英2部レディングが勝ち点6はく奪…大幅損失で財務規則違反

2021.11.18 05:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するレディングが財務規則違反によってイングランド・フットボール・リーグ(EFL)から勝ち点6はく奪の処分を科された。イギリス『BBC』が報じている。

EFLによると、レディングは2017-18シーズンから2020-21シーズンの期間に、EFLが定める上限3900万ポンド(約60億1000万円)を、大きく上回る5780万ポンド(約89億1000万円)の損失を計上していたという。

これにより、今シーズンここまで7勝1分け9敗の勝ち点22で16位に位置したレディングは、6ポイントをはく奪されて勝ち点16の19位に転落している。
同クラブはさらに勝ち点6をはく奪される可能性があるものの、事業計画を遵守することを条件に、来シーズン末までの執行猶予が与えられている。

なお、レディングに関しては利益と持続可能性に関する規則に違反したため、今夏から移籍禁止処分を科されていた。

関連ニュース
thumb

アンディ・キャロルが英2部レディングに再加入! 4カ月の短期契約に

元イングランド代表FWアンディ・キャロル(33)がレディングへ再加入した。 チャンピオンシップ(イングランド2部)のレディングは15日、同選手の加入を発表した。なお、契約期間は2023年1月半ばまでの4カ月となり、最大19試合に出場する可能性があるという。 これまでニューカッスルやリバプール、ウェストハムを渡り歩いてきたキャロル。2020-21シーズン限りで古巣ニューカッスルを退団した後は、しばらくフリーの状況が続いたなか、昨年11月に今年1月までの超短期契約でレディング入り。その後、シーズン終了までの契約で直近はWBAでプレー。レディングとWBAで過ごした2021-22シーズンはチャンピオンシップで23試合5ゴールの数字を残していた。 再びフリーとなった今夏はクラブ・ブルージュ行きが報じられたが、メディカルチェックの際に問題が発覚。最終的に交渉が破談に終わっていた。 なお、チームを率いるポール・インス監督は、「アンディが我々と一緒にいられることをうれしく思う。ストライカーとしての能力、ピッチ上での存在感が、ゴールに繋がると確信している。彼はピッチ内外でリーダーであり、彼が周りのプレーヤーに与えるポジティブな影響と、彼が間違いなくファンにとって後押しとなることを理解している」と、元イングランド代表FWの加入に満足感を示した。 2022.09.16 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「姑息な奴だ」「やりすぎ」ギリギリを責めるGKの時間浪費テクが反響「肝が据わってる」

サッカーの試合では度々見られる時間稼ぎだが、レディングのイングランド人GKジョー・ラムリーの徹底した時間稼ぎが話題を呼んでいる。 チャンピオンシップ(イングランド2部)のレディングは4日、リーグ第8節でストーク・シティをホームに迎えた。 試合は先制したレディングが同点に追いつかれるも、後半に勝ち越し、2-1のリードで試合終盤を迎える。そしてレディングがゴールキックを獲得した場面でラムリーが観客の笑いを誘う。 ボールを拾った警備員がラムリーにボールをトスすると、これをヘディングし返す。ボールが広告の看板を超えたことを確認すると、ラムリー自らそこまで向かい、手を伸ばす。さらにほかの警備員が催促するまで、ボールを掴むことはなかった。 その後、ゆっくりとボールをセットしゴールキックに臨んだラムリー。なかなかに大胆なやり方にはファンから「姑息な奴だ」、「やりすぎだ」、「肝が据わってる」、「エンタメを知ってるな」と賛否が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】やりすぎ?ラムリーの時間稼ぎ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Reading keeper Joe Lumley time wasting against Stoke over the weekend. Top class <a href="https://t.co/Wkwj5X3z8W">pic.twitter.com/Wkwj5X3z8W</a></p>&mdash; SPORTbible (@sportbible) <a href="https://twitter.com/sportbible/status/1566742406980149249?ref_src=twsrc%5Etfw">September 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.07 07:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルのアイルランド代表MFヘンドリックが2部レディングへレンタル移籍

チャンピオンシップ(イングランド2部)のレディングは12日、ニューカッスルのアイルランド代表MFジェフ・ヘンドリック(30)がレンタル移籍で加入することを発表した。 ダービー・カウンティの下部組織育ちのヘンドリックは、バーンリーへの移籍を経験し、2020年8月にニューカッスルへと完全移籍。2022年1月からはQPRへとレンタル移籍していた。 ニューカッスルでは公式戦27試合に出場し3ゴール1アシストに終わっており、エディ・ハウ監督率いるチームでは構想外となっていた。レンタル先のQPRでは公式戦11試合に出場している。 これまでチャンピオンシップでは206試合に出場し22ゴール19アシストを記録。アイルランド代表としても74試合に出場し2ゴールを記録しており、経験は十分積んでいる。 2022.07.12 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

“渡り鳥”ハリロビッチが8年ぶりの母国復帰で10クラブ目に

クロアチアのリエカは6日、元クロアチア代表MFアレン・ハリロビッチ(26)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は明かされていない。 ディナモ・ザグレブの下部組織で育ったハリロビッチは、2014年7月にバルセロナBへと移籍。2015年7月にトップチームへ昇格したが、直後にスポルティング・ヒホンへレンタルされると、翌年7月にハンブルガーSV(HSV)へ完全移籍。 しかし、HSVでも約半年で出場機会を失うと、ラス・パルマスへのレンタル移籍を経て、2018年7月にミランへ完全移籍。ミラン加入後もレンタル移籍は続き、スタンダール・リエージュ、ヘーレンフェーンでプレーすると、2020年10月に双方合意の下で契約を解除しミランを退団。 同年11月からチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガム・シティでプレーするも、1シーズンで退団。昨季は同じリーグのレディングでプレーしたが、度重なるケガに苦しみ公式戦14試合の出場にとどまると、5月に現行契約の満了を持って退団することを正式に発表していた。 8年ぶりの母国復帰となったハリロビッチは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「リエカとは長い間連絡を取り続けてきた。今シーズンはクロアチアに戻りたいと思っていたので、ここに来ることができて満足しているし、幸せだよ。長い間話し合って、クラブのこともよく理解いる。だからその一歩を踏み出すことにしたんだ」 2022.07.06 23:35 Wed
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表FWキャロル、検査不合格でクラブ・ブルージュ移籍がとん挫

元イングランド代表FWアンディ・キャロル(33)のクラブ・ブルージュ移籍がとん挫してしまったようだ。 かつてリバプールにも在籍したキャロル。2020-21シーズン限りで古巣ニューカッスル・ユナイテッドを退団した後、しばらくフリーの状況が続いたなか、昨年11月に今年1月までの超短期契約でレディング入りした後、今季いっぱいの契約でWBAに加入した。 ベルギー『HLN』によると、身長193cmの元代表ストライカーは次の新天地としてキャリア初の国外移籍を目指し、ジュピラー・プロ・リーグのクラブ・ブルージュ行きに迫った模様。ただ、入団に際した検査で不十分な結果が導き出されて、破談したという。 キャロルは2011年冬に加入したリバプール時代から故障癖があるが、レディングとWBAで過ごした2021-22シーズンはチャンピオンシップで23試合に出場(5ゴール)。リーグ戦で20試合以上に出場したのはウェストハム時代の2015-16シーズン以来だった。 なお、イギリス『デイリー・メール』によると、キャロルは今月初旬にビリー・マックロウさんと結婚。ハネムーンでメキシコに出かけた後にクラブ・ブルージュ移籍に際してのメディカルチェックを受け、獲得が見送られてしまったとのことだ。 2022.06.26 12:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly