セリエAで移籍巡る新たなスキャンダルか? 不透明な62件の移籍を調査へ

2021.10.27 23:48 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAで不当な選手評価額によるトレード移籍などに関する不透明な62件の移籍に関して、イタリアサッカー連盟(FIGC)のジュゼッペ・チネ検察官を中心に大規模な調査が行われるようだ。イタリア『La Repubblica』、『Il Tempo』が報じている。

両メディアによると、FIGC内のプロサッカークラブ監査委員会(COVISOC)は、チネ検察官とFIGCのガブリエレ・グラヴィナ会長に対して詳細な報告書を送り、今回の問題を調査するように要請したという。

今回問題視されているのは、近年議論されている選手トレードによるキャピタルゲイン。不当な評価額によって都合の良い帳簿上の操作が可能で、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)などの処分回避の手段として横行している。

複数の選手が絡むトレードなどでは、各選手の正確な市場価値を把握することが困難な上、クラブ間で合意に至った場合、外部からの介入が困難という事情もあり、一般的に過大評価と言わざるを得ない金額でトレードが行われる事例が頻発している。

そして、COVISOCは今回の報告書で、62件の不透明な移籍を指摘している。

その中で断トツの数字を叩き出しているのが、ユベントスだ。

今回の報告書ではマンチェスター・シティとの間で行ったDFダニーロとDFジョアン・カンセロのトレード、バルセロナと行ったMFアルトゥール・メロとMFミラレム・ピャニッチのトレードを中心に、ユベントスは合計42件の移籍で、総額9000万ユーロを帳簿上では動かしている。だが、実質的に動いた金額は300万ユーロとなっている。

前述の2つの大型トレードでは、ダニーロの評価額が3700万ユーロ、カンセロの評価額が6500万ユーロとされ、ピャニッチの評価額は6080万ユーロ、アルトゥールの評価額が7200万ユーロとされていた。

また、ユベントス同様にやり玉に上がっているのが、ナポリがリールからFWビクター・オシムヘンを獲得した際のオペレーションだ。

ナポリはオシムヘン獲得に総額7125万ユーロを費やしたが、その移籍金の一部としてGKオレスティス・カルネジス、DFクラウディオ・マンツィ、FWチーロ・パルミエリ、FWルイジ・リグオリを譲渡。そして、カルネジスを除きほぼ無名の3選手を含めた、移籍金の総額を2013万ユーロという法外とも言える評価額として設定していた。

ユベントスとナポリ以外ではパルマ、ペスカーラ、サンプドリア、キエーボ・ヴェローナといったクラブの名前が挙がっている。

今回の一件は現在、FIGCの検察庁にあり、まだ正式な手続きを開始していない。だが、将来的に訴訟に発展する可能性は十分にあるようだ。

なお、昨年に確認された同様のスキャンダルでは当時セリエBのチェゼーナとキエーボに勝ち点はく奪処分が科されている。


関連ニュース
thumb

キエーザが左ハムストリング損傷で年内欠場…悩めるユーベに追い打ち

現在も公式戦2連敗中と今季のここまで悩ましい戦いが続くユベントスだが、さらなる悲報が届いた。 ユベントスは28日、イタリア代表FWフェデリコ・キエーザが同日の今朝にクラブのメディカルで検査を受け、左ハムストリングの損傷を確認したと発表。程度は低グレードだというが、クリスマス休暇後の復帰が見込まれている模様だ。 キエーザは加入2年目の今季もここまで公式戦16試合の出場で3得点3アシストを記録する主軸。27日にホームで行われたセリエA第14節のアタランタ戦にも先発したが、前半のみのプレーで交代している。 年内のユベントスはリーグ5試合、チャンピオンズリーグ(CL)1試合を予定。キエーザは今季のここまで調子がイマイチのチームで、気を吐く存在の1人だっただけに、戦力ダウンは避けられなさそうだ。 2021.11.29 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

財務上の不正疑惑が浮上のユベントスが声明…虚偽報告や架空の請求書発行の可能性

ユベントスは27日、財務調査に関する声明を発表した。 「ユベントス・フットボールクラブは、2019年6月30日、2020年6月30日、2021年6月30日の財務諸表に計上されている『選手登録権からの収入』という項目について、ユベントスと現役および元役員の一部(アンドレ・アニェッリ、パベル・ネドベド、ステファノ・チェラート)に対して、トリノ検察庁が第1条に言及した犯罪捜査を開始したことに留意します」 「必要に応じて、ユベントスは調査員およびCONSOB(イタリア国家証券委員会)と協力しており、会計原則に準拠して、財務報告の作成を管理する法律および規制に準拠して運営されていると信じており、調査員の関心のあらゆる側面を明確にすることを確信しています。そして、国際的なサッカー界の慣行と市場の状況に沿って運営してきたと考えています」 この声明の発端は、トリノ検察庁によるキャピタルゲイン調査を受けて、ユベントスが発表したもの。選手との契約や移籍に関わる会計操作が疑われている。 トリノ検察庁が調査したのは「上場企業としての虚偽の報告」と「存在しない取引の請求書の発行」に関してとのことだ。 イタリア『ANSA通信』によると、3年間で2億8200万ユーロ()のキャピタルゲインが、「不正に増加した価値によって特徴付けられる」と見られているとのこと。トリノ検察による調査に基づいたデータとのことだ。 また、この件と関連して、トリノ検察庁と金融警察によるユベントスの講座に関する調査では、今夏マンチェスター・ユナイテッドへと移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの経済関係についても調査がされているとのこと。C・ロナウド本人は調査の対象外となっているが、「文書や私的な契約」をユベントスが調査されているようだ。 2021.11.28 17:20 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー戦からのバウンスバックならず…アッレグリ、現実直視でリスタート期す

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がチームを信頼していると語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)でチェルシーに0-4の完敗を喫して、27日に行われたセリエA第14節で4位のアタランタと対戦した6位のユベントス。そのアタランタ戦でも28分に先制を許すと、反撃もゴールに繋がらず、0-1で敗れた。 バウンスバックに失敗して、これで公式戦2連敗のアッレグリ監督。トップ4入りもさらに遠ざかる結果になってしまったアタランタ戦後、チームの現状を嘆いた。 「今夜のパフォーマンスはフィオレンティーナ戦やラツィオ戦と似ていて、自分たちが作ったものを生かせていなかったし、ゴールが決まらないと不安になって焦ってしまう。我々は自分たちのパフォーマンスに磨きをかけ、勝利を目指し、それを継続していかなければならない」 「価値のあるチームだと思うが、そのぶん、うまくいかないこともある。だが、我々は仕事を続けなくてはならない。私はチームのことを信頼しているし、今夜のようなパフォーマンスでは選手に何も言うことができない」 そして、今の順位が自分たちの現状を表すものだと再確認し、リスタートを期した。 「今、リーグ戦でこの位置にいるというのは監督を含めた全員がそれに値するということだ。現実的に物事を考え、プレッシャーを取り除き、できるだけ冷静に仕事をしなければならない」 「自分たちのパフォーマンスに基づき、それを継続しなくては。すべてをリセットして、サレルニターナ戦からやり直そう。とても難しい試合になるだろう」 2021.11.28 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

拙攻ユベントス、アタランタにシャットアウト負けで公式戦連敗《セリエA》

セリエA第14節、ユベントスvsアタランタが27日に行われ、0-1でアタランタが勝利した。 前節ラツィオを封殺した8位ユベントス(勝ち点21)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグのチェルシー戦では0-4と惨敗。格の違いを見せ付けられた中、フラットな[4-4-2]で臨み、2トップはディバラとモラタが組んだ。 一方、前節スペツィアに5-2と圧勝した4位アタランタ(勝ち点25)は、CLヤング・ボーイズ戦では痛恨のドロー。3季連続のグループステージ突破がやや厳しくなった中、最前線にD・サパタ、2シャドーにマリノフスキーとペリシッチを据えた。 立ち上がりからアタランタがD・サパタの推進力を起点に押し込む展開とする。守勢のユベントスはディバラが際どいシュートを放つ場面があったものの、劣勢のまま28分にアタランタが先制した。 モラタのミスパスからショートカウンターに転じたアタランタは、ボックス右に侵入したD・サパタがシュートをねじ込んだ。 失点したユベントスは34分、ディバラのコントロールシュートでゴールに迫るも、ハーフタイムにかけてもアタランタが圧力をかけて流れを渡さず1点をリードしたまま前半を終えた。 後半からキエーザに代えてベルナルデスキを投入したユベントスが押し込む展開としたものの、シュートに持ち込むには至らない。 モラタが前線でボールを収められず苦しいユベントスは、81分にセットプレーからデ・リフトがゴールの可能性を感じさせるシュートをようやく放った。 結局、追加タイムにディバラの直接FKがバーを叩いたユベントスは、枠内シュート2本で終戦。厳しい公式戦2連敗となった。 2021.11.28 04:09 Sun
twitterfacebook
thumb

アッレグリ、近年好成績のアタランタに慎重を期す「フィジカルの強いチームで得点も多い」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がアタランタを警戒した。 27日に行われるセリエA第14節でアタランタをホームに迎えるユベントス。スクデット獲得を目標に掲げるものの、ここまで6勝3分け4敗で8位と振るわない成績の中、4ポイント差で4位につけている上位クラブとの一戦を控える。 試合に先駆けて行われた会見に出席したアッレグリ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)などを含めたアタランタの近年の成績を称賛。そのため、難しい試合展開になるとし、ここからが巻き返しを図るための「重要な月」になると語った。 「4位を争う2チームの試合だ。アタランタは何年も素晴らしい仕事をしてきたのだから、祝福しなくてはならない。彼らはCLでも活躍をし、突破のチャンスもある」 「彼らとの対戦は難しい試合になるし、いつも複雑なものだ。注意しながら進めていかなくてはならないし、技術的にもうまくやらなくてはならない。彼らはフィジカルの強いチームで得点も多いが、失点もする」 「これからは上位を先行するチームからポイントを奪うための重要な1カ月になるだろう」 2021.11.27 13:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly