【J1注目プレビュー|第30節:C大阪vs鹿島】安定感を欠く両者、課題を克服して勝利を掴むのは

2021.09.26 11:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第30節】
2021年9月26日(日)
15:00キックオフ
セレッソ大阪(11位/39pt) vs 鹿島アントラーズ(7位/50pt)
[ヨドコウ桜スタジアム]

◆ホームで白星なるか【セレッソ大阪】

北海道コンサドーレ札幌、浦和レッズと共に0-2で連敗していたC大阪。内容も結果も伴わない試合をしてしまったが、ミッドウィークに行われたサンフレッチェ広島戦では、伏兵の進藤亮佑のゴールで0-1と勝利を収めた。

なかなか安定した戦いを見せられていないC大阪。勤続疲労も見えてくる中、期待したいのはホームゲームでの勝利だろう。

小菊昭雄監督が就任してからホームでは勝利なし。少しでも上位に行くのか、それとも中位に留まってしまうのか、しっかりと結果を見せたいところだろう。

終盤戦では上位との対決もあり、力のあるチーム相手にしっかりと結果を残せるのかが注目。13連戦の最後を勝って締めくくりたい。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、丸橋祐介
MF:坂元達裕、藤田直之、原川力、乾貴士
FW:アダム・タガート、加藤陸次樹
監督:小菊昭雄

◆手痛い逆転負けから立ち直れるか【鹿島アントラーズ】

前節は首位の川崎フロンターレを相手に1-2で敗戦。停滞逆転負けを喫してしまった。

試合を良い形で進めていた鹿島だったが、じわじわと川崎Fがペースを取り戻すと、最終盤に連続失点。試合を決めた宮城天のゴールはノーチャンスだったが、チームとして負けという結果を呼び込んでしまった感じすらある。

このところの鹿島は不安定な戦いを見せ、ガンバ大阪に3-1で勝っていたものの、その前は0-3でアビスパ福岡に敗れるなど、ホーム3連戦を負け越して終えてしまった。

昨シーズン届かなかったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)への切符を掴むためにも、今一度チームとして1つに貼ることが重要。リバウンドメンタリティを示せるのかに注目が集まる。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK沖悠哉
DF:広瀬陸斗、関川郁万、町田浩樹、安西幸輝
MF:ディエゴ・ピトゥカ、三竿健斗
MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、土居聖真
FW:上田綺世
監督:相馬直樹

関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:C大阪vs横浜FM】ルヴァン決勝前に弾みをつけたいC大阪、横浜FMは逆転優勝へ勝つのみ

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2021年10月24日(日) 19:00キックオフ セレッソ大阪(12位/39pt) vs 横浜F・マリノス(2位/72pt) [ヨドコウ桜スタジアム] ◆球際の激しさを出せるか【セレッソ大阪】 前節は中断前の3日、大分トリニータとの一戦は、アウェイで1-0と敗戦。リーグ戦で連敗を喫した。 若干の余裕はあるものの、残留が確定したわけではない状況のC大阪。しっかりと勝ち点3を獲得しておきたいところだ。 何より1週間後にはYBCルヴァンカップの決勝が控えている。その大一番に向かうためにも、リーグ戦で弾みをつけたいところ。上位の横浜FMを相手にしっかりと戦えれば自信になるだろう。 球際の激しさは小菊昭雄監督になってから出せており、ルヴァンカップ準決勝の浦和戦でもその姿を見てとれた。選手たちが自信を持ってプレーすることが、プラス材料となるはずだ。 ケガで離脱していた清武弘嗣も復帰。先発での起用の可能性もあるが、チームの攻撃を司る司令塔がどういった効果を見せるのか注目が集まる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、藤田直之、原川力、乾貴士 FW:加藤陸次樹、清武弘嗣 監督:小菊昭雄 ◆人事を尽くして天命を待つ【横浜F・マリノス】 前節はホームに北海道コンサドーレ札幌を迎え、2-1で勝利。しっかりと勝ち点3を獲得した。 首位の川崎フロンターレとは勝ち点差が「9」。最終節での直接対決があるものの、自力での優勝はない。いかに相手が取りこぼすのかを待つしかでいないが、自分たちが取りこぼしていては意味がない。横浜FMとしては最終節までの5試合で5連勝し、朗報を待ちたいところだ。 その中で迎える今節は、トップ下のマルコス・ジュニオールが不在。天野純が入りそうなところだが、ケガのため起用できず。前田大然がトップ下に入る可能性もあるようだが、誰が起用されるのか注目だ。 またトップの人選も気になるところ。先発起用が続くFWレオ・セアラーはゴールが4試合ない一方で、途中出場で結果を出しているFW杉本健勇は古巣対決ともなる。いずれにしても、勝つしかない状況。果たして、どんな選択を指揮官は下すだろうか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、岩田智輝、ティーラトン MF:喜田拓也、渡辺皓太、扇原貴宏 FW:仲川輝人、レオ・セアラー、前田大然 監督:ケヴィン・マスカット 出場停止:マルコス・ジュニオール 2021.10.24 13:40 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:川崎Fvs清水】連覇へのカウントダウンなるか、謎ループ通りなら清水は勝ち点ゲット

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2021年10月24日(日) 17:00キックオフ 川崎フロンターレ(1位/81pt) vs 清水エスパルス(15位/32pt) [等々力陸上競技場] ◆連覇へのカウントダウンなるか【川崎フロンターレ】 前節は中断前の2日、FC東京との“多摩川クラシコ”で1-0と勝利を収め、リーグ戦の連勝を6に伸ばした。 2位の横浜F・マリノスとの勝ち点差は9。直接対決を最終節に残しているが、連覇へのカウントダウンがスタートしていると言って良いだろう。 連覇を確実なものにしたい川崎Fだが、ここまではAFCチャンピオンズリーグ(ACL)、YBCルヴァンカップとカップ戦で敗退。4冠を目指した中で、すでに2つのタイトルを失ったことは満足できないだろう。 しかし天皇杯は残っている。こちらも連覇が懸かるだけに、リーグとの2冠は手中に収めたいところ。来週ミッドウィークに天皇杯があるが、そこに良い形で入りたいはずだ。 そしてこの試合に勝利すれば勝ち点は「84」に。昨シーズンの「83」を上回ることが確定し、最強と呼び声の高かった昨季を超越できる。敵は自分たちにあると言える中、連勝を伸ばして連覇へとまた一歩近づきたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:脇坂泰斗、橘田健人、旗手怜央 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ 監督:鬼木達 ◆謎のループにハマれば今節は勝ち点獲得か【清水エスパルス】 前節は残留を争うライバルの柏レイソルにホームで0-1と敗戦。手痛い敗戦を喫することとなってしまった。 また、1試合おきにくる黒星の流れから脱せず。後半戦の不思議なループに入った結果、降格圏のチームが猛然と追い上げを見せており、気がつけばどっぷりと残留争いに浸かる可能性が出てきてしまった。 降格圏の徳島ヴォルティスとは勝ち点差「2」。最下位とも勝ち点差「7」となり、この辺りでやはり勝ち点3が欲しいところ。追い上げに負けじと、逃げることができるかが重要になる。 とはいえ今節の相手は首位の川崎F。今季は2度対戦して連敗を喫している相手。さらに、2015年以来リーグ戦では勝利がない。天皇杯では先制されながらも追いつくことはできた。その戦いをリーグ戦でも見せ、今節はループに乗って勝利か引き分けで勝ち点を得たいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、ヴァウド、井林章、片山瑛一 MF:西澤健太、松岡大起、ホナウド、カルリーニョス・ジュニオ FW:藤本憲明、チアゴ・サンタナ 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2021.10.24 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:名古屋vs神戸】勝ち点差「3」、熾烈な3位を争う“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2021年10月24日(日) 15:00キックオフ 名古屋グランパス(5位/57pt) vs ヴィッセル神戸(3位/60pt) [豊田スタジアム] ◆失意の敗退をバネに【名古屋グランパス】 前節は中断前の3日、サンフレッチェ広島とのアウェイでーむで1-0と敗戦。3位を争う中での痛恨の黒星となった。 その後、中断期間はYBCルヴァンカップでFC東京と2試合を戦い決勝進出を決めた一方で、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では浦項スティーラース(韓国)に敗れてベスト8敗退。過密日程の中で4つの大会を戦っていたが、1つ減ることとなった。 苦しい日程をこなす中、浦項相手には全く良さを出せないまま敗れる事態に。チームとして悔しい思いを味わったが、今のままでは来シーズンは出場すらできないこととなる。 悔しさを晴らすためにも、3位争いでは負けるわけにはいかず、“シックスポインター”となるこのゲームは落とせない一戦となる。 韓国遠征後の試合となり、選手たちは隔離された状態で試合に挑むことに。来週には天皇杯、そしてルヴァンカップ決勝があり、負担がかかる状況だが、この状況を乗り越えてこそ、アジアの戦いへの挑戦権を得られるもの。守備面で安定感を見せ、神戸の強力アタッカー陣を封じたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊 MF:稲垣祥、木本恭生 FW:前田直輝、柿谷曜一朗、マテウス FW:シュヴィルツォク 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆3度目の正直なるか【ヴィッセル神戸】 前節はホームにアビスパ福岡を迎えて1-0の勝利。3位争いでリードすることに成功した。 今夏補強した日本代表FW大迫勇也がケガによりしばらく離脱することが確定。そんな中、前節は土壇場にドウグラスが決勝ゴールを決めるなど、全てのメンバーが結果を出すために尽力している。 この先は残留争い中の3チームとの連戦が続いており、決死の覚悟で挑んでくる相手に苦戦をする可能性も考えられる。3位争いでリードを保つためにも、この一戦での勝利は重要度が高い。 数人の離脱者もいる中で、チームとしてしっかりと戦えることができるかどうか。今季の名古屋戦は2試合を戦っているが、1-0で連敗中。ゴールを奪えていない相手に、どう攻略して行くのかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:飯倉大樹 DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮 MF: 郷家友太、セルジ・サンペール、佐々木大樹 MF:アンドレス・イニエスタ FW:武藤嘉紀、ボージャン・クルキッチ 監督:三浦淳寛 2021.10.24 11:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:湘南vs横浜FC】抜け出すか、飲まれるか…降格圏の“シックス・ポインター”

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2021年10月23日(土) 15:00キックオフ 湘南ベルマーレ(17位/28pt) vs 横浜FC(19位/25pt) [レモンガススタジアム平塚] ◆降格圏脱出に近づくか【湘南ベルマーレ】 前節はアウェイでサガン鳥栖と対戦し1-1のドロー。3試合ぶりに勝ち点を獲得した。 混沌とする残留争いの中、8月25日の第26節セレッソ大阪戦で勝利して以降は白星なし、6試合で3分け3敗と勝ち点を3積み上げているが、まだまだ足りていない状況だ。 浮嶋敏監督が退任して以降勝利がないという残念な状況が続く湘南。山口智監督になってから試合内容は良いものを見せながら、結果がついてこない苦しい状態だ。 湘南特有の走力を生かしたオールコートプレスは相手に通用するものの、やはり終盤にはスタミナ切れ。選手を入れ替えてもそこは改善されず、前節も緩んだところで追いつかれた。 前半のうちにしっかりと前線が仕留めてリードを得ていればという考えもある。此の期に及んで、引いて守る戦いは考えにくく、どのようにゲームをマネジメントしていくのか、それとも全力でぶち当たるのかの選択が迫られる。 横浜FCの鋭いカウンターに終盤ついていけなくなる可能性は高い。早い段階で仕留めて、勝ち点3を掴みたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:舘幸希、石原広教、大野和成 MF:岡本拓也、田中聡、畑大雅 MF:茨田陽生、山田直輝 FW:町野修斗、ウェリントン 監督:山口智 ◆下剋上へのスイッチは入った【横浜FC】 前節はホームに徳島ヴォルティスを迎え、打ち合いの末に5-3と勝利を収めた。残留争い中のライバルからの貴重な勝ち点3は、チームを勢いづかせるはずだ。 横浜F・マリノス、鹿島アントラーズと上位相手に善戦し1勝1分けと結果もついていた中、徳島戦は主導権を握りながらも追いつかれる展開に。そのまま引き分け、またや逆転されて終わっていたのが今シーズンの横浜FCだったが、そこから2点を奪い、今季最多の5得点を奪った。 この3試合でチームを牽引しているのはFWサウロ・ミネイロ。爆発的なスピードを生かし、圧倒するプレーは上位相手にも通用。横浜FCにとっての救世主となる予感だ。 また、チームとしても守備をオーガナイズでき始めている。高橋秀人が3バックの中央に入り、しっかりとコントロール。その戦いは上位相手にも通用しただけに、今節もしっかりとマネジメントしたいところだ。 残留圏までは勝ち点差「4」。今節勝てば、逆転残留の希望も見えてくる。最下位に長らく居座っていた横浜FCが一気に浮上し、今季のJ1残留争いをより混沌とさせるのか。3連勝に期待が懸かる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:スベンド・ブローダーゼン DF:岩武克弥、高橋秀人、ガブリエウ MF:マギーニョ、安永玲央、瀬古樹、高木友也 MF:松浦拓弥、松尾佑介 FW:サウロ・ミネイロ 監督:早川知伸 2021.10.23 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第33節:徳島vs大分】降格ラインをまたいだ“シックスポインター”、90分後に残留圏にいるのは!?

【明治安田生命J1リーグ第33節】 2021年10月23日(土) 14:00キックオフ 徳島ヴォルティス(16位/29pt) vs 大分トリニータ(18位/27pt) [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] ◆負ければ降格圏転落【徳島ヴォルティス】 前節はアウェイでの横浜FCとの一戦。残留を争うライバルとの大事な試合となったが、まさかの打ち合いとなった結果、5-3で敗れた。 常に先行されるという展開の中、後半にしっかりと追いつくまでは良かった徳島だが、横浜FCの粘りの前に終盤失点。勝利への執念で相手に上回られた格好となった。 ヒリつく試合で苦杯を嘗めた徳島だが、今節はさらにプレッシャーの懸かる一戦。負ければ降格圏に転落するという“シックスポインター”となる。 現時点では残留ラインにいる徳島。しかし、一寸先は闇だ。この試合で負ければ、そのまま這い上がれない可能性だってある。絶対に譲ってはいけない一戦となる。 6連敗という最悪の時期を脱した徳島だが、横浜FC戦で守備を支えたベテランのDF石井秀典が負傷交代。チームとして最悪のタイミングでのアクシデントと言える。安定感を取り戻した守備を誰が担うのかがカギとなる。 一方で、プラスの材料はFW垣田裕暉だ。昨シーズン同様の活躍が期待された今季だが、第7節を最後に得点がストップ。試合に出ながらも全くゴールを奪えず、エースとして不甲斐ないシーズンを送っていた。しかし、この2試合は連続で2ゴールを奪うなど、詰まっていたケチャップが出始めた。今節もそのケチャップが詰まらずに出続けるか。助っ人FWムシャガ・バケンガとのコンビで押し切れるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-1-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、カカ、福岡将太、ジエゴ MF:浜下瑛成、鈴木徳真、岩尾憲、:西谷和希 FW:垣田裕暉、ムシャガ・バケンガ 監督:ダニエル・ポヤトス ◆勝てば残留圏浮上へ【大分トリニータ】 最下位にも転落した大分は、勝たなければ残留への道が切り開けない中、前節は最下位脱出を懸けたベガルタ仙台との大一番で勝利。今季初のリーグ戦連勝を達成した。 勝ち点3を積み上げたとはいえ、まだ降格圏にいるのは事実。このままではJ2行きが決定する。 しかし、今節の相手は勝ち点差「2」の徳島。勝てば一気に残留圏浮上も狙えるため、是が非でも勝利を掴みたいところだ。 例年のごとく選手が大幅に入れ替わったチームだが、今季は今まで以上にチーム構築に時間がかかった。柱をごっそり抜かれたチームは、大分らしい連動したプレーが皆無。しかし、ここに来て守備が5試合で1失点とこれまでの脆弱な守備が嘘のようなパフォーマンスだ。 エンリケ・トレヴィザンの対人守備の強さも目立つが、何よりチーム全体として連動した守備を見せていることが大きい。しっかりと前からハメて、自分たちのペースにしてカウンターで仕留められるか。相手を引き込んでカウンターを仕掛けるやり方が出せれば、残留への道は切り開ける。 ★予想スタメン[3-4-1-2] GK:高木駿 DF:刀根亮輔、エンリケ・トレヴィザン、三竿雄斗 MF:小出悠太、羽田健人、下田北斗、香川勇気 MF:町田也真人、渡邉新太 FW:伊佐耕平 監督:片野坂知宏 2021.10.23 09:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly