レアル・マドリーが3rdユニフォームを発表!エメラルドグリーンを基調としたシンプルなデザインに

2021.09.18 15:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
17日、レアル・マドリーとアディダスは2021-22シーズンの3rdユニフォームを発表した。

マドリーの3rdユニフォームはエメラルドグリーンを基調とした。胸スポンサー名、エンブレム、スリーラインを白で統一。首回りは黒で縁取られ、メーカーのエンブレムと文字はそれぞれ黒と白になっている。

デザインはマドリッドの象徴的な場所、スペイン国道の起点(0km地点)となっているソル広場から着想を得ている。

また、キットは高機能のリサイクル素材、プライムグリーンで作られており、試合中の体温調節を可能にする革新的なテクノロジーであるヒートーキープクールが採用されている。

新ユニフォームはアディダスとレアル・マドリーのショップですでに独占販売されているとのことだ。



1 2
関連ニュース
thumb

ヴァルブエナ恐喝未遂事件…加担が疑われるベンゼマに求刑

フランスフットボール界を揺るがした“セックステープ恐喝未遂事件”を巡り、レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマに判決が下ったようだ。フランス『Le Parisien』が報じた。 2015年にフランス代表でチームメイトだったMFマテュー・ヴァルブエナ本人の携帯電話から抜き出した性行為の動画を脅し道具に金を求めたグループに関与した疑いがかけられるベンゼマ。ベンゼマ自身は罪状を否認しているが、金を支払うよう勧める仲介役として加担したといわれる。 その事件が明るみとなってから6年が経つなか、ベルサイユ裁判所で20日から再審理がスタート。ベンゼマは出廷しなかったが、裁判所は執行猶予付きの懲役10カ月と罰金7万5000ユーロ(約990万円)を求刑したという。他の被告4人に対しては18カ月から4年までの懲役刑が下ったようだ。 なお、すでに復帰を遂げたベンゼマだが、この一件を受け、過去5年半にわたって代表から追放状態に。同じくこの一件で代表から遠ざかったヴァルブエナは先日、改めてコメント。「この事件から6年が経つ。徹底的にやりたい。この瞬間を6年間待っていた」と話していた。 2021.10.22 19:36 Fri
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第10節プレビュー】今季最初のエル・クラシコ! アトレティコvsソシエダの上位対決も

先週末に行われた第9節ではアトレティコ・マドリーとレアル・マドリーのマドリードの2強が試合延期となった中、レアル・ソシエダが暫定首位に浮上。また、セビージャとバルセロナの強豪2チームも勝利を取り戻している。 過密日程が続く中で開催される今節は7位のバルセロナ(勝ち点15)と、2位のレアル・マドリー(勝ち点17)による、今季最初のエル・クラシコが開催される。 バルセロナは前節、ホームでバレンシアと対戦。開始早々に先制点を奪われたものの、FWアンス・ファティ、FWデパイ、MFコウチーニョのゴールによって3-1の逆転勝利を挙げた。さらに、連敗スタートのチャンピオンズリーグ(CL)ではディナモ・キエフを1-0で退け、CL初白星と共に今季初の公式戦連勝を飾った。依然として攻守両面での課題は多いものの、ひとまず良い形で伝統の一戦を迎えることになった。 一方、前々節のエスパニョール戦で今季初黒星を喫したレアル・マドリーだが、直近のCLでは敵地でシャフタールと対戦。昨季グループステージで屈辱のダブルを喫した難敵相手にFWヴィニシウス、FWベンゼマ、FWロドリゴの3トップ揃い踏みの活躍でマニータの大勝。公式戦4試合ぶりの白星を手にしてカンプ・ノウに乗り込むことになった。 また、今節はクラシコ同様に今後の覇権争いを左右する4位のアトレティコ(勝ち点17)と首位のソシエダ(勝ち点20)による上位対決が開催される。 前々節のバルセロナ戦に完勝して勢いに乗るアトレティコだったが、直近のCLではホームでリバプールに2-3で敗戦。2点差を追いつく原動力となったFWグリーズマンが不運な形で一発退場となった中、粘り強く守ったものの、微妙な判定の影響もあり耐え切れず。ショックが残る形の敗戦となった。 ヨーロッパリーグ(EL)を戦ったソシエダに対して、日程面のアドバンテージを有するが、消耗色濃いリバプール戦に加え負傷者の状況を考えると、ホームとはいえ難しい戦いとなるはずだ。 対するソシエダはバルセロナとの開幕戦の敗戦以降、6勝2分けの8戦無敗と好調を維持。前節のマジョルカ戦では前半にDFムニョスが退場するアクシデントに見舞われたが、試合終盤に新鋭ロベーテが奪った値千金のゴールによって1-0の勝利を飾った。エースFWオヤルサバルら負傷者が増え始めている点は懸念材料だが、昨季王者相手にも十分に戦えるはずだ。 前節、セルタ相手に1-0で競り勝って初黒星からのバウンスバックに成功した3位のセビージャ(勝ち点17)は、開幕から9戦未勝利で18位に低迷するレバンテ相手に連勝を狙う。ミッドウィーク開催のCLではリール相手にゴールレスドローとリーグ戦同様に攻撃の停滞が目立つが、守備に難があるレバンテ相手にその課題克服を目指す。 最後にMF久保建英の負傷欠場が続く13位のマジョルカ(勝ち点11)は、10位のバレンシア(勝ち点12)を相手に2戦ぶりの白星を目指す。前節はソシエダ相手に数的優位を生かすことができなかったが、堅守を誇るバレンシア相手に攻撃面の修正を図る。その中で注目は古巣初対戦となるMFイ・ガンイン。レアル・マドリー戦での加入後初ゴール以降、思うようなパフォーマンスを見せられていないが、愛憎渦巻く古巣相手に決定的な仕事を見せられるか。 《ラ・リーガ第10節》 ▽10/22(金) 《28:00》 オサスナ vs グラナダ ▽10/23(土) 《21:00》 バレンシア vs マジョルカ 《23:15》 カディス vs アラベス 《25:30》 エルチェ vs エスパニョール 《28:00》 アスレティック・ビルバオ vs ビジャレアル ▽10/24(日) 《21:00》 セビージャ vs レバンテ 《23:15》 バルセロナ vs レアル・マドリー 《25:30》 ベティス vs ラージョ 《28:00》 アトレティコ・マドリー vs レアル・ソシエダ ▽10/25(月) 《28:00》 ヘタフェ vs セルタ 2021.10.22 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「他の試合とは違う」エル・クラシコへの強い思いを語るアンチェロッティ監督

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、バルセロナ戦にかける思いを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 6年ぶりにマドリーの指揮官に就任したアンチェロッティ監督。ここまでラ・リーガ8試合で5勝1敗2分けの2位につけており、先日のチャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツク戦では公式戦4試合ぶりの白星を挙げ、24日に行われるバルセロナとの大一番に弾みをつけた。 アンチェロッティ監督は、ここまでのチームは望んだ姿ではないことを認めつつも、シャフタール戦のパフォーマンスを続けていきたいと意気込み。クラシコに向けて選手たちが一層のモチベーションが芽生えていることに感服しているようだ。また、負傷から復帰したばかりのDFダニ・カルバハルとFWエデン・アザールの起用も示唆している。 「クラシコは特別な試合だ。どの国にもインテルとミラン、チェルシーとトッテナム、バイエルンとドルトムントのような特別な試合がある。スペインにとってもファンにとっても、クラシコは最も重要な一戦だ。他の試合とは異なるため、私は最大限の冷静さと集中力を持って準備したいと思っている」 「選手たちの献身的な姿勢には感銘を受けたよ。毎日のトレーニングでそれを目の当たりにしている。何か素晴らしい瞬間があったわけではないが、選手たちのモチベーションは高く、日々のトレーニングに精を出している。我々のベストゲームだったシャフタール戦の調子で続けていかなければならない」 「シャフタール戦の後、選手たちは良い状態で戻ってきている。カルバハルとアザールは復帰するだろう。フィジカル面でも戦術面でも、クラシコに向けて準備する時間はある。選手たちはこの一戦がどんなものか知っている。平静に、かつ絶対的な自信を持って臨みたい」 久々のクラシコとなるアンチェロッティ監督だが、伝統の一戦での印象的な思い出を聞かれると、2-1で勝利した2013-14シーズンのコパ・デル・レイ決勝戦でFWガレス・ベイルが披露した驚愕の独走弾を挙げた。 「とても簡単な質問だ。2014年の(コパ・デル・レイ)決勝戦でのベイルのスプリントだよ。本当にタフな試合だった。私たちは良いプレーをしたが、クリスティアーノ・ロナウドはケガでいなかったのだ」 「私たちはしっかりと守らなければならなかったが、だからといって攻撃しなくていいわけではない。ボールを持っていないときに相手の攻撃をきっちり防ぐ必要があるということだ」 2021.10.22 18:38 Fri
twitterfacebook
thumb

今季初のクラシコに気合が入るクルトワ「大切なものを守るために死にに行くようなもの」

レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワが、バルセロナ戦への意気込みを語った。スペイン『アス』がコメントを伝えている。 6年ぶりに復任したカルロ・アンチェロッティ監督の下、ここまでラ・リーガ8試合で5勝1敗2分けの2位につけるマドリー。先日行われたチャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツク戦で公式戦4試合ぶりの白星を挙げた中、24日には今シーズン初となるバルセロナとの伝統の一戦、エル・クラシコが控えている。 バルセロナは現状7位という成績だが、クルトワはビッグマッチに順位は影響しないと主張。全世界が注目する一戦に決死の覚悟で臨むことを誓った。 「サッカーの世界では常に順位の低いチームが存在するが、ビッグクラブと対戦するときには、チームが1位だろうと最下位だろうと関係ない。クラシコのような重要な試合では、どちらのチームも非常に素晴らしいはずなんだ。僕たちは最初の1分から集中して強度を保ちながら、何のためにプレーしているのかを理解しなければならない」 「クラシコは世界で最も注目される試合のひとつだ。試合に臨む前も、いや、たとえここにいなくても感じることができるだろう。全てのサッカー選手も注目する一戦だ。それに、今回はファンもスタジアムに戻ってくるから楽しみだよ。クラシコではそれがプラスに働くからね。とても激しい試合になるだろう。なんて言ったって最大のライバルとの対戦なんだから」 「大切なものを守るために死にに行くようなものだ。試合中に熱くなって衝突することもあるけど、僕たちはプロだから常に最大限の敬意を払っているよ。それでも、この試合は少し心が燃えているくらいがクールなのさ」 また、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがバルセロナを退団して以降、初めての対決としても注目される今回の一戦。クルトワはメッシ退団による優位性をキッパリと否定し、ライバルの新10番であるスペイン代表FWアンス・ファティに対して警戒心をあらわにした。 「安心はしていないよ。彼と対戦することは好きだったからね。最高の選手と試合ができるのは素晴らしいことだ」 「僕がマドリーに加入して最初の年、彼が出場しなかった試合で1-5で負けたことを覚えているよ。思い出したくはないけどね。今のバルセロナにはアンス・ファティやペドリのように若いスター選手がいる。彼らのクオリティは素晴らしいから、良い試合になると思う」 「アンス・ファティは、シュートの質がすごく高い選手だ。先日のバレンシア戦で決めたゴールを見ても、そのことが窺える。これ以上は言わなくてもわかるだろう」 「去年3-1で僕たちが勝ったクラシコでも彼は得点している。ジョルディ・アルバからのパスを受けて、僕が届かないようにファーサイドにシュートしたんだ。彼にはそのクオリティがある。彼を抑えたいけど、抑えるべきは彼だけでなく全員なんだ」 2021.10.22 15:38 Fri
twitterfacebook
thumb

“セックステープ”によるヴァルブエナ恐喝事件の裁判がスタートもベンゼマは出廷せず

レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマは、自身も関与した事件に関する裁判に出廷しなかったようだ。スペイン『アス』が報じた。 ベンゼマは、2015年にフランス代表の同僚であったMFマテュー・ヴァルブエナが映っている“セックステープ”を利用して、ヴァルブエナ本人を恐喝していた事件に関わっている容疑をかけられていた。 この件に関して、ベンゼマは仲介役を務めたことについては認めていたものの、事件そのものへの関与を否定。しかし、この事件によりベンゼマはフランス代表を追放され、今年に入り電撃復帰。ユーロ2020にも出場していた。 この恐喝事件にする裁判が20日からスタート。共犯の罪に問われているベンゼマだが、19日にウクライナでチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール・ドネツク戦を戦っていたため、ベルサイユでの裁判には出廷しなかった。 22日(金)まで裁判は続く予定であり、ベンゼマを含む脅迫した5名の容疑者が裁判にかけられている。なお、有罪判決が下された場合、ベンゼマは最高で5年の懲役と7万5000ユーロ(約998万円)の罰金が宣告される可能性があるとのことだ。 事件の全容は、2014年にヴァルブエナが破損した携帯電話からデータを復旧させるために、技術屋のアクセル・アンゴット氏に修理を依頼した。 その際、アンゴット氏はヴァルブエナの携帯電話の中に、問題となっている映像を発見。ムスタファ・ゾアウィとともに、脅迫する計画を立てたという。 そんな中、ベンゼマの幼馴染であるカリム・ゼナティを含む数人がこの計画に参加。そして、そこからベンゼマへと話が下りてきて、ヴァルブエナと話をしたが、その脅迫に応じなかったとのことだ。 ヴァルブエナは今回の事件について改めてコメント。ベンゼマが裁判にこなかったことを残念だとした。 「最初はこの話が信じられず、ハッタリだと思っていた。身の危険を感じたため、苦情を申し立て用と思った」 「この事件が始まり6年が経つ。誰もがここにいることには分かっています。ベンゼマ以外のほとんど全員が」 「徹底的にやりたいと思う。この瞬間を6年間待っていた。僕たちは、この状況を打破するために必要な期間、ここにいることになる」 また、ヴァルブエナの弁護士は「ベンゼマがここに来なかったことをとても残念に思う」とコメント。誠意を見せない態度を残念がった。 なお、電話の修理を頼まれたアンゴット氏は自身の罪を認めて、当時のことを告白した。 「ヴァルブエナが来たら、お金を支払ってくれるかもしれないと話していた。ゾアウィの狙いは、彼に来てもらって、ビデオを取り返してもらうことだった」 「ビデオを見て笑ってしまった。ベンゼマだけでなく、みんなに配った」 「その中にはジブリル・シセもいた。フランス代表の多くの選手が、このビデオを見ているはずだ。脅迫もなければ、お金を要求することもしていない」 金銭の要求こそしていないものの、脅迫未遂をしたことを認めたアンゴット氏。ベンゼマは出廷するつもりはないようだが、どのようにこの顛末を見ているのだろうか。 2021.10.20 22:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly