世界で見られるスポーツ観戦の緩和、専門家は「日本国民の意識も重要に」と考え方の差がポイントと見解

2021.11.15 11:58 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
JリーグとNPB(日本野球機構)は15日、「第43回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。

Jリーグ、プロ野球共にシーズンが佳境に入っており、2021シーズンも無事に終わりを迎えようとしている。

コロナ禍で過ごした2シーズンをやり切ることになる両リーグ。これまで感染状況、政府方針に合わせて、何度となくガイドラインを変更し、スタジアムでのクラスター発生は一度も起こしていない状況だ。
9月末をもって日本政府より一部地域に発出されていた「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」が解除に。コロナ禍でありながらも、徐々に従来の生活を取り戻す動きが進んでいる。

スタジアムでの緩和も進んでおり、観客動員の制限が緩和される他、「ワクチン・検査パッケージ」を利用した上限以上の入場など、徐々に従来のスタイルに戻る動きを見せている。

一方で、海外ではサッカーにおいても野球においても多くの観客が入り、特に大きな違いは声出しの応援。マスクも着用せず、大騒ぎしている姿を何度も映像で見ており、Jリーグやプロ野球の状況とは大きく違う。

この点は多くの議論がなされる一方で、海外では再び感染者が急増中。ワクチンを打っていても、やはりマスクなし、感染予防対策なしでは、再びパンデミックに陥る可能性も見えている状況だ。

ここまで応援スタイルに関しては、タオルマフラーを振ることや大旗を振ることは解禁された中、声出しはいまだに緩和されず。その点について、賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)が国民意識の違いも大きいと語った。

「海外で野球にしてもサッカーにしてもフルオープンだと。ワクチン証明はあるかもしれないが、歓声をあげても良いという形になっている」

「それは理想的、本来そうあるべきだとは思う。我々はそれを受け入れないということではなく、できるだけそういう方向では行きたいが、国によっては感染が急増しても、色々な緩和を撤廃すると。国民の方が受け入れている現実もある」

「国民が大反対して、「何言ってんだ。感染が広がっているんだから規制すべきだ」となれば、その国はそういった方向になる。そのため、日本国民の意識も重要になる」

「色々なデータを見ていると、日本国民のかなり多くの方は、感染、重症化する可能性も否定できないので、かなり注意をされているという国民性がある」

「スポーツの世界も国民の考え方が重要。ただ、本来はフルでお客さんが入り、全員で応援したいというのがもともとスポーツの原点なので、そういう方向に持っていきたいが、国民の意識や国の考えを受けて安心・安全を守ろうとした時には、4月からすぐフルには難しいと思う」

「ただ、これは国によって大きく違う。「アメリカはやっているのに、なぜ日本ではできないんだ」という議論はあるが、日本の国の中で考えていく必要があると思う」

日本では、感染者数が大幅に減少していることもあり、飲食店の制限緩和や、市中へ繰り出す人の数は増加。それでもまだ感染が爆発はしていないが、マスクの着用などを徹底している側面が影響していることもある。

日常を取り戻したい欲求がある一方で、再び制限された生活に戻るというリスクも含んでおり、海外の事例を見る限りは時期尚早ということになるだろう。声出し応援の解禁は、来シーズンもいきなり緩和ということにはならなそうだ。

関連ニュース
thumb

京都が主将の松田天馬、麻田将吾と契約更新! 「日々努力して引っ張る存在に」

京都サンガF.C.は7日、MF松田天馬(27)とDF麻田将吾(24)の契約更新を発表した。 鹿屋体育大学出身の松田は湘南ベルマーレでプロ入り後、2021年に京都入り。麻田は京都の下部組織育ちで、レンタル先のカマタマーレ讃岐から今季復帰した。 両選手はともに主力として徴用され、主将も務めた松田が公式戦32試合1ゴール、麻田が42試合出場を記録。クラブを通じて、それぞれ来季の抱負を語った。 ◆松田天馬 「京都サンガF.C.を支えてくださる全ての皆さま、今シーズンも熱い想いを常に届けていただきありがとうございました。来シーズンも共に戦う事を決めました。このチームの成長を手助けできるよう、日々努力して引っ張る存在になっていきます! 京都の街のように一緒に大きく強くしていきましょう。よろしくお願いします」 ◆麻田将吾 「今シーズンもたくさんの応援ありがとうございました。来シーズンも京都の一員としてプレーできることをとても嬉しく思います。京都サンガF.C.に関わる全ての人が一丸となって、より多くの勝利を掴み取れるように一緒に頑張りましょう!! 来シーズンもよろしくお願いします」 2022.12.07 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島が韓国の高校から18歳GKを獲得! 世代別韓国代表歴ありで身長192cmの左利き

鹿島アントラーズは7日、韓国の漢陽工業高校からGKパク・ウィジョン(18)の2023シーズン加入内定を発表した。 パク・ウィジョンはU-15からU-18までの韓国代表歴を持つ左利き。プロフィール上は身長192cm、体重86kgと大柄だが、俊敏性ある動きと判断力に優れ、ビルドアップ能力も高いという。 Jリーグでプロキャリアをスタートさせるパク・ウィジョンはクラブを通じて意気込みを語った。 「高校卒業と同時に、Jリーグの名門である鹿島アントラーズに加入することができ、光栄に思います。アントラーズにふさわしい選手になれるよう、常に献身・誠実・尊重という言葉を肝に銘じ、日々謙虚に努力していきますので、応援よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【動画】韓国の高校から世代別韓国代歴ありのG18歳GKが鹿島入団</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【お知らせ】<a href="https://twitter.com/hashtag/antlers?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#antlers</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%91%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#パクウィジョン</a><br><br>漢陽工業高校(韓国)のパク ウィジョン選手が2023シーズンより加入することが内定しました。<br><br>パク ウィジョン選手からのメッセージです!<br><br>これからともに戦いましょう!<br><br>詳細はこちら:<a href="https://t.co/8S5FTxOYkJ">https://t.co/8S5FTxOYkJ</a> <a href="https://t.co/VvJpiMRNYw">pic.twitter.com/VvJpiMRNYw</a></p>&mdash; 鹿島アントラーズ (@atlrs_official) <a href="https://twitter.com/atlrs_official/status/1600369724453687297?ref_src=twsrc%5Etfw">December 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.07 17:02 Wed
twitterfacebook
thumb

岡山が鹿島GK山田大樹を育成型期限付き移籍で獲得「チームの勝利に貢献したいとウズウズしています」

ファジアーノ岡山は7日、鹿島アントラーズのGK山田大樹(20)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 山田は鹿島の下部組織出身で、ジュニアユース、ユースと昇格し、2020年にトップチームに昇格した。 プロ1年目には明治安田生命J1リーグで2試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場したものの、この2年間は出番がなかった。 山田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「初めまして。鹿島アントラーズから加入することになりました山田大樹です。早く試合に出て、チームの勝利に貢献したいとウズウズしています」 「そんな熱量と覚悟を持って来ました。今シーズン、チームはJ1昇格を逃してしまいましたが、来シーズンこそは昇格できるよう、自分がその力となり、目標に向かって皆さんと一緒に戦いたいと思います」 ◆鹿島アントラーズ 「自分はとにかく、公式戦の経験を積みたいという気持ちが強く、そこに成長のカギがあると思っています」 「アントラーズではジュニアの頃から11年プレーしてきて、外の世界に出て環境を変えることは初めての経験で、寂しい気持ちもありますが、持ち前の図太さで戦ってきます。アントラーズ、そして、僕のことも引き続き応援してもらえると嬉しいです。行ってきます」 2022.12.07 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ピカチュウがブラジルへ、J2降格の清水から古巣フォルタレザへ期限付き移籍「J1に復帰することを心から祈っています」

清水エスパルスは7日、MFヤゴ・ピカチュウ(30)がブラジルのフォルタレザへ期限付き移籍することを発表した。 ピカチュウは、長らくヴァスコ・ダ・ガマでプレー。2021年3月にフォルタレザへと完全移籍した。 カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで174試合に出場し32ゴール14アシストを記録。セリエB(ブラジル2部)でも97試合で21ゴール14アシストを記録していた中、今年7月に清水へ完全移籍で加入していた。 Jリーグ初挑戦となった中、明治安田生命J1リーグで12試合に出場もゴールは奪えず。チームはJ2に降格していた。 ピカチュウはクラブを通じてコメントしている。 「エスパルスに関わる全ての皆さん、私を歓迎していただき本当にありがとうございました」 「J2降格という結果になってしまい、私自身も力を発揮することができず申し訳なく思っています。来シーズン清水エスパルスがJ1に復帰することを心から祈っています。また会いましょう」 2022.12.07 15:15 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、躍進熊本のアタッカー杉山直宏を獲得! 今季J2全試合出場で9ゴール

ガンバ大阪は7日、ロアッソ熊本からMF杉山直宏(24)の完全移籍加入を発表した。 杉山はアビスパ福岡U-15の出身で、大津高校から順天堂大学に進学。2021年に熊本入りし、プロ入り後は左利きのアタッカーとして、初年度から明治安田生命J3リーグで28試合に出場して5ゴールを決めた。 迎えた今季は熊本が4位でJ1参入プレーオフに進み、昇格まであと一歩に迫ったなかで、自身もより存在感を高める1年に。J2リーグ全42試合出場で9ゴールのほか、プレーオフでも3試合1得点の数字を残した。 G大阪は今オフのここまで主力の退団者が目立つなか、大卒2年目の若きアタッカーを射止めた格好に。杉山はクラブの公式サイトを通じて、意気込みを語っている。 「この度、ロアッソ熊本から加入することになりました、杉山直宏です。ガンバ大阪という素晴らしいクラブの一員になれたことをとても嬉しく思います。一つでも多くのタイトルをとるために、自分の持っている全ての力を尽くして闘います! よろしくお願いします!」 一方で、熊本の公式サイトを通じては「この度、ガンバ大阪に移籍することになりました」と移籍を報告するとともに、感謝の言葉を綴った。 「2年間という短い期間ではありましたが、ロアッソ熊本という素晴らしいチームでプレー出来たことをとても嬉しく思います。大木さんをはじめ、スタッフ、チームメイトには本当に感謝しかありません」 「熊本のファン・サポーターの温かさ、試合の時の声援の力強さ、頼もしさはこれからも忘れることはありません。ロアッソ熊本の一員になれて本当に最高でした! ロアッソ熊本でプレーした選手として恥じないプレーをこれからもしていきたいと思います。2年間本当にありがとうございました!」 2022.12.07 14:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly