オランダ代表デビューを果たした売り出し中のMFラングにミランが関心? アーセナルやリーズも注視

2021.10.15 10:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
数々のクラブが注目を集めているクラブ・ブルージュのオランダ代表MFノア・ラング(22)に対して、ミランも獲得に動いているようだ。ベルギー『Nieuwsblad』が報じた。

ラングは、フェイエノールト、アヤックスの下部組織で育ち、1年間のレンタル移籍を経て、今夏クラブ・ブルージュへと完全移籍を果たした新鋭ウインガーだ。

今シーズンはジュピラー・プロ・リーグで10試合に出場し3ゴール4アシスト。チャンピオンズリーグ(CL)でも2試合に出場すると、この10月にはオランダ代表に選出。カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選の2試合に出場し、1アシストを記録していた。

オランダ代表デビューも飾り、一層注目が集まるラングだが、これまではリーズ・ユナイテッド、アーセナルが以前から興味を示し、追いかけているとされてきた中で、ミランも興味を抱いたという。

ラングはクラブ・ブルージュと2025年6月までの契約を残していることもあり、移籍金に関しては最低でも3000万ユーロ(約39億6000万円)と見られている。さらに、活躍を続ければ、その金額は上昇していくことは間違いない。

まだ具体的な話は何も出ていないものの、そのうち話が進むものとみられている状況。活躍し始めたばかりのラングをどこまで見守るのか。動向に注目が集まる。



1 2

関連ニュース
thumb

ミランがピオリ監督と2023年まで契約延長、オプションで更に1年更新

ミランは26日、ステファノ・ピオリ監督(56)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。なお、オプションで1年間延長となる契約とのことだ。 ミランとの契約延長についてピオリ監督は以下のように話している。 「競争力があり、素晴らしい価値観を持つチームの監督をする機会を与えてくれたクラブに感謝したい。経営陣との良好な関係、選手の成長、クラブで働く全ての人たちの情熱。これまでの仕事に誇りを持っている。ミラニスタは特別な存在で、ミランをもっと強くすることでその愛情に応えたいと思っている」 インテルやフィオレンティーナなど、イタリアで“12”ものクラブで指揮官を務めたピオリ監督は、2019年10月にミランの指揮官に就任。1年目をセリエA6位で終えると、昨季は2位フィニッシュと躍進。8季ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)出場に導いた。そして3年目の今季はここまで10勝2分け1敗で、首位に立つナポリと同勝ち点の2位に位置。CLでは最終節にグループステージ突破の可能性を残している。 2021.11.27 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

イブラはどこへ向かうのか…ブルース・リーの名言を引用しサンドバッグへ淡々とキック練習

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが新たな境地を切り開いた。 14日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選最終節のスペイン代表戦ではDFセサル・アスピリクエタへの故意のタックルで非難を浴びた。 かと思えば、20日のセリエA第13節ではドッピエッタを達成するなど、良くも悪くも存在感を示している。 そのイブラヒモビッチは、26日には自身のインスタグラムでサンドバッグに向かい、様々なキックのトレーニングをしている姿を公開。ハイキックや後ろ回し蹴り、コンビネーションキックなどを次々と決めていく。 キャプションには「型をなくせ、形をなくせ、水のようになるんだ」と、俳優ブルース・リーの言葉を引用。鍛え抜かれた上半身も相まって、非常に様になってはいる。 かつてテコンドーを学んでおり、アクロバティックなキックは試合中のシュートでも何度も見せているが、彼は俳優でも格闘家でもなく、サッカー選手。これもトレーニングの一貫なのかもしれない。 10月3日に40歳を迎えたイブラヒモビッチだが、いったいどこへ向かっているのか。回し蹴りボレーなど決めたらとんでもないことだが、やりそうな気がするから不思議だ。 <span class="paragraph-title">【動画】これで40歳なのか!? イブラヒモビッチが魅せる数々のキック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CWtfOXbv1f_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CWtfOXbv1f_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CWtfOXbv1f_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Zlatan Ibrahimović(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.26 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、ピオリ監督との契約延長が間近に! 明日にも正式発表か

ミランを率いるステファノ・ピオリ監督(56)が契約延長に合意したようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 名門復活の立役者となっているピオリ監督の新契約は、今季終了までとなっていた現行契約から1年延長し2023年までに。また1年間の延長オプションが付随しているようだ。 また、年俸は現在の200万ユーロ(約2億6000万円)から300万ユーロ(約4億円)+ボーナスへ昇給。『レキップ』によれば問題がなければ明日(26日)にも正式発表する見通しだという。 インテルやフィオレンティーナなど、イタリアで“12”ものクラブで指揮官を務めたピオリ監督は、2019年10月にミランの指揮官に就任。1年目をセリエA6位で終えると、昨季は2位フィニッシュと躍進。3年目の今季はここまで10勝2分け1敗で、首位に立つナポリと同勝ち点の2位に位置している。 2021.11.26 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

CL最下位転落もシメオネ監督は楽観「最終節もしっかり戦ってくれるはず」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がミラン戦を振り返った。スペイン『マルカ』がコメントを伝えている。 アトレティコは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節でミランとホームで対戦。ボールを保持されながらもゴールレスのまま後半を迎えたが、87分にMFジュニオール・メシアスに先制点を奪われてしまう。その後、91分のFWマテウス・クーニャの決定機逸脱もあり、0-1で敗北。ミランに勝ち点4で並ばれ、グループ最下位に転落してしまった。 それでもまだ決勝トーナメント進出の可能性を残すアトレティコ。シメオネ監督は試合後のインタビューで妥当な結果だったと振り返りながら、最終節のポルト戦に向けて楽観的な姿勢であることを強調した。 「タフな試合のなかで全力を尽くし、お互いに細部に至るまで努力を怠らなかった。彼らは勝利に相応しかったが、クーニャのシュートが表しているように、我々はそうではなかった。試合をモノにすることができなかったよ」 「この結果はポジティブにもネガティブにも捉えることができる。試合をもっとよく見なければならない。彼らも我々も快適にプレーできていなかったし、決定的な場面もほとんどなかった。非常に締まった試合で、細部が勝敗を決した」 「CLはどの試合も難しい。それでも、私はいつでも楽観的だ。これからもその姿勢は変わらない。最終節でもチームはしっかりと戦ってくれるはずだ。CLは簡単には勝たせてくれないが、決勝トーナメント進出に相応しいチームが突破するだろう」 なお、グループBでは5連勝のリバプールがすでに首位通過を決めており、残り一枠を懸けて、勝ち点5で1ポイント先行するポルトに勝ち点4のアトレティコとミランを含めた3チームの三つ巴となっている。 2021.11.25 15:36 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランの救世主・メシアスがCLデビュー戦でのゴールを振り返る「何も考えないでシュートを打った」

ミランのMFジュニオール・メシアスが、チャンピオンズリーグ(CL)での初ゴールを振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 ミランは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節でアトレティコ・マドリーと対戦した。 ここまで未勝利でグループ最下位のミランは、3位に位置するアトレティコと対戦。ミランとしてはグループステージ突破のためには勝利が必須だったが、引いて守るアトレティコの前に苦戦する。 ボールを保持しながらもゴールが奪えないミラン。時間ばかりが経過して行く中、65分に途中投入されたメシアスが87分に値千金の先制ゴールを記録。これを守り切り、0-1でミランが勝利。最終節での突破に望みを繋いだ。 試合後『アマゾン プライム』のインタビューに応じたメシアスは、自身のCLデビュー戦でチームを救うこととなったゴールを喜びながらも、謙虚な姿勢を貫いた。 「結果には満足しているし、勝利が必要だった。そして僕たちは働き続けていた。やるべきことはたくさんあるよ」 「僕は謙虚であり続ける必要がある。僕の人生で最大の成功だ。でもバランスをとって、続けていかなければいけない」 「ボールが見えたので、何も考えないでシュートを打った。このゴールをブラジルの家族や友人、そして僕のクオリティを信じてくれたミランのスタッフに捧げる」 <span class="paragraph-title">【動画】ミランを救ったメシアスの値千金ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Junior Messias’ winner for Milan against Atletico Madrid<a href="https://t.co/hARHWHxFnB">pic.twitter.com/hARHWHxFnB</a></p>&mdash; Milan Eye (@MilanEye) <a href="https://twitter.com/MilanEye/status/1463636190469537801?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.25 14:01 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly