レーティング:ユベントス 1-0 ローマ《セリエA》

2021.10.18 06:27 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第8節、ユベントスvsローマが17日にアリアンツ・スタジアムで行われ、ホームのユベントスが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 シュチェスニー 6.5
味方のミスの煽りを受けてのPK献上も、古巣相手に値千金のPKストップ。

DF
6 ダニーロ 6.0
クアドラードを後方支援しつつ、ビルドアップ、リスク管理を徹底。粘りの守備で最後の局面では相手攻撃陣に仕事をさせず

19 ボヌッチ 6.5
安定した配球に加え、セットした守備ではエイブラハムに危なげなく対応。相棒キエッリーニがややバタついていた中で守備ラインを統率した

3 キエッリーニ 6.0
不用意な持ち出しでPK献上に繋がるボールロスト。オープンスペースでの守備では後手を踏んだが、押し込まれた場面でのシュートブロックは流石の一言

2 デ・シリオ 6.5
先制点に繋がる好クロスを供給。攻撃時はウイングバックの役割を担い、比較的浮くことが多かった中で起点に。守備では軽率なプレーもあったが、概ね安定

(→アレックス・サンドロ -)

MF
11 クアドラード 5.5
南米予選帰りの影響もあり、全体的に重かった。攻守両面で一定の仕事はこなしたが、質を欠いた

30 ベンタンクール 6.0
思わぬ形で先制点をアシスト。相手の時間帯が続いた中で要所を締める守備でチームを助けた

27 ロカテッリ 6. 0
ベンタンクールと共にフィルター役として守備に奔走しつつ、マイボール時は的確な捌きを見せた

20 ベルナルデスキ 6. 0
サイド起用もあまり張ることなく内寄りの立ち位置で前線と中盤の中継役を担う。見事なオーバーヘッドシュートなど2度のシュートで見せ場も作った

(→アルトゥール 5.5)
短いプレー時間ながら攻守両面で逃げ切りに貢献

FW
18 ケアン 6.0
値千金の先制点を奪取も、2点目のビッグチャンスを逸す。攻守両面で躍動感を見せたが、もっとやれるはず

(→モラタ 5.5)
負傷明けでの復帰戦。前線からハードワークしてチームを助けた

22 キエーザ 5.0
代表戦でのハードワークの影響やケアンとの相性の悪さもあり、ほぼノーインパクトでピッチを去ることに

(→クルゼフスキ 5.5)
身体を張ったボールキープなどでうまく時計を進めた

監督
アッレグリ 6.0
ディバラなど一部主力を欠いた上、キエーザの思わぬブレーキによって思うような試合展開ではなかった。それでも、効果的な交代策でウノゼロでの逃げ切りに成功

▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 パトリシオ 5.5
失点場面はノーチャンス。それ以外の少ない枠内シュートを危なげなく阻止

DF
2 カルスドルプ 5.5
攻守両面で及第点の出来。よく上下動したが、攻撃ではやや雑さが見受けられた

23 G・マンチーニ 5.5
チームとして失点場面を除きソリッドな守備を見せた。その中で冷静に最終ラインを統率した

3 イバニェス 5.5
失点場面では競り負ける形になったが、それ以外は的確なカバーリングに良い形での潰しを見せた

5 ビーニャ 6.0
課題の守備では堅実にプレーしつつ攻撃では鋭い突破でゴールに迫るなど、ここ最近のリーグ戦では良いパフォーマンスだった

MF
22 ザニオーロ 5.5
チームに推進力を与える果敢な仕掛けを序盤から見せたが、左ハムストリングを痛めて25分過ぎに無念の負傷交代…

(→エル・シャーラウィ 5.5)
決定的な仕事はできなかったが、要所で相手を剥がしてチャンスの起点を作った

4 クリスタンテ 5.5
攻守両面で相手中盤と堂々と渡り合った。押し込んでいる中でよりスイッチを入れるプレーがやや足りなかったか

7 ペッレグリーニ 5.5
前線でボールを引き出しながら攻撃に創造性とアクセントを加えた。だが、チームに勝ち点をもたらす決定的な仕事はできなかった

17 ヴェレトゥ 5.5
ローマ加入後初のPK失敗。ただ、それ以外では的確なダイレクトプレーで局面を変えるなど、悪くはない出来だった

(→ショムロドフ 5.5)
決定的な仕事が期待されたが、相手の老獪なセンターバックコンビに封じられる

77 ムヒタリアン 5.5
スタートは左、ザニオーロ交代後は右でプレー。要所で巧さは見せたが、怖さは与えられず

FW
9 エイブラハム 5.5
屈強な2センターバックを相手に極力自分の土俵で戦いながら幾つか決定機に関与。ただ、ゴールを奪うためにはもう少しボックス内での勝負が必要だったか

監督
モウリーニョ 5.5
PK失敗が大きく響いたが、勝ち点を持ち帰るに相応しいパフォーマンスは見せられた。ただ、普段の試合に比べて交代策で大胆さが足りなかったか

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
シュチェスニー(ユベントス)
今季は開幕から批判を浴びることが多かったが、その批判の一部を払しょくする見事なパフォーマンスでビッグマッチ勝利に貢献。PKの名手ヴェレトゥ相手に完璧な駆け引きを見せた。

ユベントス 1-0 ローマ
【ユベントス】
ケアン(前16)


関連ニュース
thumb

ディバラ2戦連発、ユーベがジェノアにシュートを打たせず快勝《セリエA》

ユベントスは5日、セリエA第16節でジェノアをホームに迎え、2-0で快勝した。 前節サレルニターナに勝利して公式戦連敗を止めた7位ユベントス(勝ち点24)は、サレルニターナ戦でゴールを挙げたディバラとモラタの2トップで臨んだ。 シェフチェンコ監督就任後も1分け2敗と苦しい18位ジェノア(勝ち点10)に対し、立ち上がりから押し込んだユベントスは9分に先制する。 クアドラードの左CKが直接吸い込まれた。その後も敵陣で試合を進めたユベントスは32分、FKからデ・リフトのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKの守備範囲だった。 一方的に押し込むユベントスは前半終了間際の45分に絶好機。ディバラの絶妙左クロスにモラタがダイレクトで合わせたが、ここもGKの守備範囲で防がれ、前半を1点のリードで終えた。 迎えた後半、51分にディバラが際どいコントロールシュートを浴びせたユベントスは、53分にもビッグチャンス。モラタが敵陣高い位置でボールを奪ってボックス左へ侵入。シュートを放ったが、GKシリグのファインセーブに阻まれた。 その後も一方的に押し込んだユベントスは終盤の82分に追加点。ベルナルデスキのパスを受けたボックス左のディバラがスピードに乗ってゴール右へシュートを突き刺した。 結局、ジェノアにシュートを打たせなかったユベントスが2-0で快勝。リーグ戦ここ5試合で4勝目を挙げている。 2021.12.06 06:39 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴィオラ会長からヴラホビッチに目光らすクラブへ 「話はまず我々に」

フィオレンティーナからの移籍が取り沙汰されるセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)だが、クラブの会長が選手に関心を示すクラブに注目しつつ、代理人を批判した。 ストライカーとして大きな飛躍を遂げた昨季に続いて、今季もここまでセリエAトップの12ゴールをマークするヴラホビッチ。公式戦でも16試合で14得点2アシストと昨季以上の輝きを放つが、ひとたびピッチ外に目を向けると、フィオレンティーナのロッコ・コミッソ会長は今年10月に2023年6月末まで残る現行契約の延長交渉決裂を公表した。 選手サイドからの延長拒否が明るみとなり、このままだと来年1月か、来夏の売却も視野に入るフィオレンティーナ。イタリア『スカイ』によれば、フィオレンティーナ会長は『Radio 24』で改めて口を開いたという。 延長交渉の決裂を公表した今年10月から何ら進展がない旨を明かしたコミッソ会長だが、関心が取り沙汰されるユベントスやアーセナルの名を挙げつつ、牽制した。 「ユベントスに行くのか、アーセナルに行くのか、世界のどこに行くのか見当がわからないが、彼というカードの持ち主はフィオレンティーナであると皆に言わせてもらいたい」 「彼がほしいのなら、話は彼の代理人じゃなく、まず我々にだ。私は誰に対してもだが、ヴラホビッチにもいつも滞りなく、支払うものを支払っている。その件は尊重されたい」 また、近年のマーケットでクラブとのパワーバランスがたびたび問題視されるエージェントにもクギ。「私はイタリアのサッカー界を助けたいと思っているが、ここは開拓時代のようなものだ」と持論を展開している。 「10%、20%のコミッションを要求してくる輩もいるが、そんなことをして、どこに辿り着く? FIFA(会長)の(ジャンニ・)インファンティーノは年間で7億ユーロも仲介人に支払われていると言っている。このままじゃダメだ」 「ヴラホビッチを移籍させようとする輩からのプレッシャーがあるが、(今夏にミランからのフリートランスファーでパリ・サンジェルマンに加入したジャンルイジ・)ドンナルンマの何が起こったのかを振り返ってみると良い」 「クラブは機会を授け、その結果を見守るものだが、いい加減にしろと言うべきだ」 2021.12.03 16:55 Fri
twitterfacebook
thumb

アディダスがドイツW杯公式球「チームガイスト」をリメイクし、レアルやユナイテッドなど9クラブのアパレルに展開!

アディダスは2日、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)の公式試合球である「TEAMGEIST(チームガイスト)」を現代版にリメイクし、9クラブのアパレルとして展開することを発表した。 「TEAMGEIST」は、ボールのデザインとしても有名であり、当時もアパレルコレクションを展開。今回は9クラブで展開される。 その9クラブは、レアル・マドリー、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、アヤックス、バイエルン、アーセナル、セルティック、フラメンゴ、ボカ・ジュニアーズ。特別コレクションとなっている。(セルティック、フラメンゴ、ボカは日本展開なし) 商品は、ジャージー、スウェットシャツ、Tシャツ、ウーブンジャケット、ウーブンパンツなどで展開されている。 ジャージーは8490円、スウェットシャツは7690円、Tシャツは6490円、ウーブンジャケットは1万1000円、ウーブンパンツ は8990円で販売される。なお、12月2日18時から順次発売開始となる。 <span class="paragraph-title">【写真】9クラブのアパレルデザインをチェック!</span> <span data-other-div="movie"></span> 【発売場所】 <a href="https://shop.adidas.jp/item/?collection=teamgeist" target="_blank">アディダス オンラインショップ</a> 【レアル・マドリー】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【ユベントス】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【マンチェスター・ユナイテッド】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【アーセナル】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmZjk2Zjc3UiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 【バイエルン】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw13.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw14.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw15.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【アヤックス】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw16.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw17.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw18.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【セルティック】※日本展開無し <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw19.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw20.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw21.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【フラメンゴ】※日本展開無し <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw22.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw23.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw24.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【ボカ・ジュニアーズ】※日本展開無し <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw25.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw26.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw27.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.12.02 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

「これぞ10番」滑りながらの強烈ミドル!ディバラのシュートに絶賛の声「痺れた」

ユベントスは11月30日、セリエA第15節でサレルニターナとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利。アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの先制ゴールに脚光が集まっている。 公式戦2連敗中のユベントスは無得点が続く中、下位相手にしっかりと勝ち点3を奪いたい試合。ディバラを中央で起用すると、これが功を奏する形となった。 21分、MFデヤン・クルゼフスキとのワンツーからペナルティアーク中央に走り込むと、ディバラがダイレクトで強烈なミドルシュートをゴール右に突き刺した。 待望のゴールとなるゴラッソには、ファンからも「これぞ10番」、「やっぱりディバラは中央」、「痺れた」と喜びの声が集まった。 試合は、FWアルバロ・モラタの追加点もあり、ユベントスが0-2で勝利。後半アディショナルタイムに獲得したPKはディバラが足を滑らせて失敗してしまうというオマケつきだったが、しっかりと勝利を収めた。 ユベントスはここから下位との戦いが続くだけに、一気に巻き返しを図りたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】10番ディバラが滑りながらも強烈ミドルを突き刺す!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="mUsv9WRafnI";var video_start = 11;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.02 06:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「多くを与えてくれたクラブにお返しをする時」勝利に貢献のキエッリーニがチームに責任感要求

ユベントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、チームへの責任感を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 キエッリーニは11月30日に行われたセリエA第15節のサレルニターナ戦で先発出場した。公式戦連敗中でリーグ7位に沈むなど不調に苦しむチームだったが、この日は積極的な姿勢を見せ前半のうちにFWパウロ・ディバラのゴールで先制。後半はなかなか追加点を挙げられない時間が続いたが、70分にFWアルバロ・モラタが追加点を挙げた後は安定した戦いを見せ、公式戦3試合ぶりの白星を手にしている。 この試合でフル出場を果たしてクリーンシート達成に貢献したキエッリーニは、試合後にチームの勝利に安堵。これからクリスマスまでの間に、チームとして良い形を見つけたいと語った。 「僕たちは特別なことをするのではなく、頭を使って意識をして、責任感を持つことを必要としている。そうでないと続けてはいけないのだから、今日は謙虚にプレーしたよ。これからは日曜日の試合を考えながら、1日1日を過ごしていかないとね」 「ユベントスは僕たち全員に多くのものを与えてくれた。だから、それをお返しする時だ。今夜はこのピッチで良いプレーができたと思う。もっと早く試合を決めるべきだったかもしれないが、良い試合はできた」 「僕は常にチームメイトを助けることを考えているよ。自分にはまだ小さな目標がたくさんあり、そのために努力している。今はクリスマスまでの間に継続性を見つけて、できるだけ多くのポイントを獲得する必要があるね」 2021.12.01 11:09 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly