インテルもひと安心…ラウタロ、パラグアイ戦欠場は予防措置

2021.10.09 11:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスは大したケガではないようだ。

今季のセリエA開幕から出場した6試合で5ゴールと好調を維持して、今月の代表活動にも参加するラウタロ。だが、7日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第11節のパラグアイ代表戦を欠場した。

だが、イタリア『スカイ』によると、アルゼンチンと連絡を取り合うインテルはパラグアイ戦の欠場理由として、悩まされる太ももの筋肉疲労を考慮しての予防的な措置だったとの知らせを受けたという。

そんなラウタロは今後のチームがウルグアイ代表戦とペルー代表戦を控えるなか、8日のトレーニングから復帰するようだ。

なお、インテルは代表ウィーク明け初戦の16日に行われるセリエA第8節でラツィオとアウェイで対戦。続く19日にホームでチャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節のシェリフ戦に臨む。

関連ニュース
thumb

ビジャレアルがインテルを4発撃破、ラ・リーガ開幕に弾み《PSM》

プレシーズンマッチのインテルvsビジャレアルがが6日に行われ、2-4でビジャレアルが勝利した。 来週にセリエA開幕を控えるインテルと、同じくラ・リーガ開幕を1週間後に控えるビジャレアルのプレシーズン最終戦。 インテルはルカクとラウタロ・マルティネスの2トップで挑み、ビジャレアルはパレホやパウ・トーレス、アルビオルらがスタメンとなった。 立ち上がりから押し込んだのはインテルだったが、先制したのはビジャレアル。29分、浮き球のルーズボールをボックス左のペドラサがボレーで叩き込んだ。 それでも36分、インテルが同点とする。左サイドからのゴセンスのクロスをルカクが頭で合わせた。 しかし43分、敵陣でボールを奪った流れからコクランが勝ち越しゴールを挙げ、ビジャレアルが2-1として前半を終えた。 そして迎えた後半、ビジャレアルが突き放す。開始3分、ペドラサがボックス左をドリブルで突進し、そのままシュートを突き刺した。 2点を追う展開となったインテルが前がかる中、66分に1点差に詰め寄る。左サイドからのディマルコのクロスをダンブロージオがヘッドで合わせた。 しかし81分、ジャクソンがダメ押しのゴールを挙げたビジャレアルが4-1で勝利。ラ・リーガ開幕へ弾みを付けている。 インテル 2-4 ビジャレアル 【インテル】 ルカク ダンブロージオ 【ビジャレアル】 ペドラサ(29分) コクラン(43分) ペドラサ(48分) ジャクソン(81分) 2022.08.07 05:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ダンフリース売却噂のインテル、後釜はオドリオソラなど2選手か

インテルは、売却が噂されるオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)の後釜として2選手をリストアップしているようだ。 ダンフリースは昨夏にPSVから加入し、右ウイングバックを主戦場にチームの主軸として活躍。公式戦45試合5得点7アシストを記録した。しかし、クラブが財政難という状況もあり、今夏流出の可能性は決して低くない。ここ数日はチェルシーとの交渉中であることが報じられている。 そんな中、イタリア『スポーツ・メディアセット』によると、インテルはダンフリースを売却した場合の後釜として、レアル・マドリーの元スペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(26)と、レスター・シティのベルギー代表DFティモシー・カスターニュ(26)を選択肢に載せたとのことだ。 オドリオソラは2018年夏から在籍するマドリーで出場機会に恵まれず。バイエルンへの半年レンタルを経験し、昨季はフィオレンティーナで1年間プレー。セリエA25試合に出場し、イタリアサッカーを体感したことで、インテルの獲得リストに浮上したと考えられる。 一方のカスターニュはかつてアタランタに在籍。絶対的な主力ではなかったものの、両サイドをこなせる利便性が魅力で、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督からも重宝されていた。現所属のレスターでは、2年間でプレミアリーグ54試合3得点3アシストを記録している。 2022.08.04 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタ行き濃厚のインテルFWピナモンティ、サッスオーロが急襲か

インテルのイタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(23)にサッスオーロ移籍の可能性が浮上しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ピナモンティはインテル下部組織出身のストライカー。フロジノーネやジェノアへのレンタル移籍を経て、昨季はエンポリで1年間プレー。セリエA36試合に出場し、13得点2アシストを記録した。 今夏はインテルに復帰も売却が既定路線。昇格組モンツァやサレルニターナなどが獲得に名乗りを挙げるなか、選手本人はアタランタ行きを希望し、その他のクラブへの移籍は視野に入れていないとみられている。 しかし、ここにきてサッスオーロが移籍先候補として急浮上。同クラブは昨季セリエA16得点のエース、イタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(23)をウェストハムに売却し、同代表FWジャコモ・ラスパドーリ(22)にもユベントスやナポリから触手が伸びている状況だ。 サッスオーロは、そのラスパドーリを手放した場合の代役の1人としてピナモンティをリストアップ。インテルが要求する2000万ユーロ(約27億円)は、2選手の売却による捻出が見込まれている。なお、買い戻しオプションの付帯は許可しない姿勢のようだ。 一方のアタランタの提示額は、ボーナスを含めて最大1500万ユーロ(約20億2000万円)。獲得には自信を持っているとのことだが、今後の動向次第ではサッスオーロが逆転する可能性もあり得ると考えられている。 2022.08.03 14:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ダンフリースを狙うチェルシー、最初のオファーは門前払い

インテルのオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)の獲得を狙うチェルシーだが、一度目のオファーは拒否されたようだ。イタリア『fcinternews.it』が伝えている。 現在、チェルシーの獲得リストの上位に上がっているダンフリース。昨夏にPSVからインテルに加入したオランダ代表DFは、右ウイングバックを主戦場に公式戦45試合に出場し、5ゴール7アシストをマーク。右ウイングバックの補強は、DFセサール・アスピリクエタの去就が不透明なチェルシーにとって今夏の大きな課題となっている。 情報によれば、チェルシーはダンフリース獲得に向けてインテルに2500万ユーロにボーナス500万ユーロがついたオファーを提出。しかし、インテルは最低でも3500万〜4000万ユーロのオファーしか受け付けておらず、チェルシーの今回のオファーを拒否したようだ。 なお、チェルシーは選手個人には年俸400万ユーロの5年契約を提示している模様。まだ交渉は始まったばかりでクラブとも選手とも合意に近づけていないが、今後の動きに注目だ。 2022.08.02 13:55 Tue
twitterfacebook
thumb

サンチェスとインテル、契約解消で基本合意か…噂のマルセイユ行きも現実味

インテルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)がフリーの身となるようだ。 2019年夏からインテルで過ごすサンチェス。昨季も出場数だけなら公式戦38試合を記録したが、使われ方は限定的で、ベルギー代表FWロメル・ルカクが復帰しての新シーズンではさらなる序列低下が見込まれている。 サラリー面からインテルも放出を視野に入れているとされ、今夏の去就に揺れるなか、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、クラブとサンチェスは来季まで残す契約の解除で基本合意したという。 正式化となれば、晴れてフリーになり、現時点でマルセイユの関心が噂に。獲得する場合は移籍金なしの場合のみとの報道もなされており、それが可能になる。 なお、インテルとの契約解消が形になれば、フランス『レキップ』では手切れ金として450万ユーロ(約6億円)ほどがサンチェスに支払われるものといわれている。 2022.08.02 11:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly