レーティング:チェルシー 1-1 マンチェスター・ユナイテッド《プレミアリーグ》

2021.11.29 03:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第13節、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが28日にスタンフォード・ブリッジで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
16 メンディ 5.5
枠内シュート2本で1失点も自身に責任はなし。チームが押し込んだ中で常にアラートな状況を維持してサンチョの飛び出しなどに対応

DF
14 チャロバー 6.0
逆サイドのリュディガーとバランスを取りながらリスク管理を徹底。ビッグマッチにおいても安定したプレーぶりだった

6 チアゴ・シウバ 6.5
貴重なPKを奪取。安定した配球に相手のカウンターの起点をしっかりと潰すなど、要所を締めるさすがの安定感

2 リュディガー 6.0
前半に強烈なミドルシュートで相手ゴールに迫るも、最後の絶好機をふかす。果敢な持ち上がりで局面を変える意識を見せたが、相手が引き込む形を取ってからはあまり効果的に絡めず。ただ、守備は相変わらずソリッドだった

MF
24 リース・ジェームズ 6.5
攻守両面で好調を維持。試合を通して崩しの起点となったが、決定的な仕事には至らず

12 ロフタス=チーク 5.5
球際で強度の高いプレーを継続したが、攻撃の判断の部分で周囲と呼吸が合わない場面も散見。もう一工夫ほしかった

5 ジョルジーニョ 5.0
PKで同点ゴールを奪取。前半の相手をいなすボールキープや配球も素晴らしかったが、失点場面の対応は相手2枚のスプリントを考慮すれば、あまりに軽率だったか…

3 マルコス・アロンソ 5.0
試合序盤は良い形で攻撃に絡んだが、久々の出場の影響か大事な局面でのプレー精度を欠いて徐々にトーンダウン

(→マウント 5.5)
相手の急所に差し込むボールを意識も結果に繋げられず

FW
22 ツィエク 6.0
攻守両面で多くの仕事量をこなしたが、シュート精度を含めて攻撃の最後の仕上げの部分では今一つ。チームが引き分けただけに評価が難しい一戦に

11 ヴェルナー 5.0
久々のスタメン出場というエクスキューズはあったが、再三の決定機逸にチャンスメイクの質に関しても物足りず

(→ルカク 5.5)
古巣対戦でフィニッシュの場面はほぼなかったが、起点づくりなどで見せ場は作った

20 ハドソン=オドイ 6.0
前半序盤の一対一を含めフィニッシュの精度に課題も、果敢な仕掛けや守備のタスクをこなすなどパフォーマンス自体は悪くなかった

(→プリシッチ 5.5)
後半最後の絶好機を演出するなど、まずまず求められた役割を果たした

監督
トゥヘル 5.5
試合内容では相手を圧倒したが、先日のバーンリー戦のドローのように最後の局面で苦しんだ

▽マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 デ・ヘア 6.5
PKによって1失点を喫したが、前半の幾つかの際どいシュートをファインセーブで防ぐなど、防げるシュートはすべて止めた

DF
29 ワン=ビサカ 6.0
痛恨のPK献上となったが、前半序盤の守備面の劣勢をうまく立て直して後半はアロンソらをきっちり封じた

2 リンデロフ 6.5
立ち上がりはだいぶバタついたが、チームが相手を引きこむ形になってからは持ち味の危機察知能力を生かして的確なカバーリングやクロス対応を見せた

3 バイリー 6.5
相手の強力アタッカーに対して地上戦、空中戦でも堂々と渡り合う。マイボール時も無理をせずセーフティーなプレーを心掛けた

27 テレス 6.0
ほぼ守備に追われる形となったが、ショーの代役をきっちりこなした。ジェームズとツィエクのコンビに何とか食らいついた

MF
39 マクトミネイ 6.5
攻撃の場面では無難な繋ぎに終始したが、守備ではマティッチのサポートもあって幅広いエリアをフレッジと共にカバー。チームを救う好守を幾度も見せた

31 マティッチ 6.5
久々に身体のキレを感じさせる精力的なプレーで中盤のフィルター役を完遂。要所で持ち味の局面を変える縦パスも供給

18 ブルーノ・フェルナンデス 5.0
ジョルジーニョのミスを誘発するクリアを見せたが、勤続疲労の影響もあり多くのタスクを任された中で全体的にプレー精度が落ちている

(→ファン・デ・ベーク -)

17 フレッジ 6.5
フィニッシュの局面では精度を欠いたが、守備の局面では中盤の2人の相棒と共に躍動。ブラジル代表で見せるような安定したパフォーマンスだった

FW
25 サンチョ 6.5
持ち味の快足を生かしたボール奪取からのカウンターで待望のプレミアリーグ初ゴール。試合を通して守備に追われた中、少ない決定機をきっちりモノにした

(→C・ロナウド 5.0)
カウンターの脅威としての投入と思われたが、ほぼ攻撃に絡めず。相手の攻勢を促す結果に

10 ラッシュフォード 5.5
先制点の場面ではサンチョと共に猛プレスを仕掛けてオトリのランニングで貢献。終始、前半は守備に追われるだけだったが、後半はカウンターチャンスにも顔を出した

(→リンガード 5.5)
ハードワークをこなしたが、さしたる見せ場はなし

監督
キャリック 6.0
あのタイミングでのC・ロナウドの投入はやや不可解だったが、3センターへの変更など準備したプランはまずまず機能した

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
マクトミネイ(マンチェスター・ユナイテッド)
攻撃面のパフォーマンスではチェルシーの選手たちに分があったが、下馬評を考えれば、敗戦必至のユナイテッドでマティッチやフレッジと共に奮闘した生え抜きMFをMOMに選出。持ち味の機動力と身体の強さを生かした守備で相手の攻撃にうまく蓋をした。試合終盤には決死の顔面ブロックも披露。

チェルシー 1-1 マンチェスター・ユナイテッド
【チェルシー】
ジョルジーニョ(後24[PK])
【マンチェスター・ユナイテッド】
サンチョ(後5)

関連ニュース
thumb

ブライトン戦に挑むトゥヘル、シティ戦から中2日のアウェイ3連戦目も「当然ながら勝ちたい」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が意気込みを語っている。イギリス『ロンドン・フットボール』が報じた。 プレミアリーグ前節で首位のマンチェスター・シティに0-1で敗れ、ポイント差を「13」に広げられてしまったチェルシー。リバプールにも抜かれ、3位に転落したなか、18日の第24節でブライトン&ホーブ・アルビオンとのアウェイ戦に臨む。 優勝争いでこれ以上の足踏みが許されないが、ブライトンは昨年12月の第20節で対戦して1-1のドロー。シティ戦から中2日、アウェイ3連戦目という状況下での再戦とだけあって、疲労面も懸念されるが、トゥヘル監督は必勝を期した。 「試合そのものも相手も大きな挑戦だ。ブライトンとの対戦はタフだしね。個人的にあそこでプレーしたことがないが、たくさんの試合を観ている」 「もちろん、ブライトンとは過去に対戦したことがある。非常に独特なスタイルで、強力なスカッド、自分たちのやっていることに強い信念を持つ監督がいる。我々が意識すべきことはたくさんあって、可能な限り最高のレベルが必要だ」 「それと、アウェイでの試合はこれで3試合目で、シティとの試合から2日しか経っていない。勝つためにメンタル面とフィジカル面の全てが必要で、リカバリーと準備が混在しているが、当然ながら勝ちたいし、タフな試合になると思う」 2022.01.18 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

FIFA/FIFProワールドイレブンが発表! プレミアから最多5選手!

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、国際プロサッカー選手会(FIFPro)と共同主催する2021年の男子ワールドイレブンを発表した。 FIFA/FIFProワールドイレブンは2005年からスタート。世界のフットボーラーによる投票で決められ、17日に開催された『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で11人のメンバーが発表された。 GKにはユーロ2020でイタリア代表の優勝に貢献し、大会MVPにも輝いたジャンルイジ・ドンナルンマが選出。 さらに、ディフェンス部門ではダビド・アラバ、レオナルド・ボヌッチという常連2人と、マンチェスター・シティでワールドクラスのセンターバックに成長したルベン・ディアスが選出。 中盤ではシティのプレミアリーグ制覇に貢献したケビン・デ・ブライネ、チェルシーのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献したジョルジーニョ、エンゴロ・カンテの選手が選ばれた。 さらに、最多4人が選出されたフォワード部門ではクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの生けるレジェンド2人に、ブンデスリーガの2大ストライカーのロベルト・レヴァンドフスキ、アーリング・ハーランドが選ばれた。 GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/ミラン、パリ・サンジェルマン) DF ダビド・アラバ(オーストリア/バイエルン、レアル・マドリー) レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユベントス) ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・シティ) MF ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ) ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー) エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー) FW クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド) アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント) ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ、パリ・サンジェルマン) 2022.01.18 06:21 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキが男子年間最優秀選手を2年連続受賞! 『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で各賞発表

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、2021年度『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の男女各賞受賞者を発表した。 男子最優秀選手は昨年に続きFWロベルト・レヴァンドフスキがアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)、エジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)を抑えて2年連続受賞。 男子最優秀監督はチェルシーを指揮して約4カ月でチャンピオンズリーグ(CL)のタイトルをもたらしたトーマス・トゥヘル監督が初受賞。男子最優秀GKはチェルシーの守護神エドゥアール・メンディが同じく初受賞した。 一方、女子最優秀選手はスペイン代表MFアレクシア・プテラス、女子最優秀監督はチェルシーのエマ・ヘイズ監督、女子最優秀GKはチリ代表GKクリスティアネ・エンドレルが受賞している。 その他では年間ベストゴール賞に当たるFIFAプスカシュ賞は、アルゼンチン代表MFエリク・ラメラがトッテナム時代のアーセナルとのノースロンドン・ダービーで決めたラボーナ弾で受賞。トッテナムは昨年の韓国代表FWソン・フンミンに続き史上初の2年連続受賞に。 FIFAフェアプレー賞、FIFAファン賞は、ユーロ2020のデンマーク代表とフィンランド代表の試合中に卒倒し、一時心停止となったデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの救命措置で世界中のフットボールファミリーから称賛を浴びたデンマーク代表、同試合で暖かなサポートを見せた両チームのサポーターが選出された。 また、偉大なキャリアを送った選手たちが対象となるFIFA特別賞を、それぞれポルトガル代表、カナダ女子代表で代表通算ゴール記録を塗り替えたクリスティアーノ・ロナウド、クリスティーン・シンクレアが受賞することになった。 ◆各賞受賞者一覧 《男子最優秀選手》 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) 《男子最優秀監督》 トーマス・トゥヘル(ドイツ/チェルシー) 《男子最優秀GK》 エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー)) 《女子最優秀選手》 アレクシア・プテラス(スペイン/バルセロナ) 《女子最優秀監督》 エマ・ヘイズ(イングランド/チェルシー) 《女子最優秀GK》 クリスティアネ・エンドレル(チリ/パリ・サンジェルマン、リヨン) 《FIFAフェアプレー賞》 デンマーク代表&メディカルチーム 《FIFAプスカシュ賞》 エリク・ラメラ(アルゼンチン/トッテナム、セビージャ) 《FIFAファン賞》 デンマーク&フィンランドサポーター 《FIFA特別賞》 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド) クリスティーヌ・シンクレア(カナダ/ポートランド・ソーンズ) 2022.01.18 06:20 Tue
twitterfacebook
thumb

チルウェル離脱のチェルシー、PSGで構想外のクルザワを獲得か

チェルシーが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表DFレイヴァン・クルザワ(29)の獲得を検討しているようだ。 不動の左ウィングバックだったDFベン・チルウェル(25)がヒザの負傷で今季絶望となり、代役確保が急務となっていたチェルシー。フラメンゴにレンタルしていたMFケネディ(25)を呼び戻したものの、チェルシーでの出場がわずか27試合という同選手に対する疑念は少なくなく、さらなる補強を狙っているようだ。 リヨンにレンタル中のDFエメルソン・パルミエリ(27)や、コベントリー・シティに貸し出しているDFイアン・マートセン(19)の呼び戻しは不可能とされるなか、イギリス『スカイ・スポーツ』は、チェルシーがPSGのクルザワに関心を示していると伝えている。 クルザワは2015年夏にPSGに加入し、公式戦154試合の出場で14得点23アシストを記録。しかし、今季はDFヌーノ・メンデスが加入するなど左サイドバックでは3番手、4番手という立ち位置に。ここまでトロフェ・デ・シャンピオンの9分間の出場のみにとどまっている。 2022.01.17 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ペップ、チェルシー破ってより独走も「この1月に誰もチャンピオンになれない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がプレミアリーグ覇権争いにコメントした。 連覇にまい進するシティは15日に第22節で2位のチェルシーをホームに迎え撃ち、1-0で勝利。序盤から出場権を握るなか、チェルシーの守りをこじ開けられない展開が続いたが、70分にベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの右足ミドルを突き刺して、2位との頂上決戦を制した。 これで12連勝となり、チェルシーとの勝ち点差も「13」に広げて、さらなる首位固めに成功したシティ。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、覇権奪回を期すチェルシーを叩き、独走ムードをより一層強めるグアルディオラ監督だが、冷静さを保った。 「大きな勝利だ。有力な対抗馬との対戦だったわけだからね。自分たちが3ポイントを掴めば、相手は3ポイントを取れないわけだが、この1月に誰もチャンピオンになれない」 「チェルシーのことも考えることができるし、リバプールも(今節含む2)試合を残している。彼ら(リバプール)が勝てば、8ポイント差。1月時点での8ポイント差は何の意味もない」 「我々は勝利に値するなら勝ちたいし、今日はそれにふさわしかった。私はフットボールでフェアでありたい。アーセナル戦で勝てたのは嬉しいが、我々はそれに値しなかった」 「勝つに値する試合に勝つと、より良い気分になる」 2022.01.16 14:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly