【J1注目プレビュー|第37節:湘南vs徳島】J1を懸けた決戦から2年、残留か混戦か、命運分かれる大一番

2021.11.27 11:22 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第37節】
2021年11月27日(土)
14:00キックオフ
湘南ベルマーレ(15位/36pt) vs 徳島ヴォルティス(17位/33pt)
[レモンガススタジアム平塚]

◆悲しみを乗り越えて残留を【湘南ベルマーレ】

突然の知らせだった。23日、MFオリベイラが急性うっ血性心不全のため23歳の若さで他界。あまりにも突然の出来事で、そのショックは計り知れないものだ。

簡単に整理できないのは当然だろう。元気だったチームメイトとの突然の別れを悲しまないわけはない。しかし、試合は迫ってくる。負けられない試合に向けて、気持ちを持っていくことが必要だ。

残りの降格枠は1つ。その降格圏に位置する徳島との直接対決。勝ち点差は「3」であり、負けるわけにはいかない。そしてホーム最終戦ということもあり、苦しんだシーズンのホームラストマッチだ。

「オリベイラのため」気持ちをひとつに湘南らしいサッカーをホームサポーターの前で見せることができるか。チームがまとまり、徳島を上回って残留を決めたい。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:谷晃生
DF:石原広教、大岩一貴、山本脩斗
MF:岡本拓也、田中聡、畑大雅
MF:茨田陽生、山田直輝
FW:ウェリントン、町野修斗
監督:山口智

◆2年前のリベンジを【徳島ヴォルティス】

残り2試合でJ1残留を掴みたい徳島。湘南と清水とは勝ち点差が「3」となっており、この直接対決が明暗を分けるといっても良いだろう。敗れれば降格決定だ。

その徳島は前節FC東京に2-0で勝利。その結果、首の皮一枚繋がったのだ。

この時期のアウェイ湘南戦といえば、2019年のJ1参入プレーオフが思い出される。J2を4位で終えた徳島は1回戦でヴァンフォーレ甲府を、2回戦でモンテディオ山形を下し決定戦へ。その相手が湘南だった。

その試合では、徳島が鈴木徳真のゴールで先制するも、湘南が松田天馬(現:京都サンガF.C.)のゴールで同点に。1-1で引き分けたが、レギュレーションにより湘南はJ1残留、徳島は昇格を逃した。

翌年に昇格を果たしたわけだが、この地での戦いは思い出さないわけはないだろう。あの時とは互いにチームも変わったが、大一番であることは変わりない。今節は左SBのジエゴが出場停止と痛い欠場になるが、真価を見せたいところだ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:上福元直人
DF:岸本武流、カカ、福岡将太、田向泰輝
MF:鈴木徳真、岩尾憲、藤田譲瑠チマ
FW:宮代大聖、垣田裕暉、西谷和希
監督:ダニエル・ポヤトス
出場停止:ジエゴ


関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第16節:広島vs名古屋】コロナに負けず勢い持続できるか? 名古屋は4連勝へ

【明治安田生命J1リーグ第16節】 2022年5月28日(土) 14:00キックオフ サンフレッチェ広島(7位/21pt) vs 名古屋グランパス(9位/20pt) [エディオンスタジアム広島] ◆コロナとの戦いに負けない【サンフレッチェ広島】 今週に入りチーム内で相次ぐ新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が出たこともあり、25日のガンバ大阪戦が当日に急遽中止となった広島。過密日程が回避できた一方で、チームとしては満足いく準備ができたとは言えない。 陽性者が複数出たことで保健所から活動停止が言い渡された一方で、その後の検査で陰性が確認されたために活動は再開。試合開催が決定した。 とはいえ、コンディションに加えて陽性者が当日も出ないとは限らないため、万全の準備はできていないと言える。 それでも4月から続いている良い流れをキープしていきたいところ。チームとして機能していただけに、チーム力が試される一戦となりそうだ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:大迫敬介 DF:塩谷司、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、野津田岳人、柏好文 MF:森島司、満田誠 FW:ナッシム・ベン・カリファ、ジュニオール・サントス 監督:ミヒャエル・スキッベ ◆なんとか3連勝、一歩前に進めるか【名古屋グランパス】 前節はホームにアビスパ福岡を迎えての一戦。1-0のウノゼロで勝利を収め、リーグ戦3連勝を飾った。 ゴールが遠く、堅守が崩壊し、非常に厳しい時期を過ごしていた名古屋だったが、ここ3試合で2度のクリーンシートと堅守を取り戻しつつある。 ただ、攻撃陣の停滞感は否めず、成績を五分に戻した今、一歩前に進むのか後退してしまうのか、重要な局面を迎えている。 この試合が終わればインターナショナル・マッチデー(IMD)を迎えてリーグ戦は中断。YBCルヴァンカップのプレーオフはあるが、チームとして良い形で中断に入りたいところだろう。 この3連勝中も圧倒して勝ってきたわけではなく、薄氷の勝利の連続。まだまだチームとしての完成度は低いが、結果を自身に繋げられるか。ルヴァンカップで連敗した相手にしっかりとリーグ戦では勝利したい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:ランゲラック DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:森下龍矢、レオ・シルバ、吉田豊 MF:稲垣祥、仙頭啓矢 FW:マテウス・カストロ、柿谷曜一朗 監督:長谷川健太 2022.05.28 09:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:神戸vs磐田】激励を受け再び立ち上がるか?磐田は守備の集中がカギ

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年5月25日(水) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(18位/7pt) vs ジュビロ磐田(15位/14pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆今一度気を引き締めて【ヴィッセル神戸】 前節は湘南ベルマーレとのボトム2の対決となったが、2-1で敗戦。連敗を喫し、最下位から抜け出せなかった。 湘南の圧に押されてビハインドとなると、試合終盤には同点のチャンスを得たがVARでゴールは取り消し。執拗な抗議を続ける醜態を見せてしまい処分を受けた。 一向に上向かない調子。三木谷浩史会長がチームを訪問し、選手たちに想いを伝えた。こみ上げてくるものがある中での激励を受け、選手たちが何を見せるのかに注目が集まる。 選手たちが持っているものは間違いない。これを集団として1つに間泊まれるのかどうか。神戸の逆襲はいつ始まるか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、小林友希、酒井高徳 MF:山口蛍、大﨑玲央 MF:郷家友太、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:武藤嘉紀 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆止まらない失点をどうするか【ジュビロ磐田】 前節は北海道コンサドーレ札幌にホームで逆転負けを喫してしまい、連勝とはならなかった。 チームとしては苦しい時期が続いており、J1の強かな戦いに苦労している。 札幌選も先制し、アグレッシブな戦いとハイプレスが効果的だったが、相手がバランスを崩しにくるとそれにお付き合い。隙を突かれて逆転を許してしまった。 自分たちの戦い方をいかに90分通してやれるかがポイント。そこを崩された時の対応力という点では、クオリティの差を痛感しているところだろう。いかに守備が機能するかが勝利へのカギとなる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:三浦龍輝 DF:山本義道、伊藤槙人、リカルド・グラッサ MF:鈴木雄斗、遠藤保仁、山本康裕、松本昌也 MF:上原力也、大森晃太郎 FW:ファビアン・ゴンザレス 監督:伊藤彰 2022.05.25 16:33 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:横浜FMvs京都】悪い流れで足踏みの両者、12年ぶりの対戦はどちらに軍配?

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年5月25日(水) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス(3位/25pt) vs 京都サンガF.C.(11位/17pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆落ち着きを取り戻せるか【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでのアビスパ福岡戦で1-0と敗戦。リーグ戦では5試合ぶりの黒星を喫した。 前々節は3点リードから浦和レッズに追いつかれてのドローと守備が崩壊。前節はゴールを仕留められずに敗戦と、流れは良くない。 さらに、その試合ではアンデルソン・ロペスが相手DFに唾吐きを行い一発退場。6試合の出場停止に60万円の罰金という重い処分を下されていた。チーム最多の7ゴールを記録していただけに、大きな痛手となる。 珍しく落ち着きない戦いを見せている横浜FMだが、今節の相手の京都もアグレッシブなプレーで乱してくることは間違いない。冷静に対応し、自慢の攻撃陣が爆発できるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、岩田智輝 FW:仲川輝人、レオ・セアラ、宮市亮 監督:ケヴィン・マスカット 出場停止:アンデルソン・ロペス ◆6試合ぶりの勝利なるか【京都サンガF.C.】 前節はサンフレッチェ広島相手にアウェイで3-1の敗戦。これでリーグ戦5試合連続で白星から遠ざかることとなった。 この間の成績は負けと引き分けを繰り返しており、2分け3敗。その中で深刻なのは得点力不足だ。 5試合のうち1失点が3試合、3失点が1試合。しかし得点は2点しか奪えておらず、それでは勝利することが難しい。 チームとして正念場。戦い方に問題はないが、ゴール前のクオリティは欠けており、ピーター・ウタカにおんぶに抱っこという状態。いかに他の選手が連動できるのか。良い守備から良い攻撃に移った場合の精度が注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:白井康介、アピアタウィア久、麻田将吾、荒木大吾 MF:松田天馬、川崎颯太、武田将平 FW:宮吉拓実、ピーター・ウタカ、武富孝介 監督:曺貴裁 2022.05.25 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:鹿島vs鳥栖】ポイントは互いに“強度”、アグレッシブなプレーで上回るのは?

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年5月25日(水) 19:00キックオフ 鹿島アントラーズ(2位/29pt) vs サガン鳥栖(6位/20pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆精度を高めて仕留め切れるか【鹿島アントラーズ】 前節はアウェイでの浦和レッズ戦。多くのサポーターが集まり、異様な雰囲気の中で行われた試合となったが、1-1の引き分けに終わった。 先制をした中で、浦和にPKを与えてしまい、首位浮上のチャンスを逃したが、非常に強度の高い試合となった。 過密日程をこなしていく中で、90分間強度を高くプレーすることは不可能。チームとしてのバランス、ペース配分が非常に重要になってくる。 ボールを持って主導権を握れれば、その時間を作れるはず。または、アグレッシブに入り、得点差をつけてしまうこともありだろう。 縦に早く、アグレッシブに戦うという姿勢を貫くと、必然的に消耗が激しくなる。それだけに、プレー精度を上げていき、試合を優位に進められるかが注目となる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、三竿健斗、安西幸輝 MF:樋口雄太 MF:和泉竜司、ディエゴ・ピトゥカ、アルトゥール・カイキ FW:上田綺世、鈴木優磨 監督:レネ・ヴァイラー ◆強度高く、アグレッシブに仕留められるか【サガン鳥栖】 前節は王者の川崎フロンターレと対戦し0-0のドロー。チームとしてやりたいことをやれた部分はあったが、バランスを崩して勝利は掴めなかった。 鳥栖が掲げる前にアグレッシブに行くという姿勢は見せられ、スペースを突いた早い攻撃を見せることはできたが、ゴールを奪い切るまでには至らなかった。 それでも、しっかりと戦えたことはチームとしてはプラス材料。ヴィッセル神戸戦では引かれた相手に何もできず、4失点の大敗を喫していただけに、下を無数に済むこととなった。 ポイントは変わらず、強度高くプレーできるか。スピーディーなプレーは鹿島も目指すところは同じであり、問われるのは精度。しっかりと主導権を握りに行くことができるかがカギとなる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、田代雅也、ジエゴ MF:飯野七聖、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:堀米勇輝、本田風智 FW:小野裕二 監督:川井健太 2022.05.25 16:04 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:川崎Fvs湘南】王者は堅牢な守備で無敗継続へ、湘南は勢いづけるか

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年5月25日(水) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ(1位/30pt) vs 湘南ベルマーレ(17位/10pt) [等々力陸上競技場] ◆6連続クリーンシートなるか【川崎フロンターレ】 前節はアウェイでのサガン鳥栖戦で決め手を欠いてゴールレスドロー。連勝は「4」でストップした。 ただ、チームとしては5試合連続のクリーンシートと守備が安定。王者らしい強さを取り戻す形となったが、今節に向けては不安材料もある。 ケガ人が多い最終ラインにおいて、キャプテンのDF谷口彰悟が“苦手なもの”としてあげた「DOGSO」で退場。今節は、df山村和也が起用されることになるだろう。安定してきた守備陣でしっかりプレーできるかが注目だ。 相手は背後を狙ってくるスタイルなだけに、集中した守備ができるのか。それと同時に、前節は不発に終わった攻撃陣の奮起を期待したい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、山村和也、車屋紳太郎、佐々木旭 MF:脇坂泰斗、橘田健人、遠野大弥 FW:小林悠、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ 監督:鬼木達 出場停止:谷口彰悟 ◆勢いに乗りたいところ【湘南ベルマーレ】 前節はホームに最下位のヴィッセル神戸を迎えての一戦に。2点をリードする試合展開を見せる中、最終盤には押し込まれてゴールを許してしまったかと思われたが、VARにより取り消し。今シーズンのホーム初勝利を収めた。 裏の天王山を乗り越えたことで、チームとして勢いに乗りたいところ。連覇中の王者を相手には簡単なことではないが、自分たちのペースに持っていくことがポイントだ。 昨シーズンは勝利こそなかったが、戦うことはできた。問題は試合の終盤の過ごし方。どちらの試合も終盤のゴールで勝ち点を落としているだけに、成長した姿を見せたいところだ。 いかに自分たちの得意とするプレスで相手を困らせるか。そして、集中力を持って相手の攻撃に耐えるかが重要。神戸戦ではやられそうなシーンを防ぐこともできただけに、今節も粘りの湘南を見せたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:山本脩斗、大岩一貴、杉岡大暉 MF:石原広教、米本拓司、畑大雅 MF:池田昌生、タリク FW:瀬川祐輔、町野修斗 監督:山口智 2022.05.25 15:58 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly