リバプールの公式戦連勝が「4」でストップ…サラーがメモリアル弾も今季最多3失点でドロー《プレミアリーグ》

2021.09.26 03:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第6節、ブレントフォードvsリバプールが25日にグリフィン・パークで行われ、3-3のドローに終わった。なお、リバプールのFW南野拓実はベンチ入りも出場機会はなかった。

前節、クリスタル・パレスを相手にマネのクラブ通算100ゴールなどで、3-0の快勝を収めたリバプール。さらに、ミッドウィーク開催のEFLカップでは南野の2ゴールの活躍によってノリッジに3-0で勝利した。

28日にチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦、次節リーグ戦でマンチェスター・シティとのビッグマッチを控える中、パレス戦からは先発4人を変更。負傷のチアゴ、コナテとツィミカス、ミルナーに替えてマティプ、ロバートソン、カーティス・ジョーンズ、体調不良から快復したアレクサンダー=アーノルドが復帰した。

プレミアリーグ初昇格ながら序盤戦で健闘光るブレントフォードとのアウェイゲームは、立ち上がりから見せ場満載のオープンな展開となる。

ボールを握って押し込む入りとなったリバプールは7分、C・ジョーンズの高い位置でのボール奪取からジョタが背後を狙うサラーへ完璧なスルーパスを通す。そのままボックス右に持ち込んだサラーはGKの股間を抜く左足のシュートを放ったが、これは必死の戻りを見せたDFアイエルのゴールライン上のスーパークリアに阻まれる。

すると、今度は攻守交替でブレントフォードに絶好機。11分、GKラヤからのロングボールをトニーが頭で背後のスペースに流すと、これに抜け出したムベウモが飛び出したGKアリソンを前に絶妙なチップキックのシュートを放つ。だが、今度はDFマティプが無人のゴールへ向かうボールを冷静にかき出した。

互いに同じような形から決定機を作り合った中、以降は攻めのアプローチは異なるものの、互いに縦への素早い攻めを意識してゴールの可能性を感じさせる攻防を繰り広げていく。

その流れの中で先手を奪ったのは、ホームのブレントフォード。27分、相手陣内右サイドで得たFKの場面で、サインプレーからカノスがボックス右に抜け出してマイナスのクロスを供給。これをニアのムベウモがヒールでファーに流すと、ゴール前の密集を抜けたボールを大外に走り込んだピノックが泥臭く押し込んだ。

リーグ戦で3試合ぶりとなる失点を喫したリバプールだが、すぐさまスコアをタイに戻す。31分、サラーのボールキープから右サイドで深い位置を取ったヘンダーソンが右足インサイドで浮き球の完璧なクロスを供給。これをうまくセンターバックの間にポジションを取ったジョタがドンピシャのヘッドで合わせた。

早い時間帯の同点ゴールで勢いづくアウェイチームはここから畳みかける。39分には相手ボックス内でのヘンダーソンのカウンタープレスからペナルティアーク付近でマイナスのパスを受けたC・ジョーンズが右足のシュート。左ポストを叩いたこぼれ球にゴール前のジョタが詰めたが、逆転ゴールかに思われたこのシュートはGKラヤが驚異的な反射神経ではじき出した。さらに、前半終了間際にもセットプレーから相手ゴールに迫ったが、前半のうちに試合を引っくり返すまでには至らなかった。

迎えた後半も前半同様に一進一退の白熱の攻防が繰り広げられるが、地力で勝るリバプールが先にゴールをこじ開ける。54分、相手陣内中央でボールを持ったファビーニョが背後を狙うサラーの動き出しに合わせて絶妙な浮き球のパスを通す。これをゴール前に抜け出したサラーが左足ダイレクトで合わせ、リバプールでのプレミアリーグ100ゴールを達成すると共に、クラブ歴代得点ランキングでも10位(131ゴール)に浮上した。
エースのリーグ戦4試合連続ゴールによってこの試合初めてリードを手にしたリバプールだが、このリードを守り切ることができない。63分に右サイドから上がったクロスをはじき出せずにゴール前で混戦を作られると、ヤンソンのクロスバー直撃のシュートのこぼれ球をヤネルトに頭で押し込まれる。

それでも、慌てないリバプールは再び攻勢を強めると、67分には波状攻撃からロバートソンの動き出しをオトリにしたC・ジョーンズがボックス手前左から強烈なミドルシュートをゴール左上隅に突き刺し、今季リーグ初スタメンの起用に応える大きな仕事を果たした。

そして、殊勲のC・ジョーンズを下げて負傷明けのフィルミノを投入し、ゲームをコントロールしつつ逃げ切り態勢に入る。77分にはマネのスルーパスに抜け出したサラーがGKラヤと一対一の絶好機を迎えるが、ややあっさりと放ったループシュートはクロスバーの上を越え、決定的な4点目を奪うことができない。

一方、ブレントフォードはオニェカ、ノルゴーアを下げてバチスト、ウィサと交代カードを切ると、この交代策がハマる。83分、2点目と似たような形で右サイドから入れたクロスに対して、トニーとウィサが競ると、DFアレクサンダー=アーノルドと競ったトニーがうまく潰れたこぼれをウィサがすかさずゴールへ蹴り込んだ。

今季公式戦最多となる3失点目を喫して試合を振り出しに戻されたリバプールは、再び勝ち越しゴールを目指して攻勢を強めていく。あわよくば勝ち点3を狙い前線にトニーを攻め残す相手のカウンターの脅威に晒されながらも、リスクを冒して攻撃に出る。試合終了間際の93分にはボックス左でマネが入れたグラウンダーの高速クロスが相手DFのオウンゴールを誘発しかけるが、ここはGKラヤの好守に阻まれた。

そして、互いに3ゴールずつを奪い合った白熱の一戦は3-3のドローに終わり、公式戦の連勝が「4」でストップしたリバプールは、暫定首位に浮上。翌日のブライトンの結果次第では首位で次節シティとの大一番に臨むことになった。

関連ニュース
thumb

フィルミノハットトリックのリバプールが新生ワトフォードを5発粉砕! イングランドの1部リーグ史上初の快挙を達成《プレミアリーグ》

リバプールは16日、プレミアリーグ第8節でワトフォードと対戦し、5-0で圧勝した。 インターナショナルブレイクを挟んで2週間ぶりの再開となるリーグ戦。リバプールは、前節はマンチェスター・シティとの頂上戦を2-2で終え、現状首位のチェルシーと1ポイント差の2位につけている。今節の相手は昇格組のワトフォードだが、この2週間の間に監督が変わっており、かつてレスター・シティでプレミアリーグを制覇したラニエリ監督が後任に任命された。 また、リバプールではFIFAウイルスにより、ブラジル代表のアリソンとファビーニョが未合流。この一戦では、ゴールマウスにはケレハーが立ち、中盤はミルナーが起用されている。 リバプールは立ち上がりから攻勢に出る。開始1分でクロスバーに直撃したサラーのシュートはオフサイドだったものの、その直後にも再びサラーがゴールに迫るなど、新体制となったホーネッツに容赦なく襲い掛かる。そしてやはり先制も早かった。 8分、ワトフォードのゴールキックをマティプが跳ね返し、右サイドで拾ったサラーが上手く反転し前を向く。このプレーでショートカウンターが発動。サラーがすかさず左足アウトサイドを使った巧みなスルーパスをゴール前に供給すると、走り込んだマネがワンタッチで流し込みネットを揺らした。 マネはこのゴールでプレミアリーグ通算100ゴールに到達。アフリカ人選手としてはドログバとサラーに続く快挙となっただけでなく、同リーグでは過去にレス・ファーディナンドとエミール・ヘスキーしか成し遂げていない、“PKなし”の100ゴールを達成した。 その後も9割に迫るポゼッションでもって攻勢を続けるリバプール。しかし26分、マネの不用意なバックヒールパスが奪われカウンターを喰らうと、クチョ・エルナンデスのゴール前への侵入を許す。それでも、ここは懸命に戻ったアレクサンダー=アーノルドが何とかボールに足を当てて事なきを得た。 肝を冷やしたリバプールだが、これで気を引き締め直したか、再び相手を押し込んでいく。すると37分、中盤で相手のパスをミルナーがカットし、フィルミノとのワンツーで前進。今度は左のマネとのパス交換でボックス左へ侵攻し、最後は折り返しをフィルミノが合わせてゴールイン。流れるようなショートカウンターで追加点を挙げた。 後半から選手を一人入れ替えてテコ入れを図るワトフォード。しかし、獅子は兎を狩るにも全力を尽くす。52分、自陣右サイドで相手の攻撃を跳ね返しカウンターに転じると、ボールは敵陣中央のマネを経由して左サイドを上がってきたロバートソンの下へ。ボックス手前からゴール前のサラーを狙ったパスはDFに阻まれ通らなかったものの、セカンドボールにいち早く反応したフィルミノが押し込んで3点目を決めた。 開幕節以来のゴールだったフィルミノの2ゴールで、リバプールはこれでイングランドの1部リーグにおいて、敵地で7戦連続で3得点以上を記録した初のクラブとなった。 それでもリバプールの勢いは止まらない。快挙達成からわずか2分後、サラーの驚愕のゴールが生まれる。ボックス右でボールを持ったサラー。相手3人に囲まれながらも足裏を使った巧みなボールコントロールで縦に突破すると、右足のキックフェイントで最後の一人もかわし、角度の小さいところから左足でファーのサイドネットを射抜いた。 一方、その直後にクツカが放ったミドルシュートが初シュートとなったワトフォード。73分にはボックス左まで侵攻し、初めてゴールチャンスを迎えるが、クチョ・エルナンデスのシュートはブロックされた。 その後はネコ・ウィリアムズを今季初出場させるなど余裕を見せたリバプール。後半アディショナルタイムには、そのネコ・ウィリアムズの御膳立てからフィルミノがハットトリックを達成し、圧勝劇を締め括った。 2021.10.16 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第8節プレビュー】混戦の上位陣、6チームに首位の可能性

インターナショナルブレイクを挟んで2週間ぶりの再開となるリーグ戦。前節は天王山となったリバプールvsマンチェスター・シティが白熱のドローに終わった中、最速で5勝目を挙げたチェルシーが両チームを出し抜いて首位に躍り出た。 とはいえ、ここまで2ポイント差で6チームがひしめく大混戦。勝ち点16のチェルシーは、今節は昇格組のブレントフォードとのアウェイ戦に臨む。アウェイでのロンドン・ダービーは6連勝中で、イングランドサッカー史において上位4部リーグでの7連勝は初の快挙となる。だが、現在7位とプレミアリーグ初昇格とは思えないほどの善戦を見せるブレントフォードは、前節勝利したウェストハム戦を含めて、トップリーグ最初のロンドン・ダービー3試合を無敗で乗り越えた史上初のクラブとなっている。 勝ち点15で2位につけるリバプールは、こちらも昇格組のワトフォードと対戦する。両チームの最後の対戦は2020年2月のことになるが、同試合は3-0でワトフォードが勝利しており、リバプールのクラブ記録となったリーグ戦44試合無敗と、プレミアリーグタイ記録となる18連勝がストップした一戦だった。また、今季リーグ初の監督交代となったワトフォードでは新たにラニエリ監督が就任。イタリア人指揮官の対リバプールの戦績は5戦4勝1敗となっており、リバプールと5回以上対戦したことのある指揮官の中では最高勝率となっている。なお、リバプールのマネはあと1ゴールでプレミアリーグ通算100得点に到達するが、アフリカ人選手としてドログバとサラーに続く快挙となるだけでなく、過去にレス・ファーディナンドとエミール・ヘスキーのみが達成した、PKによる得点なしで100ゴールに届く可能性もある。 勝ち点14で3位のシティはホームにバーンリーを迎え撃つ。ホームにおけるバーンリー戦のここ4試合の戦績は全て5点以上の大差をつけて連勝しており、一つのチームから同様の条件で5連勝したケースはイングランドでは例がない。さらに加えると、全コンペティションにおける過去8試合の合計成績はシティが30-1と圧倒。また、マフレズはプレミアリーグにおいてシティ加入後のバーンリー戦5試合で7ゴールを記録しており、昨季のホーム戦ではハットトリックを達成している。 シティと同じ勝ち点で並ぶ4位のユナイテッドはアウェイのレスター戦に挑む。今年5月のオールド・トラフォードでの一戦はレスターが1-2で勝利しており、プレミアリーグでは初のユナイテッド戦連勝を目指している。しかしユナイテッドは、現在アウェイ戦29戦無敗(19勝10分け)で、その内ここ15試合は1失点未満という無類の強さを誇る。なお、レスターのヴァーディは3試合連続ゴール中だが、プレミアリーグにおいてヴァーディの34歳(278日)より上の年齢で4試合連続ゴールを決めたのは、2001年5月に当時リバプールでプレーしていたガリー・マカリスター氏(当時36歳127日)だけだ。 そのほか、勝ち点10で11位のアーセナルはホームでクリスタル・パレスと対戦する。アーセナルは月曜開催のホーム戦は7連勝中で、内容も15ゴール2アシストと縁起はいい。また、C・パレスとのホーム戦では過去16戦で13勝2分け1敗と好成績。ただ、ここ3試合は勝利から遠ざかっている状況だ。なお、今季からC・パレスの監督に就任したパトリック・ヴィエラは、元アーセナルの選手としては、監督としてアーセナルと対戦する4人目の人物となる。 ◆プレミアリーグ第8節 ▽10/16(土) 《20:30》 ワトフォード vs リバプール 《23:00》 アストン・ビラ vs ウォルバーハンプトン レスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド マンチェスター・シティ vs バーンリー ノリッジ vs ブライトン サウサンプトン vs リーズ・ユナイテッド 《25:30》 ブレントフォード vs チェルシー ▽10/17(日) 《22:00》 エバートン vs ウェストハム 《24:30》 ニューカッスル vs トッテナム ▽10/18(月) 《28:00》 アーセナル vs クリスタル・パレス 2021.10.16 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アリソン&ファビーニョ不在のリバプール、クロップ監督チクリ「誰かがそういう日程を組んだだけ」

ワトフォード戦を控えるリバプールのユルゲン・クロップ監督が、スカッドの現状を説明している。イギリス『リバプール・エコー』が試合前のコメントを伝えた。 インターナショナルブレイクを挟んで2週間ぶりに再開となる各国リーグ戦。リバプールは16日にワトフォードと対戦するが、フルスカッドで臨むことはできないようだ。 カタール・ワールドカップの南米予選では、新型コロナウィルスの影響で進捗に遅れが出ており、その帳尻を合わせるために、一度のインターナショナルブレイクで3試合を行っている。 例えばブラジル代表は、現地時間14日にもウルグアイ代表と闘っており、そのメンバーは各チームへの合流の遅れを余儀なくされている。 リバプールではGKアリソン・ベッカーとMFファビーニョが該当し、ワトフォード戦は不参加に。クロップ監督は大っぴらに不満を漏らすことはなかったが、日程を指摘しチクリ。また、両選手の今後の予定についても明かした。 「イライラはしていない。誰かがブラジルは昨晩、我々は明日の早朝に試合をすることを決めただけだ」 「2人は直接マドリッド入りし、我々を待つことになる。その帰りは我々より少し遅れて、通常の手順で戻ってくる」 「彼らはイギリスに戻ってくることもできたが、検疫のために家族と離れなければならない。アリには3人の子供がいて、理想的ではなかった。解決策を探す必要がある」 クロップ監督の言うように、リバプールはワトフォード戦後、19日にチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦が控えている。リバプール同様に南米選手を抱えるアトレティコは、17日に予定されていたラ・リーガ第9節のグラナダ戦は特例として延期が決定している。 なおクロップ監督は、U-21イングランド代表で負傷したMFカーティス・ジョーンズもワトフォード戦は起用できないことを伝えている。 2021.10.15 20:45 Fri
twitterfacebook
thumb

代理人デコ、顧客ハフィーニャを巡る状況を明かす 「リバプールも彼がお気に入り」

リーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャ(24)を巡る獲得レースが今後、激化するかもしれない。イギリス『90min』が報じた。 ハフィーニャはスタッド・レンヌでの活躍を受けて、2020年夏の移籍市場でリーズ入り。プレミアリーグ初挑戦のブラジリアンドリブラーだったが、マルセロ・ビエルサ監督の下で初年度から多彩な打開力とチャンスメーク力を兼備するウィンガーとして輝いた。 その活躍ぶりから瞬く間にビッグクラブの関心が取り沙汰される注目株に。今季もここまでプレミアリーグ全7試合の出場で3ゴールと存在感を際立たせ、リーズと2024年まで契約を残すが、代理人はビッグクラブも無視できない存在になったと感じているようだ。 2013年に現役を退いてから代理人業を勤しみ、ハフィーニャを顧客に持つ元ポルトガル代表MFのデコ氏はブラジル『Globo Esporte』で「彼はプレミアリーグで重要な選手になった。クラブも彼の成長ぶりを把握しており、自ずと物事が起こるだろうね」と話した。 現役時代にポルトやバルセロナ、チェルシーなどで一世を風靡したフットボール界のレジェンドはまた、どこからも正式なオファーこそなかったものの、今夏に噂レベルながら興味を示すクラブの一角として名が浮上したリバプールの関心も認めた。 「まだ若く、多くの課題もあるが、彼を気に入るクラブがいくつかあるの確かであり、リバプールもそう。いくつかのアプローチはあったが、正式なものじゃなかった。リーズも彼をもう1年、とどめておきたがっていたのだ」 2021.10.15 14:05 Fri
twitterfacebook
thumb

サラーが7戦連発でクラブの月間最優秀選手に 「常にゴールを決め、チームを助けようとしている」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーがファンの選ぶクラブ月間最優秀選手への選出を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 今シーズンも開幕から好調を維持するサラーはここまで公式戦9試合で9ゴール3アシストを記録。現在、公式戦7試合連続ゴール中であり、3日に行われたプレミアリーグ第7節のマンチェスター・シティ戦では、相手の強力な守備陣を独力で突破して圧巻のゴールを決めている。 こうした活躍が評価され、サラーはファンの選ぶクラブの月間最優秀選手賞を2カ月連続で獲得することに。クラブ公式サイトによる受賞のインタビューを受けたサラーは喜びを露わにしつつ、9月に決めたお気に入りのゴールとしてチャンピオンズリーグ(CL)開幕節でのミラン戦の同点弾を挙げている。 「チームが勝ち続けている限り、僕は幸せだ。常にチームを助け、ゴールを決め、試合に勝つよう努めている。それが僕にとってもっとも重要なことだからね」 「お気に入りはミラン戦のゴールかな。CLで彼ら相手に初めて得点した試合だからね。それに1-2で負けている状況だったから、再び試合を始めるうえでも重要なゴールになった。だからこれを選びたい」 また、サラーは9月にリバプールでのクラブ史上最速となる100ゴールを決められたことにも言及。記録を誇らしく語りつつ、今後も厳しい戦いが続くシーズンでのタイトル獲得に向け、気合を入れた。 「もちろん、100ゴールをとても誇りに思っている。僕にとってはどんなゴールも重要だけど、リバプールでもっとも速く100ゴールを決められたことは本当に特別さ。僕は常にゴールを決めようとしており、常にチームを助けようとしている。今回は最速での100ゴールを達成したから、より特別なものになったね」 「何かを勝ち取るため、常にベストを尽くさなければならない。僕たちはタイトルを獲得できるクオリティを持っていると思うよ。自分たちを限界まで高め、何かを勝ち取るようにしなければならない。それは皆も同じ考えのはずだ。何かを勝ち取りシーズンを終えることを、頭に入れておく必要がある」 2021.10.15 11:22 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly