オヤルサバル復帰も10人ソシエダ、バレンシアにゴールレスで首位陥落《ラ・リーガ》

2021.11.22 06:56 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダは21日、ラ・リーガ第14節でバレンシアをホームに迎え、0-0で引き分けた。前節オサスナに勝利して2位レアル・マドリーとの1ポイント差を維持した首位レアル・ソシエダ(勝ち点28)は、イサクやシルバ、メリノら主力がスタメンとなった。

10位バレンシア(勝ち点17)に対し、イサクを最前線に、シルバをトップ下に据える[4-2-3-1]で臨んだソシエダがポゼッションする展開で推移する。

しかし、自陣で統率の取れた守備を見せるバレンシア相手になかなかシュートに持ち込めない状況が続いた。

そんな中32分、ソシエダがゴールに迫る。ヤヌザイの突破を起点に、ボックス右でルーズボールを拾ったイサクが反転シュート。枠を捉えていたが、GKシレッセンの好守に阻まれた。

続く41分にはメリノがコントロールシュートを狙うも枠を捉えきれず、ゴールレスで前半を終えた。

後半もソシエダがボールを持つ展開となったものの、やはりバレンシアの守備網を崩せない状況が続く。

そこで60分、公式戦7試合を欠場していたケガ明けのオヤルサバルを左サイドに投入。それでも流れは変わらず膠着状態が続いた。

すると76分、ヴァスに対して報復行為をしたエルストンドが一発退場となり、ソシエダは10人に。

終盤にかけては荒れた展開となった中、ゴールレスでタイムアップ。レアル・マドリーにかわされ、ソシエダは首位陥落となった。

関連ニュース
thumb

ソシエダがアトレティコに完勝で準々決勝進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ4回戦、レアル・ソシエダvsアトレティコ・マドリーが19日にアノエタで行われ、2-0で勝利したソシエダが準々決勝進出を決めた。 スーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝でアスレティック・ビルバオに敗れ、失意の中での帰国となったアトレティコは、公式戦3試合ぶりの白星を目指し、難敵ソシエダと激突した。 アスレティック戦からは先発4人を変更。出場停止のヒメネス、コンドグビア、レマル、マルコス・ジョレンテに代えてレナン・ロージ、エクトル・エレーラ、デ・パウルを起用。前線にアンヘル・コレア、フェリックス、カラスコを並べた[4-3-3]を採用した。 試合はコンディションで勝るホームのソシエダがアグレッシブな入りを見せる。ボールを握って相手を押し込んでいく中、エルストンドやヤヌザイにボックス内で続けてシュートチャンスが訪れる。 一方、序盤のピンチを凌いだアトレティコは14分にビッグチャンス。カウンターから裏へ抜け出したカラスコがボックス右で粘りの仕掛けから右足を振り抜くが、これは惜しくも右ポストを叩いた。 この決定機をきっかけにイーブンな展開に戻したアトレティコだが、以降はなかなか決定機まで持ち込めない。 すると33分、よりよい形の仕掛けを見せていたソシエダが先制に成功する。中央での細かい繋ぎから右サイド深くに抜け出したサルドゥアにボールが渡ると、滞空時間の長いクロスをファーで競り勝ったヤヌザイがヘディングシュート。GKオブラクが触ったボールが右ポストを叩いてゴールネットに吸い込まれた。 敵地で先行を許す厳しい展開となったアトレティコはここから反撃を開始。コケやコレアが幾度か良い形でボックス内へ抜け出す形を作り出したが、最後の場面で粘る相手守備を崩し切ることはできなかった。 逆転を期して後半に臨んだアトレティコだが、ミスから出ばなをくじかれる。47分、最終ラインでボールを持ったフェリペがオヤルサバルとセルロートに囲まれて痛恨のボールロスト。そのままフリーでボックス内まで持ち込んだセルロートに難なくオブラクとの一対一を制され、瞬く間に追加点を献上した。 この2失点目を受け、シメオネ監督はコレア、コケ、ロージを下げてルイス・スアレス、クーニャ、レマルを投入する3枚替えを敢行。 ここから攻勢を強めていくが、2点リードで余裕を持った対応を見せるホームチームの堅守を前にゴールが遠い。逆に、幾度か相手に引っくり返されて与えたカウンターチャンスをGKオブラクのビッグセーブで辛くも凌ぐ、苦しい展開が続く。 その後、敗色濃厚のムードの中で78分にはカラスコとデ・パウルを下げてセラーノ、マルティンと2人のカンテラーノを投入し、若き力による攻撃の活性化を期待したが、このままソシエダにうまく試合をクローズされた。 この結果、ホームで快勝のソシエダが準々決勝進出を決定。一方、数日間で2つのコンペティション敗退のアトレティコは2022年も苦境が続く。 2022.01.20 07:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ソシエダに痛手…バレネチュアが数カ月の離脱へ

レアル・ソシエダは4日、U-21スペイン代表FWアンデル・バレネチュアの負傷を明かした。 バレネチュアは2日に行われたラ・リーガ第19節のアラベス戦に先発出場。だが、前半開始直後に左足を負傷し、担架に乗せられてピッチを後にしていた。 そのバレネチュアの状態に関してソシエダは、左ハムストリングに深刻なダメージを負ったと報告。筋肉に断裂を負っており、復帰には少なくとも数カ月を要する見込みだ。 バレネチュアは今シーズン、左右のウイングを主戦場にここまで公式戦16試合に出場し、1ゴール2アシストを記録していた。 2022.01.05 05:00 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGラフィーニャ、ソシエダ入りが決定! 半年レンタルでリーガ復帰

レアル・ソシエダは27日、パリ・サンジェルマンから元ブラジル代表MFラフィーニャ(28)のレンタル加入を発表した。 加入期間は今季終了まで。ラフィーニャは同日朝にメディカルチェックを通過して契約書にもサインを済ませ、翌日に入団会見が執り行われるという。 リバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラを兄に持つラフィーニャは2020年10月にバルセロナからPSG入り。初年度から公式戦34試合に出場した。 だが、3年契約の2年目になる今季はここまでリーグ・アン5試合でしか出番が巡ってこず、出場機会を求めてラ・リーガ復帰を果たした。 今季のソシエダはラ・リーガ18試合を消化した現時点で6位に位置。現在は4連敗の5試合未勝利で息切れ気味だが、一時13試合無敗を記録して、上位戦線に食いついている。 2021.12.28 09:15 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGラフィーニャがリーガ復帰濃厚に! 買取OPなしの半年レンタルでソシエダへ

パリ・サンジェルマン(PSG)の元ブラジル代表MFラフィーニャ(28)が今冬にラ・リーガ復帰を果たすようだ。 2020年10月にバルセロナからPSG入りして、初年度から熾烈なポジション争いを余儀なくされながら、公式戦34試合の出番を手にしたラフィーニャ。今季で3年契約の2年目になるが、今季はオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムという新たなライバルも到着して、ここまでリーグ・アン5試合でしかピッチに立てていないのが実情だ。 そうしたなか、移籍市場のスペシャリストでイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は先日、ラフィーニャを巡るレアル・ソシエダとPSGのクラブ間交渉を明らかにしたが、26日に続報としてその話し合いがまとまったと主張している。 同氏によると、ラフィーニャは今季終了までのレンタルに買取オプションなしという契約内容でソシエダ入りが確定。詳細に関しても最終合意に至っており、明日にもメディカルチェックを受ける予定だという。 2021.12.26 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

PSGラフィーニャ、ソシエダとの交渉進展中…半年ローンか

パリ・サンジェルマン(PSG)の元ブラジル代表MFラフィーニャ(28)にラ・リーガに戻ってくる動きがあるようだ。 2020年10月にバルセロナからPSG入りして、今季で2年目を迎えたラフィーニャ。初年度から熾烈なポジション争いを余儀なくされながら、公式戦34試合の出番を手にした。 だが、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが新たにライバルとして到着した今季は出場機会が激減。ここまでリーグ・アン5試合でしかピッチに立てていない。 最後に出番を得たのも今年10月まで遡り、序列の低下が顕著なラフィーニャだが、PSGとあと2年の契約を残すなか、レアル・ソシエダ行きの動きが活発化しているという。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、両クラブ間の交渉は進展中。今季いっぱいの半年レンタルで話が進んでいる模様だ。 取引完了に向けて進められる交渉はまだ詳細を詰め切れていない状況だが、関係者も自信を深めているとのことだ。 今季のソシエダはラ・リーガ18試合を消化した現時点で6位に位置。現在は4連敗の5試合未勝利で息切れ気味だが、一時13試合無敗を記録するなど、上位勢に割って入っている。 2021.12.23 21:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly