昇格組フュルト、アメリカ代表MFグリーンと契約延長

2021.11.26 00:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
グロイター・フュルトは24日、アメリカ代表MFジュリアン・グリーン(26)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。

バイエルンのアカデミー出身のグリーンは10代から将来を嘱望されるアタッカーだったが、トップチームには定着できず。レンタル先のハンブルガーSVやシュツットガルトへの完全移籍を経て、2017-18シーズンにフュルトへレンタル加入。その翌年に完全移籍に切り替わると、昨シーズンのブンデスリーガ2部では30試合9ゴールの活躍をみせ、チームを1部復帰に導いていた。

自身久々のブンデスリーガとなる今シーズンはここまで9試合に出場。キャリア初期は左右のウイングを主戦場とするアタッカーの印象が強かったが、現在はセントラルMFや攻撃的MFのポジションで、よりゲームメイクや攻撃の組み立てに関わっている。


関連ニュース
thumb

奥川が4戦連発、ビーレフェルトは最下位グロイター・フュルトにドロー《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは16日、ブンデスリーガ第19節でグロイター・フュルトをホームに迎え、2-2で引き分けた。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場している。 前節フライブルク戦を2-2で引き分けた17位ビーレフェルト(勝ち点17)は、今季6ゴール目を豪快なミドルシュートで決めた奥川が[4-2-3-1]の左MFで先発となった。 最下位グロイター・フュルト(勝ち点6)に対し、押し込む入りとしたビーレフェルトは8分、ボックス手前右でパスを受けた奥川がボックス内へ侵入。スピードに乗ったまま右足を振り抜き、ゴール左へ蹴り込んで先制した。 奥川の4戦連発弾で試合を動かしたビーレフェルトは続く23分、奥川のクロスからヴィマーがヘディングシュートで牽制。さらに32分にはボックス左からクルーガーが際どいシュートを浴びせた。 しかし35分、一瞬の隙を突かれて同点とされる。ルウェリングに単騎突破を許してボックス内へ侵入され、そのままシュートを決められた。 迎えた後半、52分にティルマンの直接FKでゴールを脅かされたビーレフェルトはGKオルテガの好守で凌ぐも、67分に逆転される。サイド攻撃を受け、最後は直前に投入されていたニールセンにヘディングシュートを決められた。 その後も守勢が続いていたビーレフェルトだったが、83分にファインゴールで追いつく。ルーズボールをペナルティアーク中央のカストロが左足ボレーで一閃。パーフェクトなシュートがゴール左に突き刺さった。 このまま2-2で終了。奥川が4戦連発ゴールを決めたビーレフェルトだったが、最下位相手に勝ち点1を得るにとどまった。 2022.01.17 03:40 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、最下位グロイター・フュルトにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは8日、ブンデスリーガ第18節でグロイター・フュルトとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 前半戦最終戦となった前節ケルン戦を落とし2連敗で2021年を終えた16位シュツットガルト(勝ち点17)は、遠藤と伊藤が先発となった。 最下位グロイター・フュルト(勝ち点5)に対し、[3-4-2-1]で臨んだシュツットガルトは伊藤が左センターバックで、遠藤がボランチでスタート。 守勢の入りとなったシュツットガルトは22分にピンチ。サイド攻撃で揺さぶられ、ゴール前のフルゴタに決定的なヘディングシュートを許すもGKミュラーがファインセーブで凌いだ。 その後も押し込まれる展開が続いたシュツットガルトだったが、膠着状態に持ち込んだ前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半も押し込まれる入りとなったシュツットガルトは55分に大ピンチ。マンガラの横パスをカットされ、決定的なシュートを打たれたが、何とかゴールライン前でアントンがカットした。 その後も主導権を握りきれないシュツットガルトは好機を作れないまま終盤へ。その終盤は押し込む展開としたシュツットガルトは、83分にようやくカライジッチが可能性のあるシュートを放つも、0-0のままタイムアップ。 残留を争うであろうグロイター・フュルトと勝ち点1を分け合っている。 2022.01.09 02:26 Sun
twitterfacebook
thumb

3試合ぶり勝利のドルトムント、守護神は2Gのハーランド称賛「彼が僕らのためにプレーしてくれて本当に嬉しい」

ドルトムントのスイス代表GKグレゴール・コベルが、3試合ぶりの勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは15日に行われたブンデスリーガ第16節でグロイター・フュルトと対戦した。 2試合勝利から遠ざかり、これ以上首位バイエルンと勝ち点差が広がることを阻止したいチームは、30分にFWアーリング・ハーランドがPKを決めて先制に成功。後半にもハーランドにゴールが生まれると、89分にはFWドニエル・マレンのゴールでとどめを刺し3-0で勝利した。 この結果、3試合ぶりの勝利を挙げたドルトムントは、バイエルンとの勝ち点差「6」をキープしている。 守護神としてクリーンシート達成に貢献したコベルは、試合後に内容は決して良くなかったとコメント。そのうえで、勝利こそが重要であるとも語り、2ゴールのハーランドを称賛した。 「ブンデスリーガで未勝利に終わった2試合の後だったから、勝利に戻ることこそが重要だった。そして僕たちは、それを達成するための方法について議論することができるだろう」 「焦点は再び勝ち点3を獲得することだったが、今日は素晴らしい試合ではなかったね。こうした試合も、時にはあるものだと思う。特に相手が深く守ってくる場合、ゲームに入ってリズムをつかむのは簡単なことではない。そしてこのリズムが、今日は欠けていたと思う。僕たちは入りたいスペースに入れなかった」 「それでも僕たちは勝った。しかも、無失点を達成してね。アーリング・ハーランドのような選手が前線にいるのは素晴らしいよ。彼が僕らのためにプレーしてくれて、本当に嬉しい」 2021.12.16 11:14 Thu
twitterfacebook
thumb

ハーランドがドッペルパック、ドルトムントが3試合ぶり白星《ブンデスリーガ》

ドルトムントは15日、ブンデスリーガ第16節でグロイター・フュルトをホームに迎え、3-0で快勝した。 前節ボーフム戦を引き分けた2位ドルトムント(勝ち点31)は、首位バイエルンとの勝ち点差が暫定9に広がった中、ハーランドを最前線に、2列目に右からブラント、ロイス、T・アザールと並べた。 前節ウニオン・ベルリン相手にトップリーグ初勝利を手にした最下位グロイター・フュルト(勝ち点4)に対し、ドルトムントが押し込む流れで推移すると、21分に先制しかける。 ハーランドのスルーパスからT・アザールがネットを揺らすも、VARの末にわずかにオフサイドでノーゴールに。 それでも30分、ハーランドのシュートが相手DFのハンドを誘ってPKを獲得。このPKをハーランドが決めてドルトムントが先制した。 続く36分にはスルーパスに抜け出したロイスに追加点のチャンスもシュートはGKの好守に阻まれ、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半もドルトムントが押し込む流れが続いたが、62分にピンチ。しかし、ボックス右のルウェリングのボレーシュートは枠を外れて助かった。 すると終盤の82分、ドルトムントがダメを押す。右サイド絞った位置からのブラントのFKをハーランドがヘッドで押し込んだ。 そして89分にブラントのアシストからマレンが3点目を決めたドルトムントが勝利。3試合ぶりの白星とした。 2021.12.16 06:25 Thu
twitterfacebook
thumb

原口先発、遠藤途中出場のウニオン、グロイター・フュルトに1部初勝利を献上《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは12日、ブンデスリーガ第15節でグロイター・フュルトとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。ウニオンのMF原口元気は82分までプレーし、MF遠藤渓太は82分からプレーしている。 前節ライプツィヒに勝利した6位ウニオン(勝ち点23)は、ライプツィヒ戦でベンチスタートだった原口が先発に復帰した。 最下位グロイター・フュルト(勝ち点1)に対し、原口が[3-5-2]の左インサイドMFでスタートしたウニオンは、互角の攻防で立ち上がった中、徐々に押し込む流れとしていったものの好機を生み出すには至らない。 膠着した展開が続きゴールレスで前半を終えた中、53分に原口がミドルシュートを放ったウニオンだったが、56分に失点する。CKの流れからニールセンにシュートを蹴り込まれた。 追うウニオンは終盤にかけてなかなかゴールに迫れずにいると、82分に原口に代えて遠藤を投入。すると85分、遠藤がシュートに持ち込む。CKのルーズボールをボックス手前左の遠藤が左足でボレー。だが、枠の左に外れた。 結局、ウニオンはゴールを奪えず0-1で敗戦。グロイター・フュルトにトップリーグ初勝利を献上している。 2021.12.13 01:29 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly