名古屋が3度目対戦の浦項に“初負け”で4強逃す…アジアの舞台からJリーグ勢全滅《ACL》

2021.10.17 15:56 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
名古屋グランパスがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021準々決勝で姿を消した。

Jリーグ勢で唯一の8強入りとなる名古屋。クラブとして2009年以来となる12年ぶりのベスト4入りにも期待が高まるなか、17日に全州ワールドカップ競技場で行われた準々決勝ではセレッソ大阪とのラウンド16を制して、勝ち上がった浦項スティーラースと激突した。

浦項とグループステージに続いて3度目の対戦となる名古屋は[4-2-3-1]の布陣を敷いて、最後尾にランゲラックが入り、最終ラインに宮原、中谷、キム・ミンテ、吉田。稲垣と木本がボランチを務め、最前線に入るシュヴィルツォクの後ろにマテウス、柿谷、森下が並んだ。

グループステージで1勝1分けと勝ち越した相手と三たびの対決となる名古屋は睨み合いの展開に。相手に攻め込まれる時間をしっかりと凌ぎながら、ボールの主導権を握れば全体を押し上げ、もはやチームのストロングであるマテウスの推進力とアイデアを生かして崩しにかかっていく。

そのなかで突破口を探る状況が続いた名古屋だが、31分に左サイドハーフに入る森下が柿谷のスルーパスで裏を抜け出して、ボックス左からマイナス気味に折り返すと、今大会3得点のシュヴィルツォクが右足フィニッシュ。ようやく作り出した決定機だったが、枠の上に外してしまう。

さらに、カウンターに転じた33分にもマテウスのスルーパスで相手最終ラインの左裏を抜け出したシュヴィルツォクが相手GKとの一対一となるが、右足シュートはゴール前までカバーに戻ったカン・サンウがブロック。その流れで稲垣もこぼれ球に反応するが、ここも押し込み切れない。

後半も前半の流れを続けたい名古屋だったが、相手の圧を受ける入りとなると、右CKのチャンスを許した53分にニアサイドで合わせられ、こぼれ球に群がる展開に。名古屋守備陣がボックスの外に掻き出せずにいると、ファーサイドに流れたボールをフリーのイム・サンヨプに押し込まれた。

そこから巻き返そうと、前田と相馬を立て続けに送り込み、ギアを上げにかかる名古屋だが、70分に後方からのフィードに反応した最前線のイ・スンモが巧みにボールを収め、ボックス内から右足シュートを突き刺して、浦項が追加点。前がかったところを突かれ、さらに追い込まれてしまう。

まず1点を返そうと、最後の交代で金崎と成瀬も投入した名古屋だが、なかなかフィニッシュの形を作り出せない。すると、後半アディショナルタイム5分、先制弾のイム・サンヨプがボックス左から右足インサイドで再びネットを揺らして、浦項が名古屋の息の根を止める3点目を奪った。

浦項と今大会3度目の対戦にして、初黒星となる0-3の敗北を喫した名古屋はこれでアジアでの挑戦が終了。2009年以来のベスト4入りとはならず、Jリーグ勢も全滅した。なお、浦項は準決勝で全北現代モータースvs蔚山現代FCの勝者と激突する。

浦項スティーラース 3-0 名古屋グランパス
【浦項】
イム・サンヨプ(後8、後45+5)
イ・スンモ(後25)


関連ニュース
thumb

槙野は自ら最後のイエローカードをもらいに! これぞJリーグ、勇退の家本政明主審と村上伸次主審に選手、サポーターがねぎらい

選手と審判の理想の関係とも言えるのではないだろうか。 4日、明治安田生命J1リーグの最終節が各地で行われた。川崎フロンターレの連覇が既に決まっていた中、熾烈な残留争いが3チームの間で繰り広げられ、徳島ヴォルティスが1年でJ2へ降格することが決定。清水エスパルスと湘南ベルマーレは残留を掴んでいた。 残留争いに注目が集まる中、2人の審判がこの試合を最後にJリーグの舞台から去ることに。家本政明主審と村上伸次主審だ。 両主審はともにJリーグで通算500試合以上で主審を務め、Jリーグファンなら知らない者はいないほどの知名度を誇る。 そんな中、家本主審は横浜F・マリノスvs川崎フロンターレという2位と首位のビッグマッチを担当。村上主審は、名古屋グランパスvs浦和レッズという上位対決を担当した。 どちらの試合も引き分けという結果に終わったが、スタンドに集まったサポーターからはそれぞれの会場でねぎらいの言葉と感謝の言葉が書かれた横断幕が掲示。選手、サポーターと一体となって、共に試合を作り上げてきた審判員に向けて感謝の気持ちが伝えられた。 家本主審が担当した横浜FMvs川崎Fの試合では、試合終了後に両チームの選手が一列に整列し花道を作ると、その中央を家本主審が歩いてピッチを後に。選手たち、スタンドからは大きな拍手が送られると、サプライズプレゼントが贈られた。 横浜FMのキャプテンであるMF喜田拓也から、横浜FMのユニフォームが手渡されると、川崎FのキャプテンであるDF谷口彰悟からも川崎Fのユニフォームが手渡され、家本主審はがっちりと握手。主審を務めた「516」の数字が刻まれており、その後には家族から花束が渡されて、2人のお子さんに記念ユニフォームを着せるというシーンも見られ、その後は両チームの選手とともに記念つ撮影が行われた。 また、村上主審が担当した名古屋vs浦和の一戦でも試合後に両チームの選手が整列して花道を作り送り出すセレモニーが。すると、今シーズン限りで浦和を退団するDF槙野智章がユニフォームをおもむろに脱ぎ出し花道を塞ぐ行動に出ていた。 すると、村上主審はユニフォームを脱いだとして槙野にイエローカードを提示。これがJリーグで本当に最後のイエローカードとなった。(もちろん公式記録には反映されず) 槙野は村上主審とがっちり握手。するとアンダーシャツには村上主審への感謝のメッセージがびっしりと書かれていた。 「村上さんの笑顔が僕たちを気持ちよくプレーさせてくれました。最高のレフェリングをありがとう!お疲れ様でした」 すると槙野の粋な演出の後、選手たちが村上主審を囲む展開に。両チーム入り乱れて村上主審を胴上げするという珍しい光景が。村上主審は全ての方向にお辞儀をし、ピッチを後にしていた。 <span class="paragraph-title">【動画】槙野が村上主審の花道を塞ぎイエローカード!? 最後には胴上げ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>村上伸次 レフェリー<br>お疲れさまでした<br>\<br><br>今季限りで勇退する村上氏が<br>両チームの選手から胴上げ<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A7%99%E9%87%8E%E6%99%BA%E7%AB%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#槙野智章</a> からのメッセージに<br>ラストイエローカードもbr><br>明治安田J1第38節<br>名古屋×浦和<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/2021%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2021のヒーローになれ</a><a href="https://twitter.com/MuraNoburin?ref_src=twsrc%5Etfw">@MuraNoburin</a> <a href="https://twitter.com/nge_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@nge_official</a><a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL?ref_src=twsrc%5Etfw">@REDSOFFICIAL</a> <a href="https://t.co/wSQLOqSPQC">pic.twitter.com/wSQLOqSPQC</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1467038226875658242?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="paragraph-title-next" id="cws_ad"><a href="/news/view?news_no=408240&amp;div=2"><span>Next:【動画】勇退の家本主審に両チームからサプライズプレゼント</span></a></div> <span class="paragraph-title">【動画】勇退の家本主審に両チームからサプライズプレゼント</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>家本政明 レフェリー<br>お疲れさまでした<br>\<br><br>今季限りで勇退の家本氏に<br>横浜FMと川崎Fの両チームから<br>記念ユニフォームが贈呈されました<br><br>明治安田J1第38節<br>横浜FM×川崎F<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/2021%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2021のヒーローになれ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/EverydayJ%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EverydayJリーグ</a><a href="https://twitter.com/referee_iemoto?ref_src=twsrc%5Etfw">@referee_iemoto</a><a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos?ref_src=twsrc%5Etfw">@prompt_fmarinos</a><a href="https://twitter.com/frontale_staff?ref_src=twsrc%5Etfw">@frontale_staff</a> <a href="https://t.co/WpiZ1UEb5w">pic.twitter.com/WpiZ1UEb5w</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1467030999280332800?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="paragraph-title-next" id="cws_ad"><a href="/news/view?news_no=408240&amp;div=1"><span>Prev:【動画】槙野が村上主審の花道を塞ぎイエローカード!? 最後には胴上げ</span></a></div> 2021.12.04 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

カップ王者・名古屋の新ユニフォームが発表! 「ビクトリー(勝利)」を想起させる“V模様”が散りばめられる

名古屋グランパスは4日、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。 今シーズンはJリーグの他、YBCルヴァンカップ、天皇杯、そしてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦った名古屋。堅守を武器にJリーグでは上位争いを繰り広げたものの、シーズン終盤に勝ち点を取りこぼし5位でシーズンを終え、来シーズンのACL出場権は獲得できなかった。 一方で、YBCルヴァンカップではセレッソ大阪を決勝で下して見事に優勝しタイトルを獲得。ACLでは日本勢で最も勝ち進みベスト8入りを果たすと、天皇杯もベスト8まで勝ち残るなど、4つの大会で一定の結果を残したシーズンとなった。 その名古屋はミズノ製の新たなユニフォームを発表した。 新ユニフォームのデザインコンセプトは「前例のない過酷なシーズンを、全員の力で闘い抜いた。全身に散りばめられた光り輝くVの模様は、グランパスに関わるひとり一人の想いの強さだ。チーム・ファミリーがひとつとなって、勝利(Victory)を積み重ねていくことでそれらは結集し、やがて大きな栄光の光へとなるだろう」とされ、「2020シーズンは日が昇り未来を照らしていく様子を、2021シーズンはコロナ禍に見舞われたサッカー界を照らす希望の光を表現。2022シーズンはその集大成となります」と説明されている。 赤をベースにしたユニフォームには、細かくV模様が散りばめられており、これについては「ユニフォーム全体に散りばめられたV模様のデザインは、グランパスの選手たちをはじめ、クラブに関わるひとり一人の力強いエネルギーを光の集合体として表現。また、V=ビクトリー(勝利)をも想起させ、その勝利の積み重ねがクラブのタイトル、未来の栄光を創っていく様子をイメージしています」と説明されている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】名古屋グランパスの2022新ユニフォーム!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="t3o-9ZInc_o";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">HT:名古屋グランパス 0 - 0 浦和レッズ<br><br>試合詳細<br><a href="https://t.co/2EHlgSXIyz">https://t.co/2EHlgSXIyz</a><br><br>各々の場所で共にありがとうございます後半も全員で闘いましょう<a href="https://twitter.com/hashtag/AllfroNAGOYA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AllfroNAGOYA</a><a href="https://twitter.com/hashtag/grampus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#grampus</a> <a href="https://t.co/UIVtlN2754">pic.twitter.com/UIVtlN2754</a></p>&mdash; 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) <a href="https://twitter.com/nge_official/status/1467010130932015105?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.04 20:01 Sat
twitterfacebook
thumb

補償金問題で争う名古屋とジョー、CASの判決には最大8カ月を要する可能性

かつて所属した名古屋グランパスと補償金問題で争っているコリンチャンスの元ブラジル代表FWジョーだが、弁護を表明した。ブラジル『グローボ』が伝えた。 2018年に名古屋グランパスへと加入したジョーは、加入1年目から活躍し、明治安田J1で24ゴールを挙げ、得点王とベストイレブンを受賞。しかし、2年目は思うような活躍ができず6ゴールにとどまっていた。 そのジョーは2020シーズンはケガの影響もあり出遅れると、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間中にコリンチャンスへと移籍。しかし、名古屋は退団の際に契約問題についてFIFA(国際サッカー連盟)の選手やチーム間係争などを取り扱う紛争解決室に委ねると、昨年11月にコリンチャンスとジョーが340万ドル(約3億8500万円)を支払うという裁定が下されていた。 この決定に対してジョーとコリンチャンスは支払う気がないことを主張。スポーツ仲裁裁判所(CAS)へと控訴していたが、その審理が今週開催され、そこでもコリンチャンスとジョーは法的闘争について弁明を行っていた。 ジョーの弁護人であるブレノ・タンヌリ氏は「非常に難しいケースなので、結果を待つ必要がある。我々は、自分の防衛手段を提示し、相手も同様に提示するだろう。この決定が発表されるまでには、最大で8カ月かかるかもしれない」とコメント。判決が出るまで時間がかかるだろうという見方をしている。 また、スポーツ法を専門とするクリスティアーノ・カウス弁護士は「FIFAの決定を保つという傾向があるが、ルールではない。しかし、CASがFIFAの処分を維持し、罰則の一部を取り上げる可能性もある。プロセスの中にはいくつかの計算があり、最終的な結論は変わる可能性がある」と語り、最終判決がどうなるかは読めないようだ。 2021.12.03 20:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ホーム最終戦のピッチを後にする大久保を名古屋GKランゲラックも労う、セレッソサポとともに拍手を送り続ける

名古屋グランパスの元オーストラリア代表GKランゲラックも、ピッチを去る功労者に敬意を表した。 11月27日、明治安田生命J1リーグ第37節セレッソ大阪vs名古屋グランパスの一戦がヨドコウ桜スタジアムで行われた。 C大阪にとってのホーム最終戦で、今シーズン限りでの現役引退を表明している元日本代表FW大久保嘉人も先発出場。ゴールこそ奪えなかったが精力的にボールを引き出し、80分に交代を告げられた。 会場からは惜しみない拍手が送られる中、ランゲラックも日本を代表するストライカーへの敬意を示す。ゴール裏に陣取るC大阪サポーターとともに拍手。大久保がピッチを後にするまで手をたたき続けた。 また、ランゲラックだけでなく、日本代表DF中谷進之介らも大久保の元へ駆け寄って労いの握手を求めるなど、チームの垣根を越えて相手をリスペクトするスポーツマンシップにファンも感銘を受けた様子だ。 「人としても素晴らしすぎる」、「拍手するランゲラックも握手しに行く中谷も最高よね。大久保選手お疲れ様でした」、「ランゲラックもそうやけど名古屋の選手の大久保へのリスペクトがほんまに泣きそうやった」など、大久保への労いの言葉とともに名古屋の選手を称える声が寄せられることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ホーム最終戦のピッチを去る大久保に、ランゲラックも惜しみない拍手を送る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>スタンドからは大きな拍手が<br>\<br><br>今シーズン限りでの引退を発表した <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#セレッソ大阪</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%98%89%E4%BA%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#大久保嘉人</a> 選手。<br>ヨドコウ桜スタジアムのピッチでのラストプレーでした<a href="https://twitter.com/crz_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@crz_official</a> <a href="https://twitter.com/Okubonbon13?ref_src=twsrc%5Etfw">@Okubonbon13</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/pMSBEked4H">pic.twitter.com/pMSBEked4H</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1465977722476404736?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.02 17:22 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋が10番MFガブリエル・シャビエルの契約満了を発表「全てが忘れられない思い出」

名古屋グランパスは2日、ブラジル人MFガブリエル・シャビエル(28)の契約満了を発表した。 2017年7月にクルゼイロからレンタル移籍で名古屋へと加入したガブリエル・シャビエル。当時J2に所属していた名古屋では16試合に出場し7ゴール15アシストと攻撃面で大きな力となり昇格に貢献。翌年はJ1で29試合に出場し6ゴール11アシストと結果を残し、2019年1月に完全移籍を果たす。 その後も攻撃のアクセントをつける活躍を見せ、名古屋ではここまで公式戦通算132試合に出場し22ゴールを記録。今シーズンもここまで23試合に出場していた。 ガブリエル・シャビエルは、4日の最終節、浦和レッズ戦でお別れセレモニーを実施することとなる。 チームを去ることとなったガブリエル・シャビエルはクラブを通じてコメントしている。 「名古屋グランパスに関わる全ての方々に感謝します。5シーズンに渡って僕の家、そして家族になってくれました。一緒に色々なことを経験し、全てが忘れられない思い出になりました」 「自分の一生の思い出に残るのは、スタジアムでの後押し、応援、そして自分の名をスタジアムに響き渡らせてもらったことです。自分をグランパスファミリーの一員に迎え入れてくれて本当にありがとうございました」 2021.12.02 13:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly