JリーグとNPBが「ワクチン・検査パッケージ」導入で実証検証へ、それでも大切なのは「ここの徹底した感染予防対策」と専門家

2021.10.04 12:48 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
JリーグとNPB(日本野球機構)は4日、「第40回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。

9月末をもって一部地域に発出されていた「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」が解除に。コロナ禍でありながらも、徐々に従来の生活を取り戻す動きが進んでいる。

今回の対策連絡会議においては、ウィズコロナ時代に向けた前向きな話が多かったとされ、その中で「ワクチン・検査パッケージ」を利用した観客動員の規制緩和に向け、JリーグとNPBが実証実験を行うための議論がなされた。
第五波と呼ばれた感染者増加の波も急速に収まっている状況。この件に関して賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は「いくつか理由があり1つではないですが、ワクチン接種が進んでいるということ。そして、国民の多くの方が感染対策を徹底されて、感染拡大を避けられた」とコメント。「ワクチン接種と共に、感染症対策を徹底していく。自宅含めて色々な場所で対策をすることが重要である」と、まず第一に感染予防対策を徹底することが大きいとの見解を述べた。

今回議論された「ワクチン・検査パッケージ」による緩和について賀来先生は「積極的に実施していこうということです」と語り、「みんなでそのような方向で、次のステップに進むための重要なデータとなる、実証をしていく必要があると議論しました」と、この先のコロナ禍での生活において、有効になるであろう検証を行っていこうという考えだとした。

その中では、「1つはワクチンを受けていない方に対しても、しっかりとフォローしていかなければいけないことが重要であるという話が出た」と語り、「検査に関してもどういう検査をして、精度などを含めて、細かい内容については話が出なかったが、今後検証していく、データをしっかり見ていく、どういう風に行うかを決める」と、詳細をしっかりと詰める必要があるとしながらも、「ワクチンと検査をどう組み合わせて、有効なデータ、感染を起こさないということが話し合われた」と、様々な方法を用いて、実証検証を行っていき、より役立つエビデンスを手にしたいとした。

また、三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)は「イベントをやる上で、いろいろ大変なことがあるということも知った」と現場での苦労を知ったと語り、「実際に入場するときに確認するシステムが必要で、場所、人員も確保しなければいけない」と実務上の苦労を感じたとした。

この件については舘田一博氏(東邦大学医学部微生物・感染症学講座教授)もコメント。「差別や不平等が起きないようにした対策がしっかり考えられている」と語り、ワクチン接種の有無での不平等さを排除することが考えられているとし、「競技場の中だけでなく、そのあとの直帰率、別なところの感染リスクを高めないような工夫を責任をもって考えなければいけないと感じた」とし、試合観戦後の対応も重要になるとした。

通常の運営という意味では、やはり目指されるべきは満員のスタジアム。そこに向けた実証検証を行うわけだが、簡単ではないながらも、徐々に周りの環境も整い始めている。

賀来先生は、ワクチン接種の進行度合いがまずは重要だとし、「今ワクチン接種率が60%ぐらい」とし、「ワクチン接種が90%というのはなかなか難しいラインだが、80%以上、90%近くになることが必要」と、さらに全国的なワクチン接種率(2回目)が高まらなければいけないとした。

また「あとは抗体カクテルがかなり有効で、そしてカクテルではない点滴も出てきている」と抗体治療が進んでいるとし、「経口薬が出てきているが、今年中には認可されるはず」とし、飲み薬でも治療が可能になっていくとし、「重症化が少なく、軽症で医療体制を逼迫しないということが重要になる」と、満員にする上での条件を語った。

三鴨先生は「おそらく今シーズンは実証実験を重ねていって、徐々に人数を増やしていって検討していくしかない」と語り、「少なくともスポーツイベントに関しては、来シーズンになると思う」と、早くても通常通りの運営は来シーズンからとの見解を示した。

舘田先生は大事なポイントがあるとし、「ワクチン接種を希望する人が全て打ち終わることが大前提。そして内服の治療薬が出てくる」と、この2つがポイントだとし、「そうなるとかなり見える景色が変わってくる。インフルエンザと同じような対応が取れるようになってくる」とし、「感染症2類から5類に変えられる可能性もある」と語った。

感染症2類は、「感染力と罹患した場合の重篤性等に基づく総合的か観点から見た危険性」で分類されるもの。1〜3類が該当し、2類には新型コロナウイルスの他、結核や鳥インフルエンザなどがある。ちなみに1類はエボラ出血熱やペスト、痘そう(天然痘)など危険度が高いもの、3類にはコレラや腸管出血性大腸菌感染症などがある。

なお4類は「1類~3類感染症以外のもので、主に動物等を介してヒトに感染するもの」とされ、発生数は少ないが狂犬病やデング熱、マラリアなどが有名なところ。5類は「国民や医療関係者への情報提供が必要」なものであり、風しんや梅毒、百日咳などが分類されている。

つまり、治療が可能になることで、危険性が下がっていく可能性は今後あるとした。

今回検討されている「ワクチン・検査パッケージ」に関して村井満チェアマンは「ワクチンを打たれた方が安全であるということ証明するというものではない」とコメント。「安全と思われる方々を、どのように誘導するか、実際に人の動線、運営上の手際をどう改善すべきか、主たる検討項目をスムーズに行えることが重要」とし、「ワクチンの有効性は医学会の観点で、それを我々が実証するものではない」と、あくまでも動員数を増やした際の感染リスクの実証検証だとした。

ヨーロッパやアメリカでもすでに緩和されているが、再び感染者は増えている。しかし、それはワクチンの有効性を否定するものなどではないと舘田先生はコメント。「アメリカやイギリス等々でワクチン接種が先行していた国とされるが、アメリカは70%ぐらいしかない。その中でみんなが緩んで、大騒ぎして、あのようなことを起きている」と、ワクチン接種率が高いとは言えない状況でありながら、マスクなしで大きな声を出し、密になっていることが問題だとした。

日本においていは「その状況を見て、我々がどう対応していくのか。ワクチン接種率も70〜80%にもなると思う」とし、「ワクチン接種した後、した人もしない人も、感染対策をしっかりしていくことが必要」とし、あくまでも感染予防対策をしっかりと気を緩めずに行うことが大前提としてなければいけないとした。

なお応援スタイルなどを緩和することは簡単ではないとし、賀来先生は「いつ頃から解除できるのかは、感染状況、第6波が出てきたり、今のような段階であってもある程度感染が制御されても、再び感染が増えることもある」とコメント。「今年度の色々な大会を考えると、すぐに応援スタイルを変えるなどは難しいと思う」とし、日本全体での感染がしっかりと抑えられるまでは、解除は難しいだろうとした。

関連ニュース
thumb

湘南がMF山田直輝、FWタリクら4選手と契約更新、山田「Jリーグにビッグウェーブを起こせるように」

湘南ベルマーレは4日、MF山田直輝(32)、FWタリク(34)、GK立川小太郎(25)、MFミケル・アグ(29)との契約更新を発表した。 山田は浦和レッズでプロキャリアをスタート。2015年から2017年、2019年と4年間期限付き移籍で湘南でプレーし、2020年からは完全移籍に切り替え。今シーズンは明治安田生命J1リーグで21試合に出場していた。 タリクは元ノルウェー代表で、スウェーデンのAIKソルナから2020年に加入。今シーズンはリーグ戦で31試合に出場し1得点を記録した。 立川はAC長野パルセイロから2021年に加入。今シーズンはリーグ戦の出番がなかった。 ミケル・アグは、元ナイジェリア代表で今季から湘南に加入。しかし、ケガのため出場はなかった。 4選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF山田直輝 「2023シーズンも湘南ベルマーレで戦わせていただくことになりました。湘南からJリーグにビッグウェーブを起こせるように全力で戦います!大切なのはいつも”今”」 ◆FWタリク 「湘南ベルマーレで来シーズンもプレーできることになり非常に嬉しく思います。湘南ベルマーレで働けること、戦えることを楽しみにしています。並びに皆さんと喜びと成功を一緒に分かち合いましょう」 「いつも素晴らしい応援をありがとうございます。そして引き続きたくさんの声援をよろしくお願いします。またすぐに会いましょう!」 ◆GK立川小太郎 「一年間、熱い応援ありがとうございました。来シーズンも湘南のために戦える喜びと感謝を忘れずにひたむきに頑張ります」 「来シーズンこそ試合に出てサポーターの皆さんと勝利の喜びを味わえるように1日1日を大切にしていきたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆MFミケル・アグ 「2022シーズンはケガのためにチームに貢献することができなかったにもかかわらず、ベルマーレサポーターからの多大な応援に感謝しています。来シーズン、ベルマーレと共に歴史を作るため全力を尽くします」 2022.12.04 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京がエンリケ・トレヴィザンと来季契約合意 移籍1年目の今季はケガに泣く

FC東京は3日、DFエンリケ・トレヴィザン(25)と2023シーズンの契約に合意した旨を発表した。 エンリケ・トレヴィザンは2021年の大分トリニータ入りでJリーグ初挑戦。今季からFC東京に活躍の場を移したが、4月末の試合で左肩関節脱臼のケガを負い、公式戦9試合にとどまった。 今年7月に治療による一時帰国がリリースされ、結局はシーズンの大半を棒に振ったが、来季もFC東京でプレーする運びに。契約更新を受け、クラブ公式サイトで決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京でプレーできることをとても嬉しく思います。ケガにより2022シーズンは難しいシーズンとなりましたが、この困難な状況を支えてくださったクラブ、スタッフ、ファン・サポーターのみなさんには感謝しきれません。みなさんにもっと信頼をしていただけるように努力を積み重ね、チームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.12.03 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡GK山ノ井拓己が契約更新

アビスパ福岡は3日、GK山ノ井拓己(24)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 ジェフユナイテッド千葉U-15出身の山ノ井は静岡学園高校を挟み、2017年から福岡でプレーしている。 入団6年目の今季も出番が限られ、ルヴァンカップの3試合にとどまったが、1年間の出場数としてはキャリア最多だった。 2022.12.03 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

2年修行が続いた松本大弥、来季から広島復帰! 金沢での今季はJ2リーグ8得点

サンフレッチェ広島は3日、MF松本大弥(22)の来季復帰決定を発表した。 広島アカデミー卒の松本は2種登録を経験して、2019年に正式昇格。2021年から武者修行に出て、大宮アルディージャに続き、今季からツエーゲン金沢でプレーした。 その金沢ではケガによる戦線離脱もあったが、公式戦35試合に出場。明治安田生命J2リーグでは34試合出場でチーム2位の8ゴールと活躍した。 3年ぶりの広島復帰となる松本はクラブを通じてサンフレッチェ・ファミリーの皆さん、ただいま!」と復帰を報告。そして、喜びと決意を語った。 「2年間の期限付き移籍を経て、もう一度広島に帰ってくることができました。また素晴らしいチームの一員として戦えることを嬉しく思います。決して順風満帆な2年間ではありませんでしたが、この2年間でさまざまな経験もできました」 「この経験を生かしつつ、サンフレッチェ広島に新たな風を吹かせられるように全力で頑張りたいと思います。ファミリーの皆さんにエディオンスタジアム広島で会えることを楽しみにしています!」 一方、金沢の公式サイトを通じては「この度サンフレッチェ広島に復帰することになりました」と退団の挨拶とともに、感謝の言葉を綴っている。 「1年間という短い間でしたが本当に金沢が大好きになりました。もっともっとこの街に住みたい、金沢に貢献したいという思いが強くなりました。 しかし今回このような決断をしたのは今後の自分のサッカー人生を考え、また新しい場所でチャレンジしたい、厳しい環境でチャレンジしたいという思いが強かったからです」 「来シーズン金沢でプレーすることはできませんが、金沢のサポーターの皆さんに自分が活躍する姿を見せることが最大の恩返しだと思ってます! 引き続き応援してもらえると幸いです! 本当に1年間温かい応援ありがとうございました! 今後のツエーゲン金沢の躍進を願っています。ゲンゾーまたね!!」 2022.12.03 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

京都10番、アカデミー卒の福岡慎平が契約更新! 「2023シーズンもタフに自分らしく貪欲に」

京都サンガF.C.は3日、MF福岡慎平(22)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 京都のアカデミー卒である福岡は2種登録も経験して、2019年に正式昇格。アンダー世代の日本代表歴も持つヤングタレントで、2年目から一気にポジションを掴み、チームがJ1昇格を果たした今季から背番号を10番に変更した。 自身にとっては初挑戦のJ1リーグだったが、インサイドハーフやアンカーで28試合に出場。そのほか、ルヴァンカップ7試合出場1得点、天皇杯4試合出場、J1参入プレーオフ1試合出場の数字をマークした。 契約更新を受けて、クラブ公式サイトで「今シーズンも熱い声援ありがとうございました!」と今季を通じてのサポートに感謝しつつ、来季に向けて決意を新たにしている。 「来季もこの素晴らしいクラブでプレーできることを誇りに思います。2023シーズンもタフに自分らしく貪欲にプレーして、このクラブにタイトルをもたらせるよう日々成長していきます!」 2022.12.03 10:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly