コロナ陽性から一転して陰性に、LASKのFW中村敬斗が先発出場で2戦連発ゴール!《オーストリア・ブンデスリーガ》

2021.11.08 12:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
LASKリンツのFW中村敬斗が好調を維持している。

2019年7月にG大阪からトゥベンテへとレンタル移籍し、ヨーロッパでのキャリアをスタートさせた中村。その後、シント=トロイデン、そしてLASKのセカンドチームであるFCパッシングへのレンタル移籍を経て、今シーズンから正式にファーストチームに所属している。

その中村は、4日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のアラシュケルト戦で大会初出場。左ウイングでフル出場すると2ゴールを決めて2-0の勝利に貢献。LASK加入後初ゴールを決めるとともに、マン・オブ・ザ・マッチにも選出されていた。

初ゴールで勢いに乗りたい中村だったが、試合後に新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性判定を受けて週末のリーグ戦を欠場するとみられていたが、どうやら直前で陰性と診断されたとのこと。その中村は、7日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第14節のWSGスワロフスキー・ティロル戦に左ウイングで先発出場を果たした。

低迷しているLASKだが、この試合では36分にホン・ヒョンソクのアシストから、マルビン・ポッツマンがネットを揺らして先制。すると53分に、右サイドを崩すと、ハーフスペースに走り込んだホン・ヒョンソクがダイレクトでパス。ニアサイドに走り込んだ中村がダイレクトで流し込み、チーム2点目を記録。中村にとって2戦連発となるリーグ戦初ゴールを記録した。

なお、LASKは後半アディショナルタイムにもペーター・ミショルがダメ押しゴール。3-0で勝利を収めた。

LASKリンツ 3-0 WSGスワロフスキー・ティロル
【LASK】
マルビン・ポッツマン(前36)
中村敬斗(後8)
ペーター・ミショル(後46)



1 2

関連ニュース
thumb

ECLグループステージ終了! ラウンド16進出チームとPO進出チームが決定

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のグループステージが9日に終了。この結果、トッテナムの新型コロナウイルスのクラスター発生の影響により、トッテナムvsスタッド・レンヌが急遽開催延期となったグループGを除く7グループの最終順位が確定し、ラウンド16進出チームと、プレーオフ進出チームが出揃った。 日本人選手所属クラブではFW中村敬斗在籍のLASKリンツ、DF菅原由勢在籍のAZが共にラウンド16ストレートイン。MF香川真司在籍のPAOKがプレーオフに進出。一方で、MF原口元気とMF遠藤渓太在籍のウニオン・ベルリン、MF田中亜土夢在籍のヘルシンキが共に3位敗退となった。 また、その他では優勝候補ローマやスタッド・レンヌ、フェイエノールト、ヘント、コペンハーゲン、バーゼルがグループ首位でのラウンド16進出を決定している。 なお、プレーオフから参戦するヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ3位敗退チームにはFW古橋亨梧在籍のセルティック、MF堂安律在籍のPSV、FW北川航也在籍のラピド・ウィーンに加え、レスター・シティ、マルセイユなど強豪がいる。 プレーオフの組み合わせ抽選会は13日にスイスのニヨンで開催され、各グループの2位通過チーム(シード)とヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ3位敗退チーム(ノンシード)が対戦する形となるが、同じ国のサッカー協会に所属するチーム同士の対戦はない。プレーオフの1stレグは2022年2月17日、2ndレグは同24日に開催予定だ。 ▽ECLグループステージ最終順位 ◆グループA 1. LASKリンツ(勝ち点16) ――ラウンド16進出―― 2. マッカビ・テルアビブ(勝ち点11) ――決勝Tプレーオフ進出―― 3. ヘルシンキ(勝ち点6) 4. アラシュケルト(勝ち点1) ◆グループB 1. ヘント(勝ち点13) ――ラウンド16進出―― 2. パルチザン・ベオグラード(勝ち点8) ――決勝Tプレーオフ進出―― 3. フローラ(勝ち点6) 4. アノルトシス(勝ち点5) ◆グループC 1. ローマ(勝ち点13) ――ラウンド16進出―― 2. ボデ/グリムト(勝ち点12) ――決勝Tプレーオフ進出―― 3. ゾリャ(勝ち点7) 4. CSKAソフィア(勝ち点1) ◆グループD 1. AZ(勝ち点114) ――ラウンド16進出―― 2. ラナース(勝ち点7) ――決勝Tプレーオフ進出―― 3. ヤブロネツ(勝ち点6) 4. クルージュ(勝ち点4) ◆グループE 1. フェイエノールト(勝ち点14) ――ラウンド16進出―― 2. スラビア・プラハ(勝ち点8) ――決勝Tプレーオフ進出―― 3. ウニオン・ベルリン(勝ち点7) 4. マッカビ・ハイファ(勝ち点4) ◆グループF 1. コペンハーゲン(勝ち点15) ――ラウンド16進出―― 2. PAOK(勝ち点11) ――決勝Tプレーオフ進出―― 3. スロヴァン・ブラチスラヴァ(勝ち点8) 4. リンカーン(勝ち点0) ◆グループG(暫定) 1. スタッド・レンヌ(勝ち点11)※ ――ラウンド16進出―― 2. フィテッセ(勝ち点10) ――決勝Tプレーオフ進出―― 3. トッテナム(勝ち点7)※ 4. ムラ(勝ち点3) ※1試合未消化 ◆グループH 1. バーゼル(勝ち点14) ――ラウンド16進出―― 2. カラバフ(勝ち点11) ――決勝Tプレーオフ進出―― 3. オモニア(勝ち点4) 4. カイラト(勝ち点2) ◆EL3位敗退クラブ スパルタ・プラハ(チェコ) PSV(オランダ) レスター・シティ(イングランド) フェネルバフチェ(トルコ) マルセイユ(フランス) ミッティラン(デンマーク) セルティック(スコットランド) ラピド・ウィーン(オーストリア) 2021.12.10 07:17 Fri
twitterfacebook
thumb

【ECL第5節まとめ】田中亜土夢が見事なミドルで初ゴール! 菅原由勢のAZ&中村敬斗のLASKが首位通過決める

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループステージの第5節が行われた。 今回の第5節では日本人選手4名の内、FW中村敬斗、MF田中亜土夢、MF原口元気がスタメン出場し、DF菅原由勢は78分から途中出場した。 その日本人選手の中でヘルシンキの田中が見事な活躍を披露した。すでに敗退が決定しているチームは、ホームでアラシュケルトと対戦。試合は序盤から一進一退の攻防が続いた中、0-0で折り返した後半に田中が魅せる。 48分、右サイドに張った味方からボールを受け直して一度左に展開した田中はペナルティアーク付近にポジションを取ってショートパスを受け直すと、ゴール前の密集を射抜く見事な左足のミドルシュートをゴール右下隅に突き刺した。その後、リードを守り切ったヘルシンキが田中のECL初ゴールで2勝目を手にした。 ヤブロネツ戦に後半終盤の78分から途中出場した菅原所属のAZは、敵地で1-1のドローに持ち込み、最終節を前に首位での突破を決定。また、すでに突破を決めている中村所属のLASKリンツはマッカビ・テルアビブとの首位攻防戦を制して同じく首位通過を決定。中村はフル出場で勝利に貢献している。 一方、原口所属のウニオン・ベルリンは、マッカビ・ハイファとのアウェイゲームに臨み1-0で勝利。原口はチームの決勝点が決まる直前の64分までプレーしていた。なお、この勝利で2位のスラビア・プラハとの勝ち点差を1に縮めたウニオンは、最終節での直接対決で逆転突破を目指す。 なお、今節新たに突破を決めたのはグループCのボデ/グリムトとローマ、グループDのAZ、グループEのフェイエノールト、グループFのコペンハーゲン、グループGのスタッド・レンヌの6チームだ。 ◆ECL第5節 結果一覧 【グループA】 ヘルシンキ(フィンランド) 1-0 アラシュケルト(アルメニア) ※田中亜土夢はフル出場し、初ゴールを記録 マッカビ・テルアビブ(イスラエル) 0-1 LASKリンツ(オーストリア) ※中村敬斗はフル出場 【グループB】 フローラ(エストニア) 1-0 パルチザン・ベオグラード(セルビア) アノルトシス(キプロス) 1-0 ヘント(ベルギー) 【グループC】 ローマ(イタリア) 4-0 ゾリャ(ウクライナ) ボデ/グリムト(ノルウェー) 2-0 CSKAソフィア(ブルガリア) 【グループD】 ヤブロネツ(チェコ) 1-1 AZ(オランダ) ※菅原由勢は78分から途中出場 ラナース(デンマーク) 2-1 クルージュ(ルーマニア) 【グループE】 マッカビ・ハイファ(イスラエル) 0-1 ウニオン・ベルリン(ドイツ) ※原口元気は先発出場し64分までプレー ※遠藤渓太は登録メンバー外 スラビア・プラハ(チェコ) 2-2 フェイエノールト(オランダ) 【グループF】 スロヴァン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 0-0 PAOK(ギリシャ) ※香川真司は登録メンバー外 リンカーン(ジブラルタル) 0-4 コペンハーゲン(デンマーク) 【グループG】 ムラ(スロベニア) 2-1 トッテナム(イングランド) スタッド・レンヌ(フランス) 3-3 フィテッセ(オランダ) 【グループH】 カラバフ(アゼルバイジャン) 2-2 オモニア(キプロス) カイラト(カザフスタン) 2-3 バーゼル(スイス) 2021.11.26 07:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ECLでLASK移籍後初ゴール含む2得点と活躍したFW中村敬斗、試合後に新型コロナ陽性判定

LASKリンツのFW中村敬斗が、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したようだ。オーストリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2019年7月にG大阪からトゥベンテへとレンタル移籍し、ヨーロッパでのキャリアをスタートさせた中村。その後、シント=トロイデン、そしてLASKのセカンドチームであるFCパッシングへのレンタル移籍を経て、今シーズンから正式にファーストチームに所属した。 その中村は、今シーズンのオーストリア・ブンデスリーガで5試合に出場。メンバー外になることも多かった中、4日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のアラシュケルト戦でECL初出場。左ウイングでフル出場すると2ゴールを決めて2-0の勝利に貢献。LASK加入後初ゴールを決めるとともに、マン・オブ・ザ・マッチにも選出されていた。 その中村に対しては、アンドレアス・ウィーランド監督も「重要なことは、ここ数週間にわたり批判の主なポイントであったストライカーがゴールを決めたことだ」と、中村のゴールを喜んできたが、よくないニュースが飛び込んできた。 『スカイ・スポーツ』によると、ケガ人が多く出ているLASKにおいて、中村が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を示したとのこと。トーマス・ゴイギンガーと共に、陽性となったとクラブが発表したようだ。 クラブはこれで陽性者が5名出たことになるとのこと。その他にケガ人を多く抱えており、苦しい状況に立たされている。 今シーズンは開幕から絶不調で、13試合を終えて勝ち点10の最下位。追い討ちをかける痛手となってしまった。 なお、中村のECLでのゴールは、クラブにとってUEFAの大会で10試合連続ゴールの新記録となっており、第4節のベストシーン候補にノミネート。トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンのゴールらとともに4つの候補に残っている。 <span class="paragraph-title">【動画】ECL第4節のベストシーンにノミネートされた中村敬斗のLASK初ゴール(0:32〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Goalscoring achievements by Son Heung-min, Erik Botheim, LASK and Feyenoord...<br><br>Who did it best on Matchday 4?<a href="https://twitter.com/hashtag/UECLtrendsetters?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UECLtrendsetters</a> | <a href="https://twitter.com/Swissquote?ref_src=twsrc%5Etfw">@Swissquote</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/UECL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UECL</a> <a href="https://t.co/y3dQqYylLU">pic.twitter.com/y3dQqYylLU</a></p>&mdash; UEFA Europa Conference League (@europacnfleague) <a href="https://twitter.com/europacnfleague/status/1456675176670654465?ref_src=twsrc%5Etfw">November 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.06 14:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【ECL第4節まとめ】初出場の中村敬斗が圧巻2発! 日本人4選手が先発出場!

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループステージの第4節が行われた。 今回の第4節では日本人選手4名の内、FW中村敬斗、DF菅原由勢、MF田中亜土夢、MF原口元気の全選手がスタメンでプレーした。 その中で圧巻の輝きを放ったのが、LASKリンツの中村だった。4戦目にしてグループステージ初出場を飾った中村はアラシュケルト(アルメニア)と対戦。左サイドで起用された中村は、試合序盤の12分に自らの縦パスを起点とした攻めからモンシェインのラストパスに3人目の動き出しで反応してボックス内へ抜け出すと、冷静にGKとの一対一を制し、今大会初ゴールを挙げた。 以降もチームが押し気味に試合を進める中で決定機に顔を出す中村は、1点リードで迎えた後半終了間際の87分にもボックス左で仕掛けたホン・ヒョンソクからのマイナスの折り返しを冷静に足元に収め、DFの股間を抜く技ありのシュートで決め切り、勝利を決定づける2点目とした。 そして、中村の2ゴールの活躍で連勝のLASKはグループA2位以上を確定させ、決勝トーナメント進出を決めた。 その中村と同じグループAに属する田中所属のヘルシンキは、グループ首位のマッカビ・テルアビブと対戦。ヒザの負傷が癒えて今大会初出場を飾った田中は58分までプレー。だが、チームは0-3で完敗し、2節を残して敗退が決定した。 また、AZの菅原はホームでクルージュと対戦。右サイドバックでフル出場した菅原は前回対戦同様に攻守両面で安定したパフォーマンスを披露。試合終盤には積極的な攻撃参加からチャンスにも顔を出した。そして、チームはカールションの1ゴール1アシストの活躍によって、前半の立ち上がり、後半終盤に奪ったゴールによって2-0の快勝。3連勝でグループD首位をキープした。 ウニオン・ベルリンの原口はフェイエノールト戦でフル出場を果たした。だが、前回対戦で敗れた首位チーム相手に前半を1-1のイーブンで終えたものの、後半半ば過ぎに勝ち越しを許すと、試合終盤にはトリメル、トイヒャートが続けて退場となり、最後は9人での戦いに。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、連敗のチームはグループE最下位に低迷している。 なお、第4節終了時点で突破を決めたのは、グループAのマッカビ・テルアビブ、LASKリンツの2チームにグループBのヘント、グループHのカラバフとバーゼルの2チームの合計5チームとなった。 ◆ECL第4節 結果一覧 【グループA】 マッカビ・テルアビブ(イスラエル) 3-0 ヘルシンキ(フィンランド) ※田中亜土夢は58分までプレー LASKリンツ(オーストリア) 2-0 アラシュケルト(アルメニア) ※中村敬斗はフル出場し2ゴール 【グループB】 ヘント(ベルギー) 1-1 パルチザン・ベオグラード(セルビア) フローラ(エストニア) 2-2 アノルトシス(キプロス) 【グループC】 ローマ(イタリア) 2-2 ボデ/グリムト(ノルウェー) ゾリャ(ウクライナ) 2-0 CSKAソフィア(ブルガリア) 【グループD】 AZ(オランダ) 2-0 クルージュ(ルーマニア) ※菅原由勢はフル出場 ラナース(デンマーク) 2-2 ヤブロネツ(チェコ) 【グループE】 ウニオン・ベルリン(ドイツ) 1-2 フェイエノールト(オランダ) ※原口元気はフル出場 ※遠藤渓太は登録メンバー外 スラビア・プラハ(チェコ) 1-0 マッカビ・ハイファ(イスラエル) 【グループF】 PAOK(ギリシャ) 1-2 コペンハーゲン(デンマーク) ※香川真司は登録メンバー外 リンカーン(ジブラルタル) 1-4 スロヴァン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 【グループG】 トッテナム(イングランド) 3-2 フィテッセ(オランダ) スタッド・レンヌ(フランス) 1-0 ムラ(スロベニア) 【グループH】 オモニア(キプロス) 1-1 バーゼル(スイス) カイラト(カザフスタン) 1-2 カラバフ(アゼルバイジャン) 2021.11.05 07:36 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪の中村敬斗がオーストリア1部のLASKへ完全移籍!「『魅せろ 進化し続ける才能』の言葉を胸に」

ガンバ大阪は11日、FW中村敬斗(21)がオーストリア1部のLASKへ完全移籍することを発表した。LASK側の発表では、契約は2024年までとなっている。 2000年生まれの中村は2018年にG大阪に入団しプロデビュー。プロ1年目からJ1戦17試合、ルヴァンカップ7試合など、まずまずの出場機会を得ていた中、2年目の2019年7月にトゥベンテ(オランダ)にレンタル移籍し、海外挑戦に出ていた。 昨夏からはシント=トロイデンにレンタルしていたが、出場機会に恵まれず、今年2月にオーストリア2部のFCジュニアーズへレンタル先を変更。半年間でリーグ戦9試合2ゴールを記録した。 そしてG大阪は、11日付でFCジュニアーズとの契約を解除し、同クラブのトップチームにあたるLASKへ完全移籍することを発表した。LASKは1964-65シーズンに1部リーグを優勝しており、ここ数シーズンも2018-19シーズンに2位に着けるなどの実績を残している。 欧州舞台でも経験豊富で、国内では強豪に位置付けられているLASK移籍に際し、中村はG大阪の公式サイトを通じて、感謝と意気込みの言葉を残した。 「この度、私はオーストリア1部のLASK LINZへ完全移籍をする事になりました。LASK LINZで活躍できるように、これからも更に精進してまいります」 「私は17歳でガンバ大阪に加入し、トップチームの宮本元監督からはプロの厳しさを、ガンバ大阪U-23の實好元監督と、森下元監督からは、自分らしさを失わずに自分を信じる事の大切さを教えて頂きました。ヨーロッパで順風満帆にいかない時でも、私が自信を無くさずに不屈の精神でいられるのは、ガンバ大阪での経験があるからです」 「私は17歳でJ1リーグ開幕戦デビューを果たしましたが、その後プロとして未熟だった為、J3リーグのベンチからやり直す事になりました。今の私はガンバ大阪でのこの経験が、自分はどんな事が起きても必ず這い上がれるという自信に繋がっています」 「17歳、18歳という若さで、プロとしてガンバ大阪で経験した全てが私の財産です。私はガンバ大阪でプロになれた事を、大変誇りに思っています」 「ガンバ大阪のチームメイト、スタッフ、関係者、そして応援してくださっているサポーターの皆さん、デビューしてからこの期限付き移籍期間を含めての3年半、変わらず温かく見守ってくださり、本当にありがとうございます」 「ガンバ大阪U-23の時に作って頂いた横断幕のキャッチコピー『魅せろ 進化し続ける才能』。この言葉を胸に、これからも目の前の一瞬一瞬を大切に歩んでいきます」 2021.08.11 22:11 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly