オミクロン株でJリーグと代表戦に影響か?/六川亨の日本サッカーの歩み

2021.12.02 21:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
南アフリカで発見され、ヨーロッパに急拡大している新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」が、早くもサッカー界に影響を及ぼしている。ロイター通信によると、ポルトガルの首都リスボンにあるクラブの選手とスタッフ13人のオミクロン株感染が29日に確認され、選手のうちの1人が南アから帰国したばかりだったそうだ。

そしてJFA(日本サッカー協会)は12月1日午前9時過ぎ、「なでしこジャパン(日本女子代表)の帰国後のスケジュールについて」という、以下の内容のリリースを出した。

本日(12/1)、オランダ遠征から帰国するなでしこジャパンのスタッフ・選手は、日本政府が定める新型コロナウイルスのオミクロン株への対応の一環として、帰国後は14日間の待機が求められることになりました。
(空港検疫所定のホテルにて6日間の隔離、7日目以降は自宅(又は事前に手配した宿泊施設)にて14日目まで待機)
従って、今週末に予定されているWEリーグには出場いたしません。
リーグ戦に関する取り扱いは、WEリーグよりあらためてご連絡をいたします。

オランダにもオミクロン株の感染者がいるための措置だが、このことで4日に予定されているWEリーグ5試合にはFW田中美南、MF猶本光、DF宮川麻都ら総勢18人の選手が出場できない。さらに12月に予定していたなでしこジャパンの国内キャンプも待機期間と重複するため中止となった。

ところが1日の16時30分よりWEリーグは緊急会見を開いて4日の第11節5試合はすべて延期すると発表した。その理由を野仲賢勝専務理事は「オミクロン株で14日間の待機を国に求められた。国の水際対策の強化で選手が試合に出られない。実行委員会で審議し、チェアの最終決定で、最大5名が出場不可になる。公平性を担保するため延期を決定した」と説明した。代替日とチケットの払い戻しはこれからの作業になる。

さらに影響はJリーグにも及ぶ。岸田首相は昨日11月30日、外国人の新規入国を原則1ヶ月停止にすると決定した。

Jリーグは最終節を残すのみとなったが、現在はどのクラブも契約を更新するか、終了するか選手と交渉の真っ最中だ。同様に、来シーズンの戦力補強のため新外国人選手とも交渉しているだろう。入国禁止措置が1ヶ月で終了すればキャンプに間に合うものの、延期された場合は今シーズンの開幕直後と同様、選手や監督が来日できない可能性も出てくる。

1月には21日に埼玉スタジアムでウズベキスタンとのテストマッチが、27日にはカタールW杯アジア最終予選の中国戦が、2月1日にはサウジアラビア戦が日本で開催される。入国に際して特例措置が認められなければ、試合の開催そのものが危ぶまれる。

そんな状況のなか、森保一監督が12月1日にズームでのインタビューに応じた。本来なら12月と1月はヨーロッパで日本人選手を視察する予定だった。しかしオミクロン株により出入国が制限されるため、「視察の予定はこれから状況を見ながら決めたい。出国できても何カ国かを視察するのは難しいし、帰国時の制限も変わってきていて仕事に支障が出てしまってはいけない」と予定の変更も視野にいれて慎重に状況を見極める方針だ。

日本代表は今後、12月17日から国内組を集めてキャンプを実施する予定で、そのメンバーは7日に発表される。さらに来年1月21日のウズベキスタン戦後、W杯アジア最終予選の中国戦とサウジアラビア戦のメンバーを1月22日に発表する予定だ。もちろんその前提として、オミクロン株の感染が終息に向かっていることが条件になるが、こちらは予断を許さない状況にあることに変わりはない。

【文・六川亨】
1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた



関連ニュース
thumb

吉田の負傷で世代交代を期待/六川亨の日本サッカーの歩み

日本代表は現在、国内組の選手19人で合宿中だ。21日には大学チームとの練習試合が組まれていて、翌22日にはカタールW杯アジア最終予選の中国戦(1月27日)とサウジアラビア戦(2月1日)に臨むメンバーが発表される。 しかし1月16日の会見で森保一監督は「吉田、三笘、室屋、古橋は呼ぶのが難しい」との見解を示した。 吉田麻也は1月6日の第20節・カリアリ戦で右太股の裏(ハムストリング)を傷めてしまい、サンプドリアは全治1ヶ月と発表した。三笘薫(ユニオン・サンジロワーズ)は8日のセルクル・ブリュージュとのテストマッチで右足首を捻挫。室屋成(ハノーファー96)は14日の第19節・ハンザ・ロシュトック戦で右足首を傷めて交代を余儀なくされた。 そして好調を伝えられていたセルティックの古橋亨梧も、12月26日のセント・ジョンストン戦で右大腿の裏の負傷を再発。1月17日のハイバーニアンとの試合は前田大然の先制点で2-0の勝利を収めたが、アンジェ・ポステコグルー監督はBBCの取材に対し「少なくとも今後、数週間は試合に出られないだろうし、もっと長くなる可能性もある」と答えていた。 ハムストリングは、おしりの付け根から太ももの裏側、太ももから膝裏周辺にある広大な筋肉群のため、肉離れを起こすとなかなか治りにくい厄介な部分である。ただ、中国戦に向けて古橋の代役は国内組なら大迫勇也や今回久々に招集された武藤嘉紀、上田綺世がいるし、海外組なら前田大然に加えて浅野拓磨も選択肢に入るだろう。 室屋の代わりは山根視来ということになるだろうし、三笘の代わりとしては、ポジションは異なるものの15日に行われたスペイン国王杯・エスパニョール戦で先制のFKを叩き込んだ久保建英(マジョルカ)がいるし、ポルティモネンセで復調しつつある中島翔哉というドリブラーもいる。 16年リオ五輪のエースであり、森保ジャパンでも10番を背負った中島だが、19年11月のベネズエラ戦を最後に代表からは遠ざかっていた。しかし森保監督は「状態は上がってきていると思う。最近はスタメンで出ているし、終盤に代わるのはまだまだベストの状態ではないと思うが、候補として上がっている」と招集に前向きな姿勢を見せた。 吉田とCBを組む冨安健洋(アーセナル)も右ふくらはぎを傷めて戦列を離れているものの、森保監督は「問題はないという認識でいる」と明言した。吉田に続き冨安まで負傷で招集できなかったら、それこそ“一大事”ということになる。冨安には一日も早い復帰を期待したい。 そして吉田の代役である。「彼がキャプテンとして五輪代表とA代表をまとめてきてくれた。我々にとっても痛いと思っているのは正直なところ」と森保監督も本音を漏らした。 彼の代役としては、海外組なら板倉滉(シャルケ04)、国内組なら谷口彰俉(川崎F)、中谷進之介(名古屋)といったところになるだろう。中谷は「麻也くんがケガ、チャンスはチャンスなので最終メンバーに残れるようにしたい」と抱負を述べていたが、吉田の負傷を契機に若返りを図る好機ととらえてはいかがだろうか。 現在33歳の吉田がA代表に初招集されたのは、岡田ジャパン時代の10年1月6日のアジアカップ予選のアウェー・イエメン戦だった。この時は吉田だけでなくGK権田修一、DF槙野智章、MF米本拓司(19歳34日)、永井謙佑ら11人が代表デビューを果たした。 しかし吉田を始め多くの選手は南アW杯に出場することはできず、吉田に再び声が掛かったのは11年1月、カタールで開催されたアジアカップだった。南アW杯で活躍した田中マルクス闘莉王と中澤佑二のベテラン2人がW杯後に代表から引退。このためアルベルト・ザッケローニ監督は24歳の吉田をスタメンCBに大抜擢した。 そして吉田は起用に応え、初戦のヨルダン戦で決勝点を決めると、準々決勝のカタール戦は2度の警告で退場処分を受けたものの、5試合に出場して優勝に貢献すると同時に、日本代表で不動の地位を築いたのである。 あれから11年、森保監督が認めるように吉田は不動のCBとして、さらにキャプテンとして先頭に立ってチームを牽引してきた。だからこそ、そろそろ彼への依存度を減らす意味でも世代交代を考えるべきではないだろうか。その意味で板倉や中谷への期待は膨らむし、いつまでも吉田のバックアッパーでは成長する機会も限られかねない。ここは森保監督の英断に期待したいところだ。 キャプテンもしかり。吉田は18年ロシアW杯後から今年まで4年近くキャプテンを務めてきた。南アW杯の直前にキャプテンに就任した長谷部誠は、当時は26歳の若さだったため18年まで8年間も務めたが、その前の中澤佑二にしても川口能活、宮本恒靖も3年サイクルでキャプテンを譲ってきた。 では誰が適任なのか。それは森保監督が誰を指名するか、中国戦の楽しみにとっておくことにしたい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.01.22 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

青森山田の強さ3原則とは?/六川亨の日本サッカーの歩み

記念すべき第100回全国高校サッカー選手権は、青森山田の3大会ぶり3度目の優勝で幕を閉じた。初戦の大社(島根)を6-0の大差で圧倒すると、準々決勝の東山(京都)こそ2-1の接戦となったが、準決勝の高川学園(山口)、決勝の大津(熊本)を6-0、4-0と一方的な試合内容で撃破して、インターハイ、プレミアリーグ・イーストに続く3つ目のタイトルを獲得した。 青森山田の強さは、技術的にも戦術的にも優れた選手を中高一貫指導などで育てながら、屈強なフィジカルと無尽蔵とも思えるスタミナで対戦相手を凌駕したことだ。彼らの試合を今大会で初めて見たベテランの記者は「期待していたけど、こんなつまらないサッカーなの?」と疑問を呈した。 しかし、それも彼らの“強さ"の一端である。 今大会では前回優勝の山梨学院(山梨)が初戦で佐賀東(佐賀)に、プレミアリーグ・イーストの流通経大柏(千葉)が近大和歌山(和歌山)に1回戦で敗退した。さらに前評判の高かった静岡学園(静岡)もPK戦で関東第一(東京)に敗れた。 一発勝負のトーナメントでは何が起こるかわからない怖さがある。青森山田はそれを承知の上で、極力リスクを排したサッカーで結果を求めた。東山や高川学園が5BKで守備を固めてきたら、ロングスローやCK、FKといった“飛び道具"でゴールをこじ開けた。足でのシュートは身体を投げ出してブロックできるが、ヘディングシュートは防ぎようがないからだ。 青森山田のCB丸山大和は決勝戦でニアに飛び込みGKの鼻先でヘディングから先制点を奪ったが、マーカーを振り切った時点で勝負ありだった。 そしてこのセットプレーからの空中戦は、今大会中に亡くなられた小嶺忠敏監督が国見時代に得意とした戦法であり、永井秀樹氏や大久保嘉人氏らテクニシャンを擁していても、フィジカルとスタミナ、空中戦の強さで相手をねじ伏せた。 たぶん当時の国見も今の青森山田も、ポゼッションスタイルのサッカーをやろうと思えばできただろう。しかし、あえて封印し、「球際、切替え、運動量」の3原則を徹底的に鍛えて実践した。それが最も効果的だったのが、高川学園との試合の後半だった。 前半で2点を失った高川学園は、後半になると反撃のため4BKに戻し、パスをつないで攻め込もうとした。それは逆に青森山田が最も得意とするスタイルだ。ミドルサードでのこぼれ球や、相手が抜きにかかっても、屈強なフィジカルからマイボールにする球際の強さを発揮。そしてボールを奪うやいなや、すかさず反撃に転じてショートカウンターを仕掛ける。この切替えの速さ、戦術眼の高さは特筆ものだった。 ボランチのMF宇野禅斗は視野が広いため、サイドでフリーの選手にワンタッチでミドルパスを付けることができる。すると両サイドハーフに加えてサイドバックも攻撃参加するため、例え一度は相手ボールになっても高い位置でプレスをかけてボールを奪い返し、ゴールに結びつけていた。 一昨年は静岡学園に逆転負けを喫し、昨年は山梨学院にPK戦で涙を飲んだ。このため、よりリアリストになってのリベンジが今大会の青森山田だったのではないか。そう感じさせるほど、彼らの強さは際立っていた。 とはいえ、小嶺監督の国見がそうだったように、絶対的な存在にはなれないのも歴史が物語っている。青森山田のサッカーに対し、来年はどこの高校がどんなスタイルで挑むのか。これもまた高校選手権の楽しみである。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.01.12 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

高校選手権はベスト4が出揃う/六川亨の日本サッカーの歩み

みなさん、明けましておめでとうございます。 といったところで、年末の12月28日に開幕した第100回全国高校選手権も4日でベスト4が出揃った。その顔ぶれは大津(熊本)、関東第一(東京)、高川学園(山口)、青森山田(青森)の4チームで、関東第一は初のベスト4進出である。 その一方で、一発勝負のトーナメントらしい波乱も多かった。昨年度優勝の山梨学院(山梨)は2回戦で佐賀北(佐賀)に0-2で敗れて初戦敗退。インターハイ決勝で優勝した青森山田を苦しめた米子北(鳥取)も、初戦となる2回戦で矢板中央(栃木)にPK戦で敗退した。 さらに静岡学園(静岡)や尚志(福島)らがいる激戦区に入った流通経済大柏(千葉)も、1回戦で近大和歌山(和歌山)にPK戦で涙を飲んだ。 その静岡学園は、1回戦から3回戦まで14ゴール無失点と圧倒的な強さで勝ち進んできた。ドリブラーの古川陽介らJリーグ入りが内定している選手4人を擁し、インターハイの準決勝で敗れた青森山田への雪辱が期待されていた。しかし準々決勝では後半40分に許した初シュートで失点し、PK戦は3-4で敗れて関東第一に国立行きを許してしまった。 強豪校がPK戦で涙を飲む一方で、本大会に入ってから神がかり的な躍進を見せるチームもある。それが高校選手権の怖さであり、醍醐味とも言える。そうしたなかで、しっかり勝ちきっている青森山田はやはり頭一つ抜けていると言わざるをえないようだ。 準々決勝で対戦した東山(京都)は、割り切ったサッカーで青森山田を苦しめた。青森山田は4-1-4-1のフォーメーションから1トップの名須川真光に加え、2列目の藤森颯太、FC東京への入団が内定している松木玖生、渡邊星来、田澤夢積らが流動的に攻め上がり、3トップや4トップと変化する。 これに対し東山は、いつもは4-4-2だが、青森山田戦では試合開始と同時に5バックによる5-3-2を採用。あらかじめ最終ラインの人数を増やして迎撃しつつ、マイボールになると前線の2人、李隆志と藤枝康佑へロングパスをフィードして、彼らの個人技による突破にゴールを託した。 こうした、あらかじめ割り切った戦い方は、インターハイの準々決勝で青森山田に敗れたことも関係しているのだろう。そして16分には念願の先制点を奪った。おそらく多くのチームにとって、青森山田を倒すのにPK戦は現実的な選択になるはずだ。その点、東山は先制点を奪うことに成功した。 残念ながら前半アディショナルタイムにPKを与えて同点にされると、後半はロングスローからのこぼれ球を押し込まれて逆転を許した。しかし東山の戦い方は、準決勝で激突する高川学園をはじめ、大津や関東第一にも大いに参考になったのではないだろうか。 そして、それを跳ね返す青森山田の黒田剛監督の采配も楽しみな8日の準決勝である。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.01.06 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

天皇杯決勝で九州勢が56年ぶりの快挙/六川亨の日本サッカーの歩み

Jリーグは現在、J1からJ3まで九州の8クラブがしのぎを削っている。Jクラブがなかった宮崎県も今季からJ3にテゲバジャーロ宮崎が参入した。そして九州の8クラブでタイトルを獲得したことがあるのは08年にナビスコ杯(現ルヴァン杯)で優勝した大分だけだった。その大分が、天皇杯優勝まであと1歩と迫って迎えたのが浦和との決勝戦だった。 九州勢が天皇杯の決勝戦に進出したのはJリーグ史上初の快挙でもある。記録を遡っても、JSL(日本サッカーリーグ)がスタートした1965年度大会で八幡製鐵(後の新日鐵)が東洋工業(現広島)に2-3で敗れて準優勝して以来、実に56年ぶりの偉業だった。 当時の八幡製鐵は、日本代表でも司令塔としてチームを牽引し、68年のメキシコ五輪では銅メダル獲得の原動力となった宮本輝紀や、元日本代表監督の渡辺正を擁し、前年に古河(現ジェフ千葉)と天皇杯の同時優勝を果たしていた。それ以前にも準優勝3回の歴史を持つ古豪でもあった。 しかし新日本製鐵となってからはベスト4が最高成績で、JSLでも82年に日産自動車(現横浜M)に入替戦で敗れて2部に降格すると、91年にはJSLでも最下位となり地域リーグである九州リーグに降格。Jリーグも業績不振で参加を見送り、99年シーズンを最後にサッカー部は廃部となった。 その後は一部の選手が三菱化成黒崎サッカー部に移ってプレーを続け、同チームを母体に北九州FCが誕生し、08年にJFLに昇格すると10年にはギラヴァンツ北九州と名称を改めJ2リーグ昇格を果たした。 昇格当時、年配の方々が練習を見学に訪れ、「早朝に練習をしてくれれば見学も楽になる」と訴えられたことを当時のコーチから教えられた。おそらく八幡製鐵時代からのファンなのだろう。Jリーグ入りは福岡の後塵を拝したものの、土壌的には長い歴史を誇っているのが北九州でもある。 ちなみに優勝した浦和は、前身の三菱重工時代を含めて8回の天皇杯獲得となり、これまで最多だった慶應BRB(全慶應)と並んだ。慶應BRBは第二次世界大戦前の参加チームが3~8の時代も含んでいるため、実質的には浦和が最多優勝記録の保持者と言っていいだろう。慶應BRBが最後に優勝したのは56年度の第36回大会のため、浦和は65年ぶりに最多優勝記録に並んだことになる。 そして2位は関学クラブと横浜Mの7回で、これに5回の東京V、G大阪、鹿島が続いている。100回を越え、ようやくJのクラブが天皇杯の主役になりつつあると言っていいだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.12.22 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

フジゼロックス杯名称変更で思い出したスーパーカップ/六川亨の日本サッカーの歩み

Jリーグは12月14日、社員総会と実行委員会を開催し、それぞれZoomによる会見を実施した。来年22年度の事業計画では、今年度に続き22年度も22億円の赤字を予定しているが、これは新型コロナウイルス対策のための費用を15億円計上したからだ。それでも33億円の純資産があるため債務超過にはならないと報告された。 これは、あくまでオミクロン株を含めてコロナ禍が沈静化しつつある日本の現状を踏まえての予算のため、予断を許さない状況に変わりはない。 そして実行委員会では、昨日13日の新型コロナウイルス対策連絡会議でPCR検査と抗原定性検査の陰性結果が99・9パーセント一致したとの報告を受け、Jリーグも高額で結果が判明するまで1~2日かかるPCR検査を止め、15分足らずで結果の出る抗原定性検査に切り替えることが発表された。 これまで2週間に1回のPCR検査から、1週間に2回の抗原定性検査に変更しつつ、Jリーグの主導から各クラブの自主的・主体的な感染対策へとシフト。さらに審判員はJリーグが検査キットを発送するものの、結果はJFA(日本サッカー協会)の審判部が管理することになった。 そして新シーズンの到来を告げる、リーグ覇者と天皇杯優勝チームが激突する「FUJI XEROX SUPER CUP」は、22年シーズンより「FUJIFILM SUPER CUP」に名称が変更されることも合わせて発表された。確か去年も大会前にそんな話を聞いたような気がしたが、すっかり忘れていた。 同大会はJリーグが開幕した翌年の94年に「XEROX SUPER CUP」としてスタートし、08年まで同じ名称で開催された。09年からは「FUJI XEROX SUPER CUP」として28年間、同一スポンサーによる「スーパーカップ」としてギネス記録を更新してきた。とはいえ、同業者の間では「ゼロックス」とか「ゼロックス杯」で意味が通じていたため、詳しい社名を意識することはほとんどなかった。 しかし去年4月に「富士ゼロックス」から「富士フイルムビジネスイノベーション」に社名を変更したため、大会名もマイナーチェンジすることになった次第だ。 30年近く前の大会を覚えているファン・サポーターも少ないだろうが、それ以前にも「ゼロックス・スーパー・サッカー」という大会が存在したことを簡単に紹介しよう。 日本で最初に海外から複数のチームを招待して行われた国際大会は、78年にスタートした「ジャパンカップ(後のキリンカップ)」である。その1年後の79年、世界的なスーパースターのいるチームを招待して日本代表と対戦したのが「ゼロックス・スーパー・サッカー」だった(翌80年にトヨタカップもスタート)。 79年の第1回大会はペレやフランツ・ベッケンバウアーを擁するニューヨーク・コスモス、翌80年の第2回大会はヨハン・クライフが選手として初来日したワシントン・ディプロマッツが日本代表と対戦した。その後も全盛時のディエゴ・マラドーナがボカ・ジュニアーズを率いて来日。マラドーナはその後も南米選抜とSSCナポリの一員として3度の来日を果たしている。しかし90年、クラウス・アウゲンターラー率いるバイエルン・ミュンヘンの来日を最後に同大会は幕を閉じた。 例えスーパースターがいたとしても、トヨタカップという真剣試合の醍醐味を知ってしまった日本のファンは親善試合に満足できなかったことも大会が消滅した一因かもしれない。キリンカップも92年からはクラブチームではなく、代表チームを招待して国際Aマッチによる代表強化の大会へとグレードアップした。 そしてJリーグの誕生により「スーパー・サッカー」が「スーパーカップ」にリニューアルされたのも、時代の流れとして当然だったのかもしれない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.12.16 19:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly