃厚に。そんな中、バイエルンは年俸1800万ユーロ(約24億4600万円)の4年契約というメガオファーを準備し、フランス代表FWを口説きにかかっているようだ。 札束勝負となれば、6月の人件費決済も危ういバルセロナには非常に不利な土俵となる。デンベレに残留の意思があればチャンスもありそうだが果たして。 2022.05.18 15:41 Wed
twitterfacebook
thumb

「頭を痛めることじゃない」…バイエルンCEOが延長拒否のレヴァンドフスキに「23年までの契約を全うしてもらう」

バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるオリバー・カーン氏がポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)の移籍希望に応じない姿勢を示した。イギリス『The Athletic』が報じている。 今季も類稀なゴールセンスを発揮して、欧州5大リーグ史でも初となるチームのブンデスリーガ10連覇に貢献したレヴァンドフスキ。だが、2023年夏までの現行契約を巡る動きが注目を浴びている。 バイエルンで輝かしいキャリアを築くレヴァンドフスキだが、なかなか新契約の締結に至らず、14日に行われたリーグ最終節のヴォルフスブルク戦後に更新しない意思とともに今夏移籍を示唆した。 それに伴い、噂されるバルセロナ行きの話がさらに加熱しているが、自身もかつてバイエルンの絶対守護神として活躍したカーン氏は「頭を痛めるようなことじゃない」と契約遵守を強調した。 「我々は彼の代理人にオファーを出した。彼はそれを拒否した。それは彼の権利だ」 「しかし、彼はまだ契約があって、それを全うしてもらう。それが事実だ」 「我々はそれを明確かつ一貫してやっている。それがここバイエルンでのやり方だ」 「クラブの上に立つ選手などいないんだ」 2022.05.16 13:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly