オフサイド判定が半自動化? FIFAが新テクノロジーを試験運用、W杯で採用も

2021.11.30 07:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は29日、オフサイドに関する新たなテクノロジーの試験運用を行うことを発表した。

これは“セミオート・オフサイド(半自動オフサイド)”とされ、審判がより正確なオフサイドのジャッジを行えるためのテクノロジーとのこと。10台から12台のカメラを使用し、1秒間に50回、全ての選手の最大29個のデータポイントを収集するというものだ。

この技術によりオフサイドの可能性が発見されると、最終判断を下すビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に警告が送られるというものだ。

半自動オフサイドの技術は、11月30日にカタールで開幕するFIFAアラブカップで試験運用されるとのこと。FIFAアラブカップは。アラブ地方の16カ国が参加する大会で、カタール・ワールドカップ(W杯)のリハーサル大会として開催。運用次第ではW杯本大会でも採用される可能性があるという。

かつて名物審判と知られ、現在はFIFAの審判長であるピエルルイジ・コッリーナ氏は今回のテクノロジー導入にコメントしている。

「VARはサッカー界に非常に良い影響を与えており、大きなミスの数は減ってきているが、まだ改善できる部分はあり、オフサイドもその1つだ」

「オフサイドをチェックするプロセスは、(他の判定と比べ)時間がかかることがあり、特に非常にタイトな場合はそうであると認識している。また、ラインの位置が100%正確ではないことも承知している」

「このような理由から、FIFAはより早く、より正確な答えを提供できる技術を開発している。それは“セミオート・オフサイド”と呼ばれている」

「オフサイドの判定は、選手の位置だけでなく、プレーへの関与を分析した上で行われる。テクノロジーは線を引くことはできるが、判定はレフェリーの手に委ねられる。それが重要であることには変わりない」

あくまでも通知のために使われるとみられる“セミオート・オフサイド(半自動オフサイド)”だが、どのような効果があるのか。VARチェックの時間が短くなれば、導入の価値はあるかもしれない。


関連ニュース
thumb

パンツ一丁のC・ロナウドが登場、メッシも思わず吹いたバロンドール授賞式の演出が波紋「一体なぜ?」

29日、『フランス・フットボール』が主催するバロンドールの授賞式が開催。マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは欠席した。 今年のバロンドールは、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが史上最多7度目の受賞という形で決着。2位にはリーグ戦41ゴールのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)、3位にはチャンピオンズリーグ(CL)とユーロ2020を制したイタリア代表MFジョルジーニョ(チェルシー)が入った。 C・ロナウドは、4位のフランス代表FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)、5位のフランス代表MFエンゴロ・カンテ(チェルシー)に)に次いで6位という結果に。11年ぶりに4位以下となっていた。 そんな中、授賞式では、C・ロナウドの怒りを買ってしまいそうなワンシーンが。式中、プレゼンターを務めていた元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏とC・ロナウドがボクサーパンツ一丁になって雑誌の表紙を飾った時の写真が登場したのだ。 ドログバ氏本人は「なぜ?」と困惑し、授賞式に出席していたメッシやレヴァンドフスキらは、大画面に映し出された画像に思わず笑いをこぼしていた。 演出とはいえ、失礼に取られる可能性があるこのシーン。SNS上のファンからも「リスペクトに欠ける」、「一体なぜ?」、「有り得ない」といった反応が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】授賞式で表示されたC・ロナウドのパンツ一丁姿と思わず笑いをこぼすメッシたち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> ‘It really is Ronaldo vs the world - the disrespect is alarming.’<br>‘The hate is unbelievable.’<br> ‘Lewandowksi, Messi and Mbappe were all laughing.’ <br><br>Even Drogba was asking why this was even shown <a href="https://t.co/u94tjwCZEc">https://t.co/u94tjwCZEc</a></p>&mdash; SPORTbible (@sportbible) <a href="https://twitter.com/sportbible/status/1465592936113094656?ref_src=twsrc%5Etfw">November 30, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.30 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

UAE開催になったFIFAクラブ・ワールドカップは来年2月に開催が決定

国際サッカー連盟(FIFA)は、FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2021の日程を発表した。 従来の予定では12月に日本で開催される予定だったCWCだったが、日本サッカー協会(JFA)は9月9日に、国内における新型コロナウイルス(COVID-19)の感染状況を理由に開催辞退を発表していた。 日本に代わって開催地となったのがアラブ首長国連邦(UAE)だったが、開催日程は白紙に。しかし29日、FIFAが日程を発表。2022年2月3日から12日に開催されることが決定した。 すでに出場7クラブが決定。アル・ヒラル(サウジアラビア/アジア王者)、アル・アハリ(エジプト/アフリカ王者)、モンテレイ(メキシコ/北中米カリブ海王者)、パウメイラス(ブラジル/南米王者)、オークランド・シティ(ニュージーランド/オセアニアサッカー連盟の推薦)、チェルシー(イングランド/欧州王者)、アル・ジャジーラ(UAE/開催国王者)が出場する。なお、オークランド・シティに関しては、OFCチャンピオンズリーグが中止となったことで推薦での出場となった。 なお、抽選会は29日にスイスで行われ、ジョン・テリーがドロワーとして参加する。 ◆FIFAクラブ・ワールドカップ 2021出場チーム 【アジア】 アル・ヒラル(サウジアラビア) 2021 AFCチャンピオンズリーグ王者 【アフリカ】 アル・アハリ(エジプト) 2020-21 CAFチャンピオンズリーグ王者 【北中米カリブ海】 モンテレイ(メキシコ) 2021 CONCACAFチャンピオンズリーグ王者 【南米】 パウメイラス(ブラジル) 2021 コパ・リベルタドーレス王者 【ヨーロッパ】 チェルシー(イングランド) 2020-21 UEFAチャンピオンズリーグ王者 【オセアニア】 オークランド・シティ(ニュージーランド) ※OFCチャンピオンズリーグが中止となりOFC(オセアニアサッカー連盟)からの推薦 【開催国】 アル・ジャジーラ(UAE) UAEプロリーグ2020-21王者 2021.11.29 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

日本代表も可能性があるアジアは南米と出場権争いに、カタールW杯大陸間プレーオフの組み合わせ決定

26日、カタール・ワールドカップ(W杯)の大陸間プレーオフに関する抽選会が行われた。 2つの出場権を4カ国で争う大陸間プレーオフ。アジア、オセアニア、北中米カリブ海、南米の4カ国が出場することとなる。 今回の抽選の結果、アジアは南米と、オセアニアは北中米カリブ海と対戦することとなった。 日本代表も参加しているアジア予選は、最終予選で各グループ上位2チームが出場権を獲得。3位チーム同士のプレーオフで勝利したチームが、この大陸間プレーオフに出場することとなる。 日本は11月の連戦で連勝したため2位に浮上したが、仮に3位で予選を終えれば、W杯出場はアジアでのプレーオフに勝利し、大陸間プレーオフで南米予選の5位チームに勝利する必要がある。 なお、現時点での南米予選5位はペルー代表。ただ、4位のコロンビア代表は勝ち点で並び、6位のチリ代表、7位のウルグアイ代表とは勝ち点差「1」、8位のボリビア代表とは勝ち点差「2」と混戦状態が続いている。 また、オセアニア予選は10月に終了する予定だったが、予選が全て延期となり、2022年1月に代表チームが決定することとなった。なお、まだ1試合も予選は行われていない。 北中米カリブ海に関しては3次予選の4位チームが大陸間プレーオフに進出。8試合(全14試合)を終えた中、首位はカナダ代表(勝ち点16)、2位にアメリカ代表(勝ち点15)、3位にメキシコ代表(勝ち点14)、4位にパナマ代表(勝ち点14)となっている。 ◆大陸間プレーオフ組み合わせ アジア代表 vs 南米代表 北中米カリブ海代表 vs オセアニア代表 2021.11.27 09:12 Sat
twitterfacebook
thumb

「誰だよっコイツ!」、オナイウ阿道所属のトゥールーズ公式がYouTuberの投稿に積極的に反応「彼の名前は…」

日本代表FWオナイウ阿道の所属するトゥールーズが、敏腕を発揮した。 お気に入りの選手を低く見積もられて、愉快なファンはいないだろう。YouTuberのジャック・マクダーモット氏は人気ビデオゲーム『FIFA 22』の動画を配信し、ドローでトゥールーズのイングランド人FWリース・ヒーリー選手を引き当てた。だが、当人はヒーリーを知らなかったようで、甲高い声で「誰だよっコイツ!(ステータス)76って…マジかよ…」と落胆した様子だった。 この発言にまず反応したのがトゥールーズのファンだ。「へいへいへーい!俺のお気に入り、ヒーリーを軽んじないでくれよ」と、所有するヒーリーのユニフォームと併せてSNSにコメントを残した。 さらにはトゥールーズ公式ツイッターまでもが反応。「彼の名前はヒーリーだ、リース・ヒーリー。彼は決して(期待を)裏切らないよ」とのコメントとともに、ヒーリーのプレー集を公開。プロモーションビデオを作成し、いかに優れた選手かアピールするにまで至った。 これに対してマクダーモット氏が「本当にすまなかった」と詫びの言葉を返すと、トゥールーズ側も「どうってことないよ、ヒーリーはすぐにあなたのお気に入りになるさ(ついでに我々のクラブもね!)」と返答。事態は丸く収まったようだ。 オナイウの活躍とともに、ヒーリーに注目するのも良いかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】YouTuberに知られていなかった選手のPVを作り、グイグイ推すトゥールーズ公式</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br><br>Never f**k with Rhys James Evitt-Healey <a href="https://twitter.com/the_pieface?ref_src=twsrc%5Etfw">@the_pieface</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/TOTW?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TOTW</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFA22?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFA22</a> <a href="https://t.co/TWOjp6Y44Z">https://t.co/TWOjp6Y44Z</a> <a href="https://t.co/S588TTm833">pic.twitter.com/S588TTm833</a></p>&mdash; Toulouse FC (@ToulouseFC) <a href="https://twitter.com/ToulouseFC/status/1463832974290395142?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.26 21:50 Fri
twitterfacebook
thumb

「賭けが急増するのはなぜ?」疑惑のW杯予選、賭博が絡んでいた可能性を南アフリカの会長が主張

疑惑の判定の裏には賭博が絡んで居た可能性があるかもしれない。 カタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ予選も2次予選が終了。コートジボワール代表が敗退するなど、熾烈な出場権争いが繰り広げられ、最終予選に進む10カ国が決定した。 アフリカ勢の枠は5カ国となり、ここから半分に絞られるわけだが、敗退した南アフリカが国際サッカー連盟(FIFA)へと苦情を申し立てていた。 問題となっているのは、14日に行われたガーナ代表との試合。試合は1-0で敗れていたが、南アフリカサッカー協会(SAFA)は失点に繋がった判定を問題視していた。 南アフリカは、0-0で迎えた32分にガーナが右CKからクロス。このこぼれ球にDFルッシン・デ・ルークが対応したが、その際に接触があったとしてガーナ代表MFダニエル・アマルテイが倒れる。主審はガーナにPKを与えてこれが決勝点に。しかし、接触はほとんどない状況であり、倒れ込むようなものではなかったとして、南アフリカが再試合を要求している。 FIFAは審判による「明らかな誤り」に関してのみ抗議を認めており、今回の件に関しては調査をスタートさせているが、SAFAのダニー・ジョーダン会長が賭博が絡んでいると17日の会見で語った。 「大きな決断が下される直前に、賭けが急増するのはなぜなのか? 賭けるタイミングを知っていたからだろう」 この抗議に関しては、元南アフリカ代表のエース・エンコボ氏がレポートを作成。主審がガーナに対する有利な判定をしたという試合中の71個の主要なトピックをピックアップしているという。 ガーナサッカー協会(GFA)はこの件に対しての見解を求められているが、今の所はないとのこと。W杯出場が懸かるだけに、FIFAの裁定は大きな影響が出ることになる。 なお、南アフリカは、5年前に行われた2018年のロシアW杯予選で再試合を経験。セネガル代表相手に2-1で勝利していたが、ガーナ人主審が「特定の賭けを成功させるため」として、明らかに間違った2つの判定を下していたことを認め、セネガルと再試合に。結果、2-0で敗れ、セネガルがW杯に出場し、グループステージでは日本と対戦した。 <span class="paragraph-title">【動画】再試合の可能性? これでPKの判定は正しいのか!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWVpa20sVtX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWVpa20sVtX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWVpa20sVtX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.18 09:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly