【セリエA第9節プレビュー】イタリア&太陽ダービー開催

2021.10.22 18:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前節行われたビッグマッチ2試合ではラツィオがインテルを、ユベントスがローマをそれぞれ下す結果となった。そして開幕からの連勝を続けるナポリがトリノを下し、そのナポリを2ポイント差で追う2位ミランがヴェローナに逆転勝利を飾った。迎える第9節もビッグマッチ2試合が組まれている。まずは日曜ナイトゲーム開催のインテルvsユベントスのイタリア・ダービーから。3位インテル(勝ち点17)は前節ラツィオに1-3で敗戦。先制しながらも後半の3失点でリーグ初黒星を喫した。ただ、火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではFWジェコの1ゴール1アシストの活躍で曲者シェリフを下して今季のCL初勝利を挙げた。すかさずバウンスバックに成功した中、ユベントス撃破となるか。

一方、5位ユベントス(勝ち点14)はローマにウノゼロ勝利を飾った。開幕から乱調の続いていたGKシュチェスニーのPKストップに救われ、勝利をもぎ取った形だ。アッレグリ監督の下、かつての堅守を取り戻しつつある中、水曜に行われたCLでもゼニト相手にウノゼロ勝利と堅守を発揮。公式戦4戦連続1-0の勝利とユベントスらしさが戻っている中、ダービー勝利となるか。

続いてイタリア・ダービー前に行われるローマvsナポリの太陽ダービー。4位ローマ(勝ち点15)は前述のようにユベントスに惜敗。不運な判定もあってゴールが認められず、名手ヴェレトゥのローマ加入後初のPK失敗によって敗戦となってしまった。ただ、内容は悲観するものではなかったため、連勝を続けるナポリを下して勢いに乗りたいところだ。

対する首位ナポリ(勝ち点24)は前節、FWインシーニェのPK失敗などもあってトリノに苦戦を強いられながらも終盤のFWオシムヘン弾でウノゼロ勝利とした。開幕8連勝と絶好調を維持するチームは、ローマとのダービーを制して連勝を9に伸ばせるか。

そのナポリを追走する2位ミラン(勝ち点22)は8位ボローニャ(勝ち点12)とのアウェイ戦に臨む。ミランは前節、MFディアスとDFテオ・エルナンデスをコロナ陽性で欠いた中、ヴェローナ相手に大苦戦。前半に2点のリードを許す展開を強いられた中、後半の3発で見事な逆転勝利を飾った。しかし、火曜に行われたCLではポルトに0-1のスコア以上の差で完敗。3連敗でグループステージ突破が絶望的となった中、切り替えてボローニャ戦に臨めるか。

インテルにリーグ初黒星を付けた5位ラツィオ(勝ち点14)は、12位ヴェローナ(勝ち点8)とのアウェイ戦に臨む。インテル戦では結果、内容ともに十分なものとなったラツィオ。ボローニャ戦の完敗を払拭した中、ミランに善戦したヴェローナ撃破となるか。

そのラツィオと同勝ち点のアタランタは10位ウディネーゼ(勝ち点9)とのホーム戦に臨む。アタランタは前節エンポリに4-1と快勝。ミラン戦の敗戦を払拭した。上位をしっかりと追走する中、水曜に行われたCLではマンチェスター・ユナイテッド相手に2点をリードするも逆転負け。悔しい敗戦となった中、リーグ戦に切り替えられるか。

最後に守備の崩壊が止まらないDF吉田の17位サンプドリア(勝ち点6)は、金曜に16位スペツィア(勝ち点7)との下位対決に臨む。前節カリアリ戦も3失点を喫し、ここ4試合で13失点を喫しているサンプドリアだが、吉田は守備の立て直しに貢献できるか。

◆セリエA第9節
▽10/22(金)
《25:30》
トリノvsジェノア
《27:45》
サンプドリアvsスペツィア

▽10/23(土)
《22:00》
サレルニターナvsエンポリ
《25:00》
サッスオーロvsヴェネツィア
《27:45》
ボローニャvsミラン

▽10/24(日)
《19:30》
アタランタvsウディネーゼ
《22:00》
ヴェローナvsラツィオ
フィオレンティーナvsカリアリ
《25:00》
ローマvsナポリ
《27:45》
インテルvsユベントス

関連ニュース
thumb

アタランタとゴールレスドローのインテル、副官が満足感示す「この道を歩み続けていく」

インテルのアシスタントコーチを務めるマッシミリア―ノ・ファリス氏が、アタランタ戦のパフォーマンスに満足を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは16日、セリエA第22節でアタランタと対戦。試合は90分を通して互いに譲らない展開で推移する中、GKサミル・ハンダノビッチがビッグセーブを連発。攻撃陣も幾度となく決定機を迎えるが、ゴールを奪うことができず、結局ゴールレスドローに終わった。 試合後の会見には、数日前から声の調子が悪いシモーネ・インザーギ監督に代わり、アシスタントコーチのファリス氏が出席。ゴールレスドローとなった一戦を振り返り、過密日程の中でのパフォーマンスに満足を語った。 「今夜はDFラインから攻撃を構築し、広いスペースを見つけようとした。しかし、我々は屈強なフィジカルを持つユベントスを相手に、非常にタフで厳しい120分間を過ごしたばかりだった。あれだけの体力と精神を費やし、中3日でアタランタと対戦するのは簡単なことではない」 「確かに自分たちのパフォーマンスには満足しているが、チャンスが多かった分、少しの後悔もある。しかし、我々は彼ら本来のパフォーマンスを見せた素晴らしい対戦相手をリスペクトしている」 「この試合では長い時間ボールを保持することができた。それは我々が目指していることだが、不毛なポゼッションはしたくない。状況に応じて、バックラインの改善もしているし、対戦相手のスタイルに関係なく、自分たちの自信につながる取り組みをしている。目的意識とチーム意識の統一は素晴らしいと思う。ここまでの戦いぶりには満足しているが、まだ競争相手は多い。この道を歩み続けていくしかないだろう」 2022.01.17 12:59 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタvsインテルの上位対決は両守護神が活躍しゴールレスドロー《セリエA》

セリエA第22節、アタランタvsインテルが16日に行われ、0-0で引き分けた。 前節ウディネーゼに6発圧勝とした4位アタランタ(勝ち点41)は、4日前に行われたコッパ・イタリアではヴェネツィアを下して準々決勝進出。そのアタランタはムリエルを最前線に、2シャドーにパシャリッチとペッシーナを起用した。 一方、前節ラツィオ戦を制して8連勝とした首位インテル(勝ち点49)は同じく4日前に行われたスーペル・コッパではユベントスを延長後半追加タイム弾で撃破。好調が続くチームはジェコとユベントス戦決勝ゴールのサンチェスが2トップを形成した。 一進一退の攻防で立ち上がった中、アタランタが徐々に押し込む展開としたものの、インテルは16分にジェコがヘディングシュートで牽制すると、26分にビッグチャンス。ショートカウンターに転じた流れからボックス右に侵入したサンチェスがシュート。しかし、GKムッソのファインセーブに阻まれた。 前半半ば以降もアタランタがやや押し込む展開で推移したものの、インテルも集中した守備で跳ね返し、好機を許さず前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半開始4分、アタランタにビッグチャンス。高い位置でボールを奪った流れからボックス内のペッシーナがシュート。だが、GKハンダノビッチにビッグセーブで阻まれた。 その後半も一進一退の攻防が続き、互いに譲らない展開で推移する中、インテルは67分に3枚替え。ホアキン・コレア、ダンフリース、ビダルを投入した。 そのインテルは71分に決定機。サイド攻撃の流れから、ダンフリースの頭での折り返しをジェコがヘッドで合わせたがシュートは枠の上に外れた。 さらに76分、ビダルのミドルシュートがGKムッソを強襲したインテルに対し、アタランタも反撃。まずは79分、パシャリッチのヘディングシュートでゴールに迫ると、81分にはムリエルがDFをスピードで振り切ってボックス内からシュート。しかし、ここもGKハンダノビッチのファインセーブに阻まれた。 終盤にかけても互いにゴールに迫るも両守護神が立ちはだかり、ゴールレスで決着。インテルの連勝は8で止まり、上位対決は共に勝ち点1を分け合う結果となった。 2022.01.17 06:37 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第22節プレビュー】アタランタvsインテルの上位対決開催

前節はインテルがラツィオを下して首位をキープ。ユベントスがローマとの打ち合いを制した。迎える第22節、インテルはアタランタとの上位対決に臨む。 今季唯一黒星を付けられたラツィオ相手にDFバストーニの1ゴール1アシストの活躍でリベンジを果たしたインテル(勝ち点49)。消化試合が2位ミランより1試合少ない中、8連勝として首位をキープしたネラッズーリは、水曜に行われたスーペル・コッパではユベントス相手にFWサンチェスの延長後半追加タイム弾で劇的勝利を飾った。好調が続くチームは勢いそのままにアタランタ撃破となるか。 一方のアタランタ(勝ち点41)も新年初戦となった前節、ウディネーゼに6発圧勝として4位をキープ。そして水曜に行われたコッパ・イタリアではヴェネツィアを退け、準々決勝進出を決めた。FWサパタが負傷により引き続き欠場となるが、代わって先発のFWムリエルがここ2試合連続ゴールと好調。インテル相手にもゴールを決め、王者の連勝を止められるか。 DFテオ・エルナンデスの活躍でヴェネツィアに快勝とした2位ミラン(勝ち点48)は、木曜に行われたコッパ・イタリアではジェノア相手に延長戦まで持ち込まれた中、3-1で勝利。そのミランは月曜に16位スペツィア(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。MFトナーリが出場停止で、ケシエがアフリカネーションズカップ参戦中でレギュラーの中盤センター2枚を欠くが、代役を務めるであろうMFバカヨコ、MFクルニッチらの活躍が求められる。 ローマとの打ち合いを制した5位ユベントス(勝ち点38)は、14位ウディネーゼ(勝ち点20)とのホーム戦に臨む。ローマ戦ではFWキエーザが重傷を負い、1-3と追い込まれた状況から、後半半ば以降の3ゴールで4-3と逆転勝利を飾ったユベントス。ただ、水曜に行われたスーペル・コッパではインテル相手に延長後半追加タイム被弾で敗戦。勢いを削がれてしまったが、切り替えてウディネーゼ撃破となるか。 勝ち点32で並ぶローマ勢では、7位ローマが18位カリアリ(勝ち点16)とのホーム戦を、8位ラツィオが最下位サレルターナ(勝ち点11)とのアウェイ戦に臨む。前節負傷欠場のサンプドリアDF吉田は今節トリノ戦も欠場予想となっている。 ◆セリエA第22節 ▽1/15(土) 《23:00》 サンプドリアvsトリノ 《26:00》 サレルニターナvsラツィオ 《28:45》 ユベントスvsウディネーゼ ▽1/16(日) 《20:30》 サッスオーロvsヴェローナ 《23:00》 ヴェネツィアvsエンポリ 《26:00》 ローマvsカリアリ 《28:45》 アタランタvsインテル ▽1/17(月) 《26:30》 ボローニャvsナポリ ミランvsスペツィア 《28:45》 フィオレンティーナvsジェノア 2022.01.15 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

スーペル・コッパ敗戦のユベントス、アッレグリ「正しい怒りを持たなければならない」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、敗れたスーペルコッパ・イタリアーナを振り返った。 ユベントスは12日、昨季のコッパ・イタリア王者としてセリエA王者インテルとのスーペルコッパに臨んだ。試合は25分にFWアルバロ・モラタのクロスをFWウェストン・マッケーニーが頭で合わせて先制する展開に。 しかし、34分にPKから同点に追いつかれると、1-1のまま迎えた延長後半の追加タイムに、DFアレックス・サンドロの不用意なクロス対応を突かれる形で失点。1-2で敗れる結果となった。 リーグ戦でも今一つな成績となっているユベントス。アッレグリ監督は、試合を振り返りつつ、この敗戦を今後の糧にしたいとコメントした。 「我々にとっては良いテストだった。良い試合をしたと思う。チームは好調で成長を続けており、今夜の試合からポジティブな面を見つける必要がある」 「この試合では目的に向けた意思統一が見て取れた。アレックス・サンドロも良いパフォーマンスだったよ。最後にミスをしてしまったがね」 「ただ、この敗戦は痛手だ。正しい怒りを持たなければならない。他の選手が喜ぶ姿を見ることは、残りのシーズンへの刺激になるはずだ」 2022.01.13 15:44 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルが6度目のスーペルコッパ優勝! インザーギ監督も満足感「ファンにとっては長すぎる12年だった」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、12日に行われたスーペルコッパ・イタリアーナ制覇に喜びを露わにした。『フットボール・イタリア』がコメントを伝えている。 昨季のセリエA王者として、コッパ・イタリア王者ユベントスとのスーペルコッパに臨んだインテル。試合は25分に先制を許すものの、34分にFWエディン・ジェコが得たPKをFWラウタロ・マルティネスが決めて同点に追いつく。 後半はインテルの攻勢が続いたが、90分では決着が付かず延長戦へ。延長戦もインテルが攻めあぐね、なかなか得点が生まれなかったが、迎えた延長後半のアディショナルタイム、インテルが左サイドからクロスを上げたところ、ユベントスDFアレックス・サンドロが不用意に胸でダイレクトパス。これを背後から忍び寄ったDFマッテオ・ダルミアンが奪い取り、最後はFWアレクシス・サンチェスがゴールを決めた。 これが決勝点となり、2010年以来6度目のスーペルコッパ優勝を果たしたインテル。就任後初タイトルとなったシモーネ・インザーギ監督も、この勝利に大きな満足感を得たようだ。 「我々はユーベのような強力なチームと相まみえた。この勝利は、素晴らしい相手であるからこそ価値があるのだ」 「彼らは我々にポゼッションを許していたが、常に試合に集中し、我々にとっても決して簡単な試合ではなかった」 「私が以前、スーペルコッパで彼らと対戦したのは幸運な経験だった。これはファンの目の前で掲げた初めてのトロフィーだ。私もとても嬉しいよ」 「インテルは2010年以来スーペルコッパを制覇しておらず、ファンにとっては長すぎる12年だった。だから我々は何としてでも勝ちたかったのだ」 2022.01.13 15:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly