レーティング:インテル 1-1 ユベントス《セリエA》

2021.10.25 05:48 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第9節、インテルvsユベントスのイタリア・ダービーが24日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ハンダノビッチ 6.0
PKで失点も安定感あるゴールキーピングだった

DF
37 シュクリニアル 6.0
ソリッドな守備でモラタに対応

6 デ・フライ 6.0
守備をよく統率していた

95 バストーニ 6.0
長短のフィードでいなしていた

MF
36 ダルミアン 6.0
高い位置を取ってアレックス・サンドロを牽制

23 バレッラ 6.0
とりわけ前半は攻撃によく絡んだ

77 ブロゾビッチ 5.5
前半は攻撃を指揮。後半は両脇を使われた

20 チャルハノール 6.5
強烈なミドルシュートで先制点を演出。流れの中でのプレーも〇

(→ガリアルディーニ 5.0)
攻守に凡庸

14 ペリシッチ 6.0
左サイドからの仕掛けが良いアクセントになっていた

(→ダンフリース 5.0)
厳しい判定だったが、痛いPK献上

FW
9 ジェコ 6.0
厳しいマークに遭いながらも先制点を挙げる

10 ラウタロ・マルティネス 5.0
虎視眈々とゴールを狙うも、効果的な仕事はできなかった

(→サンチェス 5.5)
うまく試合に入っていた

監督
S・インザーギ 6.0
勝利に値する内容だったが、VARに泣いた

▽ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 シュチェスニー 5.5
枠内シュート2本。失点を除いて難しいセーブシーンはなかった

DF
6 ダニーロ 5.5
セーフティーなプレーを続けた

19 ボヌッチ 6.0
ラウタロを封殺。ジェコの仕事も制限

3 キエッリーニ 6.0
フィードで攻撃に絡んでいった

12 アレックス・サンドロ 6.0
思うように打開できていなかったが、貴重なPK獲得

MF
11 クアドラード 5.5
一定の攻め手となった

(→キエーザ 6.0)
右サイドでプレー。ディバラと共に攻撃を活性化

14 マッケニー 5.5
前半はセンター、後半は左サイドでプレー。さほど効果的なプレーはなかった

27 ロカテッリ 6.0
縦パスの意識が高かった

(→アルトゥール -)

20 ベルナルデスキ -
肩の脱臼で18分に交代

(→ベンタンクール 5.5)
前半は左サイドで、後半は本職のセンターでプレー。無難だった

FW
9 モラタ 5.5
チャンスメークを担うも、フィニッシュワークで仕事をしきれず

44 クルゼフスキ 5.5
ブロゾビッチを監視つつのプレー。ただ攻撃面で違いを生み出せず

(→ディバラ 6.5)
負傷明け。攻勢を強めた要因に。PKで同点弾

監督
アッレグリ 6.0
ディバラの投入が利いた。よく引き分けに持ち込んだ

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ディバラ(ユベントス)
チャルハノールと迷ったが、引き分けに持ち込んだユベントスからディバラを選出。負傷明けながら負傷前の好調時と変わらないプレーを披露。

インテル 1-1 ユベントス
【インテル】
ジェコ(前15)
【ユベントス】
ディバラ(後44)【PK】


関連ニュース
thumb

レーティング:ローマ 0-3 インテル《セリエA》

セリエA第16節、ローマvsインテルが4日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのインテルが0-3で圧勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211205_0_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 パトリシオ 4.0 3失点中、2失点は致し方ないものだったが、ニアを狙った直接CKからの1失点目はコーチング含め完全に自身のミスだった。それ以外のセービングは安定も、キック精度の部分で不安定だった   DF 23 マンチーニ 5.5 自身に大きなミスはなかったが、代役カピターノとしてチーム全体を締めきれず。後半のカードによって次節出場停止に   6 スモーリング 5.5 チームは3失点で大敗も、個人としては直近2試合同様に加入初年度の良い状態に戻りつつある   24 クンブラ 5.0 対人対応など良い面もあったが、2失点目の場面では中途半端な対応でマークしていたジェコを離してしまった点は問題   (→ボーヴェ 5.0) 生え抜きとして気概は見せたが、相手の老獪な選手たちに力及ばず   MF 3 イバニェス 5.0 チーム事情で今季初のウイングバックでの起用に。ポジショニングや判断の部分で苦しみ自身の形で守備ができず。攻撃面で多くを求めるのはさすがに酷だった   77 ムヒタリアン 5.5 中盤でタメを作ってパスを散らすなど、急造布陣の中で攻守に奮闘を見せたが、決定的な仕事はできなかった   4 クリスタンテ 5.0 アンカーと3バックの左でプレー。コロナウイルスから回復した病み上がりの状態ということもあり、不用意なパスミスや球際の勝負で苦戦を強いられた   17 ヴェレトゥ 5.5 中盤でいつも通りのハードワークを見せた。守備では献身的なプレーで最終ラインを助けたが、攻撃では前線の収まりの問題もあってなかなか良さを出せなかった   (→ヴォルパート -) 18歳のオーストラリア人MF。試合最終盤にトップデビューを飾った   5 ビーニャ 5.5 3失点目ではダンフリースに付き切れず。ただ、病み上がりの状態で攻撃の場面では幾度か可能性を感じさせるプレーを見せた   FW 22 ザニオーロ 5.5 後半はさすがにバテたが、古巣相手に最もゴールに迫る場面を作り出すなど、個人として意地は見せた。マンチーニと共に後半のカードによって次節出場停止に   14 ショムロドフ 5.0 攻守にハードワークを見せたが、肝心のところで強さ、精度を欠き全体的に空回りの試合に   監督 モウリーニョ 5.0 古巣相手に内容的には完敗だったが、フルメンツでも難しい相手に対して、エイブラハムやペッレグリーニ、カルスドルプら多数の主力を欠いた点はさすがに気の毒だった   ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211205_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 5.5 枠内シュート1本ということもあり、仕事機会はほぼなかった。クロス対応では普段通りの安定感   DF 33 ダンブロージオ 6.5 守備では少ないピンチの場面で良い対応を見せた。攻撃ではバストーニとバランスを取りながら効果的にビルドアップに絡んだ   37 シュクリニアル 6.5 ショムロドフやザニオーロに対して終始安定した対応をみせ、クリーンシートに貢献   95 バストーニ 7.0 見事なピンポイントクロスでダンフリースのゴールをアシスト。果敢な攻撃参加で相手守備攻略の起点のひとつとなり、守備もソリッドだった   (→ディマルコ 5.5) 守備のタスクをこなしつつ、攻撃面でもアピール   MF 2 ダンフリース 6.5 見事なダイビングヘッドでセリエA初ゴール。攻守両面でダイナミズムを見せ、きっちり勝利に貢献   23 バレッラ 6.0 コンディションの問題か好調時の躍動感はなかったが、攻守に最低限の仕事をこなして早い時間帯にお役御免に   (→ビダル 5.5) 要所で攻撃に絡みつつ、要所を締めるプレーで逃げ切りに貢献   77 ブロゾビッチ 6.5 相手の守備の問題もあったが、豊富な運動量と正確な立ち位置でビルドアップの起点として機能。守備の局面でも強度の高いプレーを継続した   20 チャルハノール 7.0 1ゴール1アシストの活躍で勝利の立役者に。後半はだいぶ流し気味にプレーしたが、前半は出色のパフォーマンス   14 ペリシッチ 6.5 決定的な仕事こそなかったが、攻守両面でローマの選手たちを凌駕。地味ながらも質の高いプレーを随所に見せた   FW 9 ジェコ 6.5 古巣相手に恩返しゴールを奪取。それ以外では前線での起点づくりなど、安定したプレーが光った   (→ベシーノ 5.5) 疲労困憊の相手に対して余裕を持ってプレー。攻守にそつなし   19 ホアキン・コレア 6.5 かつてのホームスタジアムで宿敵相手に気迫のプレー。決定的な仕事はなかったが、利他的なプレーと局面を変えるドリブルで存在感。それだけにハムストリングの負傷が気がかり   (→サンチェス 5.5) 3点リードの展開を考慮してエゴを抑えながら逃げ切りに貢献   監督 インザーギ 6.5 飛車角落ちのローマを相手に余裕を残しての完勝。レアル・マドリー戦に向けて主力を早い時間帯に下げられた点もプラスに   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! チャルハノール(インテル) 1点目は相手守護神のミスもあったが、正確なプレースキックで貴重な先制点を奪取。さらに、ジェコの追加点もお膳立てする攻撃の主役に。ボールを引き出す動きやそこからの豊富なアイデアと、新チームで自身の良さをうまく出せている。   ローマ 0-3 インテル 【インテル】 チャルハノール(前15) ジェコ(前24) ダンフリース(前39) 2021.12.05 03:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェコ恩返し弾など前半3発のインテルが主力多数不在のモウリーニョ率いるローマに圧勝!《セリエA》

セリエA第16節、ローマvsインテルが4日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのインテルが0-3で快勝した。   現在、5位のローマ(勝ち点25)は、ボローニャ相手に敵地で深くを取り、連勝がストップ。トップ4圏内との勝ち点差が徐々に開いており、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて序盤の正念場を迎えている。ジョゼ・モウリーニョ監督の古巣初対決に注目集まる今回のホームゲームではボローニャ戦から先発4人を変更。出場停止のエイブラハム、カルスドルプ、負傷のエル・シャーラウィに代えてショムロドフ、クンブラ、ビーニャを、ディアワラに代えてクリスタンテを起用した。   一方、直近3連勝を含むリーグ7戦無敗で3位に付けるインテル(勝ち点34)は、一部主力を温存した前節のスペツィア戦に2-0の完勝。週明けに首位通過を懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦を控える中、インザーギ監督は先発3人を変更。ディマルコ、ガリアルディーニ、ラウタロ・マルティネスに代えてバストーニ、バレッラ、古巣初対戦のジェコを起用した。   試合は開始早々にザニオーロのクロスからショムロドフがヘディングシュートを放つなど、ホームのローマが良い入りを見せたが、時間の経過と共に地力で勝るインテルがボールの主導権を握って押し込んでいく。   そして、15分には左CKの場面でキッカーのチャルハノールが右足インスウィングで鋭いカーブをかけたボールをニアへ入れると、ストーンに入っていたザニオーロのポジショニングの悪さ、ニアを全く警戒していなかったGKルイ・パトリシオの判断ミスが重なる形でパトリシオの股間を抜けたボールがそのままゴールネットに決まった。   やや幸運な形で先制に成功したインテルは、過密日程による疲労や急造布陣の影響でプレスの強度、連動性を欠くローマに対して、ストレスなくボールを動かしながら追加点のチャンスを窺っていく。すると24分、相手陣内左サイド深くでのペリシッチ、ホアキン・コレア、チャルハノール、バストーニという鮮やかなダイレクトのパス交換からチャルハノールがボックス左にフリーで抜け出すと、丁寧なマイナスの折り返しを昨季までオリンピコを根城にしていたジェコが左足のダイレクトでゴール左隅に突き刺した。   元エースストライカーに手痛い恩返し弾を浴びたローマは、何とか前半の内に1点を返そうと攻勢を強めていく。37分には厚みのある仕掛けから最後はボックス左に走り込んできたビーニャがフリーで左足を振り抜くが、これは相手DFのブロックに遭う。   一方、久しぶりのピンチを凌いだインテルはこの直後に決定的な3点目を奪う。相手陣内左のハーフスペースでボールを縦に運んだフリーのバストーニが絶妙な左足のクロスをゴール前のスペースへ供給。これに大外で反応したダンフリースがDFビーニャの背後から抜け出して豪快なダイビングヘッドで合わせ、嬉しいセリエA初ゴールを挙げた。   敵地オリンピコで相手を圧倒する完璧なパフォーマンスで試合を折り返したインテルは、次戦のマドリー戦をやや意識してか後半は丁寧にボールを動かしながらゲームコントロール優先の試合運びにシフト。59分にはハムストリングを痛めたコレアと1枚カードをもらっていたバレッラを下げて、サンチェスとビダルを同時投入した。   一方、3点のビハインドを撥ね返そうと、勢いを持って後半に入ったローマだが、相手の老獪な守備を前になかなか攻撃の糸口を見つけられない。63分にはクンブラを下げてセントラルMFのボーヴェを最初のカードとして切り、クリスタンテを3バックの左に落とした。   互いにメンバーを入れ替えたことで、ここから再び試合に動きが出てくるかに思われたが、以降もインテルが決定機こそないものの、危なげなく時計を進めていく。そして、勝利を確信したインザーギ監督は75分を過ぎて殊勲のジェコ、バストーニ、チャルハノールとゴールに絡んだ選手たちを下げて、ベシーノ、ディマルコ、センシと控え選手を投入し、逃げ切り態勢に入った。   敗色濃厚もスタジアムに大挙したロマニスタの前で意地を見せたいローマは、82分にザニオーロが強烈なミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の左に外れる。そして、一矢報いるゴールはおろか、後半に1本の枠内シュートも打てぬままタイムアップを迎えることになった。   ジェコの恩返し弾を含む前半の3ゴールで早々に試合を決めたインテルが、スコア以上の実力差を見せつける快勝でレジェンド指揮官モウリーニョ率いるローマを敵地で粉砕。リーグ4連勝を飾り、週明けのマドリー戦に弾みを付けている。一方、敗れたローマは多数の主力を欠くエクスキューズはあったものの、逆転でのトップ4フィニッシュに向けて今冬の積極補強が必須と思える苦しい連敗となった。 2021.12.05 03:56 Sun
twitterfacebook
thumb

インザーギ監督、ローマ戦を前に決意語る「インテルらしさを見せなければ…」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、ローマ戦を前に決意を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは4日、セリエA第16節でローマと対戦する。前節はスペツィアを2-0で下し、リーグ戦3連勝となった昨季王者。勢いをそのままに敵地スタディオ・オリンピコに乗り込み、3ポイント獲得を目指す。 今回はかつてインテルでも指揮を執ったジョゼ・モウリーニョ監督との対戦となるが、インザーギ監督は楽しみと語りつつ、同クラブに栄光をもたらした名将との一戦に細心の注意を払っている。 「ここ最近の日程の中で最も重要な試合のひとつであり、強力なチームとの大きな意味を持った対戦だ。慎重な試合をして、インテルらしさを見せなければならない」 「私はまだジョゼ・モウリーニョと対戦した経験がなく、彼に会えるのはとても嬉しいことだ。彼の指揮官としての能力や、彼が指導してきたチームでの実績を知っている我々は、より一層の注意を払わなければならない」 「序盤戦から挽回することができたので、今は継続して結果を出せている。セリエAでの最初の試合では、よくあるシチュエーションや形でポイントを失っていたが、それを自分たちが望むように改善していくことが大切だ」 「最初からチームは非常に良い試合を展開していた。時折、バランスを崩すこともあったが、その度に分析を重ね、今は良い状態にある。我々はクリエイティブであり、最高の攻撃力を持ち、最近では堅実な守備も兼ね備えている」 「今重要なのは、ローマとの試合だ。前節での敗北でフラストレーションの溜まっているクオリティの高い相手であるため、素晴らしい試合をしなければならない」 2021.12.04 22:07 Sat
twitterfacebook
thumb

元インテルの“リッキー”ことリカルド・アルバレスが現役引退…晩年はヒザのケガに苦しむ

ベレス・サルスフィエルドは3日、元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレス(33)が引退することを発表した。 “リッキー”というニックネームで親しまれたリカルド・アルバレスは、2011年夏にベレスからインテルに移籍。欧州上陸を果たすと、3シーズンの間準主力としてプレーし、その後はサンダーランドやサンプドリアを渡り歩いた。 この間にアルゼンチン代表デビューも果たしており、2014年のワールドカップも含めて9試合に出場している。 2018年夏には、ほとんど戦力外となっていたサンプドリアと契約を解除し、メキシコのアトラスへ。しかし、同年11月に前十字靭帯損傷の大ケガ負った影響で出番をなくすと、2020年1月にベレスへの復帰を決断した。 古巣での心機一転を図ったが、今年中頃にはヒザの痛みが再発し、5月には手術を受けた。それでも状態は芳しくなく、この度の引退へつながった。 「身体的な問題がキャリアを通じて付き纏った。ベレスに戻ってきたときは100%の状態に戻ろうと決意したが、最初は楽しめたものの今ではそうはいかなくなった。無理はしたくない。時が来たんだ」 「これは以前から考えていたことで、ケガや痛みを抱えてキャリアを続けていく中で、次第に受け入れられるようになった。自分の家で、自分が選んだ場所で、育った場所で、生まれた場所で引退する。ここで引退することは夢だった。そしてそれが叶ったことを神に感謝するよ」 「全部の思い出が頭に浮かんでくる。ベレスに加入して以来、私が私のキャリアを築き、これまでの成功を収める助けとなってくれた人々のことは特にね。このユニフォームでチャンピオンになれたのは最高だったよ」 引退発表後に行われたスーペルリーガ第24節のパトロナート戦では、72分から途中出場。これが今季12試合目の出場となった中、最後にキャプテンマークを巻いたリッキーには、サポーターから万雷の拍手が送られた。 2021.12.04 21:44 Sat
twitterfacebook
thumb

エリクセンが古巣オーデンセで個人トレーニングを開始

インテルのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、ユース時代を過ごした母国のオーデンセBKで個人トレーニングを開始した。『ロイター通信』が伝えている。 今夏行われたユーロ2020のフィンランド代表戦で、試合中に卒倒したエリクセン。意識を失い、ピッチ上で心肺蘇生が行われるなどしたが、無事に一命を取り留め、その後回復した。 エリクセンは手術により心臓発作の再発を防ぐための植え込み型除細動器(ICD)を装着。現在は母国デンマークで家族と共に療養生活を送っている。 そのエリクセンに関して、2005年から2008年までユースチームに在籍していたオーデンセは2日、同選手からの連絡を受けてトレーニング施設を提供していることを明かした。 オーデンセのスポークスマンは『ロイター通信』の取材に対して、以下のような説明を行っている。 「エリクセンが我々にコンタクトを取ってきた。そして現在、彼は個人トレーニングを行っている」 「彼がユース時代にここでプレーし、近くに住んでいるのでそれは自然なことだ。彼のためにトレーニング施設を提供できることをとても嬉しく思っている」 ちなみに、同スポークスマンは、エリクセンがいつオーデンセでトレーニングを開始したのか、またどれくらいの期間、トレーニングを行う予定なのかについては言及を避けている。 今回のトレーニング開始の知らせによってエリクセンは、現役続行の意思を持っていると思われるが、インテルでのキャリア続行は絶望的な状況だ。 イタリアではICDを装着したままではプロスポーツは行えない決まりがあり、インテルも「イタリアの医療機関からエリクセンのスポーツ活動が認められないと報告があった」と声明を発表していた。 これにより、インテルはエリクセンに対して、他国のリーグでキャリアを継続させることを容認する構え。これまでは古巣アヤックス復帰の可能性が伝えられていた。 2021.12.02 23:11 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly