してやったり!背後に身を潜め…不意打ちでGKからボールを奪う“狡猾ゴール” が反響「ゴーストモードがオンに」

2021.09.28 05:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ1(イングランド3部)のイプスウィッチ・タウンに所属するFWマコーリー・ボンが狡猾さを見せた。

イプスウィッチは25日、第9節でシェフィールド・ウェンズデーとホームで対戦。0-1と1点をリードされた展開で試合終盤を迎える。

そして迎えた90分、同点を目指すイプスウィッチは左サイドからクロスを送るも、シュートまで持ち込めずに相手GKベイリー・ピーコック=ファレルにキャッチされる。

ピーコック=ファレルがゆっくりと時間を使う中、ボンはGKの視界に入らないように背後に身を潜める。しばらくしてシェフィールド・ウェンズデーの一部フィールドプレーヤーたちはそれに気づくも、GKは完全に頭にない。

そして次の瞬間、右手に持っていたボールを目の前にそっと転がした。ボンは、「待ってました」と言わんばかりにボールを奪いさると、シュートには持ち込めなかったものの味方へと繋ぎ、最後は途中出場のFWコナー・チャップリンが流し込み、値千金の同点弾となった。

結局、試合はそのまま1-1の引き分けで終了。ボンの狡猾さと機転がイプスウィッチに勝ち点をもたらした。このゴールは、イプスウィッチの公式ツイッターも「ゴーストモードがアクティブになった」と伝えている。



1 2

関連ニュース
thumb

ノリッジ戦で負傷交代のレギロンは軽傷 「数日後には戻ってくるよ」

ノリッジ戦で負傷交代したトッテナムのスペイン代表DFセルヒオ・レギロンだが、大事には至らなかった模様だ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 トッテナムは5日、ホームで行われたプレミアリーグ第15節のノリッジ戦で3-0の快勝を収めた。開幕以来の3連勝を飾ったチームは、暫定ながら5位に浮上している。 しかし、同試合では試合前の段階から左ハムストリングの違和感を訴えて、テーピングをガチガチに巻いて強行出場していたレギロンが前半20分過ぎにプレー続行不可能となり、22分にMFライアン・セセニョンとの交代でピッチを後にしていた。 負傷箇所を考えれば、数週間単位の離脱の可能性も指摘されるところだが、レギロンは試合後に自身の公式『ツイッター』を通じて今回のケガが軽傷であることを冗談交じりに明かした。 「数日後には戻ってくるよ。だから、僕を(オンラインサッカーゲームの)ファンタジープレミアリーグで売らないでね…」 また、チームを率いるアントニオ・コンテ監督も試合後の公式会見の場で、同選手のケガが重いものではないことを同様に認めている。 「セルヒオ(・レギロン)のケガに少しがっかりしたが、彼と話をした。それが酷いものではないと思っているよ」 また、イタリア人指揮官は先日のヨーロッパ・カンファレンスリーグのムラ戦で前半に2枚のイエローカードをもらい退場となって以来の起用となったセセニョンについても言及。レギロンに代わってのスクランブル起用ながら攻守にアグレッシブなプレーを見せた点を評価している。 「レギロンの交代は残念だったが、試合開始20分過ぎに入ったセセニョンが良い試合をしたことを確認する機会を与えてくれた」 「彼がもっとうまくやれると確信している。大きな力を持ったプレーヤーでクオリティを備えており、フィジカル的にも強い。ただ、彼にはもっと自信を持つ必要がある」 2021.12.06 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

早くも手腕発揮のラングニック率いる新生ユナイテッドが白星発進! 伏兵フレッジがファインゴール!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第15節、マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレスが5日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが1-0で勝利した。 ユナイテッド(勝ち点21)は前節、アーセナルとの接戦を3-2で競り勝ってキャリック暫定体制での有終の美を飾るリーグ4試合ぶりの白星を手にした。そして、現在トップ4圏内と3ポイント差の7位に位置するチームは、イギリスの労働許可証を取得したラルフ・ラングニック新監督の下、残りシーズンでの巻き返しを図る。 そのドイツ人指揮官の初陣となる今回のホームゲームでは11位のクリスタル・パレス(勝ち点16)と対戦。ラングニック監督はこの一戦でアーセナル戦と全く同じスタメンを採用した一方、コンディションの問題でベンチ外だったマティッチとワン=ビサカをベンチに復帰させている。 “プロフェッサー”の手腕に注目が集まった中、新生ユナイテッドは直近のアーセナル戦で垣間見せたハイプレスをキックオフ直後から敢行。立ち上がりは幾度か距離感やタイミングのズレによってザハやベンテケにプレスを外されて背走される場面があったが、時間の経過と共に相手のボール回しにアジャストして相手を嵌めていく。 そして、ショートカウンターの形から背後を狙うラッシュフォードやクリスティアーノ・ロナウドが良い形で抜け出しを見せると、押し下げた最終ラインと中盤の間のスペースをブルーノ・フェルナンデス、2セントラルMFが効果的に使いながらサイドを起点に際どい場面を創出していく。 23分にはサンチョのマイナスの折り返しに反応したフレッジがペナルティアーク付近で左足を豪快に振るが、枠を捉えたシュートは相手DFのブロックに遭う。さらに、26分にはボックス内でのC・ロナウドの丁寧な落としからB・フェルナンデスが右足のシュートを枠の左へ飛ばすが、これはGKグアイタの好守に阻まれる。 前半半ばから終盤にかけてもハイプレスと縦に速い攻めによってユナイテッドが、躍動感のあるプレーでオールド・トラッフォードを沸かせる。だが、攻守両面の連動性が光る一方、攻撃の最後の局面ではC・ロナウドを筆頭になかなかシュートが枠に飛ばない。前半アディショナルタイムには右サイド深くからカットインしたダロトがボックス内に侵入して左足を振り抜くが、これも枠の左に外れた。 短い準備期間の中で見違えるようにスタイル変更を遂げたユナイテッドだったが、最後の仕上げだけがうまくいかずに0-0のスコアのまま後半に突入。 ユナイテッドは前半同様のアグレッシブなアプローチを見せるが、過密日程による運動量の低下と、パレスのハーフタイムの修正によって前半のように良い形でショートカウンターを仕掛けられない。また、マイボール時は相手の粘り強い守備を前に一工夫が足りず、前半以上に攻撃が停滞してしまう。 これを受け、ラングニック監督は62分にサンチョを下げてグリーンウッドを最初のカードとして切る。68分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのテレスが鋭いシュートを放つが、これは惜しくも枠に嫌われる。 逆に、75分には相手のセットプレーからトムキンスがボックス左で折り返したボールをファーでドフリーのアイェウにワンタッチで合せられるが、このシュートは枠の左に外れて事なきを得た。 その後、ラッシュフォードを下げて今季初出場のエランガを投入したユナイテッドは、伏兵が見事なフィニッシュで貴重な先制点をもたらす。77分、C・ロナウドのポストプレーから右サイドに展開したボールを受けたダロトがボックス内のグリーンウッドの足元へ斜めのパスを差し込むと、うまくDFを背負いながらキープしたグリーンウッドからの丁寧な落としを、フレッジが利き足とは逆の右足でダイレクトシュート。美しい弧を描いたこのシュートがゴール左隅に決まった。 これまで幾度となく右足のシュートをふかしてきたブラジル代表MFのファインゴールで先制に成功したユナイテッドは、ここからゲームをコントロールしながら逃げ切り態勢に入る。 オリーズやエゼといった曲者アタッカーを投入して前がかる相手に対して、頭部の接触プレーで流血しながらも気迫を見せるマグワイアを中心に最後まで身体を張った守備で応戦。 そして、このまま1-0のスコアで逃げ切った新生ユナイテッドが、攻撃面では課題を残したものの、前体制から見違えるような守備や躍動感を見せる会心の勝利を挙げ、ラングニック新監督の初陣を飾った。 2021.12.06 01:22 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズが開幕以来の3連勝! ルーカス&サンチェス初弾にソンが2戦連発!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第15節、トッテナムvsノリッジが5日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-0で快勝した。 現在、6位のトッテナム(勝ち点22)は前節、ブレントフォードに2-0の快勝を収めてリーグ連勝を達成。開幕以来の3連勝を目指す今節は降格圏の19位に沈むノリッジ(勝ち点10)をホームで迎え撃った。 コンテ監督は中2日での連戦に向け、体調不良のエメルソンに代えてタンガンガを右ウイングバックに配置した以外、同じメンバーを採用した。 共に新体制移行後、リーグ無敗を継続する両者の一戦はアウェイチームが先にゴールへ迫る。開始3分、右サイドで深い位置を取ったイダーからの折り返しをボックス中央のプッキがダイレクトでシュートするが、これはGKロリスの好守に遭う。 一方、この直後に古巣初対戦のスキップが中央突破から最初の枠内シュートを放ったトッテナムは、2本目の枠内シュートをゴールに結びつける。10分、バイタルエリア中央でダビンソン・サンチェスから足元にパスを受けたルーカス・モウラが鮮やかなターンからソン・フンミンとパス交換し、前向きな状態でペナルティアーク付近に運んで右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール左上隅の完璧なコースを射抜いた。 ルーカスの今季リーグ戦初ゴールとなる弾丸ミドルシュートで幸先よく先制に成功したトッテナムだが、以降は後方から丁寧にボールを動かすノリッジにボールを握られて反撃を許す展開に。さらに、20分過ぎには試合前からハムストリングに不安を抱えていたと思われるレギロンがプレー続行不可能となり、セセニョンがスクランブル投入される。 前半半ばを過ぎてコンテ監督から守備面の修正が入ったか、前線からの圧力を強めて相手のプレーにようやく制限をかけられるようになったホームチームは、試合の主導権を掌握。3トップの連携やセセニョンの縦への仕掛けを軸に、カウンターからチャンスを作り出していく。 29分にはボックス中央でソン・フンミンからの折り返しに反応したケインのワンタッチシュート、39分にはルーカスのスルーパスに抜け出したケインが前に飛び出したGKクルルのポジションを確認してミドルループでゴールに迫ったが、いずれも枠に飛ばすことができず。試合は1-0のスコアで折り返した。 後半もボールを握られる形となったトッテナムは、背後を積極的に狙うイダーの対応にやや苦戦。59分にはボックス内でのプッキのシュートをゴール前のイダーに触られてあわやというピンチを招くが、これは枠の左に外れる。 展開を考えれば、早い時間帯に2点目を奪って試合を決めたいトッテナムは62分にタンガンガを下げてドハーティを右のウイングバックに投入。この交代で左偏重の攻撃のバランスを修正する。 65分にはペナルティアーク付近でパスを受けたケインがバランスを崩しながらも左足の鋭いグラウンダーシュートを枠の右下隅へ飛ばすが、これはGKクルルのビッグセーブに遭う。だが、このプレーで得た右CKの場面でキッカーのソン・フンミンが右足アウトスウィングのボールを入れると、ニアでベン・デイビスが頭で触ったボールが中央の相手DFに当たってこぼれると、これをサンチェスが冷静に右足で蹴り込んでルーカスに続く今季リーグ戦初ゴールとした。 この2点目で勝利に大きく近づいたトッテナムは気落ちするノリッジを相手に畳みかける攻めを見せていく。ホイビュルクやケインが相手GKクルルを脅かすシュートを見せると、決定的な3点目を奪い切る。 77分、右サイド深くでドハーティが鋭角にマイナスへ折り返したボールをベン・デイビスが回収。スキップとのワンツーでそのままボックス内へ侵入したベン・デイビスが中央のソン・フンミンへ繋ぐと、右への持ち出しでDFを外した韓国代表が右足のシュートをゴール左隅へ突き刺し、2試合連続ゴールとした。 その後、殊勲のルーカスを下げてベルフワインを最後のカードとして切ったトッテナムは、試合終盤にかけてアウェイチームの攻勢に晒されたが、相手の決定力不足にも助けられてこのまま3-0で試合をクローズ。 下位に沈むノリッジ相手に完勝のトッテナムが開幕以来のリーグ3連勝を飾り、暫定5位に浮上している。 2021.12.06 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

これはゲームではないのか!? キックオフからわずか6秒、英2部で生まれた電光石火のゴールが『FIFA』のようだと話題沸騰

プロのサッカーの試合で、ゲームの裏技のようなゴールが誕生した。 3日に行われたEFLチャンピオンシップ(イングランド2部)第21節、フルアムvsボーンマスの一戦は両チーム無得点で前半を終え、試合を折り返した。 後半はボーンマスボールでキックオフ。MFエミリアーノ・マルコンデスがセンタースポットからボールを下げると、ここから一度も相手に触れられることなくものの数秒でゴールを奪うことになる。 MFルイス・クックからリターンを受けたマルコンデスはワンタッチで軽く落とし、MFフィリップ・ビリングが前線へフィード。ボックス内へ走り込んだFWドミニク・ソランケがワントラップから右足でネットを揺らし、瞬く間に先制ゴールを挙げた。 電光石火の一撃には、まるでビデオゲーム『FIFA』シリーズで使われる裏技、“キックオフ・グリッチ”のようだという声が多数。仕様こそ若干異なるものの、ゲームよりもゲームらしい完璧なキックオフゴールとなった。 見事な一発でリードを奪ったボーンマスだったが、84分に失点を喫して惜しくもドロー。“フラッシュパス”からの一発を勝利に結びつけることはできなかったが、このようなゴールはなかなかお目にかかれないのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】まるで『FIFA』、KOからわずか6秒の鮮やかなゴール(0:38~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ct8duIIq2ys";var video_start = 38;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.05 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハムのソウチェクがチェルシー撃破の歓喜をファンと共有、セルフィーにユニフォームプレゼント、ハイタッチも

ウェストハムのチェコ代表MFトマシュ・ソウチェクが、サポーターと首位撃破の喜びを分かち合った。 4日に行われたプレミアリーグ第15節でチェルシーと対戦したウェストハム。首位チームをホームに迎えてのロンドン・ダービーは2度のリードを許すも追い付き、終盤にDRコンゴ代表DFアルチュール・マズアクが意表を突いたニアを抜く一発を決めて逆転勝ちを収めた。 リバプール戦に続く強豪撃破。しかも、堅守を誇るチェルシーを相手に3点を奪っての終盤の逆転勝利という展開には、選手もサポーターも高揚した気分になるのは当然だろう。 試合後、ソウチェクはスタンドへ歩み寄り、ファンとの記念撮影に興じた。さらには着ているユニフォームもプレゼント。最前列に陣取るファンたちとハイタッチをかわしながらドレッシングルームへと引き上げていった。 この瞬間が『BT Sport』によって投稿されると、閲覧者からは多数のメッセージが寄せられた。「これが大好き」、「見てよかった」、「ソウチェクはレジェンド」、「トロフィーを獲得したみたいだ」など、喜び様に共感する声が届けられた。 4戦ぶりの白星を手にしたウェストハムは、9日にヨーロッパリーグ(EL)でディナモ・ザグレブと対戦する。すでにグループステージ突破は決めているが、ホームでこの日のように勝利の喜びを分かち合うことはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ソウチェク、サポーターと記念撮影しハイタッチしながらピッチを後に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CXEPHZIrvxZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CXEPHZIrvxZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CXEPHZIrvxZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BT Sport(@btsport)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.05 21:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly