『SUZUKI』のロゴも存在感を放つ、トリノ115周年記念ユニはえんじベースのシンプルなデザインに

2021.12.02 21:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トリノは1日、クラブ創立115周年を記念した特別ユニフォームのデザインを発表した。

ユニフォームサプライヤー『Joma』によって仕立てられた記念ユニフォームは、チームカラーのえんじ色をベースとしている。光沢が抑えられ各ロゴを白であしらうなど、襟付きでシンプルながらもスタイリッシュなデザインとなった。

左胸にはクラブの象徴である雄牛があしらわれ、その下にクラブの創立日“3 Dicembre 1906”の文字が。フロントの中央ではメインスポンサーである日本の自動車メーカー『SUZUKI』のロゴが存在感を放っている。

襟の内側にはトリノがこれまで獲得した7つのスクデットと5つのコッパ・イタリアを示すパッチが施され、首元の背面にもクラブ名とともに“La Nostra Storia ÉLenggenda(我々の歴史と伝説)”の誇り高いメッセージが刻まれた。ショーツやソックスもえんじに白字で統一されている。

GK用のユニフォームは黒がベースだ。ロゴやエンブレムなどはオレンジから朱色にかかるような色味のデザインとなっている。

なお、着用は2日に行われるセリエA第15節、ホームでのエンポリ戦を予定しているとのことだ。



1 2

関連ニュース
thumb

加入から4日… トリノMFファレスが前十字靭帯を断裂

トリノは18日、アルジェリア代表MFモハメド・ファレスが右ヒザの前十字靭帯を断裂したことを発表した。 トリノによればファレスは18日の練習中に負傷したとのことだ。2019年8月にも同箇所を負傷したファレスは、復帰までに6カ月を要した。 ファレスは14日に保有元のラツィオからレンタルで加入したばかりで合流から4日後の大ケガとなってしまった。 2022.01.19 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

トリノ、ラツィオからアルジェリア代表MFファレスをレンタルで獲得

トリノは14日、ラツィオからアルジェリア代表MFモハメド・ファレス(25)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は今季終了までで、買い取りオプションが付随している。 ボルドーやエラス・ヴェローナの下部組織で育ったファレスは、2015年7月にヴェローナのファーストチームへ昇格。その後、SPALでのプレーを経て2020年10月にラツィオへ完全移籍。 ラツィオでは、度重なるケガに見舞われ、在籍1年半で公式戦29試合に出場に留まっていた。なお、今季はジェノアにレンタル移籍していたが、筋肉系のケガで離脱するなどセリエA9試合の出場となっていた。 2022.01.14 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

1月のニューカッスル行きを断念? トリノのエースFWベロッティは夏まで残留へ

トリノのエースであるイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)は、今シーズン終了まではクラブに留まるようだ。 今シーズン限りでトリノとの契約が切れるベロッティ。クラブとの契約延長の話は進展しておらず、夏にはチームを去ることが既定路線となっている。 ベロッティには、ナポリ、フィオレンティーナの他、ミランが熱心に関心を寄せていたが、今冬での獲得は難しいと断念したと見られている。 一方で、イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ニューカッスルへの移籍が浮上していたとのこと。しかし、ベロッティのトリノ残留の意思は固く、1月の移籍は無くなったようだ。 また、アル・ヒラルはベロッティ獲得の条件に納得したものの、ベロッティ本人が中東行きを望んでいないとのこと。一体夏にどこへ行くのかは現時点で全く見えていない状況だ。 トリノのウルバノ・カイロ会長は、ことあるごとにベロッティが今季限りでチームを去ると口にしており、退団は既定路線。冬の間に射止めるクラブは出てくるのだろうか。 2015年にパレルモから750万ユーロ(約9億8100万円)の移籍金で加入したベロッティは、ここまで公式戦通算238試合に出場し107ゴール28アシストを記録している。 2022.01.11 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、ベネズエラ代表の主将MFリンコンをトリノからレンタル!

サンプドリアは8日、トリノからベネズエラ代表MFトマス・リンコン(33)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2014年にハンブルガーSVからジェノアに加入して以降、ユベントス、トリノでセリエA通算230試合以上に出場してきたリンコン。 ただ、代表通算115キャップを誇るベネズエラ代表の主将MFは、今シーズンのトリノではセリエA9試合の出場に留まり、ポジション争いで劣勢を強いられていた。 一方、サンプドリアでは今冬の移籍市場で元ポルトガル代表MFアドリエン・シウバがUAEのアル・ワフダに新天地を求め、同選手に代わる中盤の補強が必要となっていた。 溢れる闘争心、身体の強さ、豊富な経験を持つ中盤のダイナモの加入は残留争いに身を置くサンプドリアにとって良い補強となるはずだ。 2022.01.09 00:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ベロッティを狙う獲得レース、ミランは制することができるか

ミランが予てから獲得に関心を寄せているトリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)だが、その道のりは簡単ではないようだ。 トリノのキャプテンであり、エースとして活躍を続けるベロッティ。これまで何度も噂されてきた移籍だが、ついにその決断を下すと見られている。 ベロッティとトリノの契約は2022年6月まで。残り半年を切った中で、クラブとの契約延長の話は進んでおらず、今冬には他クラブが自由に交渉がスタートできることとなった。 今冬の移籍の可能性はないと見られているが、夏に退団することは既定路線に。イタリア『カルチョ・メルカート』によれば、ミランは変わらずに強い関心を持っており、事前契約を早く結びたいと考えているようだ。 しかし、ベロッティにはナポリやフィオレンティーナなど、複数のクラブが獲得に熱心な姿勢を見せており、簡単には手にすることはできない。ミランとしては、条件面を含め、熾烈な獲得レースをリードしなければいけない状況だ。 ミランは、40歳のFWズラタン・イブラヒモビッチと36歳のFWオリヴィエ・ジルーがストライカーを務めているが、長くは持たないと考えられる。来シーズンを見越しては、やはりベロッティは確保しておきたいところだ。 ベロッティ本人はミランのファンであり、それを否定したことはない。相思相愛の状況ではあるが、ミランとしては気を抜かずにしっかり確保できるのか。今冬の動きに注目が集まる。 2022.01.02 20:52 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly